前世の敵~愛して許して~ 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●【日本初放送】ホームドラマチャンネル 2018年9月17日(月)~ 毎(月~金)
●韓国放送2017年 11月27日から2018年 6月1日まで

前世の敵~愛して許して~  전생에 웬수들 全123話
2017年放送 
平均視聴率 10.02% 시청률 最低視聴率第84回4.3% 最高視聴率第95回12.4% 
MBC 前世の敵~愛して許して~  전생에 웬수들
あらすじ

3兄弟の長女チェ・ゴヤ(チェ・ユニョン)は、一家の大黒柱で、家族の“事故処理班”。妹チェ・ゴボン(コ・ナヨン)は、男に高価な洋服を買ってもらったり、ゴヤのクレジッドカードでブランドバックを買ったりと、ハチャメチャな生き方をしていてゴヤを悩ませていた。ある日、喧嘩っ早いゴヤの母は、自分のお店でお客さんと口論になり、駆けつけたゴヤは仲裁に入る。その時、腎臓病を患っている弟ゴウン(ノ・ヨンミン)が倒れる・・・。

一方、ミン・ジソク(クウォン)の叔母オ・ナラ(チェ・スリン)は、無職だったゴヤの父との不倫の末、お互いの家族を捨て再婚したため、姉オ・サラ(クム・ボラ)に縁を切られていた。しかし、ジソクは、子供の時から自分を育ててくれた叔母ナラが大好き。ゴウンへの腎臓移植をお願いしたくて父親とナラを百方手をつくして探し回っていたゴヤは、ある日、ジソクの車にひかれそうになる。それ以降、偶然を重ねて二人は次第に惹かれあっていく。

 

ホームドラマチャンネル 前世の敵~愛して許して~
キャスト

チェ・ユニョン チェ・ゴヤ役 一家の大黒柱、WLグループ社員
クウォン ミン・ジソ役 離婚専門弁護士
コ・ナヨン チェ・ゴボン役 ゴヤの妹、フィットネストレーナー
アン・ジェモ ミン・ウンソク役 ジソクの兄、小学校教師

ハン・ジンヒ チェ・テピョン ゴヤの父、無職
イ・ボヒ ウ・ユンスク ゴヤの母、惣菜屋
イ・サンア チェ・テラン テビョンの妹
パク・ヒョンソク チェ・ソンドゥル テランの息子
ノ・ヨンミン チェ・ゴウン ゴヤの弟、腎臓病
クム・ボラ オ・サラ ジソクの母、専業主婦
イ・ヨンラン チャン・オクジャ ジソクの祖母、料理教室運営
チェ・スリン オ・ナラ テピョンの妻、サラの妹
ハン・ガプス ハン・ジエウン ナラの元夫、医師
ミョン・ジヨン チョ・ヘウン ジソクの従姉
パク・トンビン   ジソクの法律事務所の事務長

スタッフ /脚本:キム・ジウン、演出:キム・フンドン
コメントにて随時感想募集中です。


●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
ayumi 10さんの感想より

●2組の家族のホームドラマです
このドラマのヒロインのチェ・ユニョンさんをドラマで見たのは、「いとしのソヨン」の純粋な女性でしたがその後も「製パン王キムタック」などのタックの姉の役など純粋な役がとても似あう女優さんだと思い好きになりました。そのチェ・ユニョンさんがこのドラマのヒロインであると知り楽しみにしていました。

ヒロインの恋人役を演じるのが恋愛の発見でいい演技をしていたクウォンさんでドラマの中では、離婚専門の弁護士のミン・ジソクを演じています。クウォンさんこのドラマが兵役からの除隊後の初のドラマになり、撮影前から久しぶりの作品なので死ぬ気で頑張るとインタビューで答えています。

このドラマは、クウォンさん演じるミン・ジソクとチェ・ユニョンさん演じるチェ・ゴヤが出会って恋に落ちますが、この2人には大きな因縁があったことが分かります。その因縁とはチェ・ゴヤの父親とミン・ジソクの叔母が不倫をしていたことが分かり、2人の関係は一気に変わります。
ヒロインのチェ・ゴヤがドラマの回数が進んで行く中で正義感がどんどん強くなって行き、自分の周囲で起こるトラブルを解決して行く姿が見どころです。チェ・ユニョンさんが可愛らしいルックスで、この正義感溢れるヒロイン役を演じている姿がとても似合っておりますます彼女の演技が好きになります。

ミン・ジソクは幼い頃から叔母のことを慕っており信頼していたのに、叔母が不倫をしていたことを知り大きな絶望感を感じますがクウォンさんが久しぶりの演技とは思えない見事な演技をしています。

韓国ドラマにはよくありますが、次々にいろいろなトラブルが起きてその問題に立ち向かう主人公2人の姿から、ドラマを見ていると元気をもらうことが出来ます。

脇を固める俳優さんも豪華でアン・ジェモ さんがクウォンさんの兄の役で出演しています。

最初から最後まで笑いあり涙ありで楽しめるドラマです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー