客 The Guest 15話・16話(最終回) あらすじと感想




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

客 The Guest  손 the guest 全16話  ※DVDは全26話で収録

あらすじはDVD版26話のあらすじを引用していますので感想と多少のずれがあります。ご了承ください。

16話VER 第15話 視聴率3.399% 第16話 視聴率4.073%

第15話 あらすじ

第24話

ユンはヤン神父のことを昔からよく知る神父へ会いに行くことに。そこへファピョンとギルヨンも加わり、ヤン神父とファピョンの祖父を捜しに行く。一方、村の人々がパク・イルドに次々と憑りつかれ、村人を殺し始める。憑りつかれた人々全員が東の海を指さしているのを見て、ファピョンはパク・イルドが自分を呼んでいることに気付く。そして、ついにファピョンの祖父とヤン神父を見つけ出すが…。

第25話

ついにヤン神父を見つけたのだが、彼は3人の目の前で自殺してしまう。ヤン神父が自殺したことにより、ファピョンの祖父の意識も戻った。ヤン神父がパク・イルドだと信じていた3人は、これで一段落したと思っていたのだが…。ユクグァンが殺される前に祖父の家に行ったことが気になったファピョンは、急いで祖父の家へと向かう。そこでついに、本当のパク・イルドの正体が明らかになる。

第26話

パク・イルドの正体を知ったファピョンは、これ以上大切な人々が自分のせいで傷つくことに耐えられず、パク・イルドを自分の体へと受け入れる決心をする。悪霊を封じ込める経を体に刻み、パク・イルドと一緒に死のうとするファピョンを止めるため、ユンが退魔しようとするがパク・イルドの力が強く、上手くいかない。果たしてファピョンはこのまま、パク・イルドに完全憑依されてしまうのか…。

daisySSさんより

全16話VER 第15話 感想

すべてをかけて追うパク・イルトがヤン神父だと知った三人は、彼の行方を追い、最終話では正面対決することになりそうです。チェ・ユン神父へ伝えられた3つ目の予言は、エクソシズムの儀式を行うと命を落とすことでした。チェ・ユンが悪魔祓いの儀式を行えないとすると、最も強い力を持ったパク・イルトを退治する方法は、パク・イルトを受け入れた状態で命を絶つことのみ。

ファピョンの祖父を連れ去り、ファピョンが来るのを待つヤン神父。エクソシズムの儀式を行っていたヤン神父が20年前に、突如変わってしまったことが明らかになりました。パク・イルトの悪霊が初めて乗り移った人物、イ・チョルヨンが、実はパク・イルトの父でした。客(ソン)として村に現れたイ・チョルヨンから、息子のヤン神父に乗り移ったことになるようですね。登場する人物には意外な共通点がありましたね。

ファピョンは透視で、ヤン神父が姿を隠している老人病院にたどり着きました。でも、病院長から警官まで、村中はヤン神父に操られている状況が、まるで米国版のゾンビドラマを観るようでした。多くの死が描かれた第15話ですが、最終話でどのような結論をつけて終わることになるのか、興味津々。

ファピョンの祖父を連れ去ったのは、ファピョンをおびき寄せるためなのでしょうか。これまで登場した悪霊は、ファピョンの側にいる人は死ぬと伝えてきたことを考えると、ファピョンには隠された秘密がありそうで、まだまだ逆転もありそうです。

20年前の事件で生き残ったチェ・ユンを死なせるわけにはいかない、これ以上の犠牲を払わせたくないファピョンは、何があってもチェ・ユンがエクソシズムの儀式を行わせないよう、ギリョンに頼むシーンから、勝手な予想をすると、ファピョンは自分を犠牲にしてパク・イルトを退治することを考えているようです。

違う考えを持ちながらも、パク・イルトを退治する共通の目的を持って挑んできた三人は、最終話でどのような決断を下すことになるか、パク・イルトは最後を迎えることになるのでしょうか



daisySSさんより

全16話VER 第16話(最終回) 感想

意外な展開とハッピーエンド?で終わった最終話でした。ドラマが始まった時の恐怖感や緊張感はなく、20年前の出来事の真相が明らかになっただけでした。ヤン神父がパク・イルトだと思わせるような展開が続きましたが、パク・イルトはファピョンの祖父の中にいました。20年前、ファピョンを狙うパク・イルトから孫を守るため、パク・イルトを受け入れた祖父。

亡くなる前にユクカクが発見したのは、パク・イルトの遺体。20年前、祖父がパク・イルトの遺体を家の近くに埋めていた。そのことを知ったため、ファピョンの母と祖母が殺されたことが明らかになりました。主(神)への信仰があつかったヤン神父を惑わせ結果、パク・イルト=悪魔?を崇拝することになったヤン神父と、パク・ホンジュ議員。二人は悪霊が乗り移ったのではなく、単純に悪い人間だっただけ。結局、パク・ホンジュは裁かれることもなく、逆に望んでいた通りの政治人生を送り、ヤン神父は建物から飛び降りて死を迎えました。

その後、祖父がパク・イルトだと知ったファピョンが、パク・イルトを受け止め、彼を封印するため、共に海の底に沈む。。。しかし、1年後、ファピョンが生きていることが分かり、ギリョン、チェ・神父とファピョンは命を落とすことなく幸せな結末を迎え終わりました。

邪悪な存在の悪魔を意味するパク・イルトを封印することに成功したのか否か、客(ソン)はいつでも東の海から再び、現れることがある・・・と語るファピョン。悪はどこにでも存在し、その存在を受け入れるのは、心に隙間のある人間という意味でしょうか。

「悪魔祓い」をテーマにしたドラマや映画はいくつかありますが、カトリック教の司祭が悪魔と闘う内容のドラマとは違い、霊的な力を持つ巫俗人が登場することで、話をより盛り上げたような気がして、カトリック教神父と韓国独自のシャーマニズムを象徴する巫俗人とのコラボレーションが、予想以上のシナジー効果を出して面白かったです。

オカルト的な内容の作品を観終わった時、感じる後ろ髪を引かれるような感覚が少ないのは、明るい結末を迎えたからでしょうか。斬新な内容と設定に多くの話題を呼んだからか、韓国では、201811月からカトリック司祭と医者が主人公の「プリースト」も始まりましたね。異色のドラマが次々に登場しそうで、韓国ドラマからは、今後も目が離せないです!

客 The Guest 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図





9月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】
★dTVなら月額500円(税抜)で大人気韓流・華流作品が見放題★
「ドラマステージ<tvN>」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
公募で選ばれた脚本を実力派監督×人気俳優がドラマ化!10編のオムニバスシリーズ
「ドラマスペシャル<KBS>」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「雲が描いた月明り」のジニョン出演「僕らが季節なら」他、8作品をオムニバスでお届け
★韓国ドラマ


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

  1. ◇恐ろしく怖く、気持ちの悪いドラマ(名作)でした。
    通常、最終回のエンディングに「ご視聴いただきありがとうございました」と出るのに、
    「こんな気持ち悪い作品を観ていただき、眠れなくなった夜もあるでしょう」みたいなフリップが出たのには笑ってしまいました。
    ◇ドラマ最後の最後に結局は「解決してない」で終わりますが、あそこで観えたものは・・・。
    「悪霊の本丸(客)」とは~東の海からやって来る”日本”のことであり、その日本が韓半島をぐちゃx2にしたあと去ってゆく。
    去ったことで万事解決したのかというとそうではなく、日々の生活の中では窃盗、詐欺、殺人の様な事件が毎日起こる。
    それが「本丸に動かされる悪霊」という現実の韓国の比喩になってる。-「そしてまたやつ(日本)はやって来る」という警鐘。
    ◇その本質(裏)を何も考えずこの作品を日本人が観て十分「究極のホラードラマ」として楽しめるものでした。



カテゴリー