優雅な一族 (優雅な家) 7話・8話 あらすじと感想




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

優雅な一族 (優雅な家) 우아한 가 全16話
【韓国放送期間】2019年 8月21日から 10月17日毎週水、木 の23時

第7話視聴率4.322%

daisySSさん

第7話あらすじ

モ・ソクヒ(イム・スヒャン)との会話を録音したチームTOPのリーダーハン・ジェグク(ペ・ジョンオク)を聞かされたことが、原因で祖父モ・ワンピョ(チョン・グクファン)が亡くなったことを伝えられると、ソクヒはショックを受け、相続を放棄するよう求めるハン・ジェグクと父モ・チョルヒの要求をのみ、書類にサインします。

書類にサインすると涙を見せたソクヒは、このまま引き下がるつもりはなく。会話をすべて録音していたソクヒ。。。その内容を弁護士のホ・ユンド(イ・チャン)と共有。

計画通り、ソクヒの相続を放棄させたモ・チョルヒ会長は、次男モ・ワンジュン(キム・ジヌ)にグループを継承させるための準備を急ぎます。一方、ハン・ジェグクはモ・ワンジュンと妻ペク・スジン(コン・ヒョンジュ)がショーウィンドウ夫婦であることを確かめると、ワンジュンに愛人がいることに気づきます。

母の無実を晴らすためTOPのメンバーとなったホ・ユンドと、殺害された母の死の真相を明かそうとするソクヒは、MCグループの株を巡って家族の間で争いを起こさせる計画。父モ・チョルヒ会長の計画を邪魔するため直接動き出したソクヒは、末っ子モ・ソジンの産みの母で女優のチェ・ナリの秘密を手に入れると、財産の放棄を求める書類にサインをしないよう求めます。

政略結婚の後、離婚を常に求めていた次男モ・ワンジュンの妻ペク・スジン(コン・ヒョンジュ)に離婚を提案するTOP。離婚を望んでいたはずのスジンは、離婚を断り。。。

息子をMCグループの後継者にすることを望んでいたモ・チョルヒ会長の妻ハ・ヨンソも、書類にサインすることを断ります。独身で子供もいない長男のモ・ワンス(イ・ギュハン)まで、弁護士を雇って将来生まれてくる子供の分まで相続権利を主張し、後継者問題を解決しようとしていたTOPは予想外の結果に頭を抱えます。

TOP内の情報が流出されている可能性に気づくハン・ジェグク。オーナー家族の間に起きた争いを裏で操作しているのが、モ・ソクヒだと疑い。。。ソクヒとの接点があるホ・ユンドを疑い始めますが、ホ・ユンドはソクヒに情報を流したことを否定します。

しかし、ホ・ユンドを疑うハン・ジェグクは、ホ・ユンドを調べさせます。ホ・ユンドが交通事故で既に死亡したとの報告を受けると、ホ・ユンドが誰なのかを確かめようとします。「あなたは誰?本物のホ・ユンドなの?」と尋ね。ハン・ジェグクの質問に慌てる様子のホ・ユンド。。。

第7話感想

ホ・ユンドが15年前の事件で服役中のイム・スンの息子だとバレてしまうのでしょうか!

ハン・ジェグクとモ・ソクヒの対立では、ソクヒが常に防御するような展開が続きましたが、今話からはソクヒの反撃が始まりました。次男を後継者にするため準備を急ぐモ・ソクヒ会長の姿が登場しますが、ソクヒを恐れているというよりは、TOPのリーダーハン・ジェグクを警戒しているように見えました。会社の経営権には興味がないように見えたハン・ジェグクですが、彼女が狙っているのはMCグループなのでしょうか。それともかげの権力者?

結局、ソクヒの計画通り、分裂し対立するようになっていくオーナー家の人々。それぞれの欲望を満たすため動き出したオーナー家の人々と彼らをコントールしようとするTOPとの力比べが始まることになるのか、多くの秘密を握るハン・ジェグクがどのような攻撃を始めるのか、本格的なハラハラな展開はこれから始まるようです。

モ・ソクヒがどこまでハン・ジェグクの動きを予想し、家族を更なる分裂に導くのかへの期待も、ますます高くなります。モ・ソクヒを演じるイム・スヒョンのファンションも注目を浴びているようなので、ファッション面でも注目したいところです。

服役中のイム・スンから15年前の事件の手がかりを探し始めるユンドとソクヒは、亡くなったソクヒの母が薬を服用していたことを知り、その薬を処方していたのがハ・ヨンソだったことを知ります。ソクヒは父の後妻ハ・ヨンソが、15年前の殺人事件の真犯人であると疑い始め、今後は、ハ・ヨンソをターゲットにし、調べを進めるようです。

末っ子のモ・ソジンに関しては出生の秘密があるような流れ。。。女優のチェ・ナリは長男のモ・ワンスと誘惑しMCグループの一員になる予定でしたが、グループ内で全く力を持たないことを知ると付き合っていたモ・ワンスとは別れ。彼の父だったモ・チョルヒ会長を誘惑しモ・ソジンを出産していますが、何か秘密があるのでしょうか。

TOPが握る家族の秘密が順次に明かされることになるようですが、一番初めのターゲットは誰??



第8話視聴率3.653%

daisySSさん

第8話あらすじ

ホ・ユンド(イ・チャンウ)の家族関係を調べたチームトップリーダーのハン・ジェグク(ペ・ジョンオク)は、本物のホ・ユンドが交通事故で既に死亡していることを知ると、正体を明かすよう求めます。ホ家の養子なったことを伝えると、幼い頃の記憶がないとハン・ジェグクに伝えます。ホ・ユンド弁護士の言葉を信じるように見え。。。

グループの後継者問題を解決できなりTOPは、それぞれへの対応方法を打ち出します。ホ・ユンドに任された仕事は、国会であげられている相続法の改正を阻止すること。ハン・ジェグクの信頼を得たホ・ユンドはついにTOPのメインコンピューターへのアクセスが許されます。15年前の母の事件の手がかりとなる情報を検索しますが、全くヒットする情報はなく、悩み始めます。

母の無実を明かそうとするホ・ユンドに協力するオ刑事は、ハン・ジェグクが関連資料をデータ化することなく、書類で保管している可能性があることを示唆する一方、モ・ソクヒ(イム・スヒャン)の母が亡くなる前、飲まされていた白い薬の正体を知る医師を捜し始めます。

財産相続権を放棄させるため、ハン・ジェグクはホ・ユンドから教えられた女優のチェ・ナリの秘密を理由に、チェ・ナリに圧力を加えます。TOPのイ・ギョンア(チョン・ヘイン)は、Newspatchのデスクキム・ブギに、チェ・ナリがこれまで愛人として生きたこと、出産したことなどの情報を流し。。。モ・ソジンは、母チェ・ナリがマスコミから非難を浴び、苦しむ姿を見たソクヒはニュースのインタビューに応じ、チェ・ナリの息子がMCグループモ・チョルヒ会長の婚外子だと明かし、、、チェ・ナリに有利は発言をします。

TOPではモ・ソクヒの勝手なインタビューにお手上げのように見えますが、ハン・ジェグクが記者会見を開き、対抗。記者会見に姿を現したのは、長男のモ・ワンス(イ・ギュハン)。チェ・ナリの息子の父は自分であると証言し、チェ・ナリとのロマンスを語る。財産を手に入れるため、ハン・ジェグクと取り引きしたワンスの記者会見で、父モ・チョルヒ会長への避難の声は消える。

離婚を拒否した次男の妻ペク・スジン(コン・ヒョンジュ)への圧力をかけるため、TOPはイケメン料理研究家のプライベートクッキングレッスンを準備します。一方、サインを拒否していたハ・ヨンソ(ムン・ヒギョン)には、息子モ・ワンジュン(キム・ジヌ)にMCグループの継がせるためには、必要なことと説得し。ハ・ヨンソは条件としてギャラリーの所有権を要求します。

相続税をできるだけ抑え、モ・ワンジュン(キム・ジヌ)がMCグループの後継者にするためのTOPの計画は順調に進み、論議中だった相続税の改正を中止させることに成功したホ・ユンド。モ・チョルヒ会長は成功的にグループの後継問題を解決したTOPのメンバーを集めて、朝食中。。。喜びの言葉を述べようとする時、チェ・ナリを朝食の場に連れて現れたソクヒ。

第8話感想

ハラハラするエンディング!!

それぞれの問題を解決するため動き出したTOPの姿が描かれました。騙し、、、騙される、、、予想できないソクヒの行動に戸惑いながらもTOPは、確実に問題を解決していきます。

エンディングシーンは、「今日からこの人が3番目の母・・・」と邸宅への出入りを禁止されていたチェ・ナリを連れて堂々と現れたモ・ソクヒ。何を計画しているのでしょうか。

15年前、ソクヒの母が白い錠剤を継続的に飲まされていたことを知ったソクヒとホ・ユンドは、薬を処方していた医師を見つけ出します。モ・チョルヒ会長の後妻であるハ・ヨンソが犯人の可能性があると、疑っていたソクヒは、ハ・ヨンソが母を殺した犯人と確信。継続的に服用を強いられていた謎の錠剤は、睡眠導入剤のゾルピデムであったことが明かされました。

当時のことを知るソル・ヒギョン医師の行方が分からなかったのは、ハ・ヨンソの圧力に耐えきれず、医師では韓方医として働いていたから。日本との違い韓国では西洋医学を学び医師免許を取得する医師と、韓方医学を学び韓方医師免許を取得する漢方医がいます。どちらも国家試験をパスしないといけないため、どちらも医師。実在する病院船(離島の住民を対象に診療する病院)」を題材にドラマ化された「病院船~ずっと君のそばに~」でも、漢方医が乗船する医師として登場しています。

看護師だったハ・ヨンソが、ソクヒの母に大量のゾルピデムの使用を命令していたことから、母を殺害した犯人だと断定し、ソクヒのハ・ヨンソへの復讐が始まるのでしょうか。

TOPはソクヒの行動を監視するため、ホ・ユンドに24時間ソクヒを監視するよう命じ、一緒に過ごす時間が長くなった二人。途中、チェ・ナリを助けるような発言をインタビューでしたソクヒを非難するホ・ユンドとの葛藤もありましたが、ソクヒがインタビューに応じたのは、末っ子モ・ソジンが傷ついた姿に、自分の過去を重ねてしまったから。

チェ・ナリが邸宅で一緒に住むことになると、ハ・ヨンソが感じる心的負担は大きくなる!やはりソクヒの狙いは、ハ・ヨンスにプレッシャー与えるためでしょうか。

優雅な一族 (優雅な家) 9話・10話 あらすじと感想

優雅な一族 (優雅な家) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率





9月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】
★dTVなら月額500円(税抜)で大人気韓流・華流作品が見放題★
「ドラマステージ<tvN>」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
公募で選ばれた脚本を実力派監督×人気俳優がドラマ化!10編のオムニバスシリーズ
「ドラマスペシャル<KBS>」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「雲が描いた月明り」のジニョン出演「僕らが季節なら」他、8作品をオムニバスでお届け
★韓国ドラマ


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー