女を泣かせて 1話・2話・3話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

女を泣かせて 1話・2話・3話 あらすじと感想

NEW! 投票開始!


ジュノ (2PM) ドラマランキング


ソン・ジュンギ ドラマ ランキング


チャ・ウヌ ドラマランキング



「広告」


女を泣かせて  全40話

第1話 あらすじ

元刑事のチョン・ドギンは高校の前で生徒相手の小さな食堂を切り盛りし、嫁ぎ先で夫の家族を養っていた。正義感の強いドギンは、高校生のミヌが不良グループにいじめられているところを助け、そのグループからミヌを守ることを決心する。

一方、大企業を経営するカン会長の次男ジンミョンの妻で女優であるチェ・ホンナンは、家族との口論が絶えない。会長の亡き長男の妻ウンスと夫の仲を疑って、家庭内の人間関係はぎくしゃくするばかり。

出典:KNTV 女を泣かせて

チョン・ドギン役: キム・ジョンウン 김정은

画像出典:http://www.imbc.com/

かつて刑事だったが、交通事故で息子を亡くしたのを機に辞職。息子が通っていた高校の前で食堂を営み、生徒たちを見守っている。いざというときは拳を振るう。
キム・ジョンウン生年月日1974年3月4日身長170cm、体重48kg血液型 O型 1994年から女優業
イヴのすべて(原題〈이브의 모든것〉MBC 2000年)
パリの恋人(原題〈파리의 연인〉 SBS 2004年)
恋人(原題〈연인〉 SBS 2006年)
ウララ・カップル(原題〈울랄라부부〉 KBS 2012年)
「恋人」で共演したイ・ソジンとの交際が2007年に発覚したが、2008年11月破局が報じられた。
チェ・ホンナン役:イ・テラン 이태란

画像出典:http://www.imbc.com/

女優。夫のジンミョンが自分よりも兄嫁であるウンスを気にかけるのが気に入らない
イ・テラン生年月日1975年3月25日 身長170cm 血液型 B型
噂のチル姫 (KBS、2006)
妻の資格 (JTBC, 2012)
ワン家の家族たち (KBS, 2013)2006年、『噂のチル姫』の次女ソルチル役で元部下の年下男に愛される女性を演じ、中国でも人気を得た。
ナ・ヒョイン ミヌ役 ドギンの食堂の常連客、高校生

1話感想

saramiの子さんの感想より

いきなり女性がひったくり犯を捕まえる冒頭シーンから。インパクト大。強い女の人って格好良い。一方いじめれてめそめそするミヌは喧嘩が強くなりたい。



体の弱いヒョンソを遊びに誘うミンソが止められてしまうところはなんとも言えない。本人には悪気はないからこそ、ヒョンソを気遣ったジンミョンも悪くないように思えるし、傷つくミンソもかわいそうだし。強い女・ドギンも、実は家になかなか帰ってこない夫のことを思っては悩んでる。

主人公ドギンも、ミヌも、ミンソも、皆ないものねだりをしているように思う。人間死ぬまでそうなんだろうなあ。一話からいきなり主人公夫・ギョンチョルの愛人の存在が明らかに……。ミヌをいじめていたグループのリーダーはまさかの教師の息子なことが発覚するし。ドロドロで展開が早い。

madoka3さん

市場からのシーンで始まる。野菜を仕入れ買いに来たのはいいがスリにあい、助けることに。ものすごく早く追いかけてスリも逃げるけど逃げ切れない。追いかける執念がすごい。
けんかも強いし昔なにかをやっていたみたい。すごく強いし、なかなかの度胸もあるようだし、主人公は昔、不良だったのかなと予測してみる。

いじめにあっている学生をほっておけなくて助けるようとする正義感のある主人公のようだ。不良の子の中には大企業の家族もいるらしく、ここの家族もややこしそう。
いじめにあっている子を助けるために奮闘し学生の先生ともいろいろと関わりがありそうで、いろいろな問題が出てきそうな始まりの1話だった。

第2話 あらすじ

ドギンの夫ギョンチョルがカン会長の長女ジニと不倫関係で結婚の約束をしていると知り、ギョンチョルの母ボンネは激怒する。

一方、不良グループを率いるユンソが、学校の理事長の孫というだけで悪行を見逃されていることに憤るドギン。ミヌを負傷させた件で、不良グループのジョンスが退学させられそうになり、ドギンはジョンスの親に会いに行くことに。そこでユンソの父親であり、ジョンスの担任であるジヌと鉢合わせするのだが…。

出典:KNTV 女を泣かせて

カン・ジヌ役:ソン・チャンウィ 송창의

画像出典:http://www.imbc.com/

生徒たちの問題行動に手を焼く高校の教師。財閥であるカン家の三男だが、実家とは距離をおいている。妻は鬱病で苦しんだ末に自殺。息子ユンソとの仲はぎこちない。
ソン・チャンウィ生年月日1979年1月24日 身長181cm 血液型 A型
2008年の百想芸術大賞でテレビ部門男性新人演技賞を受賞。2009年には映画『少年は泣かない』で春史大賞映画祭の新人男優賞を受賞 テレビドラマではほとんど主演を務める。
カン・ユンソ役 ハン・ジョンヨン

画像出典:http://www.imbc.com/

ジヌの息子、高校生、不良のリーダー
一理ある愛 チェ・ドクベ スヨンの従弟、XYZ従業員
ファンタスティック・クラブ ドング 武林学校の学生、韓国人

2話感想

saramiの子さんの感想より

チンピラ男たちに立ち向かうのドギン、勇ましい。そんなドクインの過去が明らかになる。元刑事だったころ息子を亡くした悲しみ。強い人にだって、影がある。解約していなかった息子の携帯電話に着信があるシーンは切なくて泣ける……。ドギンには幸せになってほしいんだけどそうもいかない、ギョンチョル母・ボンネに堂々と不倫宣言するジニ……。

ギョンチョルはギョンチョルでドギンとの結婚生活を借金地獄に例えててほんとにまだまだ序盤なのに一体どうするんだこいつら状態。最初から好きじゃなかったってドギンかわいそすぎる。

一方、不良グループの中ではジョンスが改心してきていたりして良い感じ。でもジョンス父は駄目っぽいなー。そしてホンナンがどんどん腹立たしい感じになっている。本当どうなるやら。

madoka3さん

息子を亡くした元刑事の主人公だった。いじめを許さない自分の息子と照らし合わせたみたいで息子を思い出して泣いている。亡くなる原因もこれから重要になってきそうな雰囲気。元刑事だからそんなにけんかが強いのね納得。

息子を亡くした理由はわからないけど、旦那とうまくいっていないみたいで家庭問題もいろいろとありそう。金持ち家族のトラブルはつきもので、ドラマで見るのは面白い。これが現実だったら嫌ですけどね。はじめっから、トラブル家族とその仲間たちでいろいろなストーリーがありそうで面白くなりそうです。

第3話 あらすじ

ジョンスはミヌを負傷させた件で学校から退学処分を言い渡される立場に追い込まれ、さらに悪いことに引ったくりの濡れ衣を着せられる。ジョンスの潔白を信じていたドギンは、自ら真犯人を捕まえるために捜査に乗り出す。

一方、息子ギョンチョルの浮気を知ったボンネは息子を問い詰めに行くが、浮気相手のジニからギョンチョルの本音を聞かされる。ショックを受けたボンネは、ドギンや家族のために家を処分することを決心する。

出典:KNTV 女を泣かせて

ファン・ギョンチョル役 イン・ギョジン

画像出典:http://www.imbc.com/

ドギンの夫、ジニの不倫相手、公認会計士
イン・ギョジン 1980/8/29 身長 180cm 体重 68kg
妻はソ・イヒョン 二人は2008年SBSドラマ「ミンジャとエジャ -姉妹の事情-」で恋人役として、2012年「ハッピーエンディング」には夫婦役として出演 その後結婚。

3話感想

saramiの子さんの感想より

母親から受け取ったはずのお金を、盗ったと疑われてしまうジョンスを助けようと奮起するドキンが素敵。刑事だって信じていない状況で、誰よりも人を信じて、さらには行動にうつす。「盗んでいないといって信じるのか」「信じる」の問答が格好良い。

物語の後半では逆に、ジヌがジョンスの退学を助けきれず、もっと前から信じていれば……と後悔するシーンがあります。正義感って勇気を出すことですから、全員が全員ドギンのように行動できるわけはありません……仕方ないかと思います。

そして去ることは、終わりではない。次に進むための第一歩となるのだ、と告げるドギン。どこまで格好良いんでしょう。日本でいうところの江角マキコか米倉涼子って感じですね。ラストのジヌとドギンの食券騒動オチも可愛くてよかったです。

女を泣かせて 4話・5話・6話 あらすじと感想

女を泣かせて 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図  話数一覧

「広告」


2021年版 投票中!


韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


韓国 人気イケメン俳優ランキング(現代) 2021


韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


韓国ドラマ時代劇ランキング 2021(姉妹サイト・外部リンク)


韓国ドラマ 人気ランキング (現代) 2021



韓国俳優・女優別 出演ドラマランキング



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版






【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


U-NEXT【韓流】ページ



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



サイト内検索

カテゴリー