女を泣かせて 39話・40話(最終回) あらすじと感想


女を泣かせて  全40話

第39話 あらすじ

ウンスの様子に違和感を覚えたテファンは、入水自殺をしようとするウンスを発見し助けるが、自身は心臓麻痺で命を落としてしまう。テファンの葬儀でユンソを見かけたドギンは、すぐに追いかけるが見失ってしまい…。

【39話感想】

saramiの子さんの感想より

まさかの会長の突然の死で騒然・・・・・・争いもおさまり皆静かになったところに、ユンソの影。戻ってきたの? そして何故逃げるの? と疑問は浮かびますが、まだそのときじゃない模様。ウンスもホンナンも、跡継ぎ問題も、ジンハン夫婦も、なんだかあんなに燃えていた火種が一気に鎮火していくような心地。ドラマ始まって以来? のジンミョンとホンナンのラブシーンに感動。良かったね、本当に! ウンスもすっかり丸くなって・・・・・・一人で生きていく決意を固め始めています。でもそれが心配なヒョンソ。ジンハンたちに引き取られていくことを嫌がっているわけではないんですが、それでもウンスはヒョンソにとって親なんですよねえ。ここまでまとまってきたのなら、誰も一人にならない結末を期待します。
ユンソの行方がわかった、けれどまたもや不穏な気配・・・・・・そして早速問題発生で、これで何度目でしょう、ドギンがユンソを助けに行くのは。ラストシーンは前回の会長に引き続き、倒れこむドギン・・・・・・一体どうなってしまうのでしょう。




第40話 最終回あらすじ

テファンの死から1年後、ジヌは教師として復職し、ドギンは学校の前で食堂を続けていた。

ユンソはドギンやジヌの支えもあり、高卒認定試験に合格する。

ジナンはヒョンソがヒョジョンと婚約することを伝えにウンスに会いに行くが、ウンスはヒョンソに子供ができ、その子が大きくなるまで会わないと伝える。

一方、ファン家もカン家もドギンとジヌの結婚を望んでいたが、本人たちが動こうとしないため、それぞれひと肌脱ごうとするが…。

出典:KNTV 女を泣かせて

【40話最終回感想】

saramiの子さんの感想より

一体!? と思っていたら、なんだか穏やかな風景。前回から見て一年後のようです。
高卒認定試験に受かったユンソ、なんだか表情もすっかり別人のよう! それでいて、どうやらジヌとは再婚していない模様。ちょっと残念。でも二人の仲はどうやら一目瞭然のようです。ウンスは宣言通り、一人で田舎で農園を営んでいます。またこちらも人が変わったよう・・・…わだかまりが解け、ヒョンソとゆっくり会っているさらなる未来をついつい期待してしまいます。また未来では、ギョンチョルの病気も避けられなかったようで、さりげなく映る遺影・・・・・・仕方ないことなのかもしれませんが悲しいですね。ボンネファスンの姑コンビの仲良しお節介が可愛い。そんな姑二人に囃し立てられ、ついに結婚することになったジヌドギン。ずーっとずーっとこれが見たかったんだー! と思わず。全てがうまくいった、とは言えないし思いませんが、それでもなんとか様々なことに納得して幸せそうな皆、いやその中でも特にドギンが見れて、良かったなあと感じます。乗り越えて、向き合って、逃げなかったドギンはやっぱり格好良いです!

.

女を泣かせて 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図  話数一覧





来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】

韓流見るならU-NEXTがおすすめ、名作!新作!⾒放題多数!


U-NEXT【韓流】ページ


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



サイト内検索

カテゴリー