君も人間か 29話・30話と31話・32話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

君も人間か?  너도 인간이니? 全36回(全18話)

第29回視聴率4.7% 第30回視聴率5.9%

quetalsurinoさんより

第29回第30回 あらすじ

ナム会長の資金でアンドロイドナム・シンⅢ(ソ・ガンジュン)の開発がすすめられことを知ったナム・シンⅢ。何があってもナム・シンをサポートしようとするチ・ヨンフン(イ・ジュンヒョク)は、ナム会長がナム・シンの代わりにアンドロイドのナム・シンⅢを後継者にしようとすることをナム・シンが気づかないように心掛けます。しかし、デイビッドとナム・シンⅢの会話から、祖父がナム・シンⅢの存在をかなり前から知ってしたことを聞いたナム・シンは驚きます。

ナム・シンⅢとソボン(コン・スンヨン)がデートする姿を目撃したナム・シン。二人のデート中、席を外したナム・シンⅢからバッテリーを抜き、ナム・シンⅢのふりをしてソボンとの映画を楽しみ。ソボンはナム・シンⅢが姿を消したことを心配します。

デイビッドに裏切られていたこと、開発の資金がナム会長から出ていたものだと知ったオ・ロラ。怒りに満ちたナム・シンは劣等感を隠せず、母オ・ロラにアンドロイドナム・シンⅢを破壊する方法を聞き出そうとし、オ・ロラは20年間側にいることができなかった罪悪感からナム・シンⅢの手動コントロールモードに変換し、ナム・シンがコントロールできるようにします。

突然姿を消したナム・シンⅢを心配するソボン。ソボンの前に現れたナム・シンⅢは、ナム・シンにより手動コントロールされ、ソボンはナム・シンⅢの異変に気づきません。新たにナム・シンの腕に付けられたのは手動コントロールのため、ナム・シンⅢがアクセスすることができず。。。

手動コントロールで、ナム・シンⅢが人間ナム・シンにコントロールされていることを知らないソボン。ソボンと一緒にいるナム・シンⅢを不満に思ったナム・シンは、ナム・シンを攻撃的モードにさせ、ソボンを襲わせます。人間を傷つけたことのないナム・シンⅢは、自分の状態に不安になります。

祖父への憎しみが強まる中、ソ・ジョンギルは一層ナム・シンを刺激するため、ナム・シンの父の死の真相まで明かします。ナム・シンの暴走は続き、ナム・シンⅢを利用して祖父ナム会長を殺害しようとします。その時、現れたソボン。しかし、ナム・シンによってコントロールされているナム・シンⅢは、阻止するソボンの首をしめ。。。 ソボンが流した涙がナム・シンⅢの手に落ちた瞬間、手動コントロールの時計が止まり、元のナム・シンⅢに戻ります。

第29回第30回 感想

ナム・シンⅢに特別な感情を持ち始めたチ・ヨンフンは、ナム・シンⅢへ申し訳ない気持ちを感じながらも、ナム・シンが感じた祖父への怒りやガッカリを理解し、彼を守ろうとする姿が描かれました。でもナム・シンの気が済むまでナム・シンⅢを振りまわすことを黙認するチ・ヨンフンが憎い。もちろん、人間を傷つける機能や設定などないナム・シンⅢをコントロールして、暴走するナム・シンも憎い!!

ナム・シンに協力しているイェナも、彼女の父ソ・ジョンギルもこのドラマでは最悪の悪人ですね。なんか、すごく感情移入しちゃった話でした。祖父が自分にそっくりのロボットを自分よりも大切に思うと分かるとショックだとは思いますが、間違った方向に向かうナム・シンを阻止する人が結局は一人もいない。可哀そうなナム・シンⅢを思うのはソボンのみ。

祖父への怒りを爆発させることになったナム・シンの計画は失敗に終わり、ナム・シンⅢの手動コントロールモードは解除され、いつものナム・シンⅢに戻りました。最後、ソボンを抱きしめて「ごめんね。抱きしめるのがおそくなって。」と語った時は、ホッとしながらもドキドキ!泣いている人をみると優しく抱きしめていたナム・シンⅢが戻った証拠。これまでのソボンとの思い出を浮かべるナム・シンⅢ。

ソ・ガンジュンの演じる一人二役は同じ顔で、人間とアンドロイドを演じているのが、カッコよくて!カッコよすぎて、テンションが上がります!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第31回視聴率5.2% 第32回視聴率6.0%

quetalsurinoさんより

31回第32回 あらすじ

ナム・シン(ソ・ガンジュン)に遠隔操作させられたいナム・シンⅢ(ソ・ガンジュン)は、自らナム会長とソボン(コン・スンヨンを)殺害するようコントロールされていたことを知ります。ソボンのおかげで本来のナム・シンⅢに戻り、駆け付けたチ・ヨンフン(イ・ジュンヒョク)もナム会長が認知症を患っていることをつたえ。

ナム・シンはソ・ジョンギルと手を結び、彼の計画通り祖父ナム会長への憎しみはますます激しくなり、チ・ホンフンのアドバイスも聞かないほどにまで。

祖父の認知症を知ったナム・シンは、無理やりすべての株をナム・シンに譲渡するとの契約書にサインをさせ、祖父を老人ホームに送ります。イェナからの連絡ナム会長の居場所を把握したチ・ヨンフンはナム会長を迎えに現れます。

チ・ヨンフンはこれ以上ナム・シンが暴走できず阻止するようナム・シンⅢに協力を求めます。会社を手に入れる計略のソ・ジョンギルは株主総会を開き、ナム・シンⅢがアンドロイドであることを公開し、人間ナム・シンとアンドロイドナム・シンⅢの対面に会場はざわめき。。。

人間とロボットが会社を手に入れるため競争することになりました。人間がより人間らしく、ロボットはよりロボットらしく考えると、結局はアンドロイドに人間は勝てない。。。

第31回第32回 感想

ナム・シンの父を殺害したのは、発端は事故だったけど殺害したのはソ・ジョンギルのようです。しかし、祖父や周りの誰も信頼できずソ・ジョンギルの思惑通りに動くナム・シン。アンドロイドに比べ、もろい人間ナム・シンを考えると心配になります。チ・ヨンフンも背を向けてしまった状態で、誰も彼の側にはいない。

チェコへ母と共に旅立とうと誘うオ・ロラにナム・シンⅢを破壊させることを条件にするほど、ナム・シンにとってナム・シンⅢは許せないほど憎い存在なのでしょうか。

遠隔装置で操られているナム・シンⅢを戻したのはやはりソボンでした。ソボンを傷つけたことを気にするナム・シンⅢに優しく、語るソボン。人間に苦界を与えたりと、優しく守るもモードが働くナム・シンは心の優しいアンドロイドであることを強調し、ナム・シンⅢを慰めます。

ナム・シンⅢとソボンがとてもお似合いで、今後訪れる試練を二人で乗り越え、ハッピーエンドを迎えそうですが、黙った引引き下がるようなことなどあり得ない、ナム・シンの存在に不安にあります。とりあえずはナム・シンⅢはソボン宅で過ごすことになり、二人頑張って!よ応援したくなります!!

最後の反撃がありそうで、不安ですがドラマが面白くドキドキもあり、観てよかったドラマの一つだと感じました。

ナム・シンⅢ、頑張って!ぞボン、 頑張って

君も人間か 33話・34話と35話・36話(最終回) あらすじと感想

 

君も人間か 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー