別れが去った~マイ・プレシャス・ワン~ キャスト・相関図 感想 視聴率 あらすじ


【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

放送予定

●【日本放送】
●アジアドラマチックTV(2020/4/25から)土・日曜日8時から3話連続放送(日曜日は2話連続)4/25は11時から1話 字幕
●BS11(2020/3/4から)月~金曜日13:59から 字幕
●アジアドラマチックTV(2020/2/12から)月~水9:30~ 字幕

【韓国放送期間】2018年 5月26日から8月4日

別れが去った

이 별 이 떠 났 다

2018年放送 MBC 全40回 

視聴率

平均視聴率 7.5% 시청률 最低視聴率2.7% 最高視聴率第20回10.6%

MBC 이 별 이 떠 났 다

あらすじ

ヨンヒの元へ執拗に離婚を催促する電話を掛けるセヨン。しかし、ヨンヒは決して離婚しないと宣言する。サンジンの浮気が発覚したのは三年前。すでにサンジンと浮気相手セヨンの間には三歳の子供までいた。その事実を知っても、表情一つ変えないヨンヒ。冷めきった夫婦関係に、既に準備できていたとサンジンに打ち明ける。

一方、妊娠が発覚してしまったヒョ。妊娠事実をミンスに伝えるが、子どもをおろすよう説得されてしまう。そんな中、ヨンヒの元を訪れたヒョは、ヨンヒに対し、一緒に住まわせてほしいとお願いするのだが…。

出典:BS11 別れが去った~マイ・プレシャス・ワン~

相関図

画像出典:http://www.imbc.com/

キャスト

主要人物

チェ・シラ ソ・ヨンヒ役  (51歳) 無職の引きこもり専業主婦。工科大学を出て、男性社会の会社で能力を認められたヨンヒ。しかし、数十年後に、ただ安全が保障され、自分自身を隠すことができる家の中で一日一日を過ごし住んでいる。

チョ・ボア  チョン・ヒョ役  (21歳) 大学生、ハン・ミンスのガールフレンド、ヨンヒの同居人、美大生、ハン・ミンスとの間の子を妊娠する。

イ・ソンジェ  ハン・サンジン (55歳)  ヨンヒの夫、パイロット 大手航空会社のパイロットに誇りを感じている。

ジュン  ハン・ミンス (21歳) 大学生 ヨンヒとサンジンの息子、ヒョの恋人。チョン・ヒョとの間で生じた赤ちゃんを拒否する。

チョン・ヘヨン  キム・セヨン (45歳)  サンジンの不倫相手、元客室乗務員

チョン・ウンイン  チョン・スチョル(52歳) ヒョの父、大企業の下請け工場経営。娘バカ。大企業の下請け工場が、いつも負債の人生。

 

その他の人物

ヤン・ヒギョン  キム・オクジャ(67歳)  セヨンの母、高利貸し

キム・サノ  ムン・ジョンウォン (38歳)サンジンの職場の後輩、副機長

ハ・シウン  ハン・ヒジン (36歳)サンジンの妹、お粥屋ジュクジプ運営、元客室乗務員

オ・ハヌィ  イ・アイン (21歳)  ヒョの友人、大学生 ナムシクにひそかに片想いしている。

ユ・スビン  ウ・ナムシク (21歳)ミンスの友人、大学生

ジョエル  ビギラ (29歳) スチョルの工場の工員、タンザニア出身 移住労働者。

シン・ビ  ハン・ユヨン(6歳) サンジンとセヨンの娘

 

画像出典:http://www.imbc.com/

スタッフ / 演出:キム・ミンシク 脚本:ソ・ジェウォン
【広告】
格安で韓ドラ見るならdTV バラエティも配信中♪ 韓流ページを覗いてみよう!



【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


受賞
2018年第6回アジア太平洋スターアワード長編ドラマ部門女性優秀演技賞 チョ・ボア
2018年第2回よりソウルアワーズドラマ部門主演女優新人賞 チョ・ボア
2018年第26回大韓民国文化芸能大賞ドラマ部門男新人賞 イ・ジュンヨウン
2018年 MBC演技大賞週末特別企画部門女性最優秀演技賞 チェ・シラ
2018年 MBC演技大賞週末特別企画部門女性優秀演技賞 チョ・ボア
2018年 MBC演技大賞週末特別企画部門賞 チョン・ヘヨン
2018年 MBC演技大賞男新人賞 イ・ジュンヨウン
2018年 MBC演技大賞青少年子役賞 シン・ビ

 

askatrielarevyさんの感想より

● 人間としての葛藤と成長の物語

女性として、そして母親としての苦悩や葛藤、人間としての在り方を問う重厚なストーリー、それが「別れが去った」というドラマの根本にある。

どのような視点で人間を見るかで人というものを計る尺度は異なってくる。例えば、人と人とのつながりによってもその個人のパーソナリティに対する見方は異なってくる。より簡単に言えば、母親と父親の子供に対する愛情表現などは、子供に対する愛情という点では同じであっても男女の違いによる性差がでてくる。そういった「視点の異なり」からくる「パーソナリティの多重性」をこのドラマは示唆している。

主演のチェ・シラは夫の浮気で引きこもりになってしまうが、チョ・ボア演じるヒョとの出会いで自分らしさを取り戻していくというのが大まかな筋であるが、この点だけでも「夫との関係」と「新しい大切な人との関係」の2つの視点から彼女のパーソナリティの多重性が伺われる。

もちろんこういったテーマを読み解くという見方以外にも、単純なドラマとしてみても非常にクオリティが高く、わたしも何回も泣きそうになった。例えばヒョが望まない妊娠をしてしまい、腐っていたけれども、それにより人間的に成長を遂げ、そして病気と闘いながらの出産は本当に涙なしでは見れないシーンだった。

そしてヒョを妊娠させたU-KISSのジュンもはじめは彼女の中絶を願ったり、徴兵によって現実から逃げようとしていたけれども、徐々に大人に成長していく姿は往年の日本の学園ドラマを見ているようだった。

それら以外にも、脇を固める演者も魅力的で、優柔不断でダメ夫役のイ・ソンジェの演技はユーモラスで、こういったドラマにありがちなお涙頂戴の単純なストーリー展開に花をそえ、逆に言えば彼の演技があったからこそこのドラマの哀切さが引き立ったともいえる。

はっきりいってワンパターンなドラマが多い中、本作品は王道のストーリーでありながら新鮮さを失っていないという稀有な一品であるといえる。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


【広告】
U-NEXT独占先行配信

バベル〜愛と運命の螺旋(らせん) 2020/4/3〜(主演・パク・シフ)

★U-NEXT独占配信
『左利きの妻』(2019)/『アイテム〜運命に導かれし2人〜』(2019)(チン・セヨン)/『ダーリンは危機一髪!』(2019)(シウォン)/『チェックメイト!〜正義の番人〜』(2019)(キム・ドンウク)

韓流観るなら<U-NEXT>


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー