優雅な家 13話・14話 あらすじと感想

【PR】
見たい韓国ドラマがなかなか放送されない! そんなときはU-NEXTの韓国ドラマ一覧を覗いてみよう!配信開始しているかも?

U-NEXT 韓流ドラマ 全作品一覧(見放題・ポイント)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

優雅な家 우아한 가 全16話
【韓国放送期間】2019年 8月21日から 10月17日毎週水、木 の23時

第13話視聴率7.316%

quetalsurinoさん

第13話あらすじ

ハン・ジェグク(ペ・ジョンオク)の指示で動いたTOPチーム。。。ホ・ユンド(イ・チャンウ)の携帯電話とパソコンをハッキングして5憶ウォンの横領の罪で逮捕され、イム・スンの再審請求を辞めると圧力をモ・ソクヒ(イム・スヒャン)にかけるハン・ジェグク。通常のハン・ジェグクのやり方では、48時間以内にホ・ユンドへの容疑を晴らす必要と認識したモ・ソクヒが動き出します。

「お嬢様の手足を切り落としたわ。TOP対にて何ができるのかしら?」聞いたモ・ソクヒ。Newspatchは集めたすべての情報を取り上げられ、オ刑事は交通なに異動させられる。ホ・ユンドの父を訪れたハン・ジェグクは、ホ・ユンドに再審請求をあきらめるよう脅迫。しかし、15年前のホ・ユンドの母の事件にハン・ジェグクがいることを疑うと、息子ホ・ユンドを説得することを拒否します。

修羅場になったNewspatchの事務所を確認し、ハン・ジェグクの圧力に涙を見せるホ・ユンドの父の姿に、必ずホ・ユンドを釈放すると決心を固める。バラバラになったNewspatch の記者たち、オ刑事を説得してホ・ユンドを助けるために本格的に動き出す。

MCグループの後継者問題に着目したモ・ソクヒは、父モ・チョルヒとハン・ジェグクの仲を裂くため、長男モ・ワンス(イ・ギュハン)を利用する計画。次男のモ・ワンジュン(キム・ジヌ)を後継者から外したモ・チョルヒは、長男モ・ワンスを後継者にする予定で、ハン・ジェグクの強い反対にぶつかります。

MCグループの後継者としてモ・ワンスを応援する意思を見せたソクヒの態度に、モ・ワンスも後継者争いに本格的に加わる決心。父の命令に反してハン・ジェグクが次男を後継者にあげるための準備をしていることを報告し、モ・ソクヒへの疑問を持ち始めるモ・チョルヒ会長。。。

逮捕されたホ・ユンドの事件を担当することになった検事は、チュ・テヒョン(ヒョン・ウソン)。

15年前、モ・ソクヒの母が殺害された事件に関する調査報告書が、検察に渡ったあとにすべて消え。監視カメラの映像も一部発見できない状況。オ刑事とキム・ブギ記者は、消えた監視カメラの映像と警察の調査報告書を見つけるため、当時事件を担当した警察を見つけ出します。15年前の事件の真相を求める声が高まっていること、検察も再調査を進めていると伝えると、15年間の事件に関する書類を二人に渡します。

手に入れた証拠を持ってモ・ソクヒが訪れたのは、中央地検長のチュ・ヒョンイル。ソクヒに見せられた証拠品を確認したチュ・ヒョンイルは、息子チュ・テヒョンにホ・ユンド弁護士を釈放するよう命じます。

第13話感想

逮捕されたホ・ユンドを釈放させることに成功したモ・ソクヒ!

エンディングはモ・ソクヒとホ・ユンドのキスで終わりました。二人の間のロマンスも進展!!

お互いへの気持ちを確かめ、15年前の真実を明かすため、ハン・ジェグクとの正面対決が始まります。真実に近づくことになったソクヒは、果たして母を殺害した犯人を見つけ出すことができるのでしょうか。モ・ソクヒが確保した監視カメラの映像には何が映っていたのでしょうか。息子チュ・テヒョンにホ・ユンドを釈放するよう説得す時のシーンで、「息子に逮捕され調査を受ける父にはなりたくない・・・」と語り、ホ・ユンドが釈放されることになります。

ナースだったハ・ヨンソが屋敷で暮らすようになるエピソードが描かれました、MCグループの一員として権利を主張するハン・ヨンソは、その後、妻だったモ・ソクヒの母の行動をすべて報告させ権力の中心に立ちます。

執事チョン・ユンジャはイム・スンの息子がホ・ユンドだと知り、事件を担当した判事が韓国に帰国しホ・ユンドとコンタクトを取り、事件に関して謝罪。ホ・ユンドの母の冤罪を明かすため、ホ・ユンド自身もTOPと対決することになりました。あらゆる手段を使うTOPのやり方に、ホ・ユンドはどのように対決することになるのか、熱くワクワクする展開が始まります。

これまでMCグループを継ぐことに興味が全くないように見えたモ・ワンスも隠していた野望をむき出し、ますます後継者問題もヒートアップすることになります。でも、彼も15年前の事件の容疑者の一人。15年前の事件の真相と共に、ソクヒの祖父の死に関してもハン・ジェグクがどのようにかかわったのか、第14話では新たな展開描かれる!

モ・チョルヒ会長と中央地検長のチュ・ヒョンイルが手を結び、ハン・ジェグクを見捨てる??逮捕されることになったハン・ジェグクの反撃が始まります。クライマックスに向けて大きく動き出し、モ・ソクヒとハン・ジェグクの正面対決の行方は?

【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第14話視聴率6.974%

quetalsurinoさん

第14話あらすじ

ホ・ユンド(イ・チャンウ)弁護士が釈放された後、逮捕されるハン・ジェグク(ペ・ジョンオク)。。。

TOPはハン・ジェグクが逮捕されると対応に追われる中、ホ・ユンドは休暇を申し込むと、母イム・スンの再審請求の準備に取り掛かります。TOPのナンバー2のユン・サンウォンはモ・チョルヒ(チョン・ウォンジュン)から新たなTOPチームを編成する案を出すよう求められると、ハン・ジェグクの逮捕の裏に中央地検長チュ・ヒョンイルとモ・チョルヒがいると予想します。しかし、ハン・ジェグクは彼女を逮捕させたのがモ・ソクヒ(イム・スヒャン)だと気づく。

イム・スンの無罪を求める再審請求を阻止するようTOPに命じ、TOPでは再審請求の阻止と共にハン・ジェグクを釈放させるための計画を準備します。TOPでは15年前の事件を担当したイ判事を見つけ出し、直ちに韓国から出すよう動き、モ・ソクヒに騙されたこと、ホ・ユンドが母の再審請求進めていることを知ったチュ・ヒョンイルは、ハン・ジェグクは釈放。。。

ハン・ジェグクが釈放されたことで予定していた計画を変更し、記者会見を開くホ・ユンド。15年前、MCグループのアン・ジェリムが殺害され、家政婦が犯人となったことを明かし。事件を担当したチュ・ヒョンイル検事とMCグループが事件をでっちあげたことを発表します。

犯人となったイム・スンが母であること、彼女の弁護士として再審を求めると明かし、ニュースを通じてホ・ユンドの記者会見をみたモ・チョルヒ会長はハン・ジェグクに問題を早く解決するよう命じます。体調が悪いのか顔色が悪く咳をする、モ・チョルヒは、ハン・ジェクグが後継者として次男のモ・ワンジュン(キム・ジヌ)以外の選択肢はないのかと尋ね。ハン・ジェククは長男モ・ワンスを後継者にはしないと意思をハッキリと表明。

モ・ソクヒは母を殺害した犯人が家族の中にいるのかをモ・チョルヒに尋ねます。否定するモ・チョルヒ。。。ホ・ユンドの記者会見後、MC家では家族の間に亀裂が入り、モ・ワンジュンは15年前、兄ワンスが友人との約束場所に向かわず、傷をつけて戻ってきたことを思い出します。

TOPが殺人事件に関与したのか否かが話題になると、人々の関心をそらすためチュ・ヒョンイルのスキャンダルを流し、15年前の殺人事件よりもチュ・ヒョンイルがワイロを受け取っていたことが話題になり、TOPの狙いは成功。ハン・ジェグクはチュ・ヒョンイルだけでなく、息子チュ・テヒョンも一緒に事件と関わったとの情報を流し、、、息子を守るため、チュ・ヒョンイルは自殺を選択します。

事件担当検事のチュ・ヒョンイルが亡くなったことで、再審請求を棄却され、ホ・ユンドとモ・ソクヒは振出しに戻ったことにガッカリ。その頃、ハン・ジェグクから報告を受けたモ・チョルヒ会長が倒れ。。。

第14話感想

衝撃のエンディング!モ・ソクヒはモ・チョルヒの娘ではなく、妹だった。。。

30年前、祖父モ・ワンピョに娘が生まれたこと、祖母は婚外子の存在を知るとショックで命を絶ったことをハン・ジェグクに伝えるモ・ワンス。モ・ワンスの言葉に、チョン執事に事実を確認するハン・ジェグク。孫娘ではなく娘の可能性を疑っていたハン・ジェグクは、DNA鑑定と証言をもとにモ・ソクヒの出生の秘密を知ります。報告を受けたモ・チョルヒはショックのあまり倒れてしまいましたが、果たしてどんなエンディングを迎えることになるのでしょう。

父を自殺に追い込んだのがハン・ジェグクだと知るチュ・テヒョンが、モ・ソクヒとホ・ユンドに協力してハン・ジェククに復讐する展開になるのでしょうか。後継者問題に関して、全く譲らないハン・ジェグクの姿を見ると、結局、MCグループのトップ(TOP)はオーナー家でもなく、ハン・ジェグクだったということでしょうか。隠された秘密がまだありそうな、展開。。。

15年前の事件に関しては、第14話が始まった時に登場していますが、犯人が誰なのかはまだ登場していないので、誰がモ・ソクヒの母を殺害したのかは、最終話まで登場しない可能性もあり、モ・ワンスが事件の犯人なのか、それとも殺人を目撃した犯人なのか、全く予想ができない展開が続きます。

MC家の問題を解決するのがTOPの仕事だと強調することから、15年前の殺人事件の犯人は家族の誰かということが予想できるだけ。毎話逆転があるのが面白いです。

モ・ソクヒとハン・ジェグクの正面対決は、ハン・ジェククが再び一歩リードする形で、ソクヒの出生の秘密まで握った状況。再びソクヒをアメリカに送ろうとするハン・ジェククと母を殺害した犯人を必ず見つけ出すまであきらめないソクヒの対立は、最終話まで続きそうです。典型的な韓国ドラマのパターンのように見えて、妙に違うように感じるこの展開は悪くない。モ・ワンスのキャラクターがドラマを盛り上げる気がして、彼の狙いが何かが気になりますね。

自分がモ・チョルヒの娘ではなく、祖父だったモ・ワンピョの娘だと知った時のソクヒの反応は??

 

優雅な家 15話・16話(最終回) あらすじと感想

 

優雅な家 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー