君のハートを捕まえろ!(幽霊を捕まえろ) 7話・8話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

君のハートを捕まえろ!(幽霊を捕まえろ) 7話・8話 あらすじと感想


NEW! 投票開始!


【第3回継続中】ナム・ジュヒョク ドラマランキング


【第1回継続中】 IU アイユー ドラマランキング


【第7回継続中】イ・ジュンギ ドラマ ランキング



「広告」


君のハートを捕まえろ!(幽霊を捕まえろ) 유령을 잡아라 Catch the Ghost

【韓国放送】2019年 10月21日から

第7話視聴率2.712%

第7話あらすじ

●BS12では全22話で放送

以下目安

全16話VER 5話~8話 → 全22話VER 5.5話~11話

BS12 君のハートを捕まえろ!~Catch the Ghost~

daisySSさん

第7話感想

ユ・リョン(ムン・グニョン)とキム・ウヒョク(キ・ドフン)がパートナーになり、コ・ジソク(キム・ソノ)とハ・マリ(チョン・ユジン)がパートナーとなって、共同捜査することになった事件は、、、被害者の立場に立って犯人を逮捕しようとするユ・リョンの姿が描かれました。

複数の女性が被害にあっていた性犯罪、アボカドの名で活動中の女性ライブストリーマーが被害にあったことを訴え、賛同した被害者たちが証言を始めたことで犯人を逮捕することができました。その過程で、地下鉄の駅に詳細に詳しいユ・リョンの能力が発揮!校内で犯人が隠れている場所を見つけますが、ハラハラする展開を迎えましたが、ユ・リョンが逮捕することに成功。

事件が解決した後、ユ・リョンと再びパートナーを組むことを望むコ・ジソク。平気なふりをしていたにも拘わらず、彼女とキム・ウヒョクがパートナーとして一緒に動くことに不安を持っていたようで、元恋人のハ・マリはジソクへの未練が残った状態で二人の関係を修復しようとしますが、ジソクの関心はユ・リョンに向かっているようで、ユ・リョンとジソクのロマンスが始まることになるのでしょうか。



コ・ジソクの母が入院中の病院で働く清掃員地下鉄でユ・リョンを狙男の写真を見ると表情が固くなり、ジソクが刑事で事件を捜査していることを知ると、ヘルパーを買って出る理由は、連続殺人犯に関しての情報を持つからでしょうか。それとも殺人犯が誰なのか知る人物?連続殺人事件の解決に向けて話は進んでいますが、まだ事件の全貌が把握できない。。。スリを働くグループが連続殺人事件と関連があるようですが、この中に犯人がいるのでしょうか。

面倒なことに巻き込まれることを避けていたコ・ジソクは、ユ・リョンと再びパートナーを組むことを望み、迷うユ・リョン。コ・ジソクとパートナーを組むことを迷う理由は、妹の失踪事件と地下鉄幽霊事件との関連を調べる上で、彼に迷惑をかける可能性があることを心配しているから。酔っぱらった勢いで、本心をコ・ジソクの留守電に残したことを知ったユ・リョンが急いで、ハ・マリと一緒にいるコ・ジソクの場所に向かい。。。彼の携帯電話から留守電メッセージを削除することには成功しますが、ハ・マリのユ・リョンへの警戒心が更に高まるエンディング。

ユ・リョンもコ・ジソクにパートナー以上の気持ちを感じ始めているようで、彼を巻き込まないためにパートナーに戻ることをあきらめるようです。今後は二人がチームとして捜査に加わることはないのでしょうか。

第8話視聴率2.942%

第8話あらすじ

●BS12では全22話で放送

以下目安

全16話VER 5話~8話 → 全22話VER 5.5話~11話

BS12 君のハートを捕まえろ!~Catch the Ghost~

daisySSさん

第8話感想

双子の妹が行方不明になった理由が明かされた今話、ユ・リョンとユ・ジンの一人二役をムン・グニョンが演じています。妹を一人残して出かけられず一緒にデートに出かけたユ・リョンは、相手が嫌がる反応に、思わず自閉症の妹の手を放して電車を降りてします。その後、妹を捜すために戻るも、ユ・ジンの姿はなく、それ以来彼女の消息を知らない。。。ハ・マリ刑事がユ・ジンの失踪を連続殺人事件として扱わなかった理由は、保護者のユ・リョンが本来なら常に一緒にいたはずだから。

ユ・リョンのパートナーはコ・ジソク(キム・ソノ)ではなく、キム・ウヒョク(キ・ドフン)のままで捜査を続けることになり、パン屋さんの息子が拉致される新たな事件が発生します。身代金を要求する店主は、お金を払うことを拒否、その姿に過去の自分を重ねるユ・リョン。

3ヶ月以内に、スリグループのメットゥギ団を逮捕しないと免職処分を受けることになるコ・ジソクは、新たに発生した事件への関与を拒み、スリグループを逮捕するための捜査に専念する中、監視カメラに映るスリグループの犯人を判別できるようになります。これで、連続殺人事件とスリ事件が同時に解決に向けて話が進むことになるのでしょうか。

連続殺人事件の遺体が地下鉄のトンネルを利用して遺体を運んでいると確信するユ・リョンの言葉を信じるキム・ウヒョク(キ・ドフン)は、彼女を連れトンネル内に入ります。1992年から通行禁止となったドアを発見した二人。二人がドアを開けようとした時、ドアの向こうに盗んだ財布の中を確認するフードを着た男性の姿が。。。財布の中にはK-POPコンサートのチケットが。連続殺人事件が再び起きることになるのか、次の話ではハラハラする展開が始まります。

妹の手を離したことを後悔するユ・リョンは拉致されたパン屋さんの息子の事件を諦めることができず、一人捜査を続け。彼女を心配したコ・ジソクが後を追い、次の話では再び二人がパートナーに戻ることになりそうです。

一方、ユ・リョンが発見した衣類の破片から女の子のDNAが発見され、それぞれ進行中の事件がどこかでつながることになるのか、さらに面白くなりそう。妹の手を離したユ・リョンの気持ちを理解することができましたが、一人残された妹ユ・ジンの姿に切なさを感じる。ムン・グニョンが演じる一人二役は、本当に双子が登場しているように感じる程自然な演技で、演技が上手な俳優や女優が出演するドラマは、正直安心してみられる魅力があり面白い。

君のハートを捕まえろ!(幽霊を捕まえろ) 9話・10話 あらすじと感想

君のハートを捕まえろ!(幽霊を捕まえろ) 全話感想 キャスト・相関図 視聴率 あらすじ

「広告」


【放送情報】


【麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~】

● WOWOWプライム(2021/9/23-10/21)月~金曜日9:45から9/27は休止 字幕

麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【不滅の恋人】

●BSテレ東全20話(2021/9/28から)月~金曜日10:55から 字幕

不滅の恋人 全話あらすじと感想 相関図と視聴率 (別ページ・時代劇サイト)


【100日の郎君様】

●テレビ東京(2021/9/29から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

100日の郎君様(ナングン) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【検事ラプソディ】

●BS朝日(2021/9/30から)月~金曜日8:30から 字幕

検事ラプソディ(検事内伝) 視聴率 あらすじ キャスト 相関図 感想


【キル・イット~巡り会うふたり~-】 

●BSフジ 全16話(2021/10/1-22)月~金曜日8時から 字幕

キル・イット~巡り会うふたり~-(KILL IT:韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【がんばれ!プンサン】

●BS日テレ 全26話(2021/10/1から)月~金曜日11:30から 字幕

がんばれ!プンサン 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●WOWOWプライム(2021/10/1から)金曜日19時から2話連続放送 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・視聴率


【十八の瞬間】

●Amazon Prime  (2021/10/2~)

十八の瞬間 全話あらすじと感想 視聴率 キャスト・相関図

【秘密の森 ~深い闇の向こうに~】

●BS-TBS 全23話(2021/10/4から)月~金曜日13時から 字幕

秘密の森 ~深い闇の向こうに~(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【オー!マイベイビー ~私のトキメキ授かりロマンス~】

●BS12 トゥエルビ 全20話(2021/10/5から)月~金曜日18時から 字幕

オー!マイベイビー ~私のトキメキ授かりロマンス~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


2021年版 投票中!



【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー