天気がよければ会いにゆきます 15話・16話 (最終回) あらすじと感想

天気が良ければ訪ねて行きます



天気がよければ会いにゆきます  天気が良ければ訪ねて行きます 날씨가 좋으면 찾아가겠어요 2020年放送 JTBC 全16話

第15話視聴率2.376%

えぱたさん

第15話あらすじ

叔母の小説を読み、ショックを受けたへウォン (パク・ミニョン) は放浪し、ウンソプ (ソ・ガンジュン) がバスの営業所で泣くへウォンを見つけます。
「怖い。何も信じられない。信じていたのに」
ウンソプはハグし、へウォンを慰めます。

へウォンの叔母ミョンヨ (ムン・ジョンヒ) は、姉ミョンジュ (チン・ヒギョン) に言います。
「もう遅いけど、罪を償いたい。自首する」
「私が7年間、鉄格子の中で過ごしたのは、無駄だった?」
「毎晩、夢を見た。あの人は、いい人だった。だから余計に辛い」

「ウンシルは、もう休暇終わったから、いなくなる。すぐにこのバス停に来るわよ」
おばちゃんに聞いたジャンウ (イ・ジェウク) は、花束を持って待ちます。ウンシルが来ると、言います。
「送ってあげる。お父さんの車で。彼氏と別れたんだって? おふくろが『早く結婚して、孫が見たい』って」
「どうしてそれを私に言う?」

叔母ミョンヨはへウォンに言います。
「私がお前の父親を殺した。申し訳ない」
「どうして、私に隠していた? 辛すぎる。今まで隠していて、なぜ今になって言う?」
「自首する。生きているのが辛い」

レストランでひとり呑みするへウォンは、叔母の緑色の目や、高校時代に自殺しようとした時に叔母が見つけてくれた時のことを思い出し、深いため息をつきます。翌日、目を覚ますと、キム・ボヨン (イム・セミ) のベッドにいたのでした。
「同僚が見つけて、連れて来たのよ」
出してもらった朝ごはんを食べながら、へウォンは言います。
「私もあなたが好きだった。だから赦せなかった」
「完璧なんてない。どうにかして、仲直りしたかった」
(回想) へウォンの幼少期、祖母の髪を結ってあげて、母親と叔母と女4人の楽しい思い出…。

警察のパトカーがペンションの前に停車しているのを見て、動揺するへウォン。ゲストハウスで不良がパーティーをやって、苦情があったので捕まえに来ただけでした。へウォンは叔母に言います。
「家族なんだから、苦しみも分け合って。自首しないで。いつも通りに生きて」

へウォンはウンソプに言います。
「叔母は自首するって。私はしないでって、言った。もう春が来るじゃない。私はいなくなる」
(回想) 林の中の一本道で、へウォンがウンソプに尋ねます。
「私たち、…これって、愛かな?」
「うん。愛だ」
家を出て走って行くへウォンは、書店に「数日休業」とあるのを見ます。山道を走るへウォンは、山小屋にいたウンソプに抱きつき、泣きます。ウンソプの独り言…。
「それでも愛してる。さようなら、へウォン」
へウォンは、以前捨てたはずのスマホを、スコップで掘り起こします。

第15話感想

父親を殺したのは母親ではなく叔母だったと知ったへウォンが、「叔母の顔は見たくない」「春が来たじゃない?」と言い、ウンソプに別れを告げて、捨てたはずのスマホを掘り起こし、…という悲しいエンディングでした。残る最終回では、またソウルに帰るへウォンが描かれるのかなと思わせますが、その裏をかいて、残るというのもアリかも。

ウンソプが独り言で、「さようなら、へウォン」と言った時に、一瞬だけウルっと来ましたが、そんなに悲しくないのは、もう私が個人的にドラマの結末と距離を置いているからでしょうか? そうとも言えず、去ろうとしているへウォンがサバサバしているし、また冬になったら、来るんだろうとも思えます。

自首するかと思った叔母は、へウォンの「自首しないで」の言葉で止めるかもしれないし、ゲストハウスにいた不良を捕まえに、パトカーに乗った警官が来て、思い込みの激しいへウォンが警官に「説明すれば分かる」とか意味不明なことを口走ったり、シリアスかと思えばコメディのように思わせぶりで、視聴者に悲しいへウォンとウンソプの別れに焦点を当てさせないように、軽めに描いているような意図を感じます。

そのような中でやはり、ソ・ガンジュンの演技が見どころでした。愛する人に別れを告げられ、耐えている表情が、美しい…。話の展開としては、ガスの抜けたサイダーのような展開になっていますが、この表情が見れたから、いっか、という気になります。

第16話視聴率2.667%

えぱたさん

第16話(最終回)あらすじ

へウォンはソウルで生活し、ひとり飯を食べる日々。叔母ミョンヨとへウォンの母親ミョンジュはペンションで生活します。ミョンヨは姉に言います。
「なぜ刑務所でへウォンの面会や手紙の受け取りを拒絶したの? 冷たいじゃない」
紙とペンを出します。ミョンジュはへウォンに手紙を書きます。

チャ・ユンテク編集者はインタビューを受けます。
「シム・ミョンヨ作家と交際しているのですか?」
「ずいぶん前に交際していたことがありますが、もう別れました」

フィー (キム・ファンヒ) は大学に行ってしまった先輩ヨンスを恋しがり、手紙を書きます。しかし、次の瞬間に転校生が紹介され、イム・フィーという同じ名前であると知って、目がハート形に…。

「おやすみ書店」でウンソプは新刊本の配達を受け取ります。配達人は言います。
「この本はよく売れているんですよ。あのペンションの主人が書いたって本当ですか?」
テーブルの上に『迷路の中の姉妹』とミョンヨの書いた本がありました。

へウォンはヨンウ (キム・ヨンデ) のカフェに行き、ヨンウはへウォンと席に座り、話します。
「このコーヒーの名前は、君の弾いた曲からつけたんだよ」
「そんなこと言うと、ずっと好きだったって言っているみたい」
「そうだ。ずっと好きだった」
そんな会話の間も、へウォンの心はウンソプのことを思います。

ウンソプはピンクのマフラーに刺繍して、ラッピング。母親の誕生日にプレゼントします。涙ぐむ母親。

へウォンがひょっこりペンションを訪れ、チャ編集者が運転する車でミョンヨは皆に別れを告げ、ペンションを後にします。
「もう泣かないのか? もう帰って来ないのか?」
「嫌だ」

ジャンウはウンシルに会い、コンビニに誘います。ウンシルは言います。
「ソウル大学に行って、もっと大きな会社に行けばいいのに、なぜこの町に戻って来たの?」
「この町が好きだから。静かに平凡に両親と暮らすのは、オレの夢だった」
「アンタのこと、好きになってきてた」
ジャンウはウンシルにキスします。

街角で女性とウンソプを見かけたへウォンは心配し、書店に来ます。ウンソプは「用事」と車を発車させます。走って追いかけて来るへウォンを見て、ウンソプは車を止めます。
「一度だけ、ハグさせて」
「今度はいつまでいるの?」
書店のテーブルの上にはウンソプの書いた『おやすみ、アイリーン』の本がありました。
書店に入り、懐かしげに見回すへウォン。用事を終えたウンソプが入って来ると、へウォンはウンソプにジャンプハグ。キスする2人。
「幸せな日々はきっと来る」
「こうやって」

サイト「おやすみ書店」に記事を投稿するウンソプ。
「長く会いたかったアイリーンに会えた。彼女に会うと、心を閉ざして逃げてしまうオレに、彼女は走ってハグしてくれて、心を開けた…」

第16話(最終回)感想

日常生活の中の、極々小さな出来事、食べたり飲んだり、見たり聞いたり感じたりする些細な事に、それぞれの幸せを見い出して行くという、私の好みの素敵なエンディングでした。へウォンは綺麗さっぱり、あけらかんとした性格で、さっさとソウルに行って、自分のやりたいようにやっていて、ウンソプはまたいつものように待つ生活だけど、長距離恋愛でうまく行っているようです。

自分の心に正直になって待ち続けていたら、悲しい別れはあっても再会の時もあるし、そうでなければ、フィーのように新しい出会いもあるっていう、メッセージかなと思いました。結論が軽くて希望があり、ドラマ終了後に「OOロス」みたいなのがなくていいです。

ジャンウのチ・ウンシルへの初恋も実って良かったです。「女性には興味がない。オレはユニコーンだ」と言っていたジャンウでしたが、しっかりと、もう心に決めた人がいたのでした。

また、ミョンヨはチャ・ユンテク編集者と車でスーツケースを持って、ペンションを出て行きましたが、想像するしかありませんが、チャ氏の思いを受け入れたのでしょうか。だとすればチャ氏は、長年思いを持ち続けていたやっと恋が実って、ビジネスも成功して、このドラマ一番の幸せ者かもしれません。

最後には、お待ちかねの、イケメンバリスタのヨンウも出て来て、大満足でした。特に目が素敵です。すごく雰囲気があって、活躍が期待できる新人俳優です。

天気がよければ会いにゆきます 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【放送情報】



【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【ボーイフレンド】

●テレビ愛知 (2022/12/8(木)~)月曜~金曜 朝8:15~

ボーイフレンド(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


【ミリオネア邸宅殺人事件】

●BS-TBS 全10話(2022/12/12-23)月~金曜日7時から 字幕

ミリオネア邸宅殺人事件 キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想


【王になった男】

●BS-TBS 全24話(2022/12/13から)月~木曜日12:59から 字幕 

王になった男(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●BS日テレ 全24話(2022/12/15から)月~金曜日16時から 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【青い海の伝説】

●BSJapanext 全26話(2022/12/16から)月~金曜日7:30から 字幕

青い海の伝説 全話あらすじと感想 視聴率 キャスト・相関図


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP