幽霊が見える刑事チョヨン キャスト 感想 視聴率 あらすじ

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

【日本放送】
●GYAO!(2019/10/30)配信開始
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00486/v12435/
●アジアドラマチックTV(2017/4/11-24)集中再放送 月~金曜日16時から
●アジアドラマチックTV(2017/1/21-29)集中再放送 土・日曜日8:30から3話連続放送1/21は11:30から1話

【韓国放送期間】2014年2月9日から4月6日

シーズン2は

幽霊が見える刑事チョヨン2 視聴率 あらすじ キャスト 感想

幽霊が見える刑事チョヨン 귀신보는 형사 처용 全10話
2014年放送 OCN
平均視聴率 % 시청률 初回3.1% 当時の歴代OCNオリジナルドラマの最初の放送では、最高視聴率
幽霊が見える刑事チョヨンDVD-BOX1
あらすじ

 幽霊が見える刑事チョヨンは、悲しい過去をかかえながら警察を去り、交番勤務を続けていた。久しぶりに警察に戻った彼を待ち受けていたのは、同じ場所で何度も発生する交通事故。幽霊の目撃談により捜査はさらに混乱に陥るが、チョヨンと新人刑事ナヨンが幽霊から事件解決の糸口を見つけ出していく…。

キャスト

オ・ジホ ユン・チョヨン(30代半ば) 特殊事件担当チーム刑事、幽霊が見える


オ・ジウン ハ・ソヌ(20代半ば) 特殊事件担当チーム刑事新人刑事 合理的な思考と冷徹な証拠原理主義者に観察と事件の再構成能力を持ったソヌは、文字通り模範的な刑事となった。


チョン・ヒョソン ハン・ナヨン(18歳) 警察署にいる女子高生の幽霊 ソウル地方警察庁をさまよう魂爽やか溌剌な魅力の女子高生魂

ユ・スンモク  ピョン・グクジン40代半ば)ソウル地方警察庁広域捜査隊の強力2チームチーム長 ベテラン刑事


ヨン・ジェウク  イ・ジョンヒョン(20代後半) ソウル地方警察庁広域捜査隊の強力2チーム


ユ・ミンギュ ミンジェ(20代前半) ソウル地方警察庁広域捜査隊の強力2チーム。すらりとしたキーにハンサムな容貌。殺人微笑まで兼ね備えているイケメン刑事

画像出典:http://program.tving.com/

ノ・スンボム カン刑事 特殊事件担当チーム刑事刑事
チェ・ドクムン ヤン・スヒョク 連続殺人魔
ペク・ソンヒョン チャン・デソク チョヨンの後輩刑事
カン・ギファ ミン・ジュヨン 車に事故を起こさせる幽霊
ワン・ソッキョン セジュン ミン・ジュヨンの息子、入院中

チェ・イェスル ハン・ミヒ カン・ジェヒの友人、女子高生
ナヒョン パク・スルギ カン・ジェヒの友人、女子高生
スミン チョン・ヨンジュ 社会的配慮対象者、女子高生

 

スタッフ /[脚本]ホン・スンヒョン[演出]カン・チョル
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
quetalsurinoさんの感想より

●ミステリ事件を幽霊と協力して解決?スリル感あふれるアクションドラマ!

幽霊ものやミステリアスな内容がお好きな方にはおすすめできる作品です。

主人公のユン・チョヨンは幽霊が見えコミュニケーションを取れ、都市伝説などの裏に隠れたミステリアスな事件を解決していく刑事ものです。「幽霊」と「刑事」の面白いキーワードだと思いましたが、第一話はストーリの展開に意外性がなく結末がすぐに分かるもので残念でしたが、その後は10話までは面白かったです。登場人物の過去の秘密や関係が徐々に明かされ最終話まで楽しめました。

ユン・チョヨン役の「オ・ジオ」はロマンティックコメディドラマから、アクションドラマまで幅広く活躍する俳優です。本ドラマでは彼のリアルなアクションも楽しめます。「スーパーマンが戻ってきた」に娘と共に出演しています。韓国では2013年から始まったバラエディ番組で、48時間の間パパが一人で子育てにチャレンジする、子育て奮闘バラエディです。

韓国のケーブルテレビで圧倒的な人気でシーズン4まで製作された「神のクイズ」に出る犯人のように残酷で知能の高い犯人が登場する話が少なく、刺激的な内容を期待されている視聴者には物足りなさを感じさせます。ただ、知られている都市伝説の裏が分かるので、意外に怖くない話だったと思うこともあります。幽霊登場する場面は緊張することなく観られたのでホラーやスリラーのジャンルのドラマというよりは、アクションありの推理ものの要素が強いです。

複数のジャンルの要素があるドラマで、出演する俳優の高い演技力、緊張感あるストーリの展開で人気の高いドラマで、OCNのドラマの中では歴代2位の視聴率をとっており、シーズン2への期待が高まっています。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー