工作都市~欲望のワルツ~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

工作都市



放送予定 

【日本放送】 

●【日本初配信】Hulu (2022/9/6~)配信開始。一挙配信

日テレドラマ

【韓国放送期間】 2021年12月8日~ (水・木)夜10時30分

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

工作都市~欲望のワルツ~

공작도시 Artificial City

2021年放送 JTBC水木 全20話

視聴率

平均視聴率 3.66% 시청률 最低視聴率第2回2.628% 最高視聴率第20回4.695%

工作都市

出典:https://tv.jtbc.joins.com/artificialcity

あらすじ

韓国の政財界を牛耳るソンジングループの美術館を背景に、最高の地位まで上がろうとする女性たちの欲望を描くミステリー心理スリラードラマ

相関図

出典JTBC

キャスト

主要人物


出典:JTBC

スエ ユン・ジェヒ役 アートスペースジン室長
美術館「アートスペースジーン」の実務を担当する、ソンジン家の次男の嫁だ。貧しさが愛を蝕むと信じている。 古い恋人を捨てて、ソンジン家の婚外子と政略結婚した。夫を大統領にするために、次期検察総長と手を握り、ソンジン家の側天無后の姑ソ·ハンスクと戦争を始める。


出典:JTBC

キム・ガンウ チョン・ジュンヒョク役 ユン·ジェヒの夫。 JBC報道局のアンカー。 チョン·ピルソンの実の息子
ファンクラブを乗り回す、JBCの看板アンカー。 婚外子というレッテルは一生劣等感だが、決してそれを示さない。 欲望する人間と欲望などないふりをする人間たちを嘲笑し、もう欲望が必要ない最高の地位に上がる日を待つ。


出典:JTBC

キム·ミスク ソ·ハンスク役 アートスペースジン理事長。
ソンジン家の実力者だ。大韓民国の有力者たちは、彼女を「測天無后」と呼ぶ。 ‘使い道’を基準に人を区分する。 役に立てば誰でも楽な生活を保障してくれるが、故障したのは物であれ人であれ、容赦なく出してしまう冷血漢だ。


出典:JTBC

イ・ダム キム·イソル役 
再開発反対デモの現場で、たった一つの家族や祖母を亡くし、早くから世間の理に気付いた。 いくら多くの人々がもがき、心配し、怒っても世の中は簡単に変わらないという事実を…。 「アートスペースジーン」のドーセントのアルバイトに合格後、ジェヒの周りをうろつく。


出典:JTBC

イ·ハクジュ ハン·ドンミン役  JBC報道局記者
真正性を人生最高の価値と考えて生きる、ジュンヒョクの報道局の後輩記者だ。 世の中の不公正と不義に敏感で、熱く反応する。 社会で一方的に失格判定を受けた人々を見ると、罪悪感を感じる。 「私の心の平和のためにも、皆が豊かに暮らす世の中を夢見る」。

ソンジン家の人々


出典:JTBC

ソン·ヨンチャン チョン·ピルソン役 ハンスクの夫。書刻職人。 ジュンヒョクの実父。
対外的には書棚職人、性格は閑良である。 撤去委託業者のミョンソン建設の実所有者。 ソンジン物産が施工·施行する工事現場を専担し、地ならしをしている。 過去、シングルマザーになるという娘を見ることができなかったソンジングループの創業主ソ·ジョンテが、自分の運転手だったチョン·ピルソンをソ·ハンスクと結婚させた。


出典:JTBC

キム·ヨンジェ チョン·ジュンイル役 ソンジン電子副会長。漢淑の実の息子
ハンスクをシングルマザーにした張本人だ。 ジュンイルは記憶が存在するその瞬間から現在まで、ハンスクの顔色を伺いながら生きている。 そのため、一度も私の心を持ったことがなく、いつも寂しい。


出典:JTBC

キム·ジヒョン イ·ジュヨン役 チョン·ジュンイルの妻。 アートスペースジーン代表。
韓珠日報社主の娘。 生まれる前からソンジングループの嫁に決まっていた。 息をするだけで、まるで死んだ人のような夫のジュンイルと、優雅でない夫の実家の家族の間で、憤ることが多くなった。


出典:JTBC

イ・ソアン チョン·ウンジョン役 ハンスクとピルソンの娘。ドラマ作家志望の学生
名門大学卒業後、政策研究所の研究員や時事週刊誌の記者として働いたが、現在はドラマ作家志望で、3年間仕事をしている。 ウンジョンは、母、父はもちろん、兄夫婦と甥、家族みんなを愛する。


出典:JTBC

キム·ジュリョン コ·ソンミ役 ハンスクの秘書
ハンスクの服を着ていた「ファジャの姉」の娘だ。 代を継いでハンスクの秘書として過ごしながら悟った人生指針は、第一も第二も第三も沈黙だ。 ハンスクに大韓民国の有力者たちの恥部策を保管しておいた書庫があるとすれば、コ·ソンミは存在そのものがハンスクの恥部策だ。


出典:JTBC

チョン·ヒテ ヤン·ウォンロク役 ピルソンの養弟。撤去委託業者のミョンソン建設ズボン社長。
秘密裏に運営中のルームサロン「ミネルバ」を通じ、ソンジン家のVIP接待を担当する。 ジュンヒョクがうんざりしようがしまいが、叔父に成り済ます。


出典:JTBC

ソ・ウジン チョン·ヒョヌ役 ジェヒとジュンヒョクの息子。
小学校の入学を控えている。 一家の愛を受けるかわいこちゃん。

外部の人たち


出典:JTBC

イ·チュンジュ パク·チョンホ役 ユン·ジェヒの元彼、中央地検刑事4部検事
検事試補の時からチョ·ガンヒョンの目にかなって、右腕になった。 ジェヒとは大学新入生の時に会った。 ジェヒのためなら何でもしてあげたかったが、能力がなかった。 それでジェヒが望む通りに合わせると決心した。 ジェヒが呼んで探す時だけ現れる男だ。


出典:JTBC

チョン·ヘギュン チョ·ガンヒョン役 地方高等検察庁長、法務部長官内定者
豪放で豪放だ。 サッカーで汗を流し、お肉に酒を一杯、ごちそうをたくさん食べ、女性を一度満足させるとエネルギーが湧く。 そのエネルギーを源として、今日享受している全てのものを成し遂げたことを自負する。


出典:JTBC

ペク·ジウォン クォン·ミンソン役 チョ·ガンヒョンの妻
ユン·ジェヒがギャラリーインターンとして働いていた時代に、縁を結んだ。 実家の事情で資金繰りが苦しくなると、ユン·ジェヒの助けを受けて、美術品財テクで秘密資金を集め、その金で夫に内助した。


出典:JTBC

ソ·ジェヒ オ·イェリン役 チョ·ガンヒョンの内縁の女
テンプロ在職(?)当時、チョ·ガンヒョンの情報員としての仕事をし、生活にまで手をつけることになった。 チョ·ガンヒョンを「パパ」と呼びながら、虎視眈々と本妻の座を狙っている。


出典:JTBC

ナム・ギエ ミン·ジヨン役 ソ·ヨンホの妻、ミン·ソンシクの妹
法曹界と政界に実家のルーツがある。 夫の死後、法に則って遺産を相続できないことをよく知っているので、毎日心配だ。


パク·チイル ミン·ソンシク役 ミン·ジヨンの兄。 元検察4回当選の国会議員。党代表。 法司委所属。
ハンスクと同等な地位のふりをしているが、実状は手足に過ぎない。 妹のジヨンをソンジングループから嫁に行かせる際にもらった持参金で司法試験の勉強をし、検事時代、交通費も4回当選議員になるまで、全ての交通費もソンジンからもらって使った。

ナム·ムンチョル チェ·ヒジュン役 ハンジュ日報編集長。
ハンスクの手足ナンバー2。ソンジン·グループに嫁いだ「主人のお宅のお嬢さん」のイ・ジュヨンを支配する「ヘンランお父さん」役を兼ねている。

ヨム·ドンホン クァク·ギファン役 前警察庁長官
ハンスクの手足ナンバー3。 「本来のナンバー3がエースの座だ」と騒ぎ、虎視眈々とソンシクの座を狙っている。 7年前、ヒョンサンドンの撤去惨事当時、警察庁長官を務めた。 おかげさまで(?)国会議員になった。

ミョン・エナム ユ·ジンソク役 元文化体育観光部長官、ビエンナーレ総監督、現代大学教授
能力があり、上品な人のように見えるが、実は俗物の中の俗物。お金もあり、名誉も良いが、自分の名誉と権力を利用して女性を育てる時が一番幸せな人。

その他の人々

ナム·ミョンリョル ユン·ジョンピル役 ジェヒの父親。元判事
現在、アルコール性痴ほうで療養所生活をしている。

イ·ギュヒョン パク·ヨンソプ役 風俗店ウエーター
怖がりで情も厚いヨンジュとイソルの友人。

パク·ミョンシン キム·ミョンワン役 粉食屋の社長。
ヒョンサンドンの撤去惨事の被害者遺族

ファン·ソンヒ ノ·ヨンジュ役 遊興業従事者
人生の終わりに立っていたイソルを再び起こした張本人であり親友だ。なぞの死を遂げる。

 

出典:JTBC

スタッフ /脚本:ソン・セドン、演出:チョン・チャングン
作成:え

話数ごとのあらすじと感想

●以下感想ネタバレ有

neroさん

工作都市 1話・2話 あらすじと感想
工作都市 3話・4話 あらすじと感想
工作都市 5話・6話 あらすじと感想
工作都市 7話・8話 あらすじと感想
工作都市 9話・10話 あらすじと感想
工作都市 11話・12話 あらすじと感想
工作都市 13話・14話 あらすじと感想
工作都市 15話・16話 あらすじと感想
工作都市 17話・18話 あらすじと感想
工作都市 19話・20話(最終回) あらすじと感想

作品感想

●欲望にまみれた財閥一家の女性たちの姿を描いた、ミステリー心理スリラー!

韓国有数の大財閥ソンジングループが手掛ける美術館を舞台に、女性たちの愛と欲望の物語が繰り広げられる・・・

「サメ~愛の黙示録~」や「ウチに住むオトコ」などで知られる国民的女優スエが、約5年ぶりにドラマ復帰。本作でスエが演じるのは、野心あふれるソンジングループの嫁ユン・ジェヒ。完璧に見えたジェヒの生活でしたが、その実態は…。よくある財閥一家で虐げられる嫁、というイメージを一転させる自立した女性ユン・ジェヒの姿がかっこいい!

そして、そんなジェヒを脅かす唯一の存在ソ・ハンスクを演じるのは、こちらも名女優として知られるキム・ミスクです。ソンジングループのトップであり、ジェヒにとっては義母にあたるハンスク。カリスマ溢れるキム・ミスクの演技に注目です。

「SKYキャッスル」や「ペントハウス」シリーズなど、韓国では財閥とそのすさまじい権力争いについて描いた作品がここ最近、数多くヒットを記録しています。韓国ドラマ特有のドロドロした内容とどんでん返しにどんでん返しを重ねたストーリー展開が魅力の1つ。本作もどんでん返しの連続に、最後まで目が離せない展開に。

また、ここ最近の韓国ドラマに欠かせない、不倫要素もプラス。一見、家族想いでスイートなジェヒの夫ジュンヒョクですが、実は不倫を繰り返す最低夫だったのです。回を重ねるごとに、ジュンヒョクの最低ぶりに思わず腹が立つほど。ついつい感情移入しながら見てしまう作品です。そんなジュンヒョクを演じるのは、俳優キム・ガンウ。こんなにも憎らしい演技をできる俳優はいないんじゃ?と思わせるほど、徹底した最低男ぶりを披露しています。

本作の特徴は、必ずしもヒロインのジェヒが「善人」ではないと言う点。よくあるいい人キャラではなく、欲望のために手段を選ばないジェヒの姿が、ある意味リアルに表現されています。

最終回では、視聴者の期待を大きく裏切る展開が待っています。これもまた、非常に現実的なエンディングでなんとも斬新だと感じました。結局、権力がすべてのこの世の中。悪い者がとことん得をする、そんな作品です。

なんといっても、スエとキム・ミスクの対決が見物!キャスト1人1人の演技力が光る本作。出てくる登場人物が次から次へと悪いキャラというのも、珍しいなと感じました。韓国特有のドロドロが好きな方には、ぜひ見て欲しい作品です。




【放送情報】



【善徳女王】

●BS松竹東急 全62話(2022/11/28から)月~金曜日12時から 字幕

善徳女王 視聴率 感想  キャスト・相関図 あらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【風と雲と雨】

●BSテレ東 全28話(2022/11/29から)月~金曜日10:55から 字幕

風と雲と雨 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS朝日 全16話(2022/12/1から)月~金曜日8:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ゴースト・ドクター】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/1-22)月~金曜日8:30から 字幕

ゴースト・ドクター 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP