剣法男女 11話・12話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

剣法男女  검법남녀 全32回(16話) (月・火)

第11話視聴率5.6%  第12話視聴率6.4%

quetalsurinoさん

 

第11話・12話 あらすじ

殺人容疑をかけられた刑事チャ・スホ(イ・イギョン)の事件の真犯人を追っていたウン・ソル(チョン・ユミ)は、変装した真犯人とすれ違った時、怪しいと後を追い真犯人に命を狙われることになりますが、検察捜査官カン・ドンシク(パク・ジュンギュ)に助けられ、最後まであきらめず逃げる犯人を追い逮捕することに成功します。

デート暴力(DV)の被害者だったヨン・ミレは、彼氏との関係に悩み刑事チャ・スホに相談しているところを目撃した彼氏。しかし、ヨン・ミレから別れを告げられた彼のキム・ジュンテは彼女を殺害してします。殺害後、チャ・スホが犯人のようにすべての証拠を偽装する。。。 事件の解決後チャ・スホは仕事に復帰します。

ウン・ソルは、先輩検事のカン・ヒョンとペク・ボム(チョン・ジョヨン)が対立する理由が、過去ペク・ボムの起こした交通事故の担当検事がカン・ヒョンだったこと、交通事故で助手席に座っていた婚約者が死亡したことなどを知ります。道路の上の障害物を避ける痕跡がないことから、別れを求める婚約者を意図的に殺害するために起こした事故だったと語るカン・ヒョン。

後日、死亡した交通事故の被害者が国立科学捜査研究院に運ばれます。運転していたとされる女性は死亡し、助手席に座っていた彼は助かった事件。念入りに調べるペク・ボムの姿にそっと見つめ、解剖の結果、運転していたのは死亡した女性ではなく彼だったことが明らかになります。

空港で出張帰りの男性がトイレで死亡する事件が起き、遺体が国立科学捜査研究院に運ばれ、ペク・ボムが司法解剖を担当することになります。解剖開始直前、かかってきた電話で、ペク・ボムは運ばれた遺体にMERS(中東呼吸器症候群)があることが知らされ、驚いた助手は解剖室を出て行ってしまい。その直後、令状を持って現れたウン・ソルはペク・ボムと共に解剖室に隔離されます。

MERSに感染した可能性があるにも拘わらず、解剖を始めようとするペク・ボムは、ウン・ソルに助手役を頼み、ペク・ボムを手伝っていたウン・ソルがメスで手に怪我を追います。解剖に使われたメスだとしたら、致命的!との声が聞こえ、二人は不安な表情をみせ。。。

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

第11話・12話 感想

追っていた犯人は無事逮捕され、見せられたすべての証拠が犯人の偽装だったこと、その証拠だけをもとに犯人を断定することがいかに危ない事なのかが、変わる一話でした。デート暴力(DV)はニュースなどでも登場することが増えたので、よりリアルに伝わった事件でした。

疑問だったペク・ボムの過去が少しずつ明らかに。別の男性の子を妊娠し別れを告げる婚約者を事故に装って死亡させたとするカン・ヒョン。彼が検事になって初めて担当した事件だったようで、ウン・ソルが彼と親しくなるのを警戒しているように見えました。大学時代ウン・ソルに恋していたヒョンは今でも彼女へ思いを寄せているようです。

事件や解剖ばかりが描かれるだけでなく、笑える小さなエピソードも描かれ面白かったです。特にチャ・スホとステラ・ファン(ステファニー・リ)との関係が興味深くなってきました。ステラ・ファンのキャラクターは思っていたのとは全然違いました。完璧を追及するあまり、吹き出物の軟膏をmg単位ではかって塗る姿には思わず笑っちゃいます。

今話で最も笑ったのは、独立したウン・ソル宅を訪問することになったカン・ドンシク、チョン・ミホとカン・ヒョン。しかし、間違ってウン・ソルの隣にするペク・ボム宅のチャームを鳴らし、現れたペク・ボムに驚くエピソードはコミカル。

しかし、ドラマの最後に「プロトコール(状況に合わせてあらかじめ定めた方針に準ずる。手順。」が下され、隔離されペク・ボムとウン・ソル。致命的な感染症MERS疑いの遺体を解剖することになったペク・ボムとウン・ソル。ミスで手が傷ついてしまったウン・ソルに何が起きるのでしょう!!

 

剣法男女 13話・14話と15話・16話 あらすじと感想

 

剣法男女 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー