僕を溶かしてくれ 11話・12話 あらすじと感想

【PR】
チャンネルがありすぎてどのチャンネルを契約していいか分からないそんな時は是非参考に!
韓ドラ オススメ有料チャンネル ベスト10

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

僕を溶かしてくれ 날 녹여주오 【韓国放送期間】2019年9月19日~ tvN 全16話

第11話視聴率1.461%

onwardさんより

第11話あらすじ

やはり「家族」なんです

劇的シャワー・キスの後、全てを背負おうとするドンチャンに対し、一緒に苦労を分かち合いたいと言うミラン。ソウルに帰った2人は、始終視線を交わしたり机の下で手を握ったりして、関係は、チーム全員どころか、チョ・キボムにまでバレバレ!

ドンチャンは、自分が持っている情報をすべてハヨンに公開し、協力を依頼します。他方、社長のポストをオファーする代わりに、情報提供者の音声公開は無かったことにしろ、と命令するキム・ホンソク。板挟みになるハヨンは、ドンチャンから得た情報を元に、似非イ・ソクドゥと取引することを思いつき、ドンチャンがニュース報道して欲しいと言った事件を取り上げません。

一方、ハヨンがヒョンドゥとの取引きを考えるなど、梅雨も思わないドンチャンは、自分のチーム配属になり、ミランと親しいファン・ジフンに嫉妬、嫉妬!

その頃、ゴ家とマ家の両方で生活をするファン・ガプスは、「家族愛」の深さを実感していました。自分の「冷凍プロジェクト」に参加してくれた2人を、何としても守らなければならない、と痛感するガプス。

そうこうしているうちに、「ゴーゴー99」の撮影の日がやって来ます。参加者の中には、ミランやドンチャンの友人、家族も含まれており、とてもファミリー的。全員、大いに企画を楽しみ、盛り上がります。ドンチャンとミランも、20年前の兄弟、友人達の姿を思い出して懐かしみ、コンセプトは大成功。更にこの企画は、何と新しいカップルが生まれる切っ掛けにも!

その頃、方針が決まったハヨンは、行動に出ます。条件を述べるハヨン。欲しいのはマ・ドンチャンと、あとどのような条件が示されたのか?

プロジェクト・サイトから帰ってきたドンチャンは、20年前「冷凍プロジェクト」を録画していたカメラマンから、当時のショッキングな映像を入手。彼にはアイディアがあるようですが…

そのドンチャンが体調に変調をきたします。突然異変で、体にとって毒素になってしまうたんぱく質!ガプスの暗号が分からない限り、余命は48時間!?

第11話感想

社内で、年中見つめ合ったり隣に座ったり、何でこんな“見え見え”な態度を取るのかと、少々呆れた気分になった前半と比べ、後半はプロット的に色々な展開が有り、面白くなってきました。世の中、クラシック音楽の楽曲でさえ、以前より速めの演奏が好まれると言う昨今、ドラマもある程度のスピード感が必要ですよね?

恋は盲目であるが故、社内恋愛は、よほどうまく隠さない限り悟られるもの。しかし、メイン・キャラクター達がカップルであるという事は、社内で十分に受け入れられたようで、やはり2人は特殊だからかな。

それと比べて寂しいのがナ・ハヨン。取引の末、ドンチャンだけが助かったとして、本人がそれを喜ぶかどうか… 今の彼女に、それが見えないのが悲しいところです。

終盤、ドンチャンに、懸念されていた副作用が出た事が確認されました。一時的解毒剤投与から48時間がリミット、の設定ですが、何で今そのような話を持ち出すのか、という感じがしなくもありません。まあ、より危機感を与え、色々な局面を持たせるには有効?

シリアスな面以外に、それぞれの家族が、家族をいたわり、大事にするシーンがありました。監督さんは、現代社会に不足している側面を指摘したいのでしょうね。これは、お隣の国だけではなく、日本にも十分言えることです。

【PR】
見たい韓国ドラマがなかなか放送されない! そんなときはU-NEXTの韓国ドラマ一覧を覗いてみよう!配信開始しているかも?

U-NEXT 韓流ドラマ 全作品一覧(見放題・ポイント)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第12話視聴率1.622%

onwardさんより

第12話あらすじ

死ぬか、それとも気狂いになるか

ハヨンの情報を得て、実験室に乗り込むイ・ヒョンドゥ。しかし、ソクドゥは、もうそこにはいませんでした。何故なら、彼は既に解凍過程にあったから。チョ・キボムに「M3,4」とだけ言い残し、ファン・ガプスは行方不明になってしまいます。

病院に収容されたドンチャンの元へ飛んでいくミラン。キボムが作った「一時的解毒剤」は48時間しか効きません。しかし、そのことをすぐにはミランに話さないドンチャン。キボムから、イ・ソクドゥの居所を聞き出し、ヒョンドゥと取引しようとするハヨン。でも、相手は彼女の弱点を見抜いていました…

上手く立ち回ろうとするのはハヨンだけでは有りません。政治家のポストが手放せないイ・ホンソクも、ヒョンドゥと付き合わない方が良いと警告するドンチャンにしらを切り続けます。

一方、ミランを中傷した投稿の出所をやっと発見するヒュンギ。それは何と、ヨンスンが経営するカフェでした…

ドンチャンはソクドゥの息子をアメリカから呼び寄せて、ソクドゥに輸血を施します。 そして、ヒョンドゥに、ガプスとソクドゥを交換しようと持ち掛けます。もう時間がない!

ドンチャンは、ヒョンドゥの一件も、ファン・ガプスの拉致事件も取り上げない報道局を非難し、ハヨンに助けてくれと頼みます。ヒョンドゥに新しい条件を出すハヨン。けれど、そのお蔭で分かってしまうのです、彼女が最初に出した‟もう一つの条件”が、ミランを再び冷凍する事だと。その時の彼女の言葉を、ヒョンドゥはしっかりと録音していました…

ハヨンのお蔭で、大事に至らずに済んだチョ・キボムは、ガプスが言い残した暗号をやっと理解し、無事解毒剤を調合。ミランとドンチャンは「48時間」の恐怖から解放されます。その後、「ゴーゴー99」の放送開始に向けて制作チームが忙しく準備をしているのを他所に、映像編集室に籠り続けるドンチャン。オンエア当日、社員達は、局内の大画面の前に集まり、放送開始を待ちます。しかし、そこに映し出されるのは…!?

第12話感想

12話は、強いて言えば、ナ・ハヨンの心の葛藤を描いた回だと思いました。正に「愛と憎しみは紙一重」。ドンチャンに自分と同じ苦しみを味わわせたい反面、死んでしまうかも知れない彼を放っておけない。多方面に手を出し過ぎて、身動きが取れなくなります。本来なら、真の意味でドンチャンを助けられたはずなのに。結局、自分で対応策を考え出すドンチャンは、この先、ハヨンを許せる日が来るのでしょうか。

「タンパク質の突然異変」事件は、話にもっと緊迫感を与える為のプロットなのでしょうが、解決してみると、メインの筋からはあまり関係ない感じがしました。薬の調合が成功し、2人が投与されて、“死の恐怖”から解放される過程があまりにもあっけない。それに、まだ低体温の問題が残っていますよね。目を覚ましたイ・ソクドゥがミラン達と同じ状態なのかも気になるところ。彼は輸血されているから、違うのかしら?

可笑しかったのは、イ・ヒョンドゥが社長室で「ゴーゴー99」の放送が始まるのを待っていたことです。あの番組は、およそ彼の好みとは思えませんよね!

このドラマ、ミランとドンチャンが低体温問題を解決し幸せになるまであと4話。これから更にどんなハプニングが待っているやら。13話を待ちましょう。

 

僕を溶かしてくれ 13話・14話 あらすじと感想

 

僕を溶かしてくれ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー