『宇宙と星の恋』宇宙の星が 1話・2話/3話・4話/5話・6話(最終回) あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

三色のファンタジー 第1弾 『宇宙と星の恋』宇宙の星が  우주의 별이 MBC版全6話 衛星劇場版全3話

amijkさんの感想より

第1話・2話あらすじ

歌手ウジュ(キム・ジュンミョン/EXOスホ)の大ファン、高校生のピョリ(ジウ)は、ある日登校途中に交通事故で亡くなります。

7年後、ある廃屋で生活しているピョリ。死神として活動していますが、正規職員になるには成績が足りていません。

ウジュは、曲作りに行き詰まっていました。マネージャーたちと一緒の車から降りて、一人で移動するウジュ。ふと、ウジュの曲を奏でるピアノの音が聞こえ、廃屋の中に足を踏み入れます。

ピアノを弾いていたピョリは、大好きなウジュが突然目の前に現れ驚きます。ピョリの姿が見えていないウジュは、ピョリの隣でピアノを弾き始めます。「死にたい」と呟き、涙を流すウジュに、ピョリはさらに驚きます。

ウジュが自殺でもするのではないかと心配したピョリは、幽霊の友達、カクシ(ユン・ジンソル)とウジュを見張ることに。

ウジュは事故で亡くなることになっていて、飲酒運転の車にひかれそうになったところをピョリが助けます。その行動が問題になり、ピョリは死神人材派遣会社をクビになります。

生きていたときの体を取り戻したピョリは、引き続きウジュを見守ることにします。ステージで歌うウジュの上に、ライトが落下しそうなことに気づいたピョリは、舞台に上がりウジュを守ります。

第1話・2話感想

1話が始まってすぐに主人公ピョリが事故に遭う展開に驚きました。そしてすぐに7年後の世界に。死神として生きる(?)のも楽ではないんですね。成績表が貼り出されていて、ピョリは成績不振でした。

ウジュ役のスホは、顔立ちが整っていて、見とれてしまうほど美しいです。「犬でも飼え」と周囲に言われて拒否していたウジュが、コッソリ犬を盗んで走る姿が面白かったです。

ウジュの「死にたい」という言葉に、ピョリとカクシがウジュの生活を見張ります。サセン(行き過ぎた行動を取るファン)になってしまうとためらっていたけど、人の命がかかっている状況では、仕方ないような気も?

生き返ったピョリを見た救急隊員ク・セジュ(この名前も面白いです、救世主という意味)は、ピョリについての記憶があるようです。ウジュの友人であり医師のソリとともに、今後の展開に関わってきそうです。

ウジュの運命と、生き返ったピョリとどんな交流をするのか、気になります。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

三色のファンタジー 第1弾 『宇宙と星の恋』宇宙の星が  우주의 별이 MBC版全6話 衛星劇場版全3話

amijkさんの感想より

第3話・4話あらすじ

突然舞台に上がったピョリは、警察に連れて行かれますが、ボランティア活動をウジュとすることで告訴は逃れます。

ピョリの腕時計のカウントダウンが始まり、またしてもピョリはウジュを守るため、そばに紛れ込みます。

曲が書けないのなら、人に会ってみろというマネージャーの言葉が浮かび、ピョリと会うことにするウジュ。ウジュとピョリは遊園地で楽しい時間を過ごします。クレーンゲームをしているときにもウジュに危険が及びそうになりますが、ピョリが防ぎます。

ウジュの部屋でピアノを弾いていた二人。カクシがわざと灯りを消して、真っ暗に。暗闇を嫌がるウジュに、ピョリは「見えないからといって、終わりではない。昼間も星は出ているように」と話します。

自分についてのスタッフたちの話を偶然聞いてしまったピョリ。追いかけたウジュは、キスしようとして避けられてしまいます。ピョリは、7つの未練の中にファーストキスが入っていたことを思い出して逃げたのでした。

ピョリは事故に遭ったとき、助けようとしてくれた人物がセジュ(シン・ヒョンス)であることを思い出します。セジュとウジュを取り違えて記憶していたことに落ち込むピョリ。自分の生前についての記憶がないピョリは、セジュに話を聞く約束をします。待ち合わせの遊園地に現れたのはウジュで、周りの目も気にせず、ピョリの手をとります。

第3話・4話感想

生前の姿を取り戻したピョリの手首には7つの星があって、生きているときやり残したことのようです。この7つの未練を叶えてしまうと、再び死ぬことになるみたいですね。ウジュとの交流の中で、もういくつか星がなくなってしまいました。

ウジュと気持ちが通い合って、一緒にいられるのは幸せですが、願いが叶っていって星がなくなってしまったら、ウジュを死の危険から守れなくなってしまうので、ピョリとしては辛いところですね。

気になっていたセジュですが、事故に遭ったとき助けてくれた人なのですね。そのとき死んだはずのピョリが目の前に現れたわけですが、セジュはこの状況をどう理解しているのか気になりました。記録には死亡とあるわけですからね…。セジュは病院で意識不明の女性を見舞っていましたが、ピョリ(本当はハナ)のお母さんなのでしょうか。

ピョリを本気で好きになったウジュも、そろそろピョリ(ウジュの前ではチュンギル)の真実の姿について知るのではないでしょうか?セジュがピョリについて知っていることも、どんなことなのか気になります。

 

三色のファンタジー 第1弾 『宇宙と星の恋』宇宙の星が  우주의 별이 MBC版全6話 衛星劇場版全3話

amijkさんの感想より

第5話・6話(最終回)あらすじ

周囲の目を気にしなくなったウジュは、ピョリと海に向かいます。母が亡くなって以来、疎遠になっている父のことを話すウジュ。ピョリはウジュの携帯からウジュの父(イ・デヨン)に愛しているとメッセージを送ります。

セジュに片想いしているソリは、セジュに告白しますが、セジュは「僕はそんなに良い人間ではない」と受け入れません。

セジュがずっと見舞い続けてきた女性患者の病状が悪化します。ソリは「こんな偶然があるなんて」とウジュに連絡。病院に駆けつけたピョリは母に語りかけ、最期を看取ります。

セジュがピョリに謝罪します。高校生だったピョリをひいた車を運転していたのは、セジュだったのです。ピョリはセジュを許そうとしません。

ウジュはピョリとの恋愛が公になった影響で、コンサートがキャンセルになります。マネージャーがウジュを連れていった先では、心あるファンたちが集まり、即席コンサートが始まります。見守っていたピョリは、怪しい人物を見つけます。ピョリが刺されそうになったとき、ピョリの代わりにウジュが刺されてしまいます。

ピョリは後輩の死神、ヨンギと交渉し、彼の娘が死ぬときに代わりに死ぬ約束で、ウジュと共に過ごす時間をくれるようにク所長にとりなしてくれと頼みます。ク所長と自分との縁について明かし、許すと言うピョリ。

ウジュとピョリは結婚。やがて息子も生まれ、幸せな日々を過ごします。そして約束通り、ヨンギの娘の代わりにピョリは旅立ちます。

 

第5話・6話(最終回)感想

色々とビックリすることが多かったです。最後まで見てみると、登場人物がそれぞれ関わりがあったんですね。

セジュがピョリをひいた運転手だったのも驚きましたが、まさか死神人材派遣会社の所長がセジュのお父さんだったとは!息子のセジュを助けた結果、ピョリが死ぬことになってしまったんですね。

ピョリは高校生のとき、ウジュに「結婚してください」と熱烈なファンレターを送っていて、それを読んだウジュがピョリに連絡して、会う約束をしていたことが明かされました。だから遊園地のチケットが出てきていたのね…。憧れのスターとデートの約束をしていたら、死んでも死にきれないですね。ファンをデートに誘うとは、ウジュにもちょっとビックリしました。

7つの未練のうち、6つめは「勇気のある許し」で、最後のひとつは何なんだろうと思っていましたが、「未練のない別れ」でした。旅立つピョリにも、ウジュと息子にも、未練がないはずはないけれど…。悲しい別れでした。

 

 三色のファンタジー 第1弾 『宇宙と星の恋』宇宙の星が 視聴率 あらすじ キャスト
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー