優雅な一族 (優雅な家) 9話・10話 あらすじと感想




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

優雅な一族 (優雅な家) 우아한 가 全16話
【韓国放送期間】2019年 8月21日から 10月17日毎週水、木 の23時

第9話視聴率5.205%

daisySSさん

第9話あらすじ

20代の頃、スターを目指していた女優のチェ・ナリ(オ・スンウン)はMCグループオーナー家の長男モ・ワンス(イ・ギュハン)と付き合っていた仲。しかし、グループを継ぐのが長男ではなく次男だと知ると、父モ・チョルヒ会長を誘惑。。。毎朝出勤するモ・チョルヒ会長に自分をアピールするチェ・ナリの姿を目撃したワンスは、失望感と劣等感を味わう。

後継問題を解決に向かわせる兆しが見せたことを祝う特別な朝食の席、モ・ソクヒ(イム・スヒャン)はチェ・ナリと手を組み彼女を邸宅に住まわせる計画。チェ・ナリの登場に驚きを隠せないモ・チョルヒ会長は、TOPに秘密を明かされ、イメージダウンによる賠償金を支払いなど、女優としてすべてを失ったことを訴え、涙を見せます。

チェ・ナリの秘密を明かしたのはすべてソクヒの計画。素早く動いたソクヒに感心するハン・ジェグク(ペ・ジョンオク)は、状況からチェ・ナリの同居に同意するしかなく、、、屋敷で同居することになったチェ・ナリ。

しかし、愛人のチェ・ナリが同居することを知ると、妻のハ・ヨンソ(ムン・ヒギョン)は怒りを隠せず、、、爆発。ソクヒはハ・ヨンソの日ごろのスケージュールの詳細をチェ・ナリに渡します。翌日から、モ・チョルヒ会長に猛アピールするチェ・ナリの姿に、ハ・ヨンソは「これ以上調子に乗らないで。あなたの命を奪うことなんて、簡単だわ」と脅すような発言をする姿に、ソクヒは過去母を殺害したと疑うハ・ヨンソへの憎しみが増していきます。必ず、真実を明かすと強い決意を見せます。

政略結婚した次男モ・ワンジュン(キム・ジヌ)と妻のペク・スジン(コン・ヒョンジュ)の仲は、ますます悪化。スジンは夫の浮気を疑い、離婚を巡ってそれぞれ異なる見解を見せる二人。些細なことでもヒステリックになりやすいワンジュンは、大切にしていたスカーフを長男が勝手に持ち出し失くしたと知ると、兄への不満をぶつけます。一方、長男のモ・ワンスは次男の態度に刺激を受け、ワンジュンが会社を後継する計画を邪魔するつもり。。。

ハン・ジェグクはモ・ワンスに約束した会社の持ち株を渡すことを渋ると、弁護士ホ・ユンド(イ・チャンウ)にワンスとチェ・ナリの過去を探らせます。二人が恋人通しだったことをしったホ・ユンドは、ハン・ジェグクのやり方に納得がいかず、二人が恋人関係だったことを秘密にします。

しかし、ハン・ジェグクは、TOPのクォン・ジュンヒョク(クォン・ヒョクヒョン)にチェ・ナリとワンスの関係を調べさせ。。。二人が過去恋人だったことを証明する証拠を発見し、ワンスをあきらめさせ、チェ・ナリは海外に行かせる。

モ・ワンジュンへの後継を邪魔する予定だったソクヒの計画は失敗に終わり、ホ・ユンドがワンスとチェ・ナリの関係を知りながらも情報を共有しなかったことに声を上げる。理由を説明しようとするユンドの言葉を全く効かないソクヒの態度に、ユンドもソクヒへの避難を始める。

第9話感想

経験値という言葉がありますが、色々と経験を積んできたハン・ジェグクの徹底ぶりに、現時点ではソクヒは対立するには、若干力不足な気がします。失敗しても再び計画を立て続ける力を持ったソクヒですが、ホ・ユンドを完璧には信頼していなかったことから、協力していた二人の関係に異変が起きるのでしょうか。

母の無罪を晴らすためTOPで働くホ・ユンドは、TOPのやり方に反対的な意見を持ち、チェ・ナリとワンスの関係を秘密にしたのも、良心が働いたからでした。チェ・ナリはこれでアウト?ワンスの立場も微妙になってきましたね。

MCグループの後継問題を完璧に解決するため、TOPが次に狙うターゲットは、次男の妻ペク・スジン。TOPの計画で、イケメン料理研究家のクッキングレッスンを受けていたスジンを誘惑させ浮気の証拠をつかむこと。ワンジュンとスジンを結婚させたのもTOPだったのに、離婚まで手掛ける徹底ぶりに、驚きます!

このドラマを観ていると、優秀なブレインを持つチームTOPにより、会社の経営からオーナー家のリスク管理まで、すべてが行われるようで、実質上、後継者となる代表取締役って、操り人形にしか過ぎない気がします。

一方、15年前の事件を調べるユンドとソクヒは、事件の再調査を依頼する証拠が全くなく、緻密で問題が起きた時を予想して事件に関する大切な資料を、必ずハン・ジェグクが保管していると予想し、彼女が資料を特別に管理する場所があると、特定するために動き出します。しかし、二人の関係に亀裂が起きるとなると、15年前の事件を果たして解決することができるのかの疑問があります。

特に注目を集めたのは、次男のワンジュンでした。愛人と疑われる女性はもしかすると、愛人ではないかも。。。小さなことにヒステリックになるワンジュンの態度を指摘する妻の言葉から、何か大きな秘密を抱えているように見えました。

TOPはワンジュンとスジンの離婚を成立させることができるのか??財閥のストーリーですが、TOPの活躍に重点を置いてところが、これまで放送されたドロドロしたメロドラマとはどこか違い、明るいメロドラマ。面白さが増します。



第10話視聴率5.284%

daisySSさん

第10話あらすじ

長男モ・ワンス(イ・ギュハン)とチェ・ナリの過去の関係を、ハン・ジェグク(ペ・ジョンオク)に報告したのが、ホ・ユンド(イ・チャンウ)だと誤解したモ・ソクヒ(イム・スヒャン)。

チェ・ナリが邸宅から出るとの報告をモ・チョルヒ(チョン・ウォンジュン)会長にするハン・ジェグクは、ワンスとの関係を報告することなく、ハン・ジェグクの言葉にソクヒはホ・ユンドを誤解していたことを知ります。チームTOPではチェ・ナリとモ・ソジン親子をアメリカンに移住させる計画を準備します。

ユンドを誤解していたソクヒは謝罪の意味を込めたプレゼントを贈り、ソクヒの謝罪の言葉を受け入れたユンド。二人の信頼関係はさらに深まる。チェ・ナリとモ・ソジン親子をアメリカに移住させる計画を知った会長夫人のハ・ヨンソ(ムン・ヒギョン)は、アメリカではなくラオスに二人を送るよう、ハン・ジェグクに圧力をかけます。ラオスで生活することが決まったチェ・ナリは、必ず戻り復讐することを誓い、息子モ・ソジンは母と一緒に生活できることに喜ぶ。

モ・チョルヒ会長の計画通り、次男のモ・ワンジュン(キム・ジヌ)が副会長に就任。就任後、ハン・ジェグクを警戒し始めます。ワンジュンの妻ペク・スジン(コン・ヒョンジュ)は不幸な結婚生活が続き。。。ペク・スジンをターゲットに動いていたTOPは、彼女が浮気している証拠をMCグループオーナー家族の前で明かします。避難の言葉を浴びることになるスジンは、離婚の際はワンジュンの財産の半分を要求すると強気になります。

離婚の原因はスジンの浮気にあることから、慰謝料や財産分与はないことを伝えるハン・ジェグク。不幸な結婚生活を終わらせる決心をしたペク・スジンの味方についたソクヒは、結婚した6年間全く夫婦関係がなかったことを知ると、スジンに産婦人科の検診を受けさせます。

MCグループオーナー家の邸宅を出るスジン。。。

ソクヒのアドバイス通り、男性との関係が全くない処女であることを証明する診断書と、夫婦関係を改善するためのカウンセリングを受けていた証明書を持って彼女が向かったのは、チームTOP。料理研究家との間には肉体的な関係がなかったことを伝えると、6年間の結婚生活の慰謝料を要求します。

一方、スジンからワンジュンの隠れマンションに出入りする女性の写真を渡されてソクヒは、ホ・ユンドに写真を渡し調べた結果を伝えます。女性は1週間のうちに1、2度の買い物を楽しみ、その後必ず隠れマンションを訪れる。浮気以上の何かがあることに気づき。

ハン・ジェグクは、ワンジュンとペク・スジンが結婚していた6年間、セックスレスだったことをワンジュンに確認します。これまでワンジュンは、初めの1年間はスジンと夫婦関係を維持したと語り、ハン・ジェグクはTOPがワンジュンをサポートするためには、真実を知ることがあると伝え。。。

ワンジュンが同性愛者なのかをストレートに質問すると、「僕に女がいるのは知っているでしょう。」と余裕そうに語るワンジュン。「トランスジェンダーですよね?」と撮影した写真を突き出すハン・ジュグクに、驚くワンジュン。

第10話感想

グループの継承問題は解決に進み、副社長に就任した次男のワンジュン。しかし、驚きの逆転が待っていました!

ワンジュンの浮気相手だと思われていた女性の顔がクローズアップされた写真は、女装したワンジュンのように見えました。ワンジュンは女装を楽しむ男性?それともトランスジェンダーなのでしょうか???お金目当てで政略結婚を受け入れたスジンを軽蔑し、結婚生活を維持することができなかったと語るワンジュンには、結婚生活を維持することができない別の理由があったということでしょうね。

ワンジュンが性同一性障害を持っているとすれば、ソクヒはワンジュンの秘密を使って継母のハ・ヨンソへの圧力をかけ、15年前の事件の真相を明かそうとするのか、ジェンダー関連は多少敏感な部分で、最近、ジェンダー問題に関しては多く議論されている韓国なので、どのように描かれることになるのかは興味深いです。

ホ・ユンドへの誤解が解けたソクヒは、ユンドを徹底的に信頼するようになりました。TOPの計略で追いつめられたスジンにソクヒが手を差し伸べましたが、その際、USBが付いたネックレスをスジンに渡しますが、ユンドとソクヒの目的は15年前の真相を明かすことなので、スジンが再び登場し事件を明かすために協力することになりそう。チェ・ナリとモ・ソジン親子も再び戻ってくることになるのでしょうか。

Newspatchの記者オ・グァンミ(キム・ユンソ)は、ホ・ユンドが中学の同級生パク・テホだと気づき、母イム・スンが殺人事件の犯人にされ刑務所にいることを正直に認め、無罪を晴らそうとしていることを伝え、キム・ブキはユンドに協力することになりました。これでハン・ジェグクが率いるTOP対ソクヒとユンドの本格的な闘いが始まる準備が整った。

ワクワク、面白い!

優雅な一族 (優雅な家) 11話・12話 あらすじと感想

優雅な一族 (優雅な家) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率





10月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版






コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー