僕を溶かしてくれ 9話・10話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

僕を溶かしてくれ 날 녹여주오 【韓国放送期間】2019年9月19日~ tvN 全16話

第9話視聴率1.160%

onwardさんより

第9話あらすじ

冷却と情熱の狭間で

「今の関係を壊すような事はするな。そうでないと、君を好きなってしまうかもしれない。」

体温が上昇するような事は一切してはいけない。飲酒も駄目、お互いに50センチ以上接近するのも駄目。ミランとの間に一線を引くドンチャン。でも、食べかけのアイスクリームを交換したり、仕事上、彼女の方向性が間違っている時は助け船を出し、制作チームと上手く行くよう指導したり、とミランの一挙一動が常に気になっているのは明らかでした。

一方、「冷凍プロジェクト」及びドンチャンの行方を20年間ひた隠しにしてきた社長キム・ホンソク。経緯を知るナ・ハヨンの口をずっと塞いでおく為、用意したのは「テレビ局初の女性社長」職。

ドンチャンのチームが、残業しながら「ゴーゴー99」制作に励んでいる頃、ハヨンは、チョ教授の車を爆破した犯人を知っている、という女性から連絡を受けます。しかし、局に来ると言った彼女は深夜を過ぎても現れません。それもそのはず、彼女は道中で拉致され、強迫されていたのです。この女性こそが、本物のイ・ソクドゥの妻。午前2時、ハヨンを家に送り届けたドンチャンは、自分への気持ちを隠さない彼女にも線を引きます。「もう君の事を愛していない。」

一方、ナムテやビョンシムとウマが合い、よく3人で時を過ごすファン・ガプス。整髪した彼は、記憶を取り戻すために研究室へ戻る決心をします。

そんなある日、ビョンシムは突如、ドンチャンを中傷する動画制作を思いつきます。翌朝、送りつけられた動画内容で噂持ち切りの局内。謝るミランに優しいドンチャン。その様子を目撃したハヨンは… 暫くして、今度は、ミランが冷凍プロジェクトに参加し、その後TBOに試験も無く入社した、という記事が、ネット上を駆け巡ります。政界入りを目指すキム・ホンソクにとっては大きなチャンス!一方、ミランの素性を知ってしまうファン・ジフン。ビョンシムとの離婚を止めるオ・ヨンスン。そして、打ちのめされ、すすり泣くミランに対してドンチャンは…?

第9話感想

9話は、メイン・キャラクター達の恋愛感情の高まりがテーマ。ドンチャンの恋が情熱を伴うのに比べると(それを阻止しようと必死)、22歳までの経験しかないミランの恋はまだフワフワと「学園ラブ」的。そのせいか、ドンチャン&ミランをカップルにするより、ミラン&ファン・ジフンをカップルにした方が、恋愛レベル的に似合っている、と感じてしまうのですが、皆さんは如何でしょうか。

とうとう「もう愛していない」と言われてしまったハヨン。彼女の悲しみと苦しみは、ミランに対する憎しみに変わるでしょうね。恋愛ドラマのお決まりコースですが、そうでなければ、ここまでドンチャンに否定され続ける彼女の姿が描かれる訳が有りません。ミランに関する記事は、ハヨンが掲載したのだと思います。ビョンシムが送り付けた動画と言い、ミランの件と言い、ドラマ制作側は、世に横行するネット中傷に対し、警鐘を鳴らしたいのでしょう。

君の事は僕が必ず守る、と言うドンチャン。言うは易し。身体的問題が出てきたらどうする?ハヨンがミランへの反撃に出るのは、ほぼ確実だと思いますが、どんな手段に出るか。

テンポが遅く、次の回への期待感が薄くなりつつあるこのドラマ。折角良い俳優さんが揃って頑張っているので、あと7話、ストーリー面で引っ張って欲しいです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第10話視聴率2.074%

onwardさんより

第10話あらすじ

いいえ、後悔はしていません

ドンチャンが支えてくれる!精神的サポートを得たミランは、告発投稿を金儲け材料にしようとするホンソク達を無視し、インスタに、自分の正直な気持ちを掲載します。即、一般の賛同を得るミラン。彼女を敵視していた放送作家も、すっかり彼女の味方に!

深夜、研究室にこっそりやって来たファン・ガプスは、チョ・キボムに、体温を戻す方法が書かれた資料を託します。そして、装置内に横たわるイ・ソクドゥを見て、自分を殺そうとしたのが誰か、はっきりと思い出します。ドンチャンに知らせなくては!

一方、TBOのインターン・オーディションに合格するファン・ジフン。彼の出勤初日、親しく話すミランとジフンを見て、大嫉妬するドンチャン!ミランは、ジフンがオ・ヨンスンとビョンシムの息子だと知って、少々ショック。でも、その後、ミランが父の初恋の相手と母から知らされるジフンの方がよほどショック!

イ・ソクドゥの妻が突然死亡し、不信感を募らせるドンチャンは、チョ・キボムの車爆破事件の映像と、情報提供者の音声を一般公開するよう依頼。放送後、彼はハヨンにお礼を言いますが、毎度過去の話を持ち出す彼女と、話は噛み合いません。その後、具合が悪く、横になっていたミランを、探し出したドンチャンは、やっと、お互いに対する気持ちを確認します。

それらが起こっている頃、ファン・ガプスは偽ソクドゥ達に拉致され、実験装置の電源を抜かないと殺す、と脅されていました。そうしなければ、ゴ・ミランもマ・ドンチャンも殺す、と。ガプスは、チョ・キボムにクビだと言い、実験室への立ち入りを禁止してしまいます。

翌日、郊外へロケ地の確認に出かける“解凍カップル”。しかし、情報提供者がイ・ソクドゥの妻と判明、更にはガプスが記憶を取り戻したと聞いて、ドンチャンは一人ソウルへ戻ってきます。あわや、ブレーカーのレバーを引こうとするガプスを寸前で止めた彼は、「君らも死ぬんだ!普通には生きられない!実験は失敗だ!」と叫ぶガプスに、涙ながら訴えます。「2人で、普通に愛し合えるよう、助けてください!」そして夜、ミランが待つホテルへ帰ると…!?

第10話感想

「恋愛ドラマ」と聞いたら、大抵の視聴者は、うっとり或いはドキドキするシーン(キス・シーンなりラブ・シーン)が盛り込まれているのを前提とするでしょう。このドラマは9話から、その方向へ向かっていると感じがしましたが、中間地点を過ぎて、やっと視聴者の要望に応えた感じの、あのエンディング!ソウルに戻ったドンチャンが、ガプスに泣いて訴えるのは、今までを思うと少し唐突な感じ?でもこの後、どう話を繋ぐのでしょう?2人とも、体温33度を超えられない状態は続いている訳で、毎度シャワーする訳には行かないとでしょう?

視聴者受けするシーンが盛り込まれているかはさておいて、このドラマは、現代社会が直面する問題に重点を置いていると感じます。年功序列・成果主義・世襲、その他コネ、金、相続問題など、企業が切ろうとしても切れない関係。そして、韓国ドラマがしばしば扱う、婚外嫡子問題。プロットの展開は遅いですが、解くべき問題はまだあります。今はサブ・ストーリー的な、イ・ソクドゥ達「ワル」が、そもそもガプスを殺そうとした根拠。ドラマは、歳をとる事への不安も描いているので、描きたい事が多すぎて、はっきりした焦点が見えない気もします。しかし、いずれにせよ、もう10時間もこのドラマの視聴に費やしたのですから、行く末を見届けたいと思います!

 

僕を溶かしてくれ 11話・12話 あらすじと感想

 

僕を溶かしてくれ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー