冬のソナタ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図 | 韓ドラの鬼

冬のソナタ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

「広告」


放送予定

【日本放送】

●チバテレ(2021/12/24から)連続放送12/24は9:30から1話 字幕

●LaLa TV(2021/6/24から)月~金曜日朝6:45から 字幕

●LaLa TV(2021/2/14から)日曜日12時から2話連続放送 字幕

原題:冬の恋歌

邦題:冬のソナタ

【韓国放送期間】2002年1月14日 – 3月19日

冬のソナタ 겨울연가 全20話
2002年放送 KBS

視聴率

平均視聴率 23.1% 시청률 最低視聴率第1回16.3% 最高視聴率第14回28.8%

冬のソナタ 韓国KBSノーカット完全版 ソフトBOX VOL.1 [DVD]
KBS 겨울연가 冬のソナタ

あらすじ

 高校生のユジンはバス通学の時に居眠りをして乗り過ごしてしてしまう、その時に見知らぬ高校生に出会う。それは同じ高校に転校してきたチュンサンだった。チュンサンは誰にも心を開かなかったのだが、ユジンの天真爛漫な人柄に次第に心を開いていく。
その出会いから2人の長い恋は始まるのであった。

10年後、幼なじみのサンヒョクと婚約しているユジンの前に、女友達のボーイフレンドとして現れたミニョンは、チュンサンとうりふたつだった。多くの人を傷つけると知りつつも、抗しがたい力で惹かれあうユジンとミニョンだったが、衝撃の事実が次々と明らかになっていく…。

出典:DVDより

 相関図

bsフジ 冬のソナタ 相関図

TVO テレビ大阪 冬のソナタ 相関図



ShowTime 冬のソナタ キャスト&人物相関図

キャスト

ペ・ヨンジュン (カン・ジュンサン、サンヒョクの母違いの兄。)(イ・ミニョン、 開発会社「マルシアン」理事)1人2役
チェ・ジウ チョン・ユジン 設計事務所「ポラリス」勤務、ジュンサンの初恋の相手。優しく純粋な性格。

パク・ヨンハ キム・サンヒョク ユジンの婚約者、幼なじみ、ラジオ局勤務 サンヒョクの母違いの兄。
パク・ソルミ オ・チェリン ユジンの同級生、ブティック経営 勝気な性格。

イ・ヘウン コン・チンスク ユジンらの高校の同級生。チェリンのブティック店員
リュ・スンス クォン・ヨングク ユジンらの高校の同級生。、チンスクの恋人、獣医
クォン・ヘヒョ キム・ヒョクス キム次長、ミニョンの部下
ソン・オクスク カン・ミヒ ミニョンの母、ピアニスト
キム・ヘスク イ・ギョンヒ ユジンの母
アン・ソジン チョン・ヒジン ユジンの妹
チョン・ドンファン キム・ジヌ サンヒョクの父、大学教授
イ・ヒョチュン パク・チヨン サンヒョクの母
パク・ヒョンスク イ・ジョンア ユジンの同僚、「ポラリス」社員
ソン・ジョンボム スンリョン ユジンの同僚、「ポラリス」社員
チョン・ウォンジュン ソン・チョンモ ユジンらの高校の担任教師、ゴリラ先生
ソ・ミエ   ユジンらの高校の音楽教師

スタッフ /[脚本]キム・ウニ、ユン・ウンギョン、オ・スヨン[演出]ユン・ソクホ、イ・ヒョンミン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

感想

s.k3mtさんの感想より

韓国ドラマが流行った原点 冬のソナタ!!

今ではあまり出演されない方々が出ていますよね。チェジウさんは冬のソナタの中でかなり優しい役を演じずっとチュンサンをひたむきに追いかける姿が可愛いですし、素敵です。今の日本の女性にも韓国の女性にもいない感じですよね。そしてほかのドラマでは結構気の強い役が多かったので、余計に今考えると不思議な感じです。

ペヨンジュンさんはわたし自身がまだ幼かったためにペヨンジュンさんの学生の時に無理が結構あって逆に変な感じでした。ですがシリアスな感じは本当に似合いますし、かっこよかったですし、結局ユジンさんのことをチュンサンも好きだったからなんだかんだお似合いな二人です。

ただ、韓国は本当に親の事情や家柄の差により好きな人とつきあえないことが本当に多いですね。本当にそうだったら相当切ないなと思います。まあドラマの設定ですしハッピーエンドで結構終わることも多いのでいいかなとは思います。

冬のソナタは韓国ドラマの初心を取り戻すために見たくなるドラマ」だとおっしゃるかたがいらっしゃりますけど本当にそうだと思います。

今も現役で活躍されているのはチェジウさんくらいではないでしょうか?このドラマは私が韓国ドラマにはまりだしたきっかけでもありますし、中学生の時の私に比べたら異母違いとかは難しい内容でしたけどそれでも楽しかったですよね。今若い子たちで韓国ドラマにはまってる方も必ず見てほしいです。

tokayさん

ユン・ソクホ脚本作品の四季シリーズのうち、最も日本で影響力があったとも言える作品です。ヨン様ことペ・ヨンジュンと涙の女王チェ・ジウによる共演が話題を呼びました。一度は生き別れてしまった両思いだった二人が、奇しくも幼馴染と婚約が決まったタイミングで再会するのです。最初はそっくりな別人であると思っていたものの、記憶をなくしていただけだったということがのちに発覚しました。どうして高校時代に事故にあったかという事実を思い出したとき、二人の関係が崩れてしまいそうになります。取り越し苦労であるということは最後まで二人の運命を翻弄し、涙なくしては見ることのできない怒涛の最終回、不可能の家のシーンにつながるのでした。

teikoku_sugiさん

日本に韓流ブームを巻き起こしたきっかけと言える作品です。正統派なイケメンでどこか懐かしさも感じられるペ・ヨンジュンさんは、“ヨン様スマイル”のワードが生み出されたほど笑顔がステキ。「四季シリーズ」のユン・ソクホ監督作品ならではで、美しい映像と音楽がドラマ随所に見られ、それが切ないストーリーと重なり合ってとても見応えがあります。

ぺ・ヨンジュンの魅力

anbonさん.

日本でも韓流の大ブームを引き起こした大功労者であることからも、今日彼を知らない人はまず居ないと思いますが、常識的な範囲で書かせていただきます。

彼の最大の魅力は、メガネと笑顔だと思います。このドラマでは髪の毛を染めていますが、嫌味にならないのは良く似合っているからでしょう。世の中の女子に現在までも伝わる「メガネ男子」を定着させたのはぺ・ヨンジュン氏であることは否定出来ませんよね。カン・ジュンサンがベタベタ優し過ぎる、ということがないのも好印象です。

名場面の一つである、雪の中でコートのフードを被ってサングラスを載せている姿がとても印象的でした。久しく忘れていた「純愛」という言葉を思い出させてくれました。ドラマを観る喜びを再び教えてくれた名優に感謝!、です。

tomo_chi0112さん.

雰囲気のやわらかさが好きです。頭の良さそうなところも、若い頃の写真を見る限りほとんど整形をしていなさそうなところも、顔の割に意外と身体はムキムキなところも好きですね。初めて見た韓国ドラマが冬ソナだったので。やっぱりぺ・ヨンジュンは自分の中では別格です。

yamaboushimiwaさん.

韓国人俳優といえばやっぱりヨン様が一番好きです。月並みですが好きになったのは「冬のソナタ」を観たからです。優しい中にも女性を守る強さを感じさせる演技は、とても素敵でした。ファンへの対応の丁寧さ、礼儀正しさも魅力的です。

チェ・ジウの魅力

ojin119さん

韓国ドラマを日本に定着させた「冬のソナタ」のヒロインです。容姿端麗ですべてが素敵です。加えて、所作にはタンチョウ鶴のような崇高な美しさがあり、見つめるときの眼差しには何とも言えない愁いがあります。字幕なしの彼女のドラマを見ても、十分にその場面の心情が伝わってきます。

masayukiさん

美人で上品な感じでスタイルが良く、知性を感じる所。年齢を感じさせない若々しさと色気を併せ持った感じも好感が持てる。

さやたいさん

めちゃくちゃ美人で知性があるなあと思った。ドラマで泣くシーンが多かったけど、泣くシーンは特に上手で私はそのシーンでだいぶ泣かされました。チャーミングなところも大好きです。


「広告」


【放送情報】


【WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実】

●BS-TBS 全20話(2022/1/28から)月~金曜日7時から 字幕

WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実 韓国ドラマ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ショッピング王ルイ】

●テレビ大阪 全22話(2022/2/1から)朝9時半から

ショッピング王ルイ 全話感想と視聴率 相関図・あらすじ・キャスト


【カイロス~運命を変える1分~】

●BSフジ 全22話(2022/2/1から)月~金曜日10時から 字幕

カイロス~運命を変える1分~ (韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【恋するパッケージツアー】

● BSフジ 全15話(2022/2/3-23)月~金曜日8時から 字幕

恋するパッケージツアー 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【純情に惚れる】

●BS朝日(2022/2/2から)月~金曜日8:30から 字幕

純情に惚れる 視聴率 あらすじ キャスト 感想


【逆賊-民の英雄 ホン・ギルドン】

●テレビ大阪(2022/2/2から)月~金曜日11:59から

逆賊-民の英雄 ホン・ギルドン- あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (時代劇サイト・外部リンク)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー