テプンの花嫁~愛と復讐の羅針盤(台風の新婦) 45話・46話・47話・48話 あらすじと感想

台風の新婦


テプンの花嫁~愛と復讐の羅針盤(台風の新婦) 태풍의 신부 Vengeance of Bride 2022年放送 KBS 2TV 連続 全100話

daisySSさん

第45話視聴率14.6%

第45話あらすじ

カン・テプン(カン・ジソプ)が復元した録音内容を直接聞いたユン・サンドゥルは、父ユン・ジェハを殺したのがカン・ベクサンへの復讐を誓います。

これまで通りにカン・テプンとの関係を維持することが難しいと正直に気持ちを伝えるサンドゥルに理解を示すテプン。

実家に戻ったカン・テプンは、、、ウン・ソヨン(パク・ハナ)が「ピロェ」の合併問題を解決できるよう協力します。妹のカン・バダはソヨンの計画を邪魔しようとしますが、テプンが彼女を守り、、、妹を阻止する。

両親の復讐のためにはカン・べクサン(ソン・チャンミン)の信頼を得る必要があると判断したソヨンは、ユン・ジェハの殺人現場で拾った万年筆をベクサンに返し、、、「何も録音されていませんでした」と語ります。

ソヨンの意図を確認するカン・ベクサンの質問に、カン・ベクサンのために働きたいと語り、彼を疑っていないふりをします。

30年前記憶を失った女性が姿を消したことを、当時勤めていた看護師から聞いたチョン・モヨン。かすかによみがえる記憶の中の女性が、記憶を失った女性、、、つまり自分だと気づくと、「私はチョン・モヨンではないわ」と自覚し始めます。

カン・ベクサンの信頼を得るために本格的に動き出したソヨンと、万年筆を取り返したカン・ベクサンは彼女を信じてよいのか迷い。。。ソヨンは両親の復讐を必ず果たすと誓います。

第45話感想

万年筆に録音されていた内容を共有したカン・テプン、ソヨンとサンドゥル。

ソヨンはカン・ベクサンが両親を殺した犯人だという証拠を手に入れるため、ユン・ジェハが亡くなった現場で発見されたベクサンの万年筆をあえて返して、彼の反応を探るように見えました。

疑い深いカン・ベクサンがソヨンの言葉を純粋に信じるとは思えないので、今後、ソヨンの本心を試すための出来事が起こることになるのでしょうね。

今話までの展開を視聴して、もともとはユン・サンドゥルと結婚する予定だったソヨンが、サンドゥルではなく、カン・テプンと結婚をすることになっても全くおかしくない状況になりました。

一方、父が残した母モヨンに関する手紙をモヨンに隠すことには成功したホン・ジョイ。

徐々に記憶が戻り始めただけではなく、気になった点を探り始めたチョン・モヨンは、30年前に入院した女性に関することを聞くと、消えた記憶を更に思い浮かべる様子が描かれました。

ホン・ジョイの父が残した手紙を早くモヨンに伝えて、モヨンの記憶が完全に戻る姿が見たいです。あと、少しでモヨンの記憶がすべて戻るとすると、カン・ベクサンの犯罪を明かすステップへと進めそうです。

しかし、万年筆に録音されていた内容の一部を耳にしたカン・バダが、このまま何もしないでいるとは思えないため、アッ!と驚く出来事が描かれることになりそうです。

第46話視聴率14.7%

第46話あらすじ

カン・ベクサンが買収を進めている企業のチャ会長と会ったウン・ソヨン(パク・ハナ)は、過去のことを聞かされます。

カン・ベクサンを通じて幻のお花「チョンサン花」の開発書類を抜き出そうとしたものの、開発書類は消え、カン・ベクサンがルブランの会長になっていたこと、「チョンサン花」の化粧品を開発したのがソヨンの父だったことを知ったソヨン。

チャ会長とソヨンが交わした会話の内容を気にするカン・ベクサンに、ソヨンは「新しい会社を立ち上げてチョンサン花の開発を進めようと提案されましたが、私がルブランに残りたいです」とベクサンを安心させます。

記憶が戻り始めたチョン・モヨンは、主治医を訪れると過去のことを話して欲しいとお願いします。しかし、チョン・モヨンの夫の友人として彼女に話すことはできないと断る主治医。

苦しむ母の姿にホン・ジョイは父が残した手紙をチョン・モヨンに渡します。手紙には、ソ・ユニがチョン・モヨンとして生きることになったことを説明した内容。

病院から逃げたソ・ユニ(チ・スウォン)は、記憶を失い行く当てがなく、ホン・ジョイを実の娘のようにかわいがったことから、亡くなった妻の名前、チョン・モヨンとして生きることになったと知ります。

一方、カン・ベクサン宅では、酔った勢いで父がユン・ジェハを殺害したことを明かし、妻ナム・インスン(チェ・スリン)と母パク・ヨンジャ(キム・ヨンオク)も、カン・ベクサンの殺人のことを知り、ショックを受けます。

ユン・サンドゥルは創立記念日の日に、万年筆に録音されていた内容を明かし、カン・ベクサンを告発する計画で、カン・テプン(カン・ジソプ)は明確な証拠を手に入れてからでは危険すぎると、サンドゥルに慎重になるようアドバイスします。

しかし、復讐のことで、冷静な判断ができないサンドゥル。。。

第46話感想

自分がチョン・モヨンではないことを知ったソ・ユニ。。。ホン・ジョイは真実がつかめず苦しむ母の姿に、もっていた父の手紙を渡しました。

なぜ、ソ・ユニがこれまでチョン・モヨンとして生きることになったのか、夫が残した手紙を通じて知ると、彼女は過去、住んでいたビョルアリを訪れ、、、過去の記憶を思い出すと、古い倉庫の中に隠してあった書類を発見します。

この書類は「チョンサン花」の開発日誌のようですが、これを手に入れるために殺人を犯したカン・ベクサンにこのことが伝わると、、、チョン・モヨンの身に危険が迫ることになるのでしょうか。

全く引き下がる様子のないカン・バダはユン・サンドゥルが隠してあった万年筆の録音内容を確認するシーンが登場しました。

邪魔ものは必ず排除すると語るカン・ベクサンの言葉から、ユン・サンドゥルの身に何かが起こりそうで不安になる一話でした。ルブランの創立記念日で何が起こるのでしょう。。。

第47話視聴率14.0%

第47話あらすじ

失われていたソ・ユニの記憶を取り戻したチョン・モヨン(チ・スウォン)。30年前に隠した「チョンサン花」に関する書類も手に入れ、、、ウン・ソヨン(パク・ハナ)が実の娘だと知ります。

しかし、ソヨンが誰なのかを知った時、カン・べクサン(ソン・チャンミン)がソヨンに危害を加える可能性があると考えると、ソヨンに実の母であることを伝えず、、、カン・ベクサンへの復讐を果たして後に、母娘であることを明かす考えを持ちます。

ユン・サンドゥル(パク・ユンジェ)への片想いは伝わらず、度々断られるカン・バダはサンドゥルが隠してあった万年筆の録音を父に聞かせます。

サンドゥルがルブランの創立記念日のイベントで、ユン・ジェハの殺害を明かすために録音された音声を流す計画だと知ったカン・ベクサン。

録音音声を使って父と取引きをするカン・バダは、財産放棄を強いられた書類の破棄を求めます。

サンドゥルは計画を変更することなく、カン・テプン(カン・ジソプ)は危険すぎると心配します。彼を阻止するようソヨンを説得するも、ソヨンはサンドゥルに協力すると考えを変えない。。。

ルブランの創立記念日、チョン・モヨンを会社まで送ることになったユン・サンドゥル。チョン・モヨンはサンドゥルを見ると、「何か嫌な予感がするわ」と語り、サンドゥルは創立記念日の式典でカン・ベクサンの犯罪を明かす計画であると告白。

チョン・モヨンは危険すぎるとサンドゥルの計画に反対すると、自分がソヨンの実の母ソ・ユニであることを明かします。

ソヨンとモヨンが母娘だと知ったサンドゥルは、彼女にモヨンのことを伝えるため、、、急いで式典が開かれる会場に向かいます。サンドゥルからの連絡を受けて会場の外に出たソヨンは、目の前で血を流して倒れるサンドゥルを目撃して号泣。

第47話感想

恐れていた展開が・・・!

交差点で見知らぬ男に刺されたユン・サンドゥルの姿が、登場する衝撃的なエンディングでした。サンドゥルの命を狙わせたのはカン・ベクサンでしょうね!

何度も断られたカン・バダはサンドゥルの計画を父に知らせ、、、これでサンドゥルは命を落とすことになるのでしょうか。

最近の韓国連続ドラマの傾向から、ユン・サンドゥル又はカン・テプンが命を落とす展開が描かれてもおかしくはないと予想はしていました。

第1話でルブランの創立記念日の式典でソヨンが見せた反応は、ユン・サンドゥルが刺されるのを目撃した後の反応だったようですね。

ユン・サンドゥルが生きていることを願います。

第48話視聴率15.4%

第48話あらすじ

ユン・サンドゥルが万年筆に録音されていた内容を暴露し、カン・ベクサンの犯罪を暴く計画だと知ったチョン・モヨンは、「私がソヨンの実の母です。夫がカン・ベクサンに殺害された夜、娘を産んだの」と語ると、ソ・ユニであることを明かします。

カン・ベクサンの犯罪を暴く証拠もあり、自分が証人になると語るチョン・モヨンは、カン・ベクサンへの復讐を果たすために、慎重に準備をするべきだと説得します。

サンドゥルが記念式典で暴露する計画をやめると、ソヨンにモヨンが実の母であることを伝えるため、急いで式典に向かう。

しかし、通りかかりの男に刺されて、ソヨンとモヨンの関係を伝えることができず、そのまま病院に運ばれます。

緊急手術をした医師は命が助かる確率が低いと告げ、血が付いたドレスのままルブランの創立記念式典に戻ったソヨンは、サンドゥルの命を狙ったのがカン・ベクサンだと確信します。

その時、天井の証明器具が落下するのを見たソヨンは、カン・ベクサンの命を助けて倒れ、、、彼女をイ病院に運んだのはカン・テプン(カン・ジソプ)でした。

ソヨンがカン・ベクサンをかばってケガをしたこと、意識が戻らないことを知ったチョン・モヨンは、悲しみ。。。

カン・テプンはサンドゥルの死の父と妹カン・バダが関わっていると疑いますが、バダは否定。その頃、カン・ベクサンはお金が入ったバックをマ・デグンに届けさせます。

ユン・サンドゥルを殺すよう命じたのはカン・ベクサンでした。

意識が戻らないソヨンの病室を訪れたカン・バダ(オ・スンア)は、「死ぬべきなのはあなたよ」と語ると、ソヨンの酸素マスクを外します。その時、目を開けカン・バダを睨むソヨンは、バダの手を握る。

第48話感想

ユン・サンドゥルの死・・・、恐れていた出来事が起きました。

サンドゥルを殺すよう命じたのはやはり、カン・ベクサンでした。サンドゥルを刺した男は精神状態が不安定ということから、カン・ベクサンとの関連が明かされることなく通り魔の事件として処理されることになるのでしょうか。

ユン・サンドゥルが亡くなったことで、父と妹が彼の死に関連がある可能性を疑うカン・テプンの姿と、サンドゥルが亡くなり、これまで以上にベクサンへの復讐を燃やすソヨンの姿がエンディングに登場し、ソヨンの復讐が本格化されることになります。

ルブランの創立記念式典で、カン・ベクサンを危険から助けたソヨンは、更なる信頼を得ることになり、カン・テプンとの結婚を通じて完璧な復讐を果たしていくのか、ますますストーリーが面白くなってきました。

テプンの花嫁~愛と復讐の羅針盤(台風の新婦) 49話・50話・51話・52話 あらすじと感想

テプンの花嫁~愛と復讐の羅針盤(台風の新婦) あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【ペントハウスシーズン3】

●テレビ愛知 2024/6/20(木) 08:15~

ペントハウスシーズン3 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率

【ミセン 未生】

●BS Japanext 全34話(2024/6/11から)月~金曜日17時から 字幕

ミセン 未生 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【トンイ】

●BS日テレ 全60話(2024/6/12から)月~金曜日17時から

トンイ 視聴率と感想集 外部リンク

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP