Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

医師ヨハン 7話・8話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

医師ヨハン 의사요한 全16話 韓国放送期間 2019年7月19日~ 金土 22:00~

第7話視聴率7.9% 10.3%

quetalsurinoさんより

第7話 あらすじ

~秘密と嘘~

カン・シヨン(イ・セヨン)に隠していた病気の事を知られてしまったチャ・ヨハンは、12歳の時、父が病気で倒れたことを語ると、同じ病気を患っていることを認め、これまで自分の身体を管理してきたことを伝えます。

秘密にして欲しいと語るヨハンに、シヨンは訳を尋ねます。「この病気は、時限爆弾の抱えたようなもの。正直に病気のことを明かすと、医師として僕が働ける場所はないだろう。」病気に関して誰も知られたことがないことを話すと、秘密を必ず守って欲しいと語るヨハンに、シヨンは、、、驚きから答えられない。

その後、先天性無痛無汗症が気になったシヨンは、関連資料を調べ始めます。その夜、自宅で自分の健康状態をチェックするヨハンは無表情。日課のようになった検査。。。

翌日、ヨハンが午後の診療を休んだことを知ると、シヨンはヨハンの自宅の前で彼を待ち続けます。定期健診の後、自宅に戻ったヨハンはシヨンを発見すると、自宅内に準備された医療スペースを見せると、毎日自分で自分を管理していると、心配するシヨンを安心させます。

一方、ソウルハンセ病院 麻酔鎮痛医学科長のミン・テギョン(キム・へウン)を訪ねたソン・ソクキ(イ・ギュヒョン)検事は、チャ・ヨハンを医師として採用した理由を尋ねます。検事として今後も同じ罪を犯す可能性がある犯罪者として注視すると伝えたソン・ソクキ。

病院内に貼られていた「死に関する会話の場」と書かれた案内を見つめるソン・ソクキに、声をかける一人の女性・・・「私は安楽死に賛成!」と語ると、ソン・ソクキは意外な答えに驚き。。。

二パウィルス感染症が拡散しているとの報道があった後、感染が疑われる患者が病院を訪れます。インドからの出張帰りで、同じバスに乗っていた人の同じ症状を訴え麻酔鎮痛医学センターでは感染の拡大を防ぐため、センターを隔離することになります。

シヨンはヨハンがセンターにいないことを安堵。しかし、患者の血痕が診察中のシヨンの顔にかかってしまったことを知ると、電話を掛けシヨンの体調を確認します。センターは隔離され、中にいた患者も外に出られない状況。

センターを訪れた女性患者の姿に酷く動揺する姿を見せたレジデントのホ・ジュン。手術後、右腕の痛みを訴える女性は、過去、セハン病院で手術を受けた女性でした。過去の手術を思い浮かべると不安な表情を見せるホ・ジュン。

ウィルスに感染した可能性の高い患者が心臓の痛みを訴えると、シヨンはヨハンの指導のもと検査を進めようとします。しかし、突然方向感覚を失い患者が倒れ、巻き込まれたシヨンも倒れてしまいます。その際、頭をぶつけて意識を失ったシヨン。

中の状況が確認できないヨハンは監視カメラの映像を確認すると、イ・ユジュン(ファン・ヒ)医師に指示を出し、心臓の遺体を訴えていた患者に適切な処置を。しかし、シヨンの意識が戻らない。。。

意識を取り戻し始めたシヨンの目の前に、外にいるはずのヨハンがいた。。。

第7話 感想

意外な展開が!

ヨハンが関わった3年前の事件には驚きの真相が隠されていました。看護師チェ・ウンジョン(シン・ドンミ)がヨハンをターベットに検事と協力する理由は、3年前安楽死した患者ユン・ソンギュが彼女の娘を拉致した犯人だから。

命が尽きる瞬間まで苦しむことを望んだチェ・ウンジョンの希望とは反対に、苦しむ患者を安楽死させたことに、憎しみを持っているように見えました。彼女から情報を得るソン・ソクキ(イ・ギュヒョン)検事は、癌末期の患者たちが集まる「死に関する会話の場」に注目しますが、どんな会なのでしょうか。

続く痛みに意識のない患者の手をとって、臨床実験の同意書にサインさせるチェ・ウンジョンの姿も登場し、段々複雑になってきました。検事とチェ・ウンジョンが確信するように、3年前と同じ状況が訪れると、ヨハンは果たしてどのような選択をすることになるのでしょう。

病院内での出来事は、感染病の疑いがある患者の登場で、センターが閉鎖されシヨンは、頭を強く打つ事態が発生。ヨハンの病気を知るシヨンは意識を失いながらも、ヨハンのことを心配します。ヨハンが閉鎖されたセンターに入り、今話が終わりました。感染病じゃない可能性があるのでしょうかね。

もうひとつ気になる展開は、腕の痛みを訴える女性とホ・ジュン。過去ハンセ病院で手術を受けた女性と手術に参加したホ・ジュン。果たしてどんなことが起きたのかも気になる終わりでした。

イ・ユジュン(ファン・ヒ)とカン・ミレの関係は、ロマンティックな関係に発展しそうですね。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第8話視聴率7.3% 10.1%

quetalsurinoさんより

第8話 あらすじ

監視カメラの映像を確認しながら、隔離されたセンター内を確認していたチャ・ヨハン(チソン)。倒れて意識が戻らないカン・シヨン(イ・セヨン)を心配し、小児糖尿病患者の治療を理由に隔離されたセンター内に入ったヨハンは、シヨンの意識が戻るのを確認すると、発症した患者が二パウィルスに感染しているのかの確認を進めます。

CTもMRIなどの精密検査を行えない状況で、頼れるのは患者に関する情報と観察。カン・ミレは発症者と疑われる患者が神父であること、医療奉仕のため海外に滞在していたことや、40年ほど前のベトナム戦争に参戦していたことなどの経歴を知ります。体重が減ったことや数カ月前から睡眠薬を飲んでいたことまで、患者に関して集められる情報はすべて集めます。

一方、右手首を切断する手術を受けた女性患者は強い痛みをうったえ、苦しむ姿を見ていたホ・ジュン(クォン・ファウン)は痛みの下人は、麻酔を担当していた自分のせいであると、手術の際何があったのかを明かします。

手術の際、麻酔が一時的に切れたことから、眠っているように見えて意識があったことから、身体がその時の痛みを記憶している可能性があること、「痛みの原因は不明ですが、僕にも責任があります」と正直に語り。

ミリが調べた情報にもとづき、ヨハンは患者が二パウィルスに感染したのではなく、類鼻疽(メリオイドーシス)が原因であると診断を下します。

敗血症が進む危篤な状況に置かれた患者は必要な処置を受け。。。二パウィルス感染症ではないことが判明すると、安堵するシヨン。頭部に衝撃を受け脳震盪を起こしていたシヨンも回復に向かいます。

偶然発見した余命わずかの患者が集まる会に参加したソン・ソクキ(イ・ギュヒョン)検事。身分を明かすことなく、死を迎える心の準備をするための特別な会。初めて参加するソン・ソクキ(イ・ギュヒョン)は主催者から病名を尋ねあれると、「胃がん3期です」と淡々に答えます。ソン・ソクキの他、初めて会に参加した女性は、自殺ほう助に関して知りたいと語ると、呼吸困難になり倒れてしまいます。

チェ・ウンジョン(シン・ドンミ)は、苦しみながら死ぬはずだった殺人犯を安楽死させたことに、ヨハンへの復讐心を燃やし、再びヨハンが安楽死を行う可能性があることを伝えるとソン・ソクキ検事に圧力を加えます。

これまでヨハンが一人で病気と闘っていたことが気になると思っていたシヨンは、ヨハンへの気持ちに気づくと、告白します。

第8話 感想

ヨハンが気になっていたシヨンの気持ちは「恋」でした!

告白するシヨンの姿と彼女を見つめるヨハンのシルエットが綺麗で、ヨハンの目をクローズアップするシーンがなんか、いいなぁ。ヨハンもシヨンに惹かれているように見えますが、病気のことがあるのか、シヨンへの気持ちをそう簡単には表現しないでしょうね。突然のシヨンの告白は、集まった記者たちのせいで、、、一方的な告白で終わりました。

記者たちが集まった特別な理由があるのでしょうか。

看護師のチェ・ウンジョンがヨハンへの攻撃を準備する理由は、安楽死に反対する姿勢ではなく、復讐心でした。ヨハンに不利な状況を彼女が作っていくことになるようですが、ヨハンに復讐心を持つこと、ちょっと納得がいかない。

ソン・ソクキ(イ・ギュヒョン)検事が、胃がん患者だったことは、意外でした!初めはその場をしのぐため嘘をついたと思ったけど、彼の顔色が悪かったことやヨハンの事件に執着することを考えると、胃がんを患っているようでした。

今話登場したエピソードは、二パウィルス感染症ではなく、類鼻疽(メリオイドーシス)でした。汚染された土壌や水に直接接触し感染する病気で、東南アジアやアフリカ等で発症することが多い病気。安楽死やヨハンのやり方に不満を持っているように見えた、シヨンの妹カン・ミレが活躍した話で、医療設備が整っていない状況でも患者を観察し診察、病気を推測するカン・ミレに温かい言葉をかけるヨハンの姿が描かれ、ヨハンの指導のもと働く研修医たちの医師としての成長も楽しめる内容で、期待した以上に面白いです。

原因が分からない状況で痛みをうったえる女性患者に、罪悪感を持つホ・ジュンの姿、ハラハラしましたが、手術中に何があったのかを正直に語ったおかげで、痛みを和らげるための努力をすることができる。医師としては医療ミスを認めることになるため、難しい選択だったのでは。でも、「痛み」にポイントを置いたメディカルドラマらしい!

ケガや病気などで失った手・足がまだある錯覚から痛みを感じることを、幻肢痛と言います。どれ程の痛みを感じているのかを想像することしかできないけど、痛みを伴う病気。。。多くを考えさせられます。

【豆知識】主題歌OST Part3はミンソが歌う「Star」。

 

医師ヨハン 9話・10話 あらすじと感想

 

医師ヨハン あらすじと感想 視聴率 キャスト・相関図

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー