婿殿オ・ジャクドゥ 1話・2話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

婿殿オ・ジャクドゥ 데릴남편 오작두
韓国放送MBC:2018年3月3日~放送/全24回。放送日&時間:(土)午後8:45~午後11:15(2回連続放送)

第1話 視聴率7.9%

marikoさん

第1話あらすじ

スンジュは結婚式場の前で、ある男を待っていた。そこに冴えない男が現れる。不釣り合いの2人が結婚写真を撮影する理由は…?

時は戻って2週間前。フリーランスのPDとして飛び鳥を落とす勢いの実績を誇るスンジュ。有名テレビ局の正社員として採用されることが決まっていた。惜しまれつつ現在の仕事を辞め、しばらく旅行でも楽しもうと思っていたスンジュの元に、思わぬ仕事が飛び込んでくる。

伝説のカヤグム名手の孫である謎の男が山奥にこもって、国宝級のカヤグムを人知れず作っているというのだ。スンジュは入社前に尊敬を集めるようなドキュメンタリー番組を作りたいと、その番組制作に手を挙げるのだった。

スンジュは謎のカヤグム製作者を探すため、山奥に向かっていた。バスの中でジャクドゥという男と出会うが、男は「人目を避けて山奥で過ごす人間を追いかけるのはよくない」と、スンジュに良い顔をしないのだった。

そんな時、スンジュの元に父方の叔母から電話がかかってくる。今にも息絶えそうな叔母の声にスンジュはソウルに急いで戻るが、叔母は亡くなってしまう。叔母はスンジュにだけ遺産を遺し、スンジュの兄と母親には何も遺していないのだった。それを知ったスンジュの母は、怒り心頭。

悲しみに暮れて帰宅するスンジュに、さらなる不幸が襲い掛かる。泊めることになっていたカナダからの宿泊者が、スンジュの部屋の中で殺されてしまったのだ。日頃から男に襲われる夢を見ているスンジュは、精神が不安定になる。そんな時も、独り身のスンジュには頼り人もいない…。

事故物件になってしまったスンジュの家は、誰も借りもしない、売れもしない状態。仕方なくスンジュは事故現場に帰宅するが、そこに暴漢が現れる。助けてくれたのはなぜか、山奥で出会ったジャクドゥで!?

第1話感想

35歳独身のスンジュ。韓国では女性1人で住むことが良しと思われていないのですね~。劇中でも「何で1人で暮らしているんだ」「今までどうして結婚しなかったんだ」という目を向けられていました。1人で暮らしているだけでそんな風に思われるなんて、なんだか悲しい…。

ドラマ冒頭で結婚式場に現れた男はジャクドゥでしたが、どうしてスンジュとジャクドゥが結婚することになったのでしょうか!?しかも出会って2週間という短期間で!?

主演のスンジュを演じるユイは「マンホール」以来の主演ですが、今回のドラマの視聴率獲得には自信があると言っていたので楽しみです。同じく主演ジャクドゥを演じるキム・ガンウさんは、素朴なジャクドゥになりきっているので、こちらも期待できそうです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第2話 視聴率10.4%

marikoさん

第2話あらすじ

スンジュの弟は、スンジュが遺産相続した山でリゾート開発をしようとする。そのため、土地のど真ん中に住んでいるジャクドゥは邪魔者になってしまうのだった。ジャクドゥはなんとか今の場所に住まわして欲しいとスンジュを訪ねる。

一方スンジュは、殺人現場を見たショックから立ち直れずにいた。救急車で運ばれた人を見て、意識を失ってしまうスンジュ。精神科に連れて行かれ、また同じような症状に見舞われる可能性があるから絶対に1人にはならないようにと釘を刺される。

警察から呼び出されたスンジュは、犯人がもしかしたらスンジュを狙って犯行に及んだのではないかと聞かされる。まったく身に覚えのないスンジュは、混乱。メンタルのことや犯人のことで1人になれないスンジュは友人の家に住まわせてもらおうとするが、友人の夫が良い顔をしない。こんな時に頼れる人がいないスンジュ。急に所帯持ちが羨ましくなって、結婚しようという気になるのだった。

スンジュは悩んだ結果、「あの家に住まわせてくれるんだったら何でもする」と言っていたジャクドゥを頼ることに。ジャクドゥは最初スンジュの言葉を相手にしないのだが、スンジュが眠る間に見てしまった精神科の薬を見て、心を決めるのだった。

国楽器販売会社の代表エリックは、ジャクドゥを探していた。ジャクドゥこそ、カヤグム名手の孫である謎の男なのだ。祖父の弟子だった男はジャクドゥの居場所を教える代わりに金銭を要求していたが、エリックの失礼な態度に心を変える。なんとか見つからずに済んだジャクドゥ。ソウルにいるスンジュの目の前に現れて…?

第2話感想

婿殿オ・ジャクドゥ 3話・4話 あらすじと感想

婿殿オ・ジャクドゥ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー