Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

君の歌を聴かせて 15話・16話(最終回)あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

君の歌を聴かせて 너의 노래를 들려줘 全16話

【韓国放送期間】2019年 8月5日〜2019年 9月24日

第29回視聴率3.0% 第30回視聴率3.5%

quetalsurinoさん

第15話あらすじ

交差点で交通事故に巻き込まれそうになった高校生を助け、怪我をしたホン・イヨン(キム・セジョン)は、病院に運ばれますが、意識が戻らず。。。イヨンが事故に遭遇したことを知ったチャン・ユン(ヨン・ウジン)は、病院に駆け付けますが、家族はイヨンがこれ以上、チャン・ユンと関わることを反対。命に別状はなく、意識を取り戻したイヨンの病室に、カン・ミョンギュ(ソン・ヨンギュ)現れると、イヨンが事件に関してどこまで知るのか確かめ、イヨンはカン・ミョンギュ教授が現れると不安そうな表情を浮かべます。

ナム・ジュワンもイヨンが事故で意識が戻っていないことを知ると、心配。。。

ユン・ヨンギルともめ合ったナム・ジュワン(ソン・ジェリム)が、ユン・ヨンギルを転落させ死亡されて映像を殺害したファイルが届き、チャン・ユンは弟イアンを殺害した犯人としてナム・ジュワンを疑います。殺人を目撃したユン・ヨンギルをナム・ジュワンが消した、、、しかし、ユン・ヨンギルの死は事故だったこと、1年間のイアンの犯人は誰なのか知らないと沈黙を続けます。

シニョンフィルハーモニーの掲示板にユン・ヨンギルを殺害したのは指揮者のナム・ジュワンであるとの告発文がアップされ、オーケストラ団員は殺人者のもと演奏を続けることができないと、練習に参加することを拒否し、厳しい状況に置かれたナム・ジュワン。

意識を取り戻したイヨンは、掲示板でユン・ヨンギルを殺害したと犯人としてナム・ジュワンが告発されたことを知ります。記憶が戻ったイヨンは、1年前ナム・ジュワンが倉庫に駆け付けた理由は、イヨンとキム・イアンを助けるためだったことを思い出し、これ以上過去の事件のことで犠牲者が出ないことを願い、事件の真相を明かすために協力して欲しいと、気持ちを伝えます。

イヨンとの会話の後、悩む姿を見せるナム・ジュワン。カン・ミョンギュ教授を呼びだすと、1年前の事件に関して確信を得ることができなかった部分を質問します。あの夜、カン・ミョンギュは自分の車で移動。。。その後、ユン・ヨンギルが運転する車に乗り移り、イヨンとイアンを追いかける。靴が脱げ走れなかったイヨンを突進する車から守ったイアンは、イヨンが持っていたナイフに刺さり。。。

外は暗くイアンは車の中にいるカン・ミョンギュに気づかなかったはずなのに、なぜイアンを殺害したのかをカン・ミョンギュに問います。自分は殺人を犯していないと、彼を殺したのはユン・ヨンギルだと答えるカン・ミョンギュに、「あの日、あの場所には5人がいました。ユン・ヨンギルは逃げるイヨンを追いかけ、怪我をしたキム・イアンは道路の脇に。跳ねた車の中には教授が。。。そして、事故の現場に向かう僕。。。」

イヨンを追いかけていたユン・ヨンギルは、イアンを殺害していない。イアンは教授を告発するようなことはしなかったはずなのに、彼を殺した理由を問い詰めるナム・ジュワン。否定し続けていたはずのカン教授の口から、「汚職のことに気づいたイアンは僕を侮辱した。それに、僕がキム・イアンを殺害した証拠は全くない、君とは違ってね。君はユン・ヨンギルを殺害したことを目撃されているじゃないか。」

「君をキム・イアンに仕立て上げることもできる、、、黙っているんだ!」と語るナム・ジュワン。

一方、ユン・ヨンギルの持ち物を手に入れ確認していたチャン・ユンは、イヨンが渡したペンを発見し、イアンが亡くなった日付けが書いてある封筒を確認します。お金と共に中から出てきたのはSDカード。。。

第15話感想

1年前の事件に迫る!

チャン・ユンが発見したSDカードは、ユン・ヨンギルが事件の夜運転していた車に付けられていたカメラの映像でした。映像を確認したチャン・ユンはついに犯人が誰かを確認する。刺されて倒れているイアンに向かって歩く傘をもつ男は、イアンと会話を交わすと車に戻り、イアンを車で引いて殺害します。その犯人はカン・ミョンギュ教授でした。

イヨンを助けたのはイアンでしたね!走って逃げるよう伝えるイアンと、「ごめんなさい、ごめんなさい」とパニックになるイヨンに、もしかすると伝えるチャンスがないかもしれないと、何かを語るイアン。倉庫に監禁されていた時も、イヨンに何かを伝えたそうに見えました。イアンは亡くなる前イヨンに何を伝えたのでしょうか。

ナム・ジュワンもカン・ミョンギュ教授を疑ってきたようですが、沈黙を続けていた。でも、イヨンの言葉とハ・ウンジュの言葉に勇気をもらい事件のすべてを明かし自供する決心をしたようです。カン・ミョンギュ教授から1年間の事件の犯行の真相を問い詰めるシーンですが、二人の会話を録音していたように見えました。1年間の殺人を証明することができないと語る彼の言葉に、冷たく笑う。チャン・ユンも殺人を証明する動画を確保したし、最終話ではカン・ミョンギュ教授の悪事及び殺人事件の真相がすべて明かされることになるようです。

ナム・ジュワンは自首するのでしょうね。心のうちを明かすことなく、感情を隠し続け、孤独な指揮者ナム・ジュワンは、チャン・ユンとは対照的で、1年間の事件を沈黙したのは間違いですが、彼が悪く見えないのはなぜでしょう。不思議。。。

事件の真相が明かされた後、イヨンとチャン・ユンにはどのような結末が待っているのか、ハラハラする気持ちで最終話を迎えることになります。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第31回視聴率3.6% 第32回視聴率4.0%

quetalsurinoさん

第16話(最終回)あらすじ

夢を見るホン・イヨン(キム・セジョン)は、これが最後のチャンスになるかもと、イヨンへの気持ちを告白。逃げて通報するように伝えるキム・イアンを残して、必死に逃げる。。。目が覚めた時、すぐそばに居るカン・ミョンギュ教授に気づきます。

あの夜、何があったのかをすべて思い出したと伝えるイヨンは、事故を起こした車に乗っていたカン・ミョンギュ教授を見たと語り、カン教授は事故現場には居なかったと否定を続けます。ユン・ヨンギルが残した証拠を探しているのかを尋ねると、イヨンを殺そうとするカン教授。その時、イアンの伯母が病室に戻り、カン教授は何事もなかった様子で病室を後にします。

自分に向けて車が突進してくるのを見たカン・ミョンギュは急いで逃げます。逃げても追いかけてくる車に、、、危機一髪のところで車が止まり。車を運転していたチャン・ユン(ヨン・ウジン)は、1年前、カン・ミョンギュが弟イアンを殺した証拠が見つかったと、ユン・ヨンギルが残したダッシュボードカメラで撮影された動画を転送。

すべての記憶が戻ったイヨンは1年前の真相を明かす決心をし、カン・ミョンギュと共に調査を受けます。突進してくる車から身を守る過程で、キム・イアンを刺してしまったことを認め、二人を襲った車にカン・ミョンギュが乗っていたと主張します。イヨンの話しを聞いていたカン・ミョンギュは、あの夜は酷い雨が降っていて車の中にいる人のことを確認することはできなかったはず・・・、と事件現場にいた人だけが知ることのできない状況を語り。。。

事件に関する記憶が戻り、犯人を逮捕できたことにホッとするイヨンを誘ったチャン・ユンは、オートキャンプ所でデートを楽しみます。イヨンの寝顔を見つめるチャン・ユンは、これまでイヨンを傷つけたことを思い出し、悲しい表情を見せます。忘れたい記憶を思い出させたのが自分のせいだと罪悪感を持つチャン・ユンは、アメリカに戻る予定で、最後の想い出を作るために訪れたキャンプ場。

翌日、スジンからチャン・ユンがアメリカに立つことを知らされたイヨンは、急いでチャン・ユの部屋に向かいますが、チャン・ユンは手紙を残して既に去った後。。。

1年後、イヨンはオーディションを受けて、シニョンフィルハーモニーのティンパニストに決まり、ユン・ミレは出所したナム・ジュワンを指揮者として迎え入れようとしますが、ナム・ジュワンは断ります。ナム・ジュワンに気持ちを告白していたハ・ウンジュは、ナム・ジュワンを確認すると笑顔を見せます。

イヨンは、チャン・ユンがコンサートのため、韓国を訪れることを知ります。1年間全く連絡を取り合わなかった二人は、その夜、コンビニで1年ぶりの再会を果たします。イヨンを苦しめた罪悪感から、彼女の側を去ったチャン・ユンが戻り、差し伸べるチャン・ユンの手を優しく握るイアン!

第16話(最終回)感想

1年間のお別れがあったけど、お互いへの気持ちを確かめ幸せなエンディングを迎えたチャン・ユンとホン・イヨン!!

事件が解決した後、イヨンは1年前失くしたはずの手帳を返され、手帳に挟まっていた写真を発見します。チャン・ユンを撮った写真を彼女が持っているわけは?事件が起きる前、イアンの兄がチャン・ドフンだと知ったイヨンは、写真を譲り受けます。

その理由は、大学生だった頃、彼女が片想いしていた相手が、チャン・ドフンだったから。チャン・ユンと名前は変わっていたけど顔は同じはずだったのに、イヨンは片想いしていたチャン・ドフンの記憶まで失っていたということでしょうか。ちょっと理解できない部分はありましたが、ユンとイヨンは事件が起きる前に出会っていたってことを意味しているようですね。

イアンが死亡した事件の真相を隠す約束でお金とシニョンフィルハーモニーの指揮者の座を手に入れたナム・ジュワンでしたが、罪悪感や良心を持ち、隠ぺいに協力したことを後悔する姿が描かれました。ハ・ウンジュとの笑顔で見つめる姿から、二人のロマンスも希望のある幸せなエンディングを意味しているのでしょうか。

最近、韓国ドラマでよく登場するキャンプ場のシーンも描かれ、夢だったティンパニストとして活躍するイヨンの姿を最後に、イヨンの明るい笑顔を最後にミステリーロマンス「君の声を聞かせて(原題)」は終わり!

イアンが死を迎える前にイヨンに伝えた言葉は、彼女に恋していたこと。。。イアンの携帯電話やアルバムにイヨンの写真が多かったのは、イアンが彼女に片想いしていたからだと分かった時は、切ない気持になりました。チャン・ユンはイヨンが片想いしていた相手で、弟イアンとは恋人関係になかったこと、イアンが殺された理由がカン・ミョンギュの横領を知ったからと、正直シンプル過ぎる内容でした。

ドラマの後半、展開が遅いと感じたけど、主人公たちの心理的な変化や葛藤、登場するキャラクターとの関係、音楽家たちの悩みなども描かれ、すごいスピード感や緊張感は少なかったけど、それぞれの抱えた悩みや苦悩を克服するために、前向きに進む人々が世の中には多いという、ドラマが伝えようとしたメッセージは伝わった気がします。

生温いと感じることもありましたが、ヨン・ウジンが主演するドラマが好きなので、癒された作品でした!

【豆知識】主題歌OST Part7はSong Ji Eunが歌う「Shiny day

 

君の歌を聴かせて 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー