女神降臨 11話・12話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

女神降臨 11話・12話 あらすじと感想


NEW! 投票開始!


【第3回継続中】ナム・ジュヒョク ドラマランキング


【第1回継続中】 IU アイユー ドラマランキング


【第7回継続中】イ・ジュンギ ドラマ ランキング



「広告」


女神降臨  여신강림 2020年放送 tvN水木 全16話 【韓国放送期間】 2020年 12月9日〜2021年 2月4日

第11話視聴率3.850%

daisySSさん

第11話あらすじ

後日掲載

第11話感想

今話はスホとジュギョンのドキドキするロマンスが描かれた一話でした。

イ・スホ(チャ・ウヌ)をかばって一緒に交通事故に遭遇したハン・ソジュン(ファイ・イニョプ)。二人は同じ病院の同じ部屋に入院することになります。スホが入院している病室を訪れたイム・ジュギョン(ムン・ガヨン)は素顔、、、同じ病室に入院しているソジュンを発見すると、スホの親戚のふりをして、その場をしのぎます。その後、クラスメイトが訪問した際にもスホと付き合っていることを隠すために登場したエピソードが、コミカルに描かれ今話は面白い展開が描かれました。

セヨンが自殺した原因となったスキャンダルのことを知らなかった父イ・ジュホンは、自分のスキャンダルを隠すために会社の理事が勝手に行ったことだと知り、罪悪感を感じます。イム・ヒギョン(イム・セミ)と父の会話を聞いて、セヨンのスキャンダルに関して知ったスホ。ハン・ソジュン(ファイ・イニョプ)は、これまでスホを誤解していたことを知り、過去のことで父と話していたスホがトラウマで倒れると、スホを心配する。今話ではスホとソジュンのブロマンスが描かれた話でした。



セヨンとの思い出を振りかえるスホ、、、セヨンとソジュンとは仲良しで、デビューしたセヨンを応援するスホとソジュン。セヨンとレオが作曲作詞したとする曲は、スホが作った曲でSF9のチャ二が歌う「Starlight」はこのドラマの主題歌(OST)として登場しています。セヨンが登場するシーンは切ない気持になりました。今後もセヨンが登場するエピソードが続くようです。

スホとジュギョンのロマンスは順調に進みましたが、今後気になるのはスホに片想いするカン・スジン(パク・ユナ)。新しい転校生が登場し、ジュギョンの行動を確認し盗み撮りする姿が登場しました。そんな彼女の行動を確認したカン・スジンの目つきが怖い。セヨンの死に責任を感じたイ・ジュホンはセヨンのスキャンダルに関する真実を明かし、芸能界を引退します。スホが心配になったジュギョンは、彼の元に駆け付け、ジュギョンを見ると微笑むスホ、、、そんな二人を見つめるカン・スジン。。。

自分よりも先にスホの側にいるジュギョンの姿を見て、激怒するカン・スジン。今後、嫉妬からスジンがジュギョンを攻撃する人物へとなるのでしょうか。ジュギョンをいじめていたグループのリーダーの命令でジュギョンを監視していた転校生は、もしかして、メイク前と後のジュギョンの姿が明かされることになるのでしょうか。

ジュギョンとスホのキスがエンディングに登場します!

第12話視聴率3.418%

daisySSさん

第12話あらすじ

後日掲載

第12話感想

恐れていたジュギョンの秘密が校内で明かされ、、、強いショックを受けるジュギョン。そんな彼女の姿にスホは・・・?

イム・ジュギョン(ムン・ガヨン)とイ・スホ(チャ・ウヌ)が付き合っていること、二人がキスしているところを目撃したカン・スジン(パク・ユナ)の仕業なのでしょうか。掲示板にジュギョンが転校する前、いじめられていたことやメイクで可愛くなったことを知らせる書き込みが偽名であり、学校中の話題になったジュギョン。

ジュギョンを「女神」と呼んでいた同級生たちの手のひらを返したような態度、、、考えてみれば、新しい学校生活を円満に過ごすためにメイクをしたジュギョン。見た目の可愛さ重視する基準に合わせた学校社会で生き残るために奮闘したジュギョンでしたが、これまでドラマを見て、ここまで徹底的に素顔を隠す必要があるのかなぁ~と、考えることもありました。

精神的にジュギョンが弱いとかという意味ではなく、可愛い性格で愛嬌もあり、困った人を見ると助けずにはいられない、、、特に自分のように容姿で差別やいじめを受けているのを見て見ないふりをしないところが、可愛かったけど。。。

親友セヨンの自殺に関する誤解を解いたスホとハン・ソジュン(ファイ・イニョプ)。これまでセヨンの死に向き合うことができなかったスホは、セヨンが最後に残した手紙をソジュンに渡し、親友の死を克服する姿が今話登場しました。この二人、意外にも激しい性格の持ち主?これまで何度も二人が殴り合いをするエピソードが登場しましたが、今話もコミカルなハプニングが登場しています。セヨン役を演じるカン・チャ二は特別出演とは言え、登場する回数が思った以上にありました。ドラマの挿入歌も歌う等、重要な役割を果たすキャラクターなので、最終話までセヨンが登場することを期待します!

デートを楽しみラブラブなジュギョンとスホの姿が登場しましたが、個人的にはやはり、ファイ・イニョプが演じるハン・ソジュンの存在感が大きくて、今話でもソジュンの良さが光るストーリー展開がありました。転校したジュギョンがメイクで綺麗になったことを知ったパク・セミ(ジュギョンをいじめていたグループのリーダー)が、ジュギョンの自宅前で待ち伏せします。

ジュギョンが帰宅する前にソジュンがパク・セミと彼女の友人たちと遭遇。ソジュンを発見するとジュギョンがいじめられていたことや、メイク前の素顔の写真をソジュンに明かし、、、その時に見せたソジュンの反応がちょっと怖いけど、カッコよかったです。素顔のジュギョンを見ても全く驚いたりしない反応を見せます。必ずしも外見だけで人を好きになるわけではないという、ラブコメのお決まりのようなルールですが、ソジュンの反応を見て、ジュギョンと結ばれるのがソジュンでも良いのに。。。

ジュギョンの素顔写真を掲示板にアップしたのは、もしかしてカン・スジン??次の話が待ちきれない展開です。

女神降臨 13話・14話 あらすじと感想

女神降臨 キャスト・相関図 視聴率 全話感想とあらすじ

「広告」


【放送情報】


【麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~】

● WOWOWプライム(2021/9/23-10/21)月~金曜日9:45から9/27は休止 字幕

麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【不滅の恋人】

●BSテレ東全20話(2021/9/28から)月~金曜日10:55から 字幕

不滅の恋人 全話あらすじと感想 相関図と視聴率 (別ページ・時代劇サイト)


【100日の郎君様】

●テレビ東京(2021/9/29から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

100日の郎君様(ナングン) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【検事ラプソディ】

●BS朝日(2021/9/30から)月~金曜日8:30から 字幕

検事ラプソディ(検事内伝) 視聴率 あらすじ キャスト 相関図 感想


【キル・イット~巡り会うふたり~-】 

●BSフジ 全16話(2021/10/1-22)月~金曜日8時から 字幕

キル・イット~巡り会うふたり~-(KILL IT:韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【がんばれ!プンサン】

●BS日テレ 全26話(2021/10/1から)月~金曜日11:30から 字幕

がんばれ!プンサン 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●WOWOWプライム(2021/10/1から)金曜日19時から2話連続放送 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・視聴率


【十八の瞬間】

●Amazon Prime  (2021/10/2~)

十八の瞬間 全話あらすじと感想 視聴率 キャスト・相関図

【秘密の森 ~深い闇の向こうに~】

●BS-TBS 全23話(2021/10/4から)月~金曜日13時から 字幕

秘密の森 ~深い闇の向こうに~(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【オー!マイベイビー ~私のトキメキ授かりロマンス~】

●BS12 トゥエルビ 全20話(2021/10/5から)月~金曜日18時から 字幕

オー!マイベイビー ~私のトキメキ授かりロマンス~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


2021年版 投票中!



【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー