僕を溶かしてくれ 7話・8話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

僕を溶かしてくれ 날 녹여주오 【韓国放送期間】2019年9月19日~ tvN 全16話

第7話視聴率1.843%

onwardさんより

第7話あらすじ

愛について

ハヨンがドンチャンに告白している時、丁度編集室のドアを開けるミランは、すぐに二人の関係を悟ります。(そう言えば、報道局長は、20年前PDの彼女だったっけ…)暫くの間、出くわすたびに間が悪いドンチャンとミラン。

そんな時、オ・ヨンスンはミランに、ファン・ビョンシムと離婚する、と泣きながら打ち明けます。「彼が好きよ。でも、あの人は私の事を愛してくれないの。」

その頃、冷凍実験室の前で車が爆破され、間一髪で助かるチョ・キボム。ファン・ガプスを狙った犯人はニコライではないとすると、いったい誰なのか。ドンチャンは、刑事である元義理の弟を通して、ガプスに警護を手配。更に、追手にプレッシャーをかける為、ハヨンに、チョ教授脅迫事件を担当するよう依頼します。しかしそれはあくまでも、“冷凍プロジェクトに係わった人達を守る”為で、ハヨンを受け入れたのではない事は明らかでした。

一方、社長室では会長が、ドンチャンの一件で功績が上がった社長キム・ホンソクに、政界入りを薦めます。ドンチャンのお蔭で得ばかりするホンソクを見て、ヒュンギは全く面白くありません。

新しい番組制作に取り掛かるマ・ドンチャンPD。ミランのアイディアを取り入れた新番組を、制作チームに発表します。タイトルは「ゴーゴー99」。机を挟んで向かい合って仕事をし、夜はチームディナーに一緒に出掛け、更に打ち解けるドンチャンとミラン。その晩、ミランを送って行ったドンチャンは、ミランの弟ナムテに出会い、何故ミランが当時実験に参加しようと思ったか、改めて思い知らされるのでした。

一夜明け、ドンチャンとミランは、「ゴーゴー99」のロケ地探しに出かけます。見当をつけていた場所を撮影し、更に、森の奥へ奥へと進んでいくミラン。林道を外れて歩いているうちに、道に迷ってしまいます。歩き回る2人の体温はどんどん上昇し32度台に!とうとうミランは意識を失い、その彼女に自分の薬を注射したドンチャンも倒れてしまい、横たわる2人。暫くすると雨が降り出して…

 

第7話感想

メイン・キャラクターが一緒に居るシーンがぐっと増えました。お互い妥協せず、ポンポンと早口で言い合う場面は軽快で、見ていて楽しいです。「ポストイット」でメッセージをやり取りする所が良いですね。2019年の人達なら、大半がSMSするでしょうから。

プロットとしては相変わらずあまり進展していませんが、キャラクター達に、より幅が出たと思います。重みがあり、感動する場面がいくつかありました。オ・ヨンスンがミランに離婚の話をする場面。ドンチャンのカラオケ・シーンa.k.aチ・チャンウクOSTを歌う場。ハヨンに対する複雑な気持ちが良く表れています。更には、ドンチャンが、自分よりも20年先へ行ってしまった弟と妹を抱きしめるシーン。随所に出てくるこうした場面が、「解凍人間」という有り得ない設定で、多少軽々しい?ドラマのバランスを取っている気がします。

20年前に戻る企画「ゴーゴー99」。ドンチャンとミランが森の中で迷子になる為だけの「道具」ではなく、何か意味がありそう。それにしても、“森”、“ロケ・ハンティング”と聞いたら、道に迷うか、体温が異常に高くなるか、想像に難くありません。あんなに晴れていたのに、急に雨が降ってきて、少々わざとらしい気もしましたが、7話目にしてやっとのスキンシップですから、良いことにしましょう。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第8話視聴率2.419%

onwardさんより

第8話あらすじ

戯れと痴話喧嘩

キスの後、急に気まずくなるドンチャンとミラン。会社に戻らず、自宅へ帰ったミランは、「自分は死ぬと思ったから、死ぬ前に一度キスをしたかった」と釈明しますが…ドンチャンはすっかり呆れ顔。

元義理の弟だった刑事は、ファン・ガプスに関する捜査を続けており、ニコライに関する情報をドンチャンと共有します。彼に会った後、まだ冷凍状態にある人々を確認に行くドンチャンは、刑事と話している所を盗み見ていた人が居たことを知りません…

一方、自分勝手で、いつも今一つ行動がおかしいファン・ビョンシム。何と、ゴ家の屋根裏の住人に!その頃、ドンチャンは、会長と社長の会食に呼び出されており、その席に現れたのはあの社長、ウンスン集団の社長イ・ソクドゥ!

ミランがキスしたことを誤り続けるのに違和感を持つドンチャンは、相手が他の誰かだったらキスしたか、とミランに問い詰めます。「しなかった」と言うミランの返事に、彼は満足?

その後、20代の動向を調べるように命令されるミラン。彼女は、ファン・ジフンが自分の親友とビョンシムの息子とは知らず、誘われるまま遊びに出かけます。20代の動向を調べるにはピッタリのチャンス!最新トレンドを取り入れるミラン。その一方で、占い師ユジャに、ドンチャンが将来のパートナーだと言われ、ドンチャンを益々気にしだします。それはドンチャンも同様でしたが、解熱剤がいずれ効かなくなると知らされた彼は、どうしようかと頭を抱えていました。

ミランが20代体験をしている間に、単身でロケ地探しに出かけるドンチャン。ハヨンは、思わず彼の宿泊先を突き止め、追いかけて行きますが…今の彼に気持ちは通じない。20年先へ行ってしまった彼女とドンチャンのギャップは開くばかりでした。

トレンドを楽しんでいるように見えたミランですが、彼女は実は混乱していました。そんな急に2019年に馴染めないけれど、もう20年前には戻れない… 自分の決断で実験に参加したのだから、もう私に関わらないで結構です、と言うミランに対してドンチャンは??

第8話感想

ドンチャンとミランの、お互いに対する深まる想い。でも、低温を保たなければならないこの2人にとっては、恋愛もままなりません。心拍数が上がってはいけないのですから、どんなコンタクトも駄目ですよね。

やっと恋愛感情を意識した2人は今後が期待できますが、8話は、ナ・ハヨンの悲しい認識の方が気になりました。ドンチャンは、居なくなる前の姿をしていますから、ハヨンは昔を思い出すでしょう。しかし、ドンチャンの目の前に居るのは、20年先へ行ってしまったハヨン。しかも、当時自分を探してくれなかった事を思うと、やり直してみる気が無いのは想像に難くありません。彼の事をホテルにまで追いかけてしまったハヨンの寂しさ・虚しさが出ている回でした。でも、このまま行く訳はなさそうで、ハヨンはミランへの反撃に出るかも?

お互いの気持ちを、どうやら確認したメイン・キャラクター達は、体温の問題があって、これからどのように恋愛を展開するのでしょう。占い師ユジャは、ドンチャンがミランの定められたパートナーだと言いましたが、2人とも興奮してはいけないのですから、これからは、もどかしい関係が描かれるでしょうね。普通の関係になる為には、少~しずつ記憶を取り戻しているファン・ガプスのフル・リカバリに期待するしかありません。

 

僕を溶かしてくれ 9話・10話 あらすじと感想

 

僕を溶かしてくれ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー