太陽がいっぱい  視聴率 感想 あらすじ キャスト

【PR】
見たい韓国ドラマがなかなか放送されない! そんなときはU-NEXTの韓国ドラマ一覧を覗いてみよう!配信開始しているかも?

U-NEXT 韓流ドラマ 全作品一覧(見放題・ポイント)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

【日本放送】
●GYAO!(2019/11/17)配信開始
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00486/v12539/
●KBS World(2018/8/20から)月・火曜日23:20から 字幕
●KNTV 2016年5月23日(月)~ 月~土曜日6:30から

【韓国放送期間】 2014年2月17日から4月14日

太陽がいっぱい 태 양 은 가 득 히 全16話
2014年放送 KBS
平均視聴率 3.3% 最低視聴率第14回2.2% 最高視聴率第4回5.2%
太陽がいっぱい DVD BOXI
あらすじ

 チョン・セロ(ユン・ゲサン)は詐欺師の父親を連れ戻すべく向かったタイで事件に巻き込まれ、殺人者の濡れ衣を着せられタイで5年間服役することになってしまう。 セロが殺したことになっている被害者は、宝石商の娘ハン・ヨンウォン(ハン・ジヘ)の婚約者、ウジンであった。セロは自分に濡れ衣を着せたのは、ヨンウォンが代表の宝石ブランド、ベル・ラフェアだということを突き止め、彼女に復讐するため、名前を変えて接近していくが-。

キャスト

ユン・ゲサン チョン・セロ/イ・ウンス 詐欺師、元殺人罪服役囚

ハン・ジヘ ハン・ヨンウォン  有名ジュエリーブランド‘ベル・ラペオ’の代表

チョ・ジヌン パク・ガンジェ チョン・セロの兄貴分、詐欺師

キム・ユリ  ソ・ジェイン チョン・セロの仲間、詐欺師、セロに片想い

イ・デヨン チョン・ドジュン セロの父、詐欺師
ソン・ジョンホ コン・ウジン ヨンウォンの婚約者、宝石ディーラー
キム・ヨンチョル ハン・テオ ヨンウォンの父、テガン会長
チョン・ミソン ペク・ナンジュ ヨンウォンの継母
ソン・ホジュン ハン・ヨンジュン ヨンウォン異母弟
キム・ソンギョン ミン室長 ヨンウォンの会社の室長
チョン・ウォンジュン シン・ピルド タイの韓国人事業家
イ・ジェウォン ホン セロの弟分
ウ・ヒョン ハマ ドジュンの友人、弟分
キム・ユンソン チャピョ ガンジェの腹心
キム・ヨンオク ホン・スンオク セロの祖母
ソン・ヨンギュ カン・ハクス ヨンウォンの会社の細工チーム員
アン・ジヒョン カン・ハンナ ヨンウォンの会社の売場マネージャー
イ・サンフン アン秘書 ハン・テオの秘書
チャン・ガヒョン ムン・ミンジョン プロリス社員

 

スタッフ 演出:ペ・ギョンス 脚本:ホ・ソンヘ
コメントにて随時感想募集中です。

 


受賞歴
2014年 第3回スターアワード 女性ベストドレッサー賞 キム・ユリ

以下感想ネタバレあり

【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

MINOさんの感想より

タイトルからは想像できない悲しいドラマ

【太陽がいっぱい】の邦題より、てっきりラブコメ系かと思いきや、とってもとっても悲しいドラマでした。

ハン・ジヘ演じるハン・ヨウォンがとってもとっても可哀想な境遇へと落ちて行きます。「メイクイーン」の時のハン・ジヘの明るいイメージとはまた違う、はかなくも強い素敵なヒロインを演じられていました。ハン・ジヘの涙のシーンが沢山ありましたが、どれも美しく絶品です。ユン・ゲサンもとっても雰囲気のある俳優さんで、切ない瞳に釘付けとなりました。

特に、ドラマ中盤で、雪の中ゆっくり足跡をつけながら歩く二人・・・。お互いの気持ちが近づいたのに、「別れましょう」と言って笑うヨウォン。ユン・ゲサン演じるイ・ウンスが「ねぇ・・・俺たち、明日別れない?」と微笑んで言う。どんな気持ちで二人が微笑み合っているのかは容易に感情移入ができ、このシーンは号泣でした!なんて悲しいドラマなんだろう。雪の中の美しいシーンでした。

セロの兄貴分であるガンジェをチョ・ジヌンが演じています。申し分のない存在感!ガンジェがどうするのか、ハラハラドキドキしました。「チュノ」の時も終盤命を落とし悲しかった記憶がありますが、このドラマでも観る人の印象に残る最後だったと思います。
ユン・ゲサンとチョ・ジヌンが屋上で激しく言い争うシーンは圧巻です。

そして終盤の雪のシーン。ドラマのオープニングに使用されているシーンですが、セロをヨウォンが必死で守ろうとする強い愛を感じ、ハン・ジヘとユン・ゲサンの迫真の演技に感動しました。【太陽がいっぱい】というタイトルに油断してはいけませんでした。とても素敵なドラマでした。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー