奇跡の兄弟 キャスト・相関図 あらすじ 視聴率

2023年


放送予定 

【日本放送】 

●【日本初放送】衛星劇場 全16話(2024/8/6から)火曜日23時から2話連続放送 字幕

Leminoで配信中

【韓国放送期間】 2023年 6月28日~2023年 8月17日 午後10時30分

奇跡の兄弟

기적의 형제

2023年放送 JTBC水木 全16話

視聴率

平均視聴率 2.677% 시청률 第1回2.953% 最低視聴率第12回2.119% 最高視聴率第16回3.266%

奇跡の兄弟

出典:https://tv.jtbc.co.kr/

あらすじ

“ユン・ドンジュ”になりたいが、持っているのは負債しかない作家志望生のユク・ドンジュと、神秘的な能力を持つ正体不明の少年カン・サンが、時間の境界を超えた真実探しを通じて奇跡を作り上げていく過程を描いたヒューマンミステリードラマ

相関図

出典:https://tv.jtbc.co.kr/

キャスト

ユク・ドンジュ


出典:JTBC

チョンウ ユク・ドンジュ役

どんな天候でも耐えられる、非正規職。

気になったことはどうしても最後を見なければ気が済まない、選択的誠実派。持っていることといえば、借金と楽観的な虚勢と、問題児の母だけ。

詩人ユン・ドンジュを愛していた父がつけたドンジュという名前のせいなのか、執筆に格別な才能があったが、国文科を卒業して7年目の作家志望の非正規職。

非正規職で道を駆けずり回るが、いつかベストセラー作家になって、金と名誉をすべて掴むという野心的な夢を見ている。

水も火も恐れず、いったん飛び掛かる性急な性質と、遠回しに話すことができない直接的な言い方をする。

また、母を含めて信じていた人の何人かに裏切られ、自己防衛的な人間不信論者になった。

だから一見、荒々しいが、生まれつき同情心が多く、人情も多い。表は粗く、中は柔らかいアロエのような男だ。

いつものように激しく苦労していた、運命のその日。家賃を分けて一緒に暮らす友達が一言もなしに消えて、家賃まで背負うことになり、母が起こした交通事故のせいで合意金まで必要となった、その日。世界のすべてに怒り、狂ったようだった。

ユク・ドンジュの人生、もうさらに落ちるところもなく底をついたような、あの瞬間。何かドンジュの古い車でドンとぶつかった。いや、まるで空から何かが落ちたようだった。不幸なのか奇跡なのか分からない、その事故で、ドンジュの人生は一瞬で途方もない嵐に包まれる。

カン・サン


出典:JTBC

ペ・ヒョンソン カン・サン役

正体不明の記憶喪失中の少年。

交通事故で記憶を失って、自分の名前さえ覚えていないが、他人の苦痛を全身に感じ、他人の記憶と感情を見る能力を持った。優しい、純粋だ、明るい、素朴だ。決断力があり、意志が固く、原則がある。

普通は他人の過ちは大げさに言い、自分の過ちはそっと隠すが、サンは自分の間違いに注意深く事実の通りに告げて行動し、他人の過ちは大きく覆う。

本名はカン・サン。 両親はなく、兄と二人、養護施設で育った。兄弟には友愛が格別であり、不遇な環境に屈さずに、ずっとよく育った。この世に二人しかいなかった兄が死んだ日、カン・サンは兄が残したバッグを持って死の敷居を越えた。

その後、目を覚ますと、カン・サンは記憶を失ったまま、奇跡の少年と呼ばれていた。説明できない、不思議な能力を持つようになった。人々から聞こえる絶叫、苦痛な姿が、交通事故の加害者であるドンジュには見えも聞こえもしなかった。皮肉なことに、ドンジュの隣のカン・サンには唯一、リラックスできる場所のように感じられた。

すべてが見慣れてなかったカン・サンは、徐々に記憶を取り戻し、自分がどこから来て、誰なのか知るようになるが…。

パク・ヒョンス


出典:JTBC

パク・ユリム パク・ヒョンス役

強力捜査チームの刑事。

警察大学を卒業した後、快適な場所には気も留めず、強力捜査チームに志願した。とにかく警察になるなら、悪い奴としっかりぶつかってみるべきだという、度胸を持った。そうはいっても、あからさまに荒々しくはない。

事件についてだけは潔癖症かと思うほど執拗で、勝負欲が強い。好奇心が多く、疑問が生じれば何とか解消しなければ、眠りが来ない。正直で、正義感があり、時には対策なしに押し付ける行動派で、考えるより直感が来れば、ひとまず飛び込んでみる。

2年前、五里霧中に陥った殺人事件にこだわっていたヒョンスは、パートナー刑事の引き留めも無視して、容疑者を訪れた。そしてその日、容疑者を追跡していた過程で、パートナー刑事が車両の交通事故で死亡した。ちょうど、初めての子供のお父さんになったばかりの刑事だった。彼の死は、ヒョンスに大きなトラウマとして残った。結局、ヒョンスは耐えられず、自ら交通事故調査係に移った。

そして2年後、強力捜査チームに復帰するとすぐに、殺人事件が起こった。ヒョンスは気づいた。2年前、自分が追跡していた殺人事件の犯人と、同一人物であることを…。

カイ


出典:JTBC

オ・マンソク カイ役

ドンジュのベストセラー小説の真実を知っている。

ドンジュとカン・サンが探している、ミステリーの鍵を握った謎の男。

 

イ·ミョンソク


出典:JTBC

イ・ギウ イ・ミョンソク役

出版社の社長。

<テガングループ>イ・テマン会長の弟。

裏金から世襲経営、さらに女性と薬物服用、様々な卑猥な噂に包まれているテガングループのイメージ刷新のために、自ら<図書出版文学と想像>の社長に就任した。

ハンサムなルックスに謙虚な話し方、自己啓発書を出版した、人気作家。ところが知ってみると、偽善的、虚飾的で、特権意識でいっぱいだ。しかし、それを見せるような愚かな真似はしないほど、頭が良い。

大学サークルの友達が一人二人と、作家になるという抱負を諦める時、ドンジュはもがきながらも文章を書いた。そんなドンジュに、ミョンソクは不思議と自尊心が傷ついた。ドンジュが自分を訪ねて、「金を貸してくれ」と言った時、機会が来たと思った。ところが公募に出すために書いたというドンジュの原稿を読んだミョンソクは、衝撃に陥った。ミョンソクは金に困ったドンジュが拒否できない、契約書を差し出した。ミョンソクが買ったのはドンジュの原稿ではなく、ドンジュの魂だと思いながら…

ドンジュ&カン・サンの周辺人物


出典:JTBC

カン・マルグム チェ・ウジョン役

ブックカフェ<本>オーナー。

独身。 格別なおせっかいと、温かいカリスマを持っている。病院で青天の霹靂のような診断を受けて、診療室から出た日、27年前に行方不明になったカン・サンに似た少年を見た。こんなことをドッペルゲンガーというのかな?というほど。

しかし、27年という歳月が過ぎ、その男は明らかに少年だったので、自分が知っているカン・サンではないことは明らかだった。

少年は、「交通事故で記憶を失った」と言った。自分の名前さえ知らないという少年に、自分の名刺を渡し、ぜひ一度会おうと約束した。

自分の記憶が消える前に少年に会って、話をしたかった。奇跡という名前の少年の記憶が、少しずつ戻ってきた。ウジョンは少しずつ記憶を失った。そうして少年と彼女の記憶は、再び世界の中心で出会う。18歳の少年カン・サンと18歳の少女の友情で…


出典:JTBC

ソ・ジェヒ カン・ヘギョン役

高級バーの社長

高位階にある会員制社交会場として知られる「fortuna」社長。

年齢より若く見える美貌と、洗練美を兼ね備えている。自分の言葉ではなく、相手の言葉をよく聞く、体に熟した態度と政治、経済、社会より芸能人のゴシップに耳を傾けるようなおバカさんを装った態度は、無意識のうちにヘギョンに秘密を打ち明けさせる。だが、高位層の秘密を手に握って、政略的に利用する、ヤヌスのような女性だ。

財力家の婚外子で中高校時代、貴族も平民でもない異邦人の世界を生きたヘギョン。自称貴族という財閥の子どもたちに堂々と無視されたが、どういうわけか財閥の子どもたちの間に入り込み、彼らと同じ階級になりたかった。

そのうち、その男に会った。彼らの視線には平民でもなく、奴隷階級の孤児だった男。ヘギョンが愛し、彼らが地獄に蹴落とした男のために、ヘギョンはここに残った。ところが、予期せぬ小説の登場と、とても信じられないカン・サン(キジョク)の出現は、ヘギョンを途方もない混乱と危機に陥れる。


出典:JTBC

ソ・ヒジョン チャ・ヨンスク役

ドンジュの母

無邪気だが、何も考えずに無邪気なので、よく騙される。

酒が好きで、歌が好きで、人情が多い。哀れなふりをしたら、情を与え、心を与え、金も喜んで与えるが、自分の事情を考慮せずに与える「対策のないヨンスクさん」だ。

4歳のドンジュだけを残して夫が去ると、ヨンスクは息子と何とか生きてみようと自分なりに苦労したが、大変で難しかった。

ドンジュの父は限りなく良い人だったので、涙を流すほど夫が懐かしくて、身もだえするほど寂しかった。

何よりも、息子だけを眺めて暮らすには人生が苦しく、ヨンスクはとても若かった。だが、出会う男性はいつもクズ男で、切迫した人生だ。

悪い母親のために、ドンジュが苦労していることは分かっている。ドンジュに面目がなくて死ぬほど申し訳ないが、息子なので自尊心が傷つき、息子なので何とか言い訳したいのがヨンスクの対策のない自尊心だ。

それでもヨンスクの本当の愛は、いつもドンジュの父。死んだ夫の些細な持ち物を一つ一つ捨てずに、引っ越すたびに黙々と持ち歩く、ヨンスクだけの純情がある。


出典:JTBC

チョ・ボクレ チョン・ヨンデ役

交番の警察官

ドンジュの中高校の同窓生で、親友。

単純で純朴で、愚直で義理がある。見た目にはダサくて、ぶっきらぼうだが、何気に柔らかくて弱いところがある。

作家がカッコよく見せて、かつては作家の夢を見たこともあったが、文があまりにも書けない。だからドンジュが誰よりも誇らしくて、すごく見える。

厳しいドンジュの生活を横から見ながら、思春期の頃を同居同伴したので、ドンジュの成功がまるで自分の成功であるかのように喜んで幸せになる、真の友達。

警察の生活をしながら悪い奴、変な奴、奇妙な奴にたくさん出会い、人々に対する不信ができたが、ドンジュの言葉なら、あり得ない話でも信じる。


出典:JTBC

イ・ジヒョン イ・スヨン役

神経外科医。

裕福な家で生まれ、苦情なくエリートコースを経て、医師になった。娘を産み、もはや望むことがないほど幸せだった瞬間、スヨンの人生は生き地獄に変わった。

久しぶりに家族全員が大型マートに立ち寄り、買い物を終えて出た瞬間、あっという間に「通り魔殺人」が起こり、夫は子供を守るために全身で子供を抱き、結局殺人者のナイフに絶命した。

生きていく力さえ失い、極度のうつ病と怒りで眠れなくても、スヨンは医者として働いた。 娘のためにも、そうしなければならなかった。

そうするうちに、交通事故に遭った患者と出会った。身元不明の少年であり、彼は死亡し、奇跡のように生きた。そして、少年はスヨンの人生に入り込み、スヨンの救い主になった。


出典:JTBC

ユン・ナム ユク・チャンソン役

ドンジュの父。

大韓民国で次男といえば、悲痛なほど善良だ。学びへの飢えがいつもあったチャンソンは、一生懸命に金を集め、息子の名にちなんでドンジュ書店を構えた。チョンヨン養護施設の子どもたちを気にしていたチャンソンが、とても好きで大切にしていた兄弟がいた。

本が好きな兄弟にとって、ドンジュ書店は図書館で、兄弟を抱いてくれるチャンソンの温かい胸は唯一の安息処のようだった。

特に言葉に表さなくても、純粋で優しい妻と愛らしい息子ドンジュがいるから、チャンソンは平凡な日常が感謝で、幸せだった。

そんなある日、これらの兄弟に明らかに異変が生じたことを直感した。そして、その兄弟を救おうとして、命を失う。

 

凶悪犯罪捜査課第3チーム


出典:JTBC

アン・ネサン イ・ビョンマン役

強力捜査チーム刑事。警衛。

定年退職を控えてチーム長職から自主して退き、書類業務を主に担当している。万年一線で走ったのでもう静かに過ごし、静かに退職して、残りの余生は故郷に帰って、菜園を培って暮らす計画だ。

まだアナログ調査技術を好み、ゆったりとした性格のせいで、時代に取りこのされた刑事のように見えても、誰よりも実力あるベテラン刑事だ。

ヒョンスのトラウマを誰よりも心配しているが、表には出さずに静かに見守ってくれる。復帰したヒョンスのパートナーとして、ヒョンスと連続殺人事件を追跡し、ヒョンスの心強い助力者になる。

そしてビョンマンは27年前、自分が無意識に無関心になって通り過ぎた少年と事件に、心痛める状況で直面する。


出典:JTBC

チェ・ドクムン オ・チーム長役

強力捜査3チームのチーム長。

海千山千、戦空中戦まで経験したベテラン刑事。

適度に社会性があり、空気を読む性格でありながらも、密かに根性がある。

無関心なようで配慮心があるが、あまりにも深く関与して面倒になるのは嫌で、頭が痛いことには適度に距離を置く。

権力者の前では適度に頭を下げるが、私の子どものような後輩を潰すような奴らは、人間扱いしない。


出典:JTBC

ソ・ジェギュ カン・ジェス役

強力捜査3チーム刑事。

柔道の国家代表選手出身の特採として、刑事となった。

頭よりは体で走ってみる「無鉄砲」精神で武装。

保守的で偏見がひどいが、同僚愛と、強力捜査チームの刑事としての誇りだけは、他の追随を許さない。

 

その他の人々


出典:JTBC

イ・ソンウク イ・テマン役

テガングループ会長。イ・ミョンソクの兄。

単純で、暴悪で残酷な性質、怒りを調節できない障害がある。権謀術数に熟練し、自分の利益のためにはどんな不義も、躊躇なく犯す。根付いている特権意識で、力のない人間はただ踏んでもよい雑草のようなものと考える。

27年前、人を殺した。 一人ではなかった。誰かの父であり、誰かの夫であり、誰かの息子だった人だったが、テマンは自分が殺した人が誰なのかも知らない。殺そうと殴ったわけではなかったが、死ぬほど殴った。その日は特別な日で、ただ酔って起こしただけだった。ただ、その事で父親に問題児と思われ、今まで自分が認められていないようで、怒っているだけだ。罪悪感も良心の呵責もない。もう記憶さえも薄れていく、過去の日であるだけだ。

出典:JTBC

チェ・グァンイル ビョン・ジョンイル役

国会議員

警察大出身でもない刑事から一躍、大韓民国の国会議員になった立志伝中のような人物。忠実なキリスト教の信者として、若くして父母と死に別れた自分の苦しんだ生活を掲げて、青少年先導活動に先頭に立つふりをして、庶民たちの支持を受けるが、行動する前に電卓から叩いて、損することは絶対にしない、如才ない男だ。

27年前、自分が通っていたチョンヨンハヌル聖堂の牧師が運営していた養護施設にいた一人の子どもが、自分を訪ねてきて驚くべき話をした。テガングループの息子、イ・テマンを含む、名誉ある家の子どもたちが犯した殺人事件。大韓民国がひっくり返る、とうてい許しがたい犯罪だった。

すぐに電卓を、頭の中で計算した。ジョンイルに、一世一代の機会が訪れたのだ。素早く動いて、ホームレスの死なんか簡単に覆うことができた。そしてジョンイルはイ会長の秘密を握り、富と名誉を握った。


出典:JTBC

 

ユン・セウン チェ・ジョンナム役

部長検事

検察総長を務めた父と、兄弟たちも法曹人の家の、次男。27年前、貴族子弟会の一員として関わった、ホームレス殺人の共犯。

腹深く根付いた優越感と、貴族主義で武装したナルシシスト。不正疑惑を無視して、快進撃を続けている。



出典:JTBC

ソン・ジェリョン シン・ギョンチョル役

有名映画監督、代々国会議員を務めた名門政治家の息子。

27年前、イ・テマンと共に貴族子弟会の一員としてホームレス殺人を犯した共犯。

世界国際映画祭で大賞を受賞した後、世界的な名声を獲得したが、ミートゥ疑惑と性的暴行事件が暴露されて社会的憤りを買っていた中、行方不明の後に、遺体として発見される。



出典:JTBC

ナ・サンウ

行方不明。

教授の家の息子で、9年前に行方不明。27年前、貴族子弟会の一員としてホームレス殺人を犯した共犯。9年前、博士学位を取得した後に戻り、正式に教授として任命された後、行方不明。

出典:JTBC

 

チョン・ドゥヒョン

消費者金融業者。死亡

ヒョンスが2年前、捜査した殺人事件の被害者。27年前、ホームレス殺人事件の目撃者。

 

出典:JTBC

スタッフ /演出:パク・チャンホン、脚本:キム・ジウ、制作:MI、SLL
作成:え/キ.ま

 



【女神降臨】

●BSJapanext 全26話(2024/7/17から)月~金曜日11時から字幕

女神降臨 キャスト・相関図 視聴率 全話感想とあらすじ

【商道(サンド)】

●BS日テレ 全66話(2024/7/18から)月~金曜日13時から 字幕

商道(サンド) あらすじ 視聴率 キャスト 感想

【太陽の末裔 】

●BS Japanext 全16話(2024/7/22から)月~金曜日15時から 字幕

太陽の末裔  全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図

【魔女は生きている】

●BSフジ(BS182 - サブch) 全16話(2024/7/25から)月~金曜日8:55から 字幕

魔女は生きている あらすじと感想 相関図・キャスト 視聴率

【ブラインド】

●WOWOWプライム 全16話(2024/7/26から) 金曜日19時から2話連続放送  字幕

ブラインド(韓国ドラマ) あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

【優雅な一族】

●WOWOWプライム 全16話(2024/7/29から)月~木曜日9:45から 字幕

優雅な一族 あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 ネタバレ

【馬医】

●BS日テレ 全50話(2024/7/29から)月~金曜日17時から2話連続放送 字幕

馬医 あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 外部リンク

【スティーラー-七つの朝鮮通宝】

●WOWOWプライム 全12話(2024/7/31から)月~金曜日8:30から 字幕

スティーラー-七つの朝鮮通宝 あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

【イ・サン】 

●BS松竹東急 全77話(2024/7/31から) 月~金曜日12時から 字幕

イ・サン あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図

【スノードロップ】

●BSJapanext 全32話(2024/7/31から)月~金曜日19時から 字幕 2024/7/20に第1話先行放送

スノードロップ(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト相関図

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

★★★★★★

ネットフリックス 6/15~ 土・日

Missナイト & Missデイ あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP