君も人間か 9話・10話と11話・12話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

君も人間か?  너도 인간이니? 全36回(全18話)

第9回視聴率5.5% 第10回視聴率5.0%

quetalsurinoさんより

第9回第10回 あらすじ

暴走する試験運転の車を止めたナム・シンⅢ(ソ・ガンジュン)に怪我がないかを心配し駆け付けたカン・ソボン(コン・スンヨン)は、ナム・シンⅢの体を見た後驚きを隠せず、急いで駆け付けたオ・ロラ(キム・ソンニョン)は二人を連れ安全な場所を目指します。車の中、警戒するソボンにナム・シンⅢは人工知能ロボットであることを明かし。

チ・ヨンフン(イ・ジュンヒョク)は、ソ・ジョンギル(ユン・オソン)理事の指示でソボンが動いていた証拠を手に、ナム・シンに関することを秘密に協力することを頼みますが、ナム・シンⅢを単なる機械だと否定するソボン。オ・ロラは昏睡状態の本物のナム・シンをソボンに見せ、彼が目を覚ますまで秘密にするようお願いし、土下座までします。

涙を見せるオ・ロラを優しく抱きしめるナム・シンⅢの姿に、ソボンは混乱を隠せず、ナム・シンⅢがアンドロイドであることはソ理事に秘密にします。しかし、人間にそっくりのナム・シンⅢを以前のように受け入れることができず慣れないソボンとは違い、ナム・シンは彼女の反応を理論的に受け入れ、対照的なソボンとナム・シンⅢ。

オ・ロラはチ・ヨンフン(イ・ジュンヒョク)に、本物のナム・シンが目を覚ました際、アンドロイドのナム・シンⅢとすり替え、ナム・シンⅢを不能にさせるためのスイッチを準備したことを告げます。

 祖父ナム・ゴンホ(パク・ヨンギュ)から呼び出されたナム・シンⅢ。ナム・シンにずっと思いを寄せていたイェナは、ナム・シンとの結婚をアピールし、ナム・ゴンホは二人の結婚を許します。しかし、チ・ヨンフンから「断れ!」のサインをキャッチしたナム・シンは、イェナと家族の前でソボンにキス!

第9回第10回 感想

今度こそ、ナム・シンⅢの正体がバレてしまう??ハラハラする展開が続き、アンドロイドのナム・シンⅢの存在を拒否するソボンの様子まで、もしも人間にそっくりのアンドロイドがいたら、普通の人の場合どんな反応をするのか、気になりました。ナム・シンⅢの解説だと、一般的には否定的な反応「Uncanny vally ロボットなど人間の姿をしたものに対して感じる嫌悪感」を感じるようです。知らない、怖いと感じる違和感のような反応なのでしょうかね。でもその後、ソボンはナム・シンⅢをありのまま受け入れることになります。

ソボンの言葉にナム・シンⅢの表情が微妙に変わったような気がし、プログラミングされたこと以外、感じることも判断することもできないはずのナム・シンⅢが、予期できない体験を繰り返すことで変化し始めたようです。

ソボンはナム・シンⅢがロボットであることを知って以来、彼の存在を否定し続け、彼と一緒に生活することを諦め、家を出ます。会社を乗っ取ろうとするソ理事からだけではなく、アンドロイドとしての存在を隠し通すためと、ナム・シンⅢに説得させられソボンは彼に協力することにし。。。 信号で全く動かずのナム・シンⅢが気になって戻ってきたソボンは、アンドロイドだけどこれまでのナム・シンⅢを振り返り、残ることにする場面が、印象的でした。

イェナとの結婚なんて、アンドロイドであることが明らかになってします!異性の相手を断る方法を検索したナム・シンⅢが取った行動は、予想外にもソボンとのキスでした。想定外のナム・シンⅢの行動にドキドキするエンディング。

・ガンジュンの演じるアンドロイドにドキドキするだろうと、予想はしていましたが、その予想をはるかに超えるドキドキ感でした!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第11回視聴率4.6% 第12回視聴率5.3%

quetalsurinoさんより

第11回第12回 あらすじ

父ソ理事から許可をもらう子ことなくナム・シン(ソ・ガンジュン)との結婚を望むソ・イェナ。祖父のソ・ゴンホは二人の結婚を歓迎する中、結婚話を避ける方法を模索したアンドロイドナム・シンⅢ。ナム・シンⅢに協力すると話したカン・ソボン(コン・スンヨン)にキスし、その場を逃れることになります。

突然のナム・シンⅢの行動に驚くソボンだけではなく、チ・ヨンフン(イ・ジュンヒョク)も同じ。ナム・シンⅢの相手がボディーガードのソボンだと知ったイェナは、あきらめることなく、荷物をまとめナム・シンⅢの家に現れ、同居を申し出ます。ナム・シンⅢがソボンと付き合っていることに不満を持った祖父は二人の関係を反対し、隠していた認知症の症状をイェナに見せてしまします。 

家を出た娘イェナを迎えに来たソ理事は、会長のナム・ゴンホの様子がおかしいことに気づきます。その後、隠していた認知症を疑い始め。主治医から病気の確信を得られなかったソ理事は、ナム会長の娘でナム・シンの叔母のナム・ホヨン(キム・ヘウン)を脅し、病気のことを確認します。

隠していた認知症のことがソ理事にバレたことに気づいたチ・ヨンフン。ナム・シンとの結婚を望むイェナは父をスパイすることを約束し、家に戻ることに。実の娘が父を裏切るとは思えないソボンは、イェナを疑います。

一方、超音波機械を使って昏睡状態にあるナム・シンを起こす計画を進めるオ・ロラは、本物のナム・シンを起こす計画を進め、ナム・シンⅢがアンドロイドであることを隠すため、チ・ヨンフンはソボンにナム・シンⅢの側から離れないことを命じます。

ナム・シンの祖父はこれまで隠していた認知症のことをナム・シンⅢに話します。しかし。。。

第11回第12回 感想

前の話は人工知能ロボットナム・シンⅢの突然のキスで終わったので、その後がとても気になっていたナム・シンⅢとソボンの関係に進展がありました。今話ではナム・シンⅢに心を開き始め、ドキドキさせられるシーンも何度も登場しました。アンドロイドに恋することはないと証明するようにナム・シンⅢにキスし、2度目のキスシーンも登場するので、ラブコメらしい展開が好きでした。

母オ・ロラは昏睡状態のナム・シンを起こす計画で、彼の目が覚めるとナム・シンⅢをシャットダウンするつもりでいるので、今後ナム・シンⅢの存続の危機を迎えることになりそうで、ソボンとのロマンスが気になりますね。感情のないはずのアンドロイド、ナム・シンⅢが悲しく見えたり、落ち込んでいるように見えたり、何か変化が起き始めているのは明らかですね。

嘘を探知する機能を備えたナム・シンⅢに、祖父ナム・ゴンホ(パク・ヨンギュ)は認知症を患っていると告白。しかし、ここで予想外の展開が起きます。ナム・ゴンホの告白が嘘だと探知したナム・シンⅢの「認知症ではありません」の言葉を最後に終わり、これまでとは話の流れが少し変わりそうで、今後の展開に期待が高まります。

全く違う作品なのに、なぜか特別出演した「タンタラ」でのソ・ガンジュンを思い出しました。ソ・ガンジュンの演じるアンドロイドは期待した通り、今話でもカッコよかったです!

【豆知識】視聴者の反応を反映し製作する韓国ドラマが多い中、この作品は放送前に製作が終わった、事前製作ドラマ!

 

君も人間か 13話・14話と15話・16話 あらすじと感想

 

君も人間か 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー

最近の投稿