国民死刑投票  7話・8話 あらすじと感想

国民死刑投票


国民死刑投票 극민사형투표 2023年放送 SBS 木曜 全12話

第7話視聴率3.1

第7話あらすじ

過去、クォン・ソクジュ(パク・ソンウン)と議員のミン・ジヨン(キム・ユミ)は、犯罪加害者の身元公開に関する討論会で顔を合わせていた。討論会のあと、ジヨンは息子のユンソンをソクジュに紹介する。かねてからソクジュのファンだというユンソンを、大学の講義に招待するソクジュ。

しばらくして、娘ナレの飼い犬がいなくなったと知ったソクジュは、向かいに住むユンソンに話を聞こうとする。しかし、最後まで自分ではないと言い張るユンソン。そこへユンソンの父とジヨンが帰ってくると、ソクジュは仕方なくその場を離れた。

家の中に入るなり、庭を掘り起こすユンソンの父。するとそこには、ナレの飼い犬と思われる犬の死骸が。またしてもユンソンが犬を殺したと知った父は、怒りのあまりユンソンを殴りつける。実はユンソンが動物に手をかけたのは、今回が初めてではなかった。夫がユンソンを叱責するのに耐えられなくなったジヨンは、代わりに使用人の息子ウテクを殴る。止めに入ろうとするウテクの父に向かって、「最初からそういう約束だったでしょう?」とジヨン。

当時、強力係の刑事だったキム・ムチャン(パク・ヘジン)は、麻薬が横行するクラブに潜入し、自らも睡眠薬を大量に服用して麻薬の常習者たちを検挙。その後、病院で治療を受けていたムチャンは、ソクジュの娘ナレが失踪したというニュースを目にする。ソクジュを心配したムチャンはすぐに捜査に加わろうとするが、そこへ1本の電話が。

ナレの遺体が運ばれていくなか、ムチャンは現場で笑顔を浮かべる1人の少年の姿を目撃。それは他でもない、ソクジュの向かいに住むミン・ジヨンの息子ユンソンだった。

そんななか、事件の有力容疑者として警察が指名したのは、なんとソクジュ。ソクジュの犯行を裏付けるかのように、犯行当日にスクールバスから降りたナレを迎えに来たソクジュの姿を見たという目撃証言が上がる。それに加え、ネット上ではソクジュの女子生徒に対するセクハラ行為が騒がれるように。

真犯人を捕まえるため、ソクジュを自宅へ連れて行くムチャン。そこで現場から見つかった遺留品の写真を確認したソクジュは、ナレがいつもカバンにつけていたウサギのぬいぐるみがなくなっていると話す。それは、ソクジュが養子として引き取ろうとしていた少年とナレがお揃いでつけていた、大事なキーホルダーだったという。

その後の捜査で、事件当日にナレを連れ去ったのがソクジュの向かいに住むウテクだと判明。すぐにウテクを逮捕する警察だったが、肝心の証拠は見つからず。するとムチャンは、証拠を捏造してウテクが犯人であると主張した。

しかし、ムチャンの主張は裁判でいとも簡単に崩されてしまい、ウテクに無罪判決が下される。さらにはムチャンが暴力を振るってウテクに自供を促したことも明らかとなり、それを知ったソクジュは、家の前で偶然顔を合わせたウテクを呼び止め、謝罪した。すると、自分に優しくしてくれたお礼だと言って、携帯に録音しておいたナレの声を聞かせるウテク。その瞬間、ソクジュの中で何かがプツンと音を立てて切れた。

月日は流れ、現在。警察署で再び顔を合わせたユンソン、現イ・ミンス(キム・グォン)とソクジュ。先日の病院での一件で警察に呼ばれたキム・ジフン(ソ・ヨンジュ)の付き添いで署へやってきたミンスだったが、ムチャンらの本当の目的はミンスだった。ムチャンが署でミンスを足止めする間、チュ・ヒョン(イム・ジヨン)はミンスが働く高校へ潜入する。

ジフンの協力もあり、ミンスが使用したコンピュータのゴミ箱を復元することに成功したヒョンは、その中にケタルが公開した爆発現場の映像を発見。

ヒョンと別れた後、1人で雨に濡れるジフンに傘を差しだしたのは、ヒョンの妹ミン(クォン・アルム)だった。そんなミンを見て、ジフンはソクジュの娘ナレの姿を重ねた…。

第7話感想

今話、これまでなぞに包まれていたジフンの正体が明らかとなりました!

ジフンはなんと、ソクジュがかつて養子として引き取ろうとしていた少年だったのです。つまりは、ナレの兄になるはずだったジフン。

これまではケタルの最有力候補としてミンスが怪しいと思っていましたが、ここに来て実はジフンなのでは・・?という気も。ミンスはただのケタルのフリをして、殺人を楽しんでいるようにも見えました。もしジフンがケタルだとすれば、おそらく最終目標はミンス?ナレの復讐をしようと考えているのではないでしょうか。

第7話ではこれまで断片的だった8年前の事件の全貌が明らかとなり、より一層面白くなってきました。それにしても、ミンスとその母ジヨンのサイコパスぶりには、ゾッとさせられるばかりです。

裁判の後、ムチャンにビンタして「うちの子に手を出すなんて…」と怒りをあらわにしたジヨン。本当に理解に苦しみます。その陰に隠れてやりたい放題のミンスもどうかと思いますが、やはり親としてのジヨンの態度が一番気に障りました。

1週間に1話ずつの配信なので、つづきが気になって仕方ありません。次回も楽しみです。

第8話視聴率2.8

第8話あらすじ

ネット上に書き込まれたコメントを分析したヒョンは、捕まったチョン・ジヌク(イ・ワン)の他にもミンスには共犯者がいるはずだという。ソクジュのもとへ送られてきた1号ファンからの手紙をもとに、次なるターゲットは服役中の死刑囚だとヒョン。

警察は引きつづき重要容疑者であるミンスの追跡を行う。一方、相変わらずケタルを始めとする組織の正体について、口を閉ざしたままのジヌク。そんななか、刑務所の前では国民死刑投票を指示する多くの人々がデモを行っていた。

ジヨンに呼び出された記者のチェ・ドヒ(チェ・ユファ)は、上から潰されてしまった国民死刑投票の特別番組の放送を予定通り進めるよう言われ、驚きを隠せない。まさかジヨンがケタルなのかと聞くドヒだったが、ジヨンはそんなドヒを嘲笑した。

妹のミンが通う高校の教師であるミンスが犯人かもしれないという状況で、ヒョンはミンを高校に通わせることを不安に思う。一刻も早くミンスを逮捕するべきだと憤るヒョンだったが、ミンスが犯人だという決定的な証拠はつかめておらず。そんなヒョンを安心させようと、「ケタルは子供たちには手を出さない」とムチャン。しかし、ヒョンは「ケタルならそうでしょう。でもイ・ミンスはちがいます」と一言。

そんななか、とある場所へと集まったケタルたち。ヒョンらが考えた通り、ケタルは一人ではなかった。時間差で入室したケタルの一人は、4号のジヌクが捕まったことで自分たちの身元もバラされてしまうのではと不安を口にする。しかし、4号は自分たちとの約束をしっかりと守ってくれていると1号。ケタルたちの次なるターゲットは、やはり服役中の死刑囚だという。

ケタル内では、お互いの身元について干渉することは禁じられている。会議の後、これまた時間差で退室していくケタルたち。

一番目のターゲットの妻が葬儀場で殺害された事件を捜査するなか、現場のCCTVに映るミンスの姿をキャッチした警察は、すぐさまミンスを緊急逮捕。これには信じられないといった様子で声を荒げるジヨン。

その頃、ミンは電話の繋がらない同級生のジフンを心配していた。ミンから電話がかかっていることにも気づかず、パソコンの画面に集中するジフン。

ミンスを警察署へ連行したムチャンは、そこで改めてミンスをソクジュに会わせる。ソクジュから「お前だろう?1号ファン」といわれ、ミンスは返事はしっかりと受け取ったと返す。「…返事?」と思わず顔をしかめるソクジュだったが、ミンスは気にせずにつづけた。

そんな矢先、スマホの画面に映し出されたのは国民死刑投票の画面。しかし、ターゲットとして公開されたのは死刑囚ではなく、なんとムチャンだった。その頃、パソコンの画面に映し出されたケタルの映像を目にしたジフンは、慌ててどこかへと走り出す。

同じくケタルの新たなターゲットがムチャンだと知ったヒョンは、目の前にいるミンスに向かって怒りをあらわにした。まったく悪びれる様子のないミンスに向かって、銃を突きつけるヒョン。そこへ弁護士を連れたジヨンらが現れると、息子の置かれた状況を知って発狂。

刑務所で囚人らに栄養剤を処方しようとするヤン・ヘジン(オ・ジヘ)に中止の連絡を入れたジフンは、「5号が裏切った!」と告げる。その後、モニター室へ向かったジフンは、5号によって壊されたモニターを復元し、電源を落とす。次の瞬間、国民死刑投票の画面は一斉にシャットダウンされた。

しばらくの間休暇をとることになったムチャンは、改めてこれまでの資料に目を通す。そんななか、とある事実に気づいたムチャンは慌ててヒョンに連絡。

同じ頃、ヒョンはソクジュに1号ファンから届いた1通目の手紙について尋ねていた。そこへムチャンから連絡が。するとムチャンは、ソクジュこそがすべての黒幕だと伝える。

第8話感想

すべての黒幕はソクジュ!?

改めて捜査資料に目を通したムチャンは、ソクジュこそがケタルをまとめる国民死刑投票の主だと考えます。1号ファンであるミンスから届いた手紙を見て、今回の国民死刑投票を考えついたソクジュ。おそらくケタルは、そんなソクジュの掲げた志のもと集まった同志たちなのでしょう。

そして第8話のエンディングでは、署へ突っ込んできたトラックに乗り込んで脱走をはかるソクジュの姿が。これは困った展開になってしまいました。やっとのことで黒幕の正体をつかんだものの、すでにソクジュは自由の身に。。緊迫した展開がつづきます。

アジア競技大会の中継によって2週間のお休みをはさみ、ついに放送された第8話。そのせいか視聴率はちょっと下がってしまいましたが、今週からはノンストップで突き進んでいって欲しいです。

また、複数いるケタルの正体の中にジフンとその祖母ヘジンの姿も。これはますます興味深くなってきました。ジフンとヘジンはケタルとして繋がった縁なのか、それとも本当に家族関係にあるのか。その辺りのストーリーにも注目したいです。



【ペントハウスシーズン3】

●テレビ愛知 2024/6/20(木) 08:15~

ペントハウスシーズン3 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率

【ミセン 未生】

●BS Japanext 全34話(2024/6/11から)月~金曜日17時から 字幕

ミセン 未生 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【トンイ】

●BS日テレ 全60話(2024/6/12から)月~金曜日17時から

トンイ 視聴率と感想集 外部リンク

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP