Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

優雅な家 3話・4話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

優雅な家 우아한 가 全16話
【韓国放送期間】2019年 8月21日から 10月17日毎週水、木 の23時

第3話視聴率2.720%

quetalsurinoさん

第3話あらすじ

違法薬物所持のため緊急逮捕されたモ・ソクヒ(イム・スヒャン)。彼女のバックの中から、違法薬物が発見されると、ソクヒは無実を訴えます。目の前でソクヒが逮捕されたホ・ユンド(イ・チャンウ)弁護士は、黙秘権を使うようアドバイス。

NewsPatchの記者オ・グァンミ(キム・ユンソ)は、一度もマスコミに姿を現したことのないMCグループの長女ソクヒの写真を撮影するため、ソクヒとユンドを尾行し逮捕される瞬間を撮影することに成功します。

ソクヒが逮捕されたことを急いでTOPの知らせたホ・ユンド。しかし、チームTOPのリーダーのハン・ジェグク(ペ・ジョンオク)は、会社の経営権をソクヒから奪うチャンスに利用する計画。逮捕されたソクヒの事件を担当したのは、お見合い相手だったチュ・テヒョン(ヒョン・ウソン)検事でした。

お見合いの件でソクヒに謝罪を求めるチュ・テヒョン検事・・・、検察は起訴する完璧な証拠があることを強調し、すぐに状況が把握できたソクヒは、無実を訴え釈放を求めます。「悔しいなら無罪を証明してください」と語るチュ・テヒョンに、ソクヒは謝罪も違法薬物を使用したこと、すべてを否定。

弁護人として検察を訪れたホ・ユンドは、罪を認めたのかをソクヒに確かめます。ソクヒは自分を疑うホ・ユンドに、麻薬は使用したことがないことを伝えると、必ず無罪を晴らすよう求めます。一方、TOPはチュ・テヒョン検事がMCグループの資金の流れを調査していることに気づくと、ソクヒの薬物使用を勝手に認め、、、TOPはソクヒの弁護を担当しないことをホ・ユンドに伝えます。

すべての罪を否定するソクヒは、「私はあなたの依頼人。無罪を証明する証拠を探してきて」と強い意思を表示すると、TOPに所属しながら命令に背けず悩んでいたホ・ユンドは、モ・ソクヒの無罪を晴らすため、動き始めます。

ソクヒに不利な証拠まで操作した検事。しかし、ソクヒは罪を認めることなく、、、拘置所に送られることになります。チュ・テヒョン検事はMCグループへの圧力をかけ、マスコミから注目を浴びることを恐れたTOPは、大きなスキャンダルとなる事件のソースを与え、MCグループへの捜査を中断させます。しかし、ソクヒは必ず起訴するつもり。。。

緊急逮捕された日のソクヒの動きを確認していたホ・ユンドは、母の納骨堂に向かう前、衣装を選ぶためショップに寄った時に、バックを一度だけ手放したことに気づきます。薬物が入れられたのは、その時だと予想したホ・ユンドは、その日二人の後を追っていたNewspatchの記者がいたことに気づきます。

記者オ・グァンミ(キム・ユンソ)が撮影したデータは圧力により既に処分されたはずが、ホ・ユンドの言葉にバックアップ用に持っていた撮影データを渡します。彼女が撮影した写真には、ソクヒのバックに薬物を忍ばせる犯人の姿が映り。違法薬物に関係して逮捕されたことのあるショップの店員が、ペク・スジン(コン・ヒョンジュ)の命令でソクヒに罪をかぶせようとしたことを確認し、証拠まで確保したホ・ユンド。

その足で、検事チュ・テヒョンに証拠を突きつけ、起訴猶予ではなく無罪でソクヒは釈放されることに。。。

第3話感想

拘置所に送られることになりながらも、無罪を訴え続けるソクヒ!

TOPの一員となったホ・ユンドは、ソクヒの無罪を晴らそうとしないハン・ジェグクの態度に、厳しい選択を迫られます。ソクヒの無罪を晴らすことはTOPの命令に背くこと。。。しかし、依頼人であるソクヒの無罪を晴らすことが、弁護士としてTOPで働く者としての取るべき行動だと決意すると、推理を働かせ事件を無事解決します。

記者オ・グァンミ(キム・ユンソ)を説得して得た写真には、ソクヒのバックに違法薬物を忍ばせる店員の姿がハッキリと写っていました。今話のエピソードを通じてわかったのは、TOPはソクヒが会社の経営権を持つことを阻止しようとすることと、MC家でソクヒが気を許せる相手は一人もいないことでした。

お見合いで断られたチュ・テヒョンがソクヒを違法薬物所持で逮捕したと思っていましたが、ソクヒに罪を着せようとしたのが次男モ・ワンジュン(キム・ジヌ)の妻ペク・スジン(コン・ヒョンジュ)だったことは、少し以外でした。これまで警戒を緩めることなかったソクヒをさらに緊張させることになりそうですね。

無罪を晴らし堂々と釈放されたモ・ソクヒに、「どこに向かう?」と聞くと、「すぐにホテルに向かって!急いで・・・」と答えるソクヒ。彼女が急いでホテルに向かった理由は?

命令に背いたことでTOPから解雇されることになるホ・ユンド弁護士は、このままTOPを辞めることになるのでしょうか。ハラハラする展開にプラス、スッキリする解決までスピード感ある展開と、主人公のキャラクターを十分把握することができる一話でした!

次の話では何が起きるのでしょう。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第4話視聴率2.899%

quetalsurinoさん

第4話あらすじ

孫娘モ・ソクヒ(イム・スヒャン)をMCグループの後継者にする意思をチームTOPのリーダーハン・ジェグク(ペ・ジョンオク)に伝えたモ・ワンピョ(チョン・グクファン)。別荘に向かう途中、事故に遭遇。。。

ハン・ジェグク(ペ・ジョンオク)は、モ・ワンピョ(チョン・グクファン)の遺言状の内容をモ・チョルヒ(チョン・ウォンジュン)会長に渡す条件で、MCグループのブレインとなるTOPのリーダーに就任することに成功します。

一方、拘置所から釈放されたモ・ソクヒは、急いでホテルに向かいます。彼女が急いでホテルに向かった理由は、拘置所でシャワーを浴びることができなかったから。TOPの命令を背きソクヒの無罪を証明し釈放させたホ・ユンド(イ・チャンウ)弁護士は、解雇されます。しかし、無罪のソクヒを刑務所に行かせるわけにはいかなかったこと、ソクヒの担当弁護士として当然の対応だったと、不当解雇と訴えます。

TOPはTOPの方法で問題を解決していくべきだと語るハン・ジェグク(ペ・ジョンオク)は、ホ・ユンドの理由を受け入れ、もう一度チャンスを与え、解雇されなかったことに安堵するホ・ユンド。

ソクヒはホテルを出ると意識のない祖父の病室を訪れます。ユン弁護士はチームTOPとモ・チョルヒ(チョン・ウォンジュン)会長が、今後もソクヒがグループの後継者になることを阻止すると、心配し。その頃、MCオーナー家では、ソクヒが釈放されたことを知るとモ・チョルヒ(チョン・ウォンジュン)と妻ハ・ヨンソ(ムン・ヒギョン)は怒りを隠せない。

ハン・ジェグクはグリーンベルト規制を受けるMCグループ所有の土地を売買できるようにするため方法を模索し、モ・チョルヒを後継者にするための対策を準備します。モ・ソクヒは、今後自分を防御するためには力を備える必要があることに気づき、まずは資金を集めるため、祖父の代から縁がある投資家を訪ねる。ソクヒの堂々とする態度に、投資を約束します。しかし、祖父モ・ワンピョが所有する株の半分の権利といつでも売却できる権利を要求されたソクヒは。。。

グリーンベルトの指定を解除するためには、国土交通部の長官の許可が必要な状況で、原則主義の長官を説得できないハン・ジェグクは、TOPのリーダーたちに長官の弱点を探すよう命じます。

しかし、公務員としてクリーンなイメージの長官から欠点を探すことができないTOPのリーダーたち。イ・ギョンア(チョン・ヘイン)が長官の妻が身に着けている衣装が高額なブランド品であることに気づきます。長官の妻が身に着けていたのは、高級ブランドのロス商品だったことが明らかになり、長官を失脚させることに成功します。

モ・チョルヒ(チョン・ウォンジュン)会長は、亡くなった母の30回忌の法事を機に、グループの後継者は自分であることを表明する計画を進めます。しかし、車椅子に乗ったモ・ワンピョが法事に現れ。。。

第4話感想

現れたソクヒの祖父モ・ワンピョの姿に、法事に参加した家族は驚きますが、更なる驚きの展開が!!MCグループの後継者として選ばれたのはソクヒでした。モ・ワンピョは保有するすべての株をソクヒに譲り、ソクヒがMCグループのオーナー家では最も多い株を所有することになるようです。

ハン・ジェグクはモ・ワンピョを裏切り、息子のモ・チョルヒと手を結んだ結果、グループ内で絶大な権力を持つようになったようです。会長に並ぶほどの権力を持つチームTOPのリーダーハン・ジェグクは何者なのでしょう。

モ・チョルヒの愛人で末っ子の産みの母で女優のチェ・ナリはMCグループの家族であることを主張し、法事に姿を現します。隠された存在として生きていくつもりはないと強い姿勢・・・、しかし、ハン・ジェグクの一撃に言葉を失うチェ・ナリ。チェ・ナリが何度も登場することから、今後、ソクヒと手を組むことになるのか、まだ始まったばかりなので、ソクヒが信頼できるのはとりあえず、弁護士のホ・ユンドだけということでしょうね。

ホ・ユンドは亡くなった母に関して多くを語ろうとしないソクヒの姿に、ソクヒの母に興味を持ち始めた様子。一方、ソクヒもホ・ユンドの母が気になる様子が描かれました。殺人事件の犯人で服役中の母のことを語ることができないホ・ユンド。しかし、ハン・ジェグクが母の事件に関わっている疑いを持ち始め、捜査を始めることになるようです。

ソクヒの祖父の意識はいつから戻っていたのかは明確になりませんでしたが、わざと意識が戻ったことを隠していたようで、ソクヒの後継者争いは今後ますます激しくなるようです。あらゆる手段と情報を操作するTOPのハン・ジェグクの攻撃を、ソクヒはどのように防御していくことになるのか、楽しみです。

ユーモラスな展開もあり、なかなか面白いストーリーです。

 

優雅な家 5話・6話 あらすじと感想

 

優雅な家 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー