初対面だけど愛してます 13話・14話 あらすじと感想





NEW! 投票開始!


ムン・チェウォン 出演ドラマランキング


チョン・テス 出演ドラマ ランキング


ソン・イェジン 出演ドラマランキング


初対面だけど愛してます 初対面で愛します  초면에 사랑합니다 全32回(16話)

第25回視聴率3.0 第26回視聴率3.8%

onwardさんより

第13話(第25回・第26回)あらすじ

言う事が出来ない秘密

デジュの母は、アロワナを救おうとして、交通事故で死亡。イ・ユルワンは、高価だったプラチナ・アロワナよりずっと安いアロワナを購入し、工作して、息子の学費をねん出… 彼女が“ある”グループを作ったのは、不正な金を集め、会社に還元する為でした… シム・ヘヨンの運転手だった時、事故に遭ったウン・ジョンスを、その金で救うイ・ユルワン。彼女はそのグループの会計を彼に任せますが、データが入ったUSBを、ミンイクが持って行ったと思い、ジョンスをクルーズ船に向かわせたのでした。自首する、というジョンスを止めるユルワン。彼女は、グループを解散します。

一方、ミンイクは、事務所に飾ってある船の模型を見て、デジュに本当の事を話そうと決心します。もう多分一生人の顔が判別できない事を。同じ夜、母の幻影が現れてくれない、と泣いて自分を責めるガルヒ。翌朝、喜劇のチケットとカードを携えたベロニカが現れ、「高いもの食べて、コメディー観なさい!」更には、ミンイクに会い、なりすましを続けるよう依頼したのは自分だと告げるのでした。

ギプスを外した後、ガルヒは、ベロニカの言葉を実行。劇場に行くと、なんとアメリカに居るはずのナムヒが出演しているではありませんか!…自分の間違いから逃げちゃ駄目… 妹に説教するうちに、ガルヒは、今の自分にそっくり当てはまると気が付きます。(取締役会は明日。ト取締役を助けなくては…!)初め、彼女を拒否するミンイク。単独で、何とか取締役会を乗り切ろうと準備します。しかし、深夜、足りない書類を取りに会社へ行き、ガルヒが本当の事を言おうと用意したメモを見て、また、ベロニカやデジュの言葉を思い出し、結局1日だけガルヒに秘書業務を頼むことに。

その頃、シム・ヘヨンも社長再選に向けて動いていました。シネパークの契約書を探そうと入ったミンイクの部屋で、例のグループの経理資料を見つけるヘヨン。他方、グループの活動を社長に知られたイ・ユルワンは、社長にミンイクの病気をバラして、部下が解雇されないよう、取り引きしようとします。病気の事を知ったシム・ヘヨンは…?

第13話(第25回・第26回)感想

デジュの前に出ると子供っぽくなるミンイクが、可愛い半面ちょっと幼稚にも感じられ、どこかしっくり来ないのですが、幼馴染という事で容認することにしましょうか。

今まで、母の幻影に語り掛けるガルヒの言葉は、視聴者が彼女の本音を知るツールでもありました。無条件に彼女を愛するはずの母が現れなくなってしまった事には、大きな意味があります。ガルヒの心にある罪の意識。後悔してもしきれない思い。母にも話せない、その気持ちが現れていると思うのです。

そして、困った時持つべきは、ベロニカのような友人!元々は雇用者と使用人の関係だった2人ですが、社会的ステータスは大いに異なるとは言え、今やこの2人は友人のようなもの。あのように、自信を持って、何をしたら良いか言ってもらえたら最高ですし、ついでにキャッシュカードまで貸してくれるんですから!更には、妹に説教するうちに、言っている事が自分に当てはまると気がついて、ミンイクの元に戻るところ。そして、彼が本当に必要としている彼女の“力”を貸そうとする展開が気に入りました。何をするべきなのか、気付いたのです。

それにしても、ユルワンにはがっかりです。部下達を救う為に、あれだけ非難していた社長を再選させようとするとは!彼女は、発覚したのがミンイクのせいだと思っているようですが、あのUSBは、確か、すり替えられたのではなかったか?




第27回視聴率3.6% 第28回視聴率4.2

onwardさんより

第14話(第27回・第28回)あらすじ

一日だけの秘書

 例の“グループ”の帳簿がデジュの知るところとなる中、一日だけの秘書に返り咲くガルヒ。取締役会中に、何か緊急な事が起こったら合図を送ってください、とミンイクに請け合います。貴方が何を必要としているか、私にはわかりますから。

役員達に同じ服装をさせ、整列させるシム・セヨン。ミンイクの病気を見せしめにして、役員から引きずり下ろす策略でした。一列に並んだ役員達を前にしたミンイクは、会議の様子を覗きに来たガルヒに懸命に合図を送ります。さあ、どうすれば良い!?秘書仲間の話を思い出し、デジュに連絡するガルヒ。そのデジュは、イ・ユルワンから聞いた自分の生い立ちの話に気が沈み、ベロニカに会いに行っていましたが、ガルヒの依頼を聞いて、急いで会社へ向かいます。

顔が分らなくても、役員達の癖を記憶してきたミンイク。シム・セヨンの期待に反し、誰が何処にいるかを言い当てます。更には、自分の病気を認め、取締役会が始まる前にガルヒが言った事を思い出して、完璧な人間ではないけれど、その分努力をして会社を経営する、と役員達に語りかけます。それでも、やはりシム・セヨンの続投を希望する役員の方が多い…と、何とか時間内に現れるデジュ!1票をミンイクに投じて、2週間後再選挙をすることが決定!終了後、僕ではなく、チョン秘書に感謝しなくちゃ、とミンイクに話すデジュ。

無事会議が終わり、ガルヒはデスクを片付けて、会社を去ります。元気がない毬藻を瓶に移し、撫でてあげて、とミンイクに言い置きして。

空っぽになった秘書デスクが気になるミンイク。最低、食事でもして別れよう、とレストランを予約。そして、偶然ガルヒが演劇を見に行くと知って、劇場に出かけます。何故か赤いカーディガンを着て、兄ジュンヒと一緒にやって来るガルヒ。顔が分からないミンイクは、ガルヒが男を連れて来たと思って大嫉妬!ベロニカの思惑通り、ガルヒを取り戻そうと思いだし、彼女を強引に食事に誘います。勿論断れないガルヒは、急いでミンイクの元へ!そして…?

第14話(第27回・第28回)感想

上司の事を100%理解しているガルヒが、最後に本当の支えになれて良かった。ガルヒの母が幼いジュンヒに言った言葉を、障害を持つミンイクに伝えるガルヒ。その考え方を取締役会で披露するミンイク。完璧な人はいないのだから、お互いに受け入れ合おう、というシンプルなメッセージですが、27話のハイライトだったと思います。“克服する”とか、“急に治ってしまう”話はよくありますが、これは、“受け入れ、共に生きる”。ただ、折角シリアスで凛々しいミンイクを見せた後で、劇場に来たジュンヒとガルヒの後を追いかけ、嫉妬心丸出しのミンイクを演出するのは、少々コミカル過ぎ!?

さて、いつも適切な場面で適切な意見を言い、上手く人を仕向けるベロニカ。初めは、あまりにも突拍子がないキャラクターだと思いましたが、なかなか真面な考えの持ち主で、とても魅力的です。ナムヒの演技力を見出してガルヒを説得するあたり、持つべきは、こういう上司!放送残り2回のなかで、デジュとの交際に大反対の母親と、如何に決着をつけるのか。また、シム・セヨンが再選されなかったと知ったユルワンは、次にどう出るか。ミンイクとガルヒの先はもう見えているので、あとはいかに‟ありきたり”でなく纏められるかが、作家の腕の見せ所です。よくある、「最後にウェディング・ドレス」ではない展開に期待します。

初対面だけど愛してます 15話・16話(最終回) あらすじと感想

初対面だけど愛してます 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図



【PR】

年末・年始は韓流三昧。U-NEXTがおすすめ、名作!新作!⾒放題多数!


U-NEXT【韓流】ページ



NEW! 2021年版 投票開始!


韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


韓国 人気イケメン俳優ランキング(現代) 2021


韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


韓国ドラマ時代劇ランキング 2021(姉妹サイト・外部リンク)


韓国ドラマ 人気ランキング (現代) 2021



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版






コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



サイト内検索

カテゴリー