医師ヨハン 13話・14話 あらすじと感想

【PR】
見たい韓国ドラマがなかなか放送されない! そんなときはU-NEXTの韓国ドラマ一覧を覗いてみよう!配信開始しているかも?

U-NEXT 韓流ドラマ 全作品一覧(見放題・ポイント)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

医師ヨハン 의사요한 全16話 韓国放送期間 2019年7月19日~ 金土 22:00~

第13話視聴率7.2% 8.6%

quetalsurinoさんより

第13話 あらすじ

~努力は続けるとの約束~

看護師のチェ・ウンジョン(シン・ドンミ)から、チャ・ヨハン(チソン)が先天性無痛無汗症(CIPA)を隠していることを知らされたソン・ソクキ(イ・ギュヒョン)検事は、直接ヨハンに病気のことを確認します。チェ・ウンジョンはヨハンを告発する決意を固め。。。

運ばれた先天性無痛無汗症(CIPA)患者、キソクの治療に専念するヨハン。キソクが目を覚ましたことを知らされると急いで状態を確認します。意識はあり声は聞こえるけど、外部刺激に反応できない状況・・・、身体が動かせない。適切な治療を行うためには、原因を探る必要がある中、キソクが学校のクラスメイトから暴力を受けたことを知ります。

その過程で頭部への強い衝撃があったこと可能性があると判断したヨハンは、椎骨動脈解離(vertebral artery dissection/動脈の血管の裂け血流が低下)を疑い、精密な脳の検査を行いますが、異常は発見されない。原因を探るためキソクのリュックを確認したヨハンは、暴行を受けた時に着ていたと予想されるシャツを発見すると、付着している土の分析を依頼。キソクが暴行を受けた倉庫を探し始めます。

一方、ヨハンが働くソウルハンセ病院のサイトにアクセスしたチェ・ウンジョン(シン・ドンミ)は、病院の掲示板に「痛みを感じることがない医師が、麻酔鎮痛医学科の名医ですか?」と、ヨハンが先天性無痛無汗症(CIPA)を患っていることを告発。同じ頃、アン・スンヒョン記者もヨハンに関する記事を流し。。。その内容を確認したソン・ソクキ(イ・ギュヒョン)検事は、勝手に行動したチェ・ウンジョン(シン・ドンミ)に連絡を取りますが、彼女とは連絡が取れず。

イ・ユジュン(ファン・ヒ)医師はこれまでの状況を振りかえり、ヨハンの病気を確信します。ハンセ病院側は、ヨハンが病気を隠して患者を診療してきたことを問う委員会を開き、ヨハンは病気を明かします。

ヨハンは、「イ・キソク患者の治療だけ最後まで担当させてください。」とお願いしますが、ハンセ病院側は受け入れることなく。センターの医師たちはヨハンをサポートすることを決め、ヨハンが直接治療に加われなくてもキソクの治療を続けられるよう協力する決意を固めます。

キソクが暴力を受けた倉庫の位置を知ったヨハンは、病気の原因を探るため倉庫に向かい、床で発見した物質を確認すると、キソクの肺と気道の分泌物を調べる検査を進めるよう伝えます。急いで検査を進めると、ヨハンの予想通り、免疫力低下による炎症を起こしていた。ヨハンの代わりにカン・シヨン(イ・セヨン)が抗生剤を投与し、キソクの様子をチェックします。

シヨンはヨハンと連絡が取れないと心配になり、急いで119番に通報。。。

第13話 感想

ヨハンの病気が明かされました!

検事と相談することなく独断でヨハンの秘密を明かした看護師のチェ・ウンジョン(シン・ドンミ)。彼女がヨハンへの復讐に執着する理由と、検事のソン・ソクキ(イ・ギュヒョン)がこれまで彼女と協力していた理由も明かされました。3年前ヨハンが安楽死させた患者は、ウンジョンの幼い娘とソクキの弟を拉致し、残酷な方法で殺害した殺人犯でした。

ただ、ヨハンと接触する度に、迷いを見せるソン・ソクキに不満を持ったウンジョンがヨハンの秘密を明かすアクションを起こしたってことですね。ウンジョンの前で倒れ、胃がんを患っていることを知られます。胃がんが原因で酷い痛みを感じるソクキが、自身を痛みから救ってくれる相手としてヨハンをみてきたのでしょうか。

身体の痛みと精神的な痛み、、、克服できないほどの強い痛みが生じた時、人は誰もがそれまで持っていた信念を曲げることになるのか、ドラマが伝えようとする安楽死へのメッセージがあるのかよりも、患者のために病気の原因を必死で探すヨハンの努力や姿勢が肯定的なメッセージを伝えているように思え、納得のいく展開でした。

ヨハンの病気が公表されると弁護士キム・ミョンオは、これまで正体を明かすことがなかった前保険福祉部(厚生省)長官のイ・ウォンギルとヨハンを会わせるシーンが登場しました。検事ソクキは

新薬ケルビムとヨハンの関係を疑っていましたが、ヨハンはケルビムの存在に関して知らなかった様子。

新薬に対するヨハンの考えも登場し、果たしてイ・ジョンギルの計画通り、ケルビムを使った安楽死を合法化できるのか、今後、激しい展開が描かれる??ことになるのか、興味を引く展開になってきました

倉庫の階段を下りていたヨハンに異常が起き、転落。シヨンの予感は正しかったようですね。血を流すヨハンの姿が映りました。シヨンの119番通報で、早期発見されることになるのでしょうか。ヨハンに何が起きているのでしょう。。。

【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第14話視聴率 5.5% 8.8%

quetalsurinoさんより

第14話 あらすじ

~ある選択~

チャ・ヨハン(チソン)が取れない、カン・シヨン(イ・セヨン)が連絡したおかげで発見され治療を受けることになったヨハン。イ・ユジュン(ファン・ヒ)はヨハンが大きな怪我をしなかったことに安堵し、意識はあるけど、全く身体が動かない状況が続くキソクが気になるヨハン。

弁護士のキム・ミョンスと元保険福祉部(厚生省)長官のイ・ウォンギルは、完成したケルビムのプロモーション映像をヨハンに披露。ケルビムが安楽死のために使われる製薬だと知ると、二人の予想とは違いヨハンは検事のソン・ソクキ(イ・ギュヒョン)に連絡をするとケルビムの正体を明かします。

過去、患者を安楽死されたことから、ヨハンの協力を得られると思った予想は外れ、ソン・ソクキ検事は捜査をひろげます。裁判を担当した弁護士キム・ミョンオにこれまで利用されたと知ったヨハンは怒りをぶつけますが、キム・ミョンオはそれまで隠してきた病気を明かします。ケルビムは痛みに苦しむ多くの患者を救うことができる救世主と語り。。。開発者と共にキム・ミョンオは姿を消します。

一方、ヨハンから得た情報のもと捜査を進めていたソン・ソクキがイ・ウォンギルの自宅を訪れた時は、ケルビムを使って命を絶った後。ケルビムの開発者は、安楽死を希望する患者に薬を投与し続けるように見え。

ハンセ病院ではヨハンを解雇するか否かを決める会議は始まり、8対8で結果が出ない状況で、ヨハンを解雇すべきではないと訴える患者たちが集まり、イ・ユジュン(ファン・ヒ)医師の呼びかけで始まった署名が病院の経営陣に渡されます。ヨハンを応援する声が高まる。

入院中のキソクの容態が急変し、緊急手術が必要な状況に陥ります。しかし、ハンセ病院内の外科医たちは非常に危険な手術のため、執刀を拒否。キソクを手術できる医師がいない。。。その時、キソクの容態が変わったことを知らされたヨハンがセハン病院に現れます。

麻酔鎮痛医学科長のミン・テギョン(キム・へウン)は、手術のリスクが高すぎると反対する中、「手術をしないと彼は死にます。危険って、何もしないで死なせるよりも危険なことがありますか?」と語るヨハン。

キソクの母の同意のもと、手術後、回復しても以前の生活に戻れない可能性があると反対するミン・テギョンを押し切って、ヨハンはキソクの手術を行います。しかし、必死のヨハンの努力や気持ちにも拘わらず、キソクの心臓は停止。ヨハンは必死に蘇生処置を取りますが、キソクは亡くなります。

強いショックを受けるヨハンは。。。

第14話 感想

ケルビムの存在を知ったヨハンの反応は、予想外でした。検事ソクキとはケルビムに関する情報を共有する間、お互いへの理解を高め、分かち合ったような感じ。

ケルビムを作らせたイ・ウォンギル元長官が死を迎え、ヨハンと同じ病気を患っていたキソクも今話でなくなり、失望感を感じるヨハンの姿が最後描かれ、クリーブランドのクリニックから一緒に働いてみようと連絡をもらったヨハンは、結局、ハンセ病院を辞めることになるのでしょうか。

麻酔鎮痛医学科は、病気が原因で酷い痛みを伴う患者が訪れる最後の場所という認識で、治療を目的というよりは、痛みを和らげたいと思う患者が集まる場所。先天的に痛みを感じない医師ヨハンが、麻酔鎮痛医学科の専門医として働いていることはネガティブなことのように描かれました。

しかし、患者にとって何がベストなのかを考える?模索するヨハンの医師としての姿勢が、これまで治療を受けた患者を動かした結果になりました。ヨハンの解雇を反対する署名運動では多くの署名が集まり、ハンセ病院で医師を続けることには問題がなさそうですね。

キソクの心臓が停止した後もあきらめないヨハンの姿に、悲しい気持ちになりました。自ら死を選んだ元長官の死と、意思表示をすることもできなくなったキソクの絶望的な死。患者にとって最もベストな死って存在するのでしょうかね。安楽死を考えるうえで、普遍的な価値観の重要を考えることになりそうです。

安楽死が正しいとか間違いとかの判断を出すのは難しい。まずは脳死と植物状態の違いなどの違いを知る必要もあり、法律がどのように整備されているのかを理解する必要もありますが、残された2話で、どこまで描かれることになるのでしょう。

ヨハンがハンセ病院を辞めて、研究のためにクリーブランドに行く選択をすることになるのでしょうか。そして、開発されたケルビムを持って姿を消した開発者を、検事ソクキは捜し出すことができるのか、悩ましい展開が続きそうです。

期待した以上にウェルメイドなメディカルドラマです!!

 

医師ヨハン 15話・16話(最終回) あらすじと感想

 

医師ヨハン あらすじと感想 視聴率 キャスト・相関図

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー