優雅な友達 11話・12話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

優雅な友達 11話・12話 あらすじと感想


NEW! 投票開始!


【第3回継続中】ナム・ジュヒョク ドラマランキング


【第1回継続中】 IU アイユー ドラマランキング


【第7回継続中】イ・ジュンギ ドラマ ランキング



「広告」


優雅な友達 우아한 친구들 Elegant Friends 2020年放送 JTBC 全17話 【韓国放送期間】2020年7月10日~9月4日まで

第11話視聴率4.005%

第11話あらすじ

ジョンヘの教授就任祝いの場に呼ばれたグンチョルは、後から登場したジェフンを見て驚く。翌日、ジョンヘとジェフンは同じセミナーに参加し、ジェフンは仕事を終えた後“一緒にワインを飲もう”とジョンヘを誘う。一方、“風邪を引いた”と言うヘスクからの電話を受けグンチョルは薬を買って部屋を訪れるのだが…。ある日、ジェフンの元妻モランが計画した“離婚パーティー”に呼ばれ、いつものメンバーがジェフンの家に集まった。

出典:KNTV 優雅な友達

daisySSさん

第11話感想

チェ・ガンサンに仕事を依頼した人物が明らかになりました!驚きのエンディング!

悩みを抱えた友人たちは海に出かけ、気晴らしを。しかし、アン・グンチョルは会社を辞めたことを妻に伝えられず、パク・チュンボクは認知症と診断されたことをまだ妻に伝えていない状況で、復縁を求めるチョン・ジェフン(ぺ・スビン)の妻は、離婚2周年を記念しホームパーティーを開きます。

友人たちとその妻を招待し開かれたパーティーで、夫ジェフンがナム・ジョンヘ(ソン・ユナ)を見つめる姿を目撃すると、二人の関係が気になり始めます。それぞれ悩みを抱えた友人たちは誰も妻にその悩みを打ち明けられていない状況。



教授に就任したことを祝う席、妻を迎えに来たアン・グンチョルはチョン・ジェフンと妻の間に流れる緊張を察したようで、二人の関係を少し疑い始めるようにも見えました。体調を崩したペク・ヘスク(ハン・タガム)を訪ねたアン・グンチョル。ジョンヘの復讐ではなく、彼が好きだと告白するヘスクの突然のキス、、、二人の間には何もなかったものの、同じような状況がナム・ジョンヘ(ソン・ユナ)とチョン・ジェフン(ぺ・スビン)の間にもありました。

正直、強引すぎるエピソードが続き、ドラマがスタートした時に持っていた期待感がなくなってきたのが残念です。チョン・ジェフンがずっとジョンヘに恋していることはあり得ると思いますが、エピソードの展開がいまいち。。。個人的にガッカリが続く展開です。一人だけを一途に愛することができるタイプ、、、ジョンヘが夫アン・グンチョルを愛する理由でしょうか。彼女は本当に夫を愛し、夫のグンチョルも妻を一途に愛しているのに、二人の間の溝は相変わらず深まるばかり。

グンチョルが愛するのは妻なのに、ジョンヘは夫がペク・ヘスク(ハン・タガム)を今でも愛していると勘違いしているようです。お互いの気持ちを確かめ合う機会があれば、ジェフンの邪魔があっても乗り越えられると感じました。

チュ・ガンサンの事件に関して有力な情報を提供できる人物、ソ・チュウォン。身を隠していた彼が警察に発見されました。以前、ジョンヘの患者として登場したソ・チュウォンですが、警察はチュ・ガンサンが誰かの依頼を受け、ジョンへをターゲットにしたことまで調べました。しかし、誰が彼に仕事を依頼したのかはまだ明らかにならず。。。

薬を飲ませジョンヘの写真を撮影させたのは、、、チョン・ジェフンでした!彼女を取り戻すためにこんな犯罪まで!

第12話視聴率4.454%

第12話あらすじ

ヘスクの登場により離婚パーティーの雰囲気がおかしくなり、ヘスクはこれ見よがしにジョンヘを不機嫌にした。結局パーティーはめちゃくちゃになり、全員が去ったあとグンチョルとジェフンの2人だけが残ったのだが、その瞬間ベルが鳴り、ジェフンはガンサン殺害の容疑で緊急逮捕されることになる。一方、グンチョルはジェフンの元妻モランの元を訪れ、昨夜のパーティーで彼女が“冗談”と言っていたことについて聞くのだが…。

出典:KNTV 優雅な友達

daisySSさん

第12話感想

チュ・ガンサンを殺害した容疑者としてチョン・ジェフン(ぺ・スビン)が逮捕されます。逮捕される前、

チョン・ジェフン(ぺ・スビン)の妻が招待した離婚パーティーで、ナム・ジョンヘ(ソン・ユナ)とペク・ヘスク(ハン・タガム)は口論になり、ジェフンはジョンヘと自分の過去をアン・グンチョル(ユ・ジュンサン)にすべて話そうとします。

しかし、駆け付けた刑事に逮捕され、そのチャンスを逃します。グンチョルはジェフンが何を語ろうとしたのか気になり、フラッシュバックのように妻とジェフンのこれまでを思い出す。二人の間に何かがあることに気づいた様子です。

チュ・ガンサンが起こしたジョンヘの事件を命じたのはチェ・ジェフン。警察ですべてを認めたジェフン。しかし、彼はチュ・ガンサンを殺害していないと主張します。撮影した写真のデータを回収するため彼の部屋に侵入、、、ジョンヘが現れ、その後、同じく脅されていたチョ・ヒョンウ(キム・ソンオ)が侵入。しかし、ジェフンの携帯電話が鳴ると驚いてそのまま部屋を後にしていました。

クローゼットに隠れていたジェフンはチュ・ガンサンがジョンヘを襲うことを撮影していました。この時に撮影した映像は、ジョンヘがチュ・ガンサンを殺害しなかった証拠に使われて映像でした。ジェフンはチュ・ガンサンに、10億ウォンで撮影した写真を買い取る取引をし、その部屋を出たと話します。

チュ・ガンサンを殺害した犯人は誰なのでしょうか。

一方、妻とジェフンの過去に気づいたグンチョルは、以前のような夫婦関係に戻る自信をなくした状況。。。二人の結婚生活はこのまま終わりを迎えることになるのか、この先の展開が予想できなくなりました。チュ・ガンサンの殺人事件の真相を早く明かし、20年前の事件に関しても何があったのか早く真相を明かして欲しいですね。

妻とジェフンの過去を薄々気づいていながらも確信が持てないグンチョルは、ジェフンの自宅を訪ね元妻のチェ・モランからジェフンが恋している相手の名前を聞き出そうとしますが失敗。しかし、警察も元妻も気づかない、秘密の部屋があることに気づきます。

グンチョルが発見した秘密の部屋には何があるのでしょう。20年ぶりに現れたペク・ヘスク(ハン・タガム)は重い病気を患って余命わずかという驚きの事実。。。彼女がグンチョルの前に現れた理由は、死ぬ前に初恋の彼と会いたかったからなのでしょうか。

優雅な友達 13話・14話 あらすじと感想

 

優雅な友達 全話感想とあらすじ キャスト・相関図 視聴率

「広告」


【放送情報】


【シークレット・ブティック】

●WOWOWプライム(2021/9/20-10/12)月~金曜日8:30から

シークレット・ブティック キャスト・相関図 視聴率 感想とあらすじ


【麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~】

● WOWOWプライム(2021/9/23-10/21)月~金曜日9:45から9/27は休止 字幕

麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【不滅の恋人】

●BSテレ東全20話(2021/9/28から)月~金曜日10:55から 字幕

不滅の恋人 全話あらすじと感想 相関図と視聴率 (別ページ・時代劇サイト)


【100日の郎君様】

●テレビ東京(2021/9/29から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

100日の郎君様(ナングン) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (別ページ・時代劇サイト)


【検事ラプソディ】

●BS朝日(2021/9/30から)月~金曜日8:30から 字幕

検事ラプソディ(検事内伝) 視聴率 あらすじ キャスト 相関図 感想


【キル・イット~巡り会うふたり~-】 

●BSフジ 全16話(2021/10/1-22)月~金曜日8時から 字幕

キル・イット~巡り会うふたり~-(KILL IT:韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【がんばれ!プンサン】

●BS日テレ 全26話(2021/10/1から)月~金曜日11:30から 字幕

がんばれ!プンサン 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●WOWOWプライム(2021/10/1から)金曜日19時から2話連続放送 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・視聴率



2021年版 投票中!



【第3回】韓国ドラマ時代劇ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ おすすめ ラブコメ ランキング 2021


【第3回開催】韓国美人女優 人気ランキング(現代) 2021


【第2回開催】韓国ドラマ時代劇 美人女優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)


【第3回開催】韓国ドラマ 人気ランキング (現代)2021


【第3回開催】韓国 イケメン俳優ランキング(現代)2021


【第2回】韓国ドラマ時代劇 イケメン俳優 ランキング 2021 (外部リンク・姉妹サイト)



その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ



来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2021年版





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー