夫婦の世界 15話・16話(最終回) あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

夫婦の世界 15話・16話(最終回) あらすじと感想


NEW! 投票開始!


【第3回継続中】ナム・ジュヒョク ドラマランキング


【第1回継続中】 IU アイユー ドラマランキング


【第7回継続中】イ・ジュンギ ドラマ ランキング



「広告」


夫婦の世界 부부의_세계 The World of the Married 【韓国放送期間】2020年 3月27日から2020年 5月16日まで

第15話視聴率24.442%

第15話あらすじ

ダギョンの前で理不尽にテオに殴られたジュニョンは、ソヌに電話をかけ、自分を迎えに来てくれと頼む。ソヌはすぐさまジュニョンの元へ駆け付けるが、自分を追い返そうとするダギョンの挑発的な態度に憤慨し、テオとの一夜を暴露してしまう。衝撃の事実に打ちのめされるダギョンだったが、娘のために全てを忘れ、テオを許そうと決意する。そんなダギョンにソヌが見せたものとは…。

https://kntv.jp/program/kn200703/

daisySSさん

第15話感想

ヨ・ダギョン(ハン・ソヒ)が夫イ・テオ(パク・ヘジュン)を去る。。。ジュニョンを連れて帰ろうとするチ・ソヌ(キム・ヒエ)にヨ・ダギョンは、何があってもジュニョンは渡さないと強い姿勢を見せますが、チ・ソヌの言葉に衝撃を受けます。

夫とチ・ソヌが一夜を共に過ごしたことを伝えられると、夫イ・テオに確認。真実を知りたいと話すヨ・ダギョンにチ・ソヌとのことは過ちだったと認める夫を許します。結婚生活を続ける決心をしたヨ・ダギョンは、チ・ソヌが町を離れると聞くと安心。



ジュニョンが母の元に戻る決心をするきっかけになった事件は、ヨ・ダギョンとイ・テオの間に生まれたジェニをジュニョンがいじめたと勘違いしたヨ・ダギョンの過剰な反応と、父イ・テオから初めての暴力を受けたからでした。ジュニョンを引き取り、新たなスタートを計画するチ・ソヌ。

離婚後の心境やイ・テオとの関係などを、息子に正直に話すシーンはちょっと感動しました。母としてそこまで正直になって息子と話し合えるって素敵だと思います。母の心境や説明にジュニョンの迷いがなくなり、これまで学校で起こしていたトラブルに関しても反省する態度。落ち着いたジュニョンとチ・ソヌの新たなスタートが幸せなものであって欲しいです。

一方、元妻への執着なのか、血がつながった息子への執着なのかイ・テオはジュニョンを連れ戻そうとする姿が描かれ、チ・ソヌを不安にさせます。ヨ・ダギョンはチ・ソヌさえいなくなれば幸せな結婚生活を送れると思っているようで、チ・ソヌの自宅が売りに出されてことを知るとわざわざ確認まで。これって彼女が結婚生活に不安を持っていることをあらわしているようでした。

結局、チ・ソヌはヨ・ダギョンの父ヨ・ビョンギュを訪ね、直談判。娘の幸せを願ってイ・テオを受け入れた父はこのまま娘が不幸になっていく姿が我慢できず、イ・テオからすべてを奪う決心をします。そして、説得できないと思っていたヨ・ダギョンが、チ・ソヌの言葉で夫と別れる決心を固めます。

ヨ・ダギョンが夫を捨てる決心をしたのは、プロポーズに使った曲、下着、ウェディングドレス、香水まで、イ・テオがプレゼントしたすべてはチ・ソヌが好きな物だったことを知ったから。若かった頃の写真をヨ・ダギョンに見せたチ・ソヌは、「私たち似ていると思わない?私に起きたことが将来あなたに起きる可能性もあるのよ」と語り、将来イ・テオが再び浮気をしない理由はないと教えられ、現実を直視するきっかけとなりました。

愛人から妻になっても、不安を抱くヨ・ダギョンの姿に夫婦の世界って複雑!と感じました。

第16話視聴率28.371%

第16話(最終回)あらすじ

ダギョンに見捨てられ、全てを失ったテオは姿を消し、ヨ会長夫妻も離婚したダギョンを連れてコサンを去る。ジュニョンの意思に従ってコサンに残ったソヌは家庭サラン病院に復職し、ジュニョンと2人で穏やかな生活を始めようとしていた。そんな矢先、姿を消したはずのテオがジュニョンを連れ去ってしまうのだが…。破滅したテオの行く末は?終わらぬ愛憎劇はどんな結末を迎えるのか?

https://kntv.jp/program/kn200703/

daisySSさん

第16話(最終回)感想

最終話も期待を裏切らないハラハラする展開が続きました。

コサンの町を離れ新たなスタートを準備していたチ・ソヌ(キム・ヒエ)とジュニョンは、再びコサンに戻り。ヨ・ダギョンと彼女の家族はコサンから去る。。。そして、イ・テオ(パク・ヘジュン)の消息が分からないまま、コサンでの生活をスタートさせたチ・ソヌは、再び夫が現れ生活を荒らすことにならないか心配の日々。

夫ソン・ジェヒョク(キム・ヨンミン)を許して受け入れたコ・イェリム(パク・ソニョン)は、夫の浮気を疑いながら結婚生活を続ける自信がなく、結局二人は離婚を選択します。離婚後、独り立ちするコ・イェリムの姿と彼女が人生に対して語る言葉が、リアルで幸せなエンディングを迎えませんでしたが、人生で大事な選択をした彼女が幸せになってもらえるようにと願うエンディングでした。

イ・テオがコサンに残っていることを知ったチ・ソヌの不安通り、イ・テオは彼女とジュニョンの周辺で二人を監視。荒れた様子から何か起きるのでは??とハラハラしていると、ジュニョンを連れ去り、チ・ソヌを心配させます。家族として再スタートさせたいと語る身勝手なイ・テオにチ・ソヌの怒りは爆発。二人のまで走ってくるトラックの前に身を投げ出したイ・テオ。チ・ソヌは夫への未練を捨てられていなかったのか、二人の姿を理解できずショックを受けたジュニョンがそのまま家出。

1年間帰らない息子を待ち続けるチ・ソヌの姿が描かれ、最後ジュニョンが家に戻ってくるシーンでドラマが終わりました。ハッピーエンドとは言えないエンディングでしたが、シビアでリアル感のある夫婦の世界を垣間見ることができた内容で、多少は複雑な関係ともいえる夫婦の世界に関しては正論も正解もないようですね。

ジュニョンとチ・ソヌの関係にはまだ希望があり、自殺騒動を起こした後、再び映画のプロデューサーとして頑張るイ・テオの姿が登場しました。一方、ヨ・ダギョンは好きだった美術の勉強を続けるため大学に通い新たな未来を準備する姿が描かれ、それぞれの選択にあったそれぞれの幸せが未来に待っている、、、的な希望のあるエンディングにはなったと思います。

刺激的な内容が続きましたが、最終話まで楽しく視聴したドラマでした。イギリスで放送された原作と見比べたくなります。韓国でのリメイクは成功的だったとの評価が受ける程反響があり、韓国放送時は常に話題を呼んだ作品でした。

 

夫婦の世界 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率

「広告」


【放送情報】


【シークレット・ブティック】

●WOWOWプライム(2021/9/20-10/12)月~金曜日8:30から

シークレット・ブティック キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ


【麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~】

● WOWOWプライム(2021/9/23-10/21)月~金曜日9:45から9/27は休止 字幕

麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【不滅の恋人】

●BSテレ東全20話(2021/9/28から)月~金曜日10:55から 字幕

不滅の恋人 全話あらすじと感想 相関図と視聴率 (別ページ・時代劇サイト)


【100日の郎君様】

●テレビ東京(2021/9/29から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

100日の郎君様(ナングン) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【検事ラプソディ】

●BS朝日(2021/9/30から)月~金曜日8:30から 字幕

検事ラプソディ(検事内伝) 視聴率 あらすじ キャスト 相関図 感想


【キル・イット~巡り会うふたり~-】 

●BSフジ 全16話(2021/10/1-22)月~金曜日8時から 字幕

キル・イット~巡り会うふたり~-(KILL IT:韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【がんばれ!プンサン】

●BS日テレ 全26話(2021/10/1から)月~金曜日11:30から 字幕

がんばれ!プンサン 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●WOWOWプライム(2021/10/1から)金曜日19時から2話連続放送 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・視聴率



2021年版 投票中!



【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー