ジャスティス 検法男女 3話・4話 あらすじと感想 チョン・ユミ  ウン・ソル役




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

剣法男女 ジャスティス 検法男女 검법남녀 全32回(16話) (月・火)

第3話視聴率5.1%  第4話視聴率6.5%

quetalsurinoさん

 

第3話・4話 あらすじ

初公判で事故死であることを証言したペク・ボム(チョン・ジェヨン)。その後、法廷は混乱する中、裁判は3日後に延期され、被害者クォン・ヒギョンの死に夫が関与していると、水虫の薬は被害者の夫のものだと確信していたウン・ソルでしたが、直接確認した夫の足には水虫がなく、ウン・ソル(チョン・ユミ)は被害者の死の真相を明かすため、新たな証拠を探し始めます。

ウン・ソルが見つけた証拠は、彼女の靴。事件現場で遺体を確認した日、ウンソクは靴底にビニールをかぶせることを忘れたことで、現場で付着したと思われる正体不明の粉が付いていることに気づき、最後の希望をかけペク・ボムに分析を依頼します。

ウン・ソルの靴に付着していた粉を分析した結果、フルコナゾールが検出され、被害者のボケっとから3つの薬のカプセルを発見し、分析にかけます。指紋とDNA検査をした結果、夫ではなく被害者本人のクォン・ヒギョンのものであることが判明、アリバイがあった夫は無罪となりウン・ソルは敗訴することになります。

初めて担当した事件が敗訴に終わったことを悔しく思う余裕もなく、新たな事件を担当することになったウン・ソル。既に亡くなった男性の子供を産んだ女性が認知を求めた事件。しかし、亡くなった男性の家族、3人の姉たちは財産目当ての女性だと反発し、ウン・ソルは男性をお墓から遺体を取り出しDNA鑑定をするためペク・ボムを派遣します。

しかし、お墓で猛反発する姉たちが大騒ぎを起こし、困ったペク・ボムは勝手に遺体を国立科学捜査研究院(NFS)に運び、ウン・ソルに電話を掛けます。解剖のための令状を発行するよう求めるペク・ボムの電話に、お見合い中にも拘わらず慌ただしく席を立つウン・ソル。

 



 

第3話・4話 感想

ウン・ソルが担当した初めての事件は無惨にも敗訴。夫から酷い暴力を受けていた被害者クォン・ヒギョンの死の真相は、一緒に服用してはいけない薬を飲んだことから起きた事故死。ただ、事故死ではなく、死を持って夫の暴力を訴えようとしていた女性の悲しいダイイングメッセージでした。事件の経緯は明らかになりましたが、やるせない気持ちにさせられた事件でした。

韓国版CSIと呼ばれたドラマ「サイン」以降、国立科学捜査研究院を舞台になった久々のドラマですね。「サイン」は韓国で初めて法医学を扱ったとして話題になり、ベテラン監察医と新米女性監察医のコンビが事件を次々に解決していく姿が描かれましたが、このドラマでは監察医と新米女性検事。とこか共通する部分もあり、今後が楽しみです。

対立しているように見えたウン・ソルとペク・ボムは、次の話では協力して事件を解決していくことになりそうです。起きる事件をベースに話が流れていくスタイルのドラマなので、メディカルサスペンスが好きな人にはワクワクするポイントが色々と隠されていそうです。

国立科学捜査研究院で毒物を得意とする捜査員、ステラ・ファン(ステファニー・リ)は、第1話で短く登場しましたが、今話では事件を解決するために活躍する姿が描かれました。米国ドラマ「NCIS~ネイビ~犯罪捜査班~」に登場する科学捜査分析官のアビー・シュートのような雰囲気で、英語を使うシーンが登場した時は、どこかでみたことあると思ったけど、なかなか思い出せなくて。調べたら「最後から二番目の恋」に出演していて、主人公パク・ジュヌを追っかけてカナダ―から韓国に来たミン・ジソン役を演じていました。正直、好きになれなかったキャラクターの一人。このドラマでは違うイメージをみせてくれることを期待します。

法医学者が主人公で、事件を解決するために必要な解剖シーンはリアルでした。リアル過ぎるのは苦手ですが、心配していたよりも大丈夫でした。同じ事件を監察医ペク・ボムの視点と検事のウン・ソルの視点で描かれ、展開にメリハリがあります。

新たに登場した事件を、二人がどのように解決していくことになるのか、スカッとした解決になることを願って。。。

チョン・ユミ 정유미 ウン・ソル役
出典:http://www.imbc.com/
生年月日 1984年2月23日 身長167cm、45kg
2004年 愛情の条件 – メン・ハンジ役 KBS
2004年 花王の仙女様 – ムビンの妹役 KBS
2007年 五星大飯店〜Five Star Hotel〜 - キム・ジエ役 CCTV
2008年 大王世宗 – ハン・ダヨン役 KBS
2004年 宝石ビビンバ – イ・ガンジ役 MBC
2004年 チング~愛と友情の絆~ – ミン・ウンジ役 MBC
2010年 トンイ(同伊) – チョンイム役 MBC
2011年 千日の約束 – ノ・ヒャンギ役 SBS
2012年 屋根部屋のプリンス – ホン・セナ役 SBS
2013年 ワンダフルママ – コ・ヨンチェ役 SBS
2014年 母の庭園(春の輪舞曲(ロンド)) - ソ・ユンジュ役 MBC(主演)
2014年 イニョプの道(原題:下女たち) - クク・イニョプ役 JTBC(主演)
2015年 六龍が飛ぶ - ヨニ役 SBS
2016年 マスター ククスの神 – チェ・ヨギョン役 KBS
受賞歴
2011年 SBS演技大賞 ニュースター賞(千日の約束)
2012年 SBS演技大賞 優秀演技賞(屋上部屋の皇太子)
2013年 MBC放送芸能大賞 ショーバラエティー部門 女性新人賞

 

ジャスティス 検法男女 5話・6話 あらすじと感想 イ・イギョン チャ・スホ役

 

ジャスティス 検法男女 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 






10月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版






コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー