夕食、一緒に食べませんか? 7話・8話 あらすじと感想


夕食、一緒に食べませんか? 저녁 같이 드실래요?

【韓国放送期間】2020年 5月25日から7月14日 2020年放送 MBC 

第7話視聴率3.0% 3.7%

えぱたさん

第7話あらすじ

「あなたのこと、考えることをやめることができない。…ありがとう。今日ここに来てくれたこと」
「オレたち、友達じゃないか。他の人に話せないことを話す友達。…あの本の著者はオレの母なんだ」
ドヒが帰宅すると、家の前で待っていたジェヒョクに腕をつかまれ、ついて来ていたヘギョンが間に割って入る。
「その手を離せ」
「こいつ誰だ?」
「彼氏」

ジェヒョクは先輩方の結婚式の招待状を見せてドヒを誘う。
「一緒に行こう」
「行きません」

ヘギョンは、患者との待ち合わせ場所で小説を読んでいると、ドヒとキスする妄想が湧いてくる。

アヨンは、ホームレスの男がコンビニの前にいるかと探すが、いない。
「他のコンビニに移ったのかな?」

カフェでパナマのゲイシャコーヒーがあるのを見て、彼を思い出し、ひとり飲んでいると、ジェヒョクが見つける。
「先輩、…ドヒって彼氏いるのかな?」
「はあっ?」
ニヤっと笑って去るジェヒョク。

ミーティングの後、ドヒはヘギョンの元カノ、ノウルに誘われる。
「PDさん、一緒に夕食いかがですか?」
食事の席で、ノウルの待ち受け画面に「元彼」だと言うヘギョンの写真を見て、ドヒは驚く。落ち着きにトイレに立って、戻ろうとすると、なんとヘギョンがいる! 退散するドヒ。

ドヒはヘギョンを呼び出す。
「もう、やめましょう。ディナーメイト。あなたのことを知らないし、将来がない。時間の無駄」

彼氏と一緒に結婚式に行くドヒは、紹介された歌手に、食事に誘われ、ヘギョンのことを考える。帰宅するドヒをヘギョンが待っていて、名刺を渡す。

第7話感想

なんと、ディナーメイトがあの、イヤミな精神科医だとドヒにわかってしまいました。しかも、ヘギョンのほうはドヒの身分を知らないという展開です。果たして、ドヒは自分の名刺を出すでしょうか?

ヘギョンに別れを告げた後、元彼と一緒に行った先輩の結婚式で、身分をお互いに知っている歌手の男性から、食事に誘われたドヒ。身分も名前も知らない自分を、チェジュ島で助けてくれたヘギョンについて、もう一度、考えることができました。

お互いに身分を知って付き合うのは、普通で当然なのですが、どこの誰で、職業は何をしている、それを知っての愛情ならば、もしその一部が欠けたら、例えば失業すれば、愛情もなくなるのか? 考えさせられます。

ヘギョンのクリニックに訪れた男性、いったい誰かと思ったら、ホームレスの男性でした。人間、洋服でこんなに変わるものなのかと感心しました。なぜクリニックに行ったのか、気になります。また、ドヒの元彼のことを知っている様子。もしかしたら、元彼が話をしている電話の相手も、知っているのかもしれません。意外にドラマのキーマンなのかもしれません。         

エンディングで、ヘギョンがドヒに会いに来るシーンの音楽は、OST Part.5 Eun (アン・ダウン) の『Midnight Cinderella (真夜中のシンデレラ)』です。

 

 




第8話視聴率3.0% 4.2%

えぱたさん

第8話あらすじ

「お分かりになってないみたいですけど、あなたがどなたか知りたいんじゃないし、私のことも話したくはないないんです」
「なぜ、突然…?」
「一緒に食事するのが辛くなったからです」
去って行くドヒ。

ヘギョンのクリニックにジェヒョクが来る。
「オレと彼女は離れることができない。いつも愛し合ってきた。彼女が他の男と付き合ってると嘘をついてる。ご存知なんですか? 彼女が2NBOXのウ・ドヒPDだと。目を見ればわかるんです。彼女が今どういう気持ちなのか。世界中で彼女を私以上に愛している人はいないんですから」

唖然とするヘギョンは、スタイリストのグヌを呼び出す。
「ウ・ドヒPDの写真を持ってるか?」

あのホームレスの男が、ヘギョンのクリニックを訪れる。かつて病院で一緒に仕事をした先輩だった。
「チョン・ジェヒョク、気を付けろ。守りたい人がいるなら、全力で守れ」

ドヒの撮影中、何者かが意図的にネジを外し、モデルのノウルの上にライトが落ちてくる。ノウルは病院に搬送され、ヘギョンがノウルの看病をする。

実は、ネジを外したのはジェヒョク…。

医師をゲストに迎えたいと探すドヒに、ヘギョンが職場を訪れる。
「ショーに出ます」
屋上でヘギョンはドヒに言う。
「会いたかった。あなたが好きです、ドヒさん」

 

第8話感想

ヘギョンはドヒがあの悪口を言っていたPDだとわかった後でも、「会いたかった。ドヒさんが好きです」と感動的な告白をして、続きが見たいエンディングでした。感動的だったんですが、ややセリフが長かったです。ずっと黙って聞いているのも大変でした。

頭に来る悪口を言われたということは、ヘギョンにとってあまり大きいことではなかったのでした。大人ですね。ドヒも早めに謝ってしまえばよかったのに。そうすれば悩む必要もなかったのに。

何よりも、一度離れてみて、やっぱりドヒが好きだと、ヘギョンの本心を確認できたのは良いことでした。引いてもダメなら押してみなで、一度突き放してみるのもいいですね。

ジェヒョクはわざとネジを外して、ライトが落ちるようにするとは、ドヒを取り戻したいだけとは思えない、何か他に企みがあるような気がします。

ホームレスの男、ただ者ではなかったです。ヘギョンの先輩の医者だとは。そうとわかると、いい声だなぁとか、魅力的に見えてくるのが、だまされやすいということでしょうか。もしかすると、この人、医者から転落して、ホームレスになった背景に、ジェヒョクと関係があるのではないかと思います。ジェヒョクが医療関係のジャーナリストというあたり、においます。

 

夕食、一緒に食べませんか? 9話・10話 あらすじと感想

夕食、一緒に食べませんか? キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想





来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】

韓流見るならU-NEXTがおすすめ、名作!新作!⾒放題多数!


U-NEXT【韓流】ページ


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



サイト内検索

カテゴリー