客 The Guest 1話・2話 あらすじと感想 キム・ドンウク ユン・ファピョン役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

客 The Guest  손 the guest 全16話

第1話 視聴率1.575%

第1話 あらすじ

後日掲載

quetalsurinoさんより

第1話 感想

スタートから驚く展開が続き、予想以上に怖い!個人的な感想は、サスペンス・スリラー以上、ホラードラマ未満の怖さでした。

チャン・ヒョクが主演した「ボイス~112の奇跡」や「愛の迷宮~トンネル」を継ぐ、いわゆる「ジャンル物」で、エクソシズム(悪魔祓い)と韓国のシャーマニズムを融合させた捜査ドラマで、主人公は神父、巫俗人、刑事と、オリジナリティに富んだ内容に、韓国のケーブルテレビOCNが制作するドラマは、ロマンスやホームドラマ中心の従来の韓国ドラマとは一線を引く、新鮮さがありました。

主人公は異色のトリオで、一人目は、キム・ドンウクが演じる巫俗人、ユン・ファピョン。巫俗人を簡単に説明すると、韓国に土着するシャーマニズムの「ムダン(巫女)」のことで、巫俗をつかさどる人。なので、女性だけではなく男性の巫俗人もいます。巫俗人には世襲巫と降神巫に区分され、世襲巫は職業のように受け継がれるもので、登場するユン・ファピョンの家は、代々続く世襲巫の家系で、一般の人には見えない存在を見ることができる霊媒。

二人目は、悪魔祓いの祈祷師のカトリック神父(司祭)、チェ・ユンをキム・ジェウク。少女に憑依した悪魔と神父の戦いを描いた映画「エクソシスト」に登場する神父とイメージが重なります。過去、悲劇的な事件に巻き込まれ家族を失ったことで、悪の存在を信じカトリック教理のもと、起きる事件を解決していく人物のようで、ユン・ファピョン(キム・ドンウク)とは、根本的な違いから対立していくことになるようです。

三人目は、宗教や迷信、幽霊の存在など信じず、目で確認できる証拠に基づき捜査を続ける刑事、カン・ギリョン(チョン・ウンチェ)。チョン・ウンチェは、前作「リターン」で知名度を上げた女優ですが、タフでワイルドな刑事役をどのように演技していくか、気になります。

第1話では、20年前、悪霊に取りつかれ殺人を犯す叔父と、目が合った幼いユン・ファピョン(キム・ドンウク)は、海から現れた最も大きな力を持つ悪霊、客(ソン)に取りつかれることになります。家族はファピョンの体から悪霊を追い払うための儀式を行いますが、失敗。

カトリック神父による悪魔祓いまで依頼することになりますが、十字架をみても無反応のファピョンの姿に、児童虐待を疑う。。。結果的には、訪れた二人の神父のうち、副司祭を務めるチェ神父に悪魔が乗り移り、幼いファピョンは命拾いをすることになりました。ファピョンに起きた異常現象が嘘のように消えた理由は、悪霊が乗り移ったから。

客(ソン)が乗り移ったチェ神父は、家族を殺害してしまい。その夜、ファピョンのせいで妻と母を亡くしたファピョンの父は、息子を殺そうとし、ファピョンは必死に逃げ出すことに成功。連絡先をもらったチェ神父の家に向かいます。

しかし、異変に気づいたファピョンは中に入れず。。。通りがかりの幼い娘を連れた女性刑事のおかげで、家族のうち唯一生き残ることになったのがチェ神父の弟だったチェ・ユン神父(キム・ジェウク)。刑事は命を落とすことになり、一緒にいた幼い娘はカン・ギリョン(チョン・ウンチェ)刑事でした。主人公三人に起きた20年前の事件が、20年後、どのようにかかわってくるのかが、ドラマの重要なポイントとなりそうです。

20年後、

タクシー運転手になったファピョンは、霊的な力を持ち、20年前に姿を消したチェ神父のあとを追い続けます。刑事になったカン・ギリョン(チョン・ウンチェ)は、起きた殺人事件の容疑者としてファピョンを疑い、神父になったチェ・ユン(キム・ジェウク)と再会することになり、20年前の事件と現在がどのように繋がっていくのか、楽しみです。

強烈過ぎるスタートに加え、ピリピリ緊張させる展開が続きましたが、神父の姿をしたキム・ジェウクがカッコよくてドキドキ!

怖いけど観たい!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第2話 視聴率2.902%

第2話 あらすじ

後日掲載

quetalsurinoさんより

第2話 感想

過激な表現や描写があり、観ている間ずっとゾッとしました。

怖い!

東の海からやってきた客(ソン)で邪悪な魂、悪霊を意味しますが、第2話からは「パク・イルト」の表現が多くなりました。過去、村を訪れた男性パク・イルトがいたこと、悪霊に取りつかれ村の人々を殺害した疑いから、村人は彼を追い出すことに。すると自分の目を傷つけ海の中に姿を消し、以降、村ではパク・イルト=客(ソン)がくると言われていました。

1話で発見された遺体事件を調べていた結果、悪霊に取りつかれた従業員のキム・ヨンスが犯人だったことが分かり、神父チェ・ユン(キム・ジェウク)とハン神父による初のエクソシズムが行われました。悪魔祓いの儀式が終わった頃、現れた刑事カン・ギリョン(チョン・ウンチェ)は、犯人キム・ヨンスを逮捕。しかし、儀式は失敗していた!そのことに気づいたユン・ファピョン(キム・ドンウク)の助言通り、取り調べ中、「あの方は海からいらした・・・パク・イルト」と叫びボールペンを片目に刺すシーンは、衝撃!

パク・イルトと呼ばれる最も強い力により起きる様々事件の共通点は、遺体が濡れていることと、犯人が目を傷つけ自殺するパターンがあると説明するファピョン。4年前から再び殺人事件が起き始めたことに疑問を抱くファピョンですが、カン・ギリョンは、悪霊や目に見えない力の存在を否定し続けます。霊的な力で、キム・ヨンスの娘が生きていることを知り、入院中のキム・ヨンスにパク・イルトの居場所を聞くと、意外な答えが。20年前、両親を殺害したチェ神父が、必ず弟のもとを訪れるって語りますが、ファピョンはチェ・ユンが20年前生き残った、チェ神父の弟だとはまだ気づいていません。いつ気づくんだろう・・・

キム・ヨンスの体に乗り移った力は、強く、エクソシズムを行ったハン神父は亡くなり、巫俗人ユングァンの力では儀式を行っても体から悪霊を追い出すことができずパニック。悪の力が大きいため、ユングァンの力でもできることがなかった。ハン神父の死後、再びキム・ヨンスのエクソシズムを一人続けることになったチェ・ユン。途中、ギリョンと共にキム・ヨンスの娘を捜す手がかりを見つけるシーンで、感応されたファピョンの姿に驚きました。ファピョンにはサイキックな力が働くから、悪霊が彼を操ることもできるの?と、疑問。

犯罪捜査ドラマではありますが、韓国シャーマニズムのクッ(儀礼)と、キリスト教のエクソシズムが交合に描かれるので、宗教色が思ったよりも強かったです。重く暗い展開が続くので、怖いのが苦手な方は、明るい時に観ることをおすすめします。

キム・ドンウク 김동욱 ユン・ファピョン役
出典:http://program.tving.com/
生年月日1983年7月29日 身長:175cm、体重:60.0kg 血液型B型
自己発光オフィス~拝啓 運命の女神さま!~ (2017年、MBC) – ソ・ヒョン役
ライダーズ~明日をつかめ~ (2015年-2016年、Eチャンネル) – チャ・ギジュン役
幽霊が見える刑事チョヨン2 (2015年、OCN) – イ・チョルギュ役
イニョプの道 (2014年-2015年、JTBC) – キム・ウンギ役
偉大な贈り物 (2011年、SBS)- ク・ウラム役
コーヒープリンス1号店 (2007年、MBC) – ジン・ハリム役
他、多数

 

客 The Guest 3話・4話 あらすじと感想 キム・ジェウク チェ・ユン役

 

客 The Guest 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー