平日午後3時の恋人 キャスト・相関図 視聴率 あらすじ


【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

放送予定

●【日本放送】
●【日本初放送】フジテレビTWO 全16話(2020/2/13から)毎週月~金 24:00~25:10 字幕 2019
【韓国放送期間】2019年 7月5日から2019年 8月24日

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

平日午後3時の恋人

평일 오후 세시의 연인

2019年放送 チャンネルA 全16話

視聴率

平均視聴率 1.54% 시청률 最低視聴率第1回0.868% 最高視聴率第15回2.118%

チャンネルA 평일 오후 세시의 연인

あらすじ

日本のドラマ「 昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜 」をリメイクした作品。

ソン・ジウンは結婚5年目の主婦。公務員の夫と平凡な日々を送っている。ある日ジウンは、向かいの家に引っ越してきたチェ・スアから不倫のアリバイ作りへの協力を頼まれる。スアは最近この街に引っ越してきたばかりで、大手出版社代表を務めている夫、ふたりの娘と新築の一軒家で裕福な暮らしをしている。だが、実は彼女は、平日の昼間に不倫を繰り返している、いわゆる“平日昼顔妻”だった。この日も不倫をしていたスアは、事件に巻き込まれそれを目撃していたジウンに証言を頼むのであった。「幸せ」を守るためにスアの要求に従うジウン。その過程でジウンは生物教師のジョンウに出会い、次第にジョンウのことが脳裏から離れなくなり、やがて越えてはいけない一線を越えてしまうことに・・・。

相関図

出典:あらすじ・相関図 https://otn.fujitv.co.jp/

キャスト

パク・ハジン:ソン・ジウン役(32歳)スーパーのパート、チャングクの妻

イェ・ジウォン :チェ・スア役(39歳)(子役キム・ヒョンジ) -専業主婦、ヨンジェの妻


イ・サンヨプ :ユン・ジョンウ役(35歳)-テアン学校 生物の教師、ミニョンの夫


チョ・ドンヒョク :ト・ハユン(37歳)-画家、バツイチ。キム・ミンナの前夫。

 

彼女たちの夫


チョン・サンフン :チン・チャンググ役 (35歳)-ソン・ジウンの夫、区役所社会福祉課係長。


チェビョンモ :イ・ヨンジェ役(46歳)(子役キム・グァンレ) -スアの夫、(株)活字の夢(大手出版会社)の代表。

 


リュ・アベル :ノ・ミニョン役(32歳)-ジョンウの妻、生物学助教授。 ソン・ジウンの高校の同級生


ユソジン :キム・ビンナ役(42歳)-ト・ハユンの前妻、イェウォン美術館館長

 

彼女たちの家族


キム・ミギョン :ナ・エジァ役(62歳)-チャン・グクの母、ソン・ジウンの義母。


シン・スヨン :イ・アジン役(16歳)-ヨンジェとスアの長女、バレエ専攻。 イェウォン中学校の学生。


シン・ヒェヨン:イ・アラム役(7歳) – ヨンジェとスアの末娘、幼稚園児。

 

スーパーの人たち


オ・ドンミン :カン・チョル役(29歳)-ヘルストレーナー、スアの前ネヨンナム。


ファン・ソクジョン :シム・クララ役(55歳)ソン・ジウンのスーパーの先輩。


ファン・ジョンミン :ナ・スンジャ役(55歳)-ソン・ジウンのスーパーの先輩。本当に多くオジラプが多い性格。

 

出版社の人


キム・ヨンジュン :ファン・ヨウンジュン役(40歳)-出版社<活字の夢>編集。


ユンス :ハン・サンウン役(28歳)-出版社<活字の夢>代理。

 

その他の人物


パク・ミンジ :コ・ユナ役(25歳)-区役所インターン職員。


チョン・イェジン :ソヌ・ジェニー役(29歳)-画家兼キュレーター。


シンウォンホ :パク・ジミン(18歳)-ジョンウの生物サークルの学生。

画像出典:http://www.ichannela.com/

スタッフ /脚本:ユ・ソジョン、演出:キム・ジョンミン

受賞
第27回大韓民国文化芸能大賞ドラマ部門男最優秀演技賞- イ・サンヨプ
第8回大韓民国ベストスター賞ベストドラマスター賞- イ・サンヨプ

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


【広告】
U-NEXT独占先行配信

バベル〜愛と運命の螺旋(らせん) 2020/4/3〜(主演・パク・シフ)

★U-NEXT独占配信
『左利きの妻』(2019)/『アイテム〜運命に導かれし2人〜』(2019)(チン・セヨン)/『ダーリンは危機一髪!』(2019)(シウォン)/『チェックメイト!〜正義の番人〜』(2019)(キム・ドンウク)

韓流観るなら<U-NEXT>


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー