夜食男女 キャスト・相関図 全話あらすじと感想 視聴率


放送予定

【日本放送】

●KNTV(2020/11/16から)月曜日9時から2話連続放送 字幕

●【日本初放送】KNTV(2020/9/11から) 金曜日20時から2話連続放送 字幕

【韓国放送期間】2020年 5月25日から6月30日

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

 

夜食男女

야식남녀 Sweet Munchies
2020年放送 JTBC 全12話

視聴率

平均視聴率 0.775% 시청률 最低視聴率第12回0.444% 最高視聴率第1回1.531%

出典:JTBC 야식남녀

あらすじ

夜食ヒーリングシェフのジンソン、熱血プロデューサーのアジン、売れっ子デザイナーのテワンの三角ロマンスを描いたドラマ

訪れた人を癒やすお任せ料理だけを出す深夜食堂“BISTRO”。シェフのジンソン(チョン・イル)はある日、仕事に疲れた放送局PDのアジン(知英)に料理を出す。アジンはジンソンの料理を食べるうち、日々のストレスが解消されていくのを感じる。偶然同じアパートに住んでいることも発覚し、2人はお互いに好印象を抱く。

そんな中演出家デビューを目指すアジンはゲイのシェフを起用した『夜食男女』という番組企画を出す。上司から24時間以内に条件に合うシェフを見つけるよう命じられ、ジンソンにゲイシェフの心当たりがないか、紹介を頼むもジンソンは心当たりもなく断る。公開オーディションを実施することになるが、オーディションにやってきたシェフは誰も上司のお眼鏡に叶わずアジンは絶望する。だがそこにジンソンが現れ鮮やかな手つきで料理を披露し見事合格!実はジンソンは父が事故で入院し、治療費を稼ぐためにお金が必要なのだった。やむを得ずゲイだと嘘をついたジンソンはこうして『夜食男女』に出演することに。そして天才ファッションデザイナーのテワン(イ・ハクジュ)がある理由から『夜食男女』の衣装を担当することになる。ゲイと偽ったジンソンと、そんなジンソンに特別な気持ちを抱くテワン、そしてジンソンをゲイだと思っているアジン。

3人の不思議な三角関係と『夜食男女』の放送がスタートする!

出典:KNTV 夜食男女

相関図

出典:http://tv.jtbc.joins.com/

相関図

KNTV 夜食男女

キャスト

主要人物

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

チョン・イル パク・ジンソン役 幼い頃に母を亡くし、家事を一手に引き受け、弟のために食事を作った。そしていつしか、シェフを夢見て歩き出すように。優しく穏やかな性格。昼間はレストランで仕事をし、夜にはおつまみを中心に、レストランを小さなビストロに変身させて、ユニークなコンセプトの深夜食堂を運営している。客が料理を食べて笑うと、世界中で一番幸せである。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

知英 (元KARAジヨン) キム・アジン役 TVプロデューサーで、番組『夜食男女』の担当。よく笑い、食べるのが大好きで、しなければならない話はしないと気が済まない、特有の肯定的マインドと熱い情熱。CKチャンネル芸能局契約社員で4年目、アシスタントディレクターとして、演出デビューすら不透明。飲み会で新企画に取り組む本部長にから元気をプレゼントし、24時間以内にぴったりのシェフを見つけるという条件つきで演出デビューのチャンスを得る。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

イ・ハクジュ カン・テワン役 天才デザイナー。無関心なようにシックな表情の中に込められた鋭い視線、生来の鋭い目と、他人は知らない血の出る努力で、すでに独自のキャリアを築いている。若くして、個人のブランドを確立しており、CKチャンネルの看板番組であるファッションデザイナーサバイバル『あなたを変える』のレギュラーであり、メイン司会者としても活発に活動している。

CKテレビ局の人々

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

ヤン・デヒョク ナム・ギュジャン役 CKテレビ局のプロデューサー。激しい競争率を突き抜けて堂々とCKの正規プロデューサーになれたことを誇りに思っている。ノ・ジェスを正規職という理由でひいきし、アジンは契約という理由で無視する。アジンにだけあらゆる雑用を押し付け、自分が飲むコーヒーまで頼む。いきなり夜食男女にただ乗りする。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

キム・ユジン チャ・ジュヒ役 CK芸能局本部長。冷徹なカリスマでCK芸能局を率いる。視聴率だけよかったならば、どんなプログラムでもオッケー。職級、年齢、正規職、非正規職計算することなく、プログラムが最も重要であると考えている実利主義者だ。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

キム・スンス イ・サンヨン役 CKの正規プロデューサー。会社人間であれば、最も共感できる現実的キャラクター。誰よりも後輩たちを愛して、心から大切にする職場内で必ず一目置かれる人生の先輩でもある。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

パク・ソンジュン ノ・ジェス役 CK芸能局のアシスタントディレクター。入社3年目。アジンと同い年である。アジンは契約社員、自分は正社員であるからと優越感に陥っている。アジンを先輩と呼んで長いが、一度も先輩扱いをしたことがない。計算する心憎いキャラクター。暇さえあればアジンを無視してやっつける人物。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

コン・ミンジョン ユ・ソンウン役 フリーランスの放送作家
アジンとは飲み友達であり、秘密を分け合うことができる友達のようなお姉さんのような同僚。アジンを熱心に助けてくれる。アジンを無視するアシスタント演出家ノ・ジェスと神経戦を繰り広げるが、初めてアジンは知らない秘密が生じる。まさにノ・ジェスと秘密の恋愛を始めることになったのだ。

 

 

シム・オギョン カン・ミンス役 CKのエースPD。自他が認めるCKのエース。テワンが進行するファッションデザイナーサバイバル番組のメインPD。ディレクターとしての能力抜群、図太く、酒がよく似合う人物。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

チェ・ジェヒョン パク・ジヌ役 ジンソンの弟で、モデル志望。ジンソンの嘘を知っている唯一の人で、悩みの相談相手になってくれる。

 

 

オ・マンソク パク・ヒョンス役 ジンソンとジヌの父。農水産物市場で仕事をして生計を立てている。本人のジャンパーは繕って着るほど質素に生きる。かつて妻を亡くし、ひとりで二人の息子を育てた。一方では妻を恋い慕うロマンチストだ。

 

 

チャン・ヒョンソン カン・インシク役 テワンの父。誰よりもテワンを愛しているが、その表現法が下手な父。

画像出典:http://tv.jtbc.joins.com/

スタッフ /演出:ソン・ジウォン、脚本:パク・スンヘ

OST:
Part.1 イ・ジナ – Love With You
Part.2 The Vane – Superhero
Part.4 元B.A.Pデヒョン – All Things Will Pass

作成:え

●以下感想ネタバレ有。





話数ごとのあらすじと感想

話数ごとのあらすじと感想

えぱたさん

 

夜食男女 1話・2話 あらすじと感想
夜食男女 3話・4話 あらすじと感想
夜食男女 5話・6話 あらすじと感想
夜食男女 7話・8話 あらすじと感想
夜食男女 9話・10話 あらすじと感想
夜食男女 11話・12話(最終回) あらすじと感想

作品感想

●実生活がシェフそのものチョン・イル演じるイケメンシェフの料理による食べ物ヒーリングドラマ!

私がこのドラマを見始めたのは、『夜食男女』のタイトルから、美味しい食べ物が出てくると期待したからでした。ドラマ内で、チョン・イルは夜食専門のビストロを経営するシェフのパク・ジンソンを演じていて、魚介類の料理が見どころです。

私の友人に背が高くてチョン・イルそっくりな人がいて、チョン・イルを見るといつも似てると思っていました。チョン・イルはこの『夜食男女』の前に、『イケメンラーメン店』でイ・チョンアと共演して、イ・ギウを「玉ねぎ」と呼んでいた、財閥の息子役で見ました。

この『夜食男女』の撮影についての記事を読んだところ、チョン・イルは料理のシーンの撮影を、すべてスタントマンに任せず自分でされたと聞き、驚きました。

このドラマ撮影に先立ち、チョン・イルはSNSでダルゴナコーヒーを発信して、ヒットしました。私も大好きで、カップに入れてフォークでかき回します。コロナ禍の運動不足解消のため、自力でやっていますが、インスタントコーヒー、砂糖と水を混ぜると、泡立ちクリーミーになると発見したのは、日ごろから料理に関する研究をされている証拠と思います。このドラマの中にも、チョン・イルがダルゴナコーヒーを作るシーンが登場します。

有名で売れていても、このようにファンとの距離を縮めるため、謙虚にいろいろな努力をしておられる姿を尊敬します。ドラマの中でも、シェフを演じるというより、シェフそのものです。

放送局の料理番組PDキム・アジン役の元KARA知英は、しっかり役に入り込んでいて、理不尽な要求により自分が作った番組で、イヤミな上司にメインPDの座を取られるシーンでは、涙の演技が圧巻で共感できました。可愛いくて、何より声が好きで、これからも活躍してほしい女優です。

『夫婦の世界』他出演のイ・ハクジュが、シェフの衣装担当デザイナーの役にハマっていて、チョン・イルのファッションも楽しめました。着古したジャージ姿も良いですが、最初のオーディションに着ていた、グリーンのドットのど派手ジャケットを着こなしていて、さすがと思いました。

韓国内での視聴率は最悪で、私も脚本や設定があまり好きではありませんが、気軽にサクッと見れて、現実的なドラマでした。ジンソンが厳しい生活の中で、苦労して資金を調達して、経営するビストロの内装、市場で買い出しをしたり、アジンのアパートに来て、キムチチゲを作るシーンなど、小道具の演出も好きでした。OSTも充実しています。






来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】

韓流見るならU-NEXTがおすすめ、名作!新作!⾒放題多数!


U-NEXT【韓流】ページ






コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



サイト内検索

カテゴリー