剣法男女 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●韓国放送2018年5月14日(月)~放送(月・火)22:00~

剣法男女  검법남녀 全32回(16話)
2018年放送 MBC
平均視聴率 4.5% 시청률 第1回4.5%
 
剣法男女  검법남녀 公式サイト
あらすじ

完璧主義の風変りな性格を持った法医学者であるペク・ボム(チョン・ジェヨン)と初任検察官ウン・ソル(チョン・ユミ)の捜査を扱ったドラマ。

犯罪にも人生にも、どんな接触でも、跡は残る。だから、完全犯罪はない。そして、被害者を解剖する変わり者の法医学者と、加害者を捜査する新人検事がタッグを組み、普通と違う「完璧な捜査」が始まる!

 
MBC 剣法男女  검법남녀 相関図
キャスト

チョン・ジェヨン ペク・ボム役 監察医

チョン・ユミ ウン・ソル役 初任検察官

イ・イギョン チャ・スホ役 江東警察署殺人刑事

パク・ウンソク カン・ヒョク役 ソウル東部地検刑事 8部シニア検査

ステファニー・リー ステラ役

パク・ジュンギュ カン・ドンシク役 係長

パク・ヒジン チョン・ミホ役

 

スタッフ /脚本ミン・ジウン、ワン・ヨンシル/演出ノ・ドチョル
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

話数ごとのあらすじと感想

quetalsurinoさん

.

剣法男女 1話2話 あらすじと感想 チョン・ジェヨン ペク・ボム役
剣法男女 3話・4話 あらすじと感想 チョン・ユミ ウン・ソル役
剣法男女 5話・6話 あらすじと感想 イ・イギョン チャ・スホ役
剣法男女 7話・8話 あらすじと感想 パク・ウンソク カン・ヒョク役
剣法男女 9話・10話 あらすじと感想 ステファニー・リー ステラ役
剣法男女 11話・12話 あらすじと感想
剣法男女 13話・14話と15話・16話 あらすじと感想
剣法男女 17話・18話と19話・20話 あらすじと感想
剣法男女 21話・22話と23話・24話 あらすじと感想
剣法男女 25話・26話と27話・28話 あらすじと感想
剣法男女 29話・30話と31話・32話(最終回) あらすじと感想

以下作品感想

quetalsurinoさん

どんな接触にもあとは残る。だから、完全な犯罪など存在しない。被害者を解剖する法医学者と、事件を担当する新人検事がタックを組み、これまでにない「完璧な捜査が始まる」!、と紹介されたドラマだけに、国立科学捜査研究院を中心に被害者の死の真相に迫ります。

米ドラマCISをリメイクした作品?と思うほど、完成度が高い犯罪捜査ドラマでした。司法解剖が行われ、死因を断定することで犯人の逮捕につながる。エピソードは、家庭内暴力、老人虐待、シリアルキラーまで様々ですが、世界的に注目を集めている話題を中心に描かれたことで、単純に事件を解決する捜査ドラマの枠を超え、心に響くものがありました。

主演を務めたのは、法医学者ペク・ボムを演じるチョン・ジェヨンと、初任検察官ウン・ソルを演じるチョン・ユミ。演技派俳優として韓国映画界で活躍してきたチョン・ジェヨンは、変わり者の監察医のイメージとピッタリマッチングして、第1話から始まる辛口の発言に、面白くなりそうと、期待が高まりました。

チョン・ユミに関しては、これまでとは全く違うイメージの役が多かったからか、どんな風にこの役を演じていくのか別の意味で期待が高まりました。ドラマの最終話では、検事として成長を遂げるウン・ソルの姿に合わせ、ペク・ボムとの息もピッタリ。犯罪捜査ドラマが好きな方は絶対に最後まで楽しめる作品だと思います。

死因を解明する過程や、事件を解決していく方法はそれほど難しくなく、分かりやすいです。ただ、リアルな描写があるので、苦手な方は一瞬目を閉じて観ても話の流れについていけるところが、個人的にはよかったです。科学の進歩と共に以前は未解決として残された事件が、解決されていく姿とみるのは、やはり面白いです。空回りする新米検察を演じるのかと思えば、鋭い観察力と、見落としがちな小さな手がかりも、しっかりキャッチして捜査に反映させていく能力の持ち主だったウン・ソル。見る視点を変えることで、これまで見えなかった部分が見えてくる。色々と自分なりに推理をする楽しみもあり、推理が外れた時や意外な展開があった時にはガッカリすることもありますが、ロマンスドラマを観る時とは全く違う楽しみがあります。

ドラマのシーズン化を予想させる「To be continued…」で最終話が終わりました。シーズン2が登場しても飽きることなく楽しめる作品になるとは思いました。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー