君のハートを捕まえろ!(幽霊を捕まえろ) 13話・14話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

君のハートを捕まえろ!(幽霊を捕まえろ) 13話・14話 あらすじと感想


NEW! 投票開始!


【第3回継続中】ナム・ジュヒョク ドラマランキング


【第1回継続中】 IU アイユー ドラマランキング


【第7回継続中】イ・ジュンギ ドラマ ランキング



「広告」


君のハートを捕まえろ!(幽霊を捕まえろ) 유령을 잡아라 Catch the Ghost

【韓国放送】2019年 10月21日から

第13話視聴率2.790%

第13話あらすじ

●BS12では全22話で放送

以下目安

全16話VER 13話~16話 → 全22話VER 17.5話~22話

BS12 君のハートを捕まえろ!~Catch the Ghost~

daisySSさん

第13話感想

逮捕されたテウンの名はキム・ヒジュン。しかし、彼は殺人犯ではなく、目撃者だとトンネル内で目撃したことを証言します。スリを働いた後、トンネル内で盗んだ財布の中身を確認していると、線路に置かれたスーツケースを発見。そんな中に入れられたユ・リョンを発見したキム・ヒジュン。まだ息があった彼女からネックレスを盗んだだけと、証言。

殺人犯が使った公衆電話で回収したコインに残された指紋と比較したところ、キム・ヒジュンの指紋とは一致せず、関連性はありそうですが連続殺人事件の犯人ではない。犯人を特定できる手がかりを失った時、死亡したチェ・ミラの父から彼女が警察をやめた理由を聞かされます。しかし、彼女が警察をやめた本当の理由は地下鉄内で起きた事件が原因。ホームレスの男がホームにいた少女を線路に突き落とす事件が起き、少女が死亡していたことを知ります。



スリで盗んだものを受け取っている人物がキム・チョルジンだと知ると、彼の居場所を確認します。キム・チョルジンは精神科病院に強制入院させられている人物でした。事件が起きた時期と同じ頃に必ず盗まれたものが彼の元に届いたことから、犯人の可能性が高い!

でも、精神病棟となると自由に出入りができない男が、連続殺人を犯すことは可能でしょうか。事件が起きた時は、てんかん発作を起こし、一般病棟に運ばれていたことが分かり、やはり事件の犯人?母が入院している病院にキム・チョルジンがいると知ると、不安になったコ・ジソクは看病人に連絡を取り、「殺人容疑者が収容されています。母から目を離さないでください。」と伝えます。

その言葉を聞いた看病人は、精神病棟に向かいキム・チョルジンの病室のドアを開け、彼を外に出す。。。その様子をコ・ジソクの母が目撃。この状況だとコ・ジソクの母が巻き込まれてしまう展開への変わるのでしょうか。

生きているユ・ジンの姿が登場しました。彼女はどこにいるのでしょうか。コ・ジソクの母を看病している女性がユ・ジンを連れているように見えましたが、真犯人が精神病棟にいるキム・チョルジンだとすると、なぜ看病人の彼女が彼を逃がしたのか、まだ事件に関する何かが残されている。これは、逆転がありそうな予感がします。

ユ・リョン、コ・ジソク、ハ・マリとキム・ウヒョクが共同捜査することになるので、次の話からは連続殺人事件を中心に話が進むことになります。隔離された病室から外に出たキム・チョルジンも肩のチック障害を持っていた!

第14話視聴率2.935%

第14話あらすじ

●BS12では全22話で放送

以下目安

全16話VER 13話~16話 → 全22話VER 17.5話~22話

BS12 君のハートを捕まえろ!~Catch the Ghost~

daisySSさん

第14話感想

逆転のある展開!ハラハラする内容に、地下鉄殺人事件の全貌が明かされる!

キム・チョルジンを病室から連れ出し、地下の機械室に隠した看病人はキム・ヒジュンの母でした。彼女がキム・チョルジンを隠した理由は息子を守ろうとしたから。しかし、キム・ヒジュンはキム・チョルジンを殺し、その様子をコ・ジソクの母が隠れて目撃していた!

今話はすごくスリル感のある展開でした。

連続殺人事件の犯人ではなく、キム・ヒジュンは目撃者に過ぎないと判断した警察。スリグループはキム・ヒジュンを連れ逃走し、キム・ヒジュンが残したパソコンを調べていたユ・リョンは衝撃的な事実を知ります。ホームレスによって少女が線路に突き飛ばされた事件を映した監視カメラの映像に妹ユ・ジンが映っていたこと。近寄るホームレスから身を隠そうとしたユ・ジンを押し、側にいた少女を掴もうとして起きた地下鉄事故。事件にユ・リョンは関わっていました。

キム・ヒジュンがキム・チョルジンを殺害した理由は死亡した少女が彼の娘だったから。地下鉄内でスリを働いていたところ、反対側のホームに立つ娘が線路に落とされた時、刑事に逮捕され娘を助けることができず、目の前で死なせてしまっていたからでした。娘を殺したキム・チョルジンを殺し復讐を果たした後、自らも命を落とす計画だったことに気づいた母が、息子を守るためキム・チョルジンを隠していたことになります。歪んだ母性愛でしょうか。

ユ・リョンとはぐれたユ・ジンを拉致したキム・ヒジュン。地下鉄の倉庫に彼女を隠し、殺害。遺体を運ぶ途中彼女が生きていることに気づきます。再び彼女を殺害しようとした時、車両が近づく音にそのまま遺体を置いて逃亡。でも、その音を立てたのはキム・ヒジュンの母でした。息子がユ・ジンを殺せなくするため、物音を立て。ユ・ジンを自宅に連れ帰り、命を助けていた。事件に巻き込まれ死亡した孫娘の代わりにユ・ジンを側に置いていたってことでした。

キム・ヒジュンの母の住所を調べてユ・リョンとコ・ジソクが自宅を訪ね、門を叩きます。中にはユ・ジンが一人。。。絶対に外に出てはいけないとの注意を守る彼女が姉ユ・リョンの声に気づく。。。

キム・ヒジュンは逃走中で、認知症のコ・ジソクの母がすべてを目撃したことから、目撃者となったコ・ジソクの母の命が狙われることになりそうです。ユ・リョンは捜し続けていたユ・ジンと再会を果たすことができるのでしょうか。

君のハートを捕まえろ!(幽霊を捕まえろ) 15話・16話(最終回) あらすじと感想

君のハートを捕まえろ!(幽霊を捕まえろ) 全話感想 キャスト・相関図 視聴率 あらすじ

「広告」


【放送情報】


【麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~】

● WOWOWプライム(2021/9/23-10/21)月~金曜日9:45から9/27は休止 字幕

麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【不滅の恋人】

●BSテレ東全20話(2021/9/28から)月~金曜日10:55から 字幕

不滅の恋人 全話あらすじと感想 相関図と視聴率 (別ページ・時代劇サイト)


【100日の郎君様】

●テレビ東京(2021/9/29から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

100日の郎君様(ナングン) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【検事ラプソディ】

●BS朝日(2021/9/30から)月~金曜日8:30から 字幕

検事ラプソディ(検事内伝) 視聴率 あらすじ キャスト 相関図 感想


【キル・イット~巡り会うふたり~-】 

●BSフジ 全16話(2021/10/1-22)月~金曜日8時から 字幕

キル・イット~巡り会うふたり~-(KILL IT:韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【がんばれ!プンサン】

●BS日テレ 全26話(2021/10/1から)月~金曜日11:30から 字幕

がんばれ!プンサン 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●WOWOWプライム(2021/10/1から)金曜日19時から2話連続放送 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・視聴率


【十八の瞬間】

●Amazon Prime  (2021/10/2~)

十八の瞬間 全話あらすじと感想 視聴率 キャスト・相関図

【秘密の森 ~深い闇の向こうに~】

●BS-TBS 全23話(2021/10/4から)月~金曜日13時から 字幕

秘密の森 ~深い闇の向こうに~(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【オー!マイベイビー ~私のトキメキ授かりロマンス~】

●BS12 トゥエルビ 全20話(2021/10/5から)月~金曜日18時から 字幕

オー!マイベイビー ~私のトキメキ授かりロマンス~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


2021年版 投票中!



【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー