検法男女 (剣法男女) 17話・18話と19話・20話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

剣法男女  검법남녀 全32回(16話) (月・火)

第17話視聴率6.9%  第18話視聴率7.7%

quetalsurinoさん

 

第17話・18話 あらすじ

ペク・ボム(チョン・ジェヨン)は胃の中に残っていた食べ物を確認した結果、マ・ソンジェの死亡推定時間は昼ご飯を食べた4時間前の8時。自殺の可能性があることを示唆し、父マ・ドナムはペク・ボムの検死結果に不満をあらわします。息子マ・ソンジェが自殺したはずがないと。。。

ソンジェが自殺ではなく同級生に殺害されたと信じるマ・ドナムは学校に向かい、ソンジェを屋上まで連れて行った4人の男子生徒の一人を見つけ出します。しかし、他殺を裏付ける証拠はなく、ソンジェが転落する瞬間を撮影した監視カメラの映像が見つかり、自殺の可能性が高くなる中、ウンソル(チョン・ユミ)はなぜ息子が死んだのかと問う両親の気持ちに、捜査を続けます。チョン・ミホ(パク・ヒジン)検察実務官は変装後、学校に忍び込み情報を集め、ソンジェがいじめにあっていた可能性があることをウン・ソルに伝えます。ソンジェのロッカーから使っていた寄宿舎の部屋を確認していたウン・ソルは、ルームメイトを含めクラスメイトによる殺害事件ではないことを確信。

ソンジェの薬物検査結果、数えきれない薬物が検出され、中毒性の強い麻薬の成分まで見つかります。ウン・ソルの推理は、試験期間中、睡眠をとることなく勉強をしていたソンジェがいつもより薬物の量を増やして飲んでいた可能性があり、薬物による死亡であることを証明する必要があります。

ソンジェがクラスメイトに連れられ屋上に行った際、ポケットに薬のビンが入っていたことが分かるも、証明することができない状態。薬のビンが発見されなかったことから、急いで事件現場に向かい、ついにソンジェの持っていた薬のビンを見つけます。

ウン・ソルはソンジェが服用したすべての薬を一度に飲み、意識を失います。意識を失ったウン・ソルは、ソンジェの夢を見ます。薬物に頼り1週間も睡眠を取ることなく勉強をつづけたソンジェ。屋上で一人残されたソンジェは持っていた薬を飲み、やっとゆっくり寝られるとベッドに飛び込むようにして、屋上から転落。。。

大量の薬物を一度に飲んだウン・ソルはペク・ボムにSOSのメールを送っていたことから、ペク・ボムに起こされ、ペク・ボムは複数の薬を同時に服用することで、幻覚を見ることになるとの論文を見つけて、死因を証明することができると確信します。

ソンジェの体から検出された薬物のリストを確認したマ・ドナムは、息子が麻薬成分の薬を服用していたことに驚き、薬を購入していたのがソンジェの母で、マ・ドナムの妻だったことが明らかになります。違法な流通ルートで薬が売買されていることを知ったウン・ソルは第2、第3の被害者を減らすため、薬を売買する人物を逮捕することになります。

カン・ヒョン(パク・ウンソク)はペク・ボムが働いていた病院で10年前の資料を手に入れ、兄が亡くなる前最後にあった時を思い浮かべます。

新たな事件が発生。変死体で発見されたのはカン・ヒョン(パク・ウンソク)の捜査官、ソ・ジョンミン。侵入者がいなかったことから、面識のある人物による殺害と推定。被害者の腕には注射の後があり、全身を麻痺させる薬物と筋弛緩剤の二つの薬物がテーブルに置かれたままの状態で、医療行為になれた人物による可能性が高いことから、事件と断定して捜査をすすめることになります。ソ・ジョンミンの通話記録から、死亡する前夜の最後の通話した相手はペク・ボム。

ソ・ジョンミンの司法解剖を始めようとするペク・ボムに、解剖を禁止するカン・ヒョンは、ペク・ボムが犯人と断定し、証拠隠滅を図る可能性があると、解剖を中止させます。

第17話・18話 感想

ウン・ソルの観察力が事件を真相に向けて役に立ちました。原因不明と両親に伝えることができないウン・ソルは、事件を解決するという気持ちよりも、ソンジェに何があったのかを両親に伝えるため、捜査を始めます。しかし、カン・ヒョンがペク・ボムを殺人者と呼んだことを覚えていたマ・ドナムは息子の死の真相を知るため、カン・ヒョンの力をかり、セカンドオピニオンを依頼することになります。

マ・ドナムは息子が自殺では殺害されたと強く信じ、捜査を依頼する一方、ウン・ソルはなぜ、どうしてソンジェが亡くなったのかを探し出そうとする点がお互いの捜査の相違点でした。被害者や被害者の家族の気持ちを大切に捜査し、事件性があるのか否かを判断するウン・ソルは初めて担当した事件の時と比べると、すごく成長したように思えました。

でも勉強に集中できる薬が麻薬だったとは知らず、母から渡された薬を飲み続けたソンジェ。子への親の期待値が高すぎたことから犠牲になった10代の少年の死は、むなしい結果となりました。ソンジェの死をきっかけに、家族の存在を再確認することになったウン・ソル。家族との関係に兆しはあるのでしょうかね。

最も気になるウン・ソルとペク・ボムの関係は、これまですべての主導権を握り、自分一人ですべてを解決する一匹オオカミのようなペク・ボムをお手上げにする人物がウン・ソル。新米検察として

注意されても、何も言い返すことができなかったウン・ソルの反撃があり、このドラマは面白い!!

新たな事件が発生し、カン・ヒョンはペク・ボムを殺人犯と断定している様子が最後描かれました。兄の死にペク・ボムが関係していると信じるカン・ヒョン。新たに起きた事件は、全身を麻痺させる薬物と筋弛緩剤による窒息死。

ペク・ボムは事件と関係があるのでしょうか。ペク・ボムのことになると感情的になるカン・ヒョン。果たしてヒョンの兄の死の真相と新たに起きた事件との関連性はあるのでしょうか。

緊張感あふれる展開が始まりそうです!!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第19話視聴率6.5%  第20話視聴率8.1%

quetalsurinoさん

 

第19話・20話 あらすじ

死体で発見されたソ・ジョンミン捜査官の解剖を始めようとしたペク・ボム(チョン・ジェヨン)をとめたのは、カン・ヒョン検事。証拠隠滅の可能性を示唆し、解剖は中止されペク・ボムは逮捕されます。ソン・ジョンミン捜査官が亡くなる前、携帯電話で最後の通話をしたのがペク・ボム。通話後、マンションを出るペク・ボムの姿が映された監視カメラ。

ソ捜査官のマンション付近で発見されたカメラの映像から、ペク・ボムを犯人と断定しカン・ヒョンは調べを進めます。遺体の側で発見された薬品を証拠に、10年前亡くなった兄の死と関連させ捜査を拡大することになり、ペク・ボムは黙秘権を主張します。

現職の法医官ペク・ボムが殺人の疑いで逮捕されたニュースが流れ、ウン・ソル(チョン・ユミ)が事件を担当することになります。ペク・ボムと一緒に働くスタッフは彼の無罪を晴らすためのチャ・スホ刑事の協力のもと動き出し。。。

ソ捜査官に恨みを持つ人物を見つけたチャ・スホ刑事。容疑者は3年前に逮捕されたチャン・テジュで、事件を担当したのはソ捜査員。発見された薬物の一つは動物病院で使われるもの。しかし、チャン・テジュを犯人から外し、カン・ヒョンはペク・ボムを起訴するため動きます。

10年前の事件と関連させ捜査をすすめるなか、ウン・ソルは、10年前ペク・ボムが恋人ハン・ソヒにプロポーズしたこと、事故を起こしハン・ソヒが死亡したこと。その後、カン・ヒョンの兄が亡くなったことから、ペク・ボムが医療事故を起こしたことまで知ることになります。

ペク・ボムの家を家宅捜査したカン・ヒョン。亡くなったソ捜査官の殺害現場で発見されたのと同じ薬品が発見され、カン・ヒョンは解剖結果を待ちペク・ボムを起訴することを決めます。しかし、10年前兄の解剖を担当した教授の解剖結果は、自殺。自殺と判定されるとペク・ボムを起訴することができないカン・ヒョンは、結果に納得いかず。

自殺をする人に見られる躊躇した跡がないことに気づいたウン・ソルは、真犯人を逮捕するためソ捜査官の死の真相を明かすべきだと語り、ペク・ボムは再解剖を行うことに。。。

 

第19話・20話 感想

初めからペク・ボムが犯人だと決めて捜査をすすめるカン・ヒョンは、冷静さを失った様子。そんななか、冷静に事件を捜査していたウン・ソルは、ペク・ボムが犯人でないことに気づきましたね。

事件があった夜、ペク・ボムに連絡してきたソ調査官の意味深げな言葉と、彼のマンションにあった写真に写った女性の存在。もしかして亡くなったソ調査官は亡くなったペク・ボムの恋人、ハン・ソヒの家族なのでしょうか。10年前に何が起きたのか、更に気になる展開が続きました。

ウン・ソルに説得され、ソ調査官が自殺しなかったことを証明し、他殺と判定するため再び行われることになった司法解剖でしたが、遺体が火葬されたとのカン・ヒョンの言葉を最後に終わり、このまま事件は自殺として結論付けられることになるのか、分からないまま。

元獣医のチャン・テジュの後を追っていたチャン・スホは、スホは筋弛緩薬の一つ、スキサメトニウムが3つ盗まれた会社を突き止めましたが、チャン・テジュはペク・ボムと同じ身長で同じ足のサイズだったこと、犯人はやはり恨みを持ったチャン・テジュなのでしょうか。

ステラ・ファンが語っていたように、血液サンプルの適量分析を行うことで、死因が断定できるのでしょうか。次の話につなげるヒントがありそうで、見落とした感じがちょっと残念でしたが、緊迫感のある描かれ方が今話も面白かったです。

【豆知識】 特別出演:ユン・ジミン

 

剣法男女 21話・22話と23話・24話 あらすじと感想

 

剣法男女 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー

最近の投稿