偶然発見した1日(ハル)9話・10話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

偶然発見した1日(ハル)어쩌다 발견한 하루 【韓国放送期間】2019年10月2日~全32回(16話)

第17回視聴率3.0% 第18回視聴率3.7%

quetalsurinoさん

第9話あらすじ(17回・18回)

図書館の壁に現れたブラックホールに触れた後、ウン・ダノ(キム・ヘユン)を思い出したハル(ロウン)。ダノはハルの記憶が戻ったことを喜びながらも、再び彼が記憶を失うことを心配。「もう君の手をのがさないから・・・」と優しく安心させるハル。

イ・ドファ(チョン・ゴンジュ)も記憶が戻ったハルを歓迎。その後、始まったステージ、イ・ドファがA3のメンバーとして戻ったことを祝う場所は、ヨ・ジュダ(イ・ナウン)のアルバイト先。ステージが終わると、ペク・キョン(イ・ジェウク)に冷たく接するダノ。ステージとシャドウでのダノの態度が違うこと、ハルの話しで夢中になるダノの姿に戸惑いを見せ、「僕が知っているウン・ダノが本物のウン・ダノであることを願う」と意味深げな発言をし、ダノは突然の彼の言葉に困った表情を見せます。

翌日、漫画の内容が気になることから図書館で漫画「凌霄花(ノウゼンカズラ)」を探すペク・キョン。しかし、漫画はチン・ミチェが既に燃やしてしまった後。。。漫画を発見することができずノウゼンカズラの花を調べ始めます。ペク・キョンは記憶が戻ったハルの姿、特に、ハルと一緒にいると笑顔を見せるダノの姿に。ペク・キョンはエキストラとしての役割しかないことを強調するハルをけなします。以前は黙って聞いていたハルが戻ってからは自分の意見を表明するように。

ダノはハルにドキドキする気持ちが恋だと気づきます。シャドウでハルと過ごす時間を大切にするダノはデートを楽しみます。ダノと一緒に過ごす間、ダノと重なる別の記憶がよぎりハルは混乱します。背景は違うけど、会話も状況も全く同じ。。。

一方、ダノはステージが終わった後のシャドウでも胸の痛みを感じ始め、ステージでも倒れてします。ペク・キョンの父は、ダノの命が僅かしか残っていないことを知ると、ペク・キョンとダノの結婚式を急いで進め。ダノが死んだあと財産を手に入れようとする父と継母の計画に反抗的な態度を見せるペク・キョン。

チン・ミチェは漫画を燃やしたにも拘わらず、恐れていた状況に流れることを気にし始め、ペク・キョンとハルの対立はさらに激しくなります。ダノへの気持ちを打ち明けるハルにペク・キョンの表情がこわばる。その時、ブラックホールに映るペク・キョンとハルの姿。。。過去連載された別の漫画の登場人物だったペク・キョンとハル。ブラックホールの中、ハルは阻止するペク・キョンを無視して突き進むハルに、「ウン・ムヨンの娘、ダノが好きなのか?」と問うペク・キョン。。。

第9話感想(17回・18回)

前作の漫画、、、過去の記憶になるのでしょうか。漫画の中に登場する別の漫画と、いまいち話の流れがつかめなかったです。「凌霄花(ノウゼンカズラ)」の時代背景は現代ではなく、髪型などから高麗の時代のようにも見えました。

ロウンは時代劇を背景にしても驚くほどのイケメン!

同じ漫画に登場したペク・キョンとロウンの関係が明らかになりませんでしたが、「凌霄花(ノウゼンカズラ)」でもダノが登場し、同じキャラクター、違う漫画に登場を繰り返すことで、キャラクターたちが自我を持ち始めることになったことを伝えようとしているのでしょうか。

まだ明かされていない部分が多いため、今後の展開は正直予想できない部分もありますが、漫画「秘密」に登場するウン・ダノの役割がそろそろ終わりに近いことは分かります。漫画が完結するためには、主人公のヨ・ジュダとオ・ナムジュが両想いで、幸せなエンディングを迎える必要が!

でも、今話登場したヨ・ジュダの行動を見ると、彼女も自我を持ち始めているように見え、ステージでもシャドウでも変わらず一途なイ・ドファを意識し始めたようにも見えました。あとは、漫画の設定だとどんなにいじめられてもくじけない優しいキャラクターとしてヨ・ジュダが紹介されていますが、登場したシーンから判断すると、意外にも設定とは違う性格の持ち主のようにも見え、ヨ・ジュダとイ・ドファの関係も気になってきました。

このドラマに登場するチン・ミチェの役割は? 「凌霄花(ノウゼンカズラ)」が悲劇的な結末を迎え、チン・ミチェはそのエンディングを知る人物で、再び悲しいエンディングを迎えることを恐れているのか、それとも悲しいエンディングを迎えることを示しているのか、悩ましい状況が続く。。。

ハルとダノのドキドキデートシーンが登場します!迷いながらハルの手をそっと握るダノの姿と、ダノへの気持ちを現すように彼女の手を握り返すハルにドキドキ。

ハルに胸キュン!!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第19回視聴率2.9% 第20回視聴率3.3%

quetalsurinoさん

第10話あらすじ(19回・20回)

ハル(ロウン)のウン・ダノ(キム・ヘユン)への気持ちを聞かされてペク・キョン(イ・ジェウク)は、イライラする気持ちを隠せず、燃えずに残っていた漫画「凌霄花(ノウゼンカズラ)」の一部を発見。内容を確認したペク・キョンは、全く同じ発言をしていたダノの姿を思い浮かべ、、、漫画家が描いた前作の漫画「凌霄花(ノウゼンカズラ)」の主演がペク・キョン、ダノとハルだった可能性に気づきます。

一方、ハルへの気持ちが恋だと知ったダノは、ドキドキを隠せず、ハルにどう接するべきかわからず、一日中恥ずかしがる。。。ハルを意識し過ぎるダノの姿に、ハルは幸せそうな笑顔を見せます。しかし、ステージが始まってもハルから目が離せないダノの姿に不満を持つペク・キョンは、ステージでもシャドウでも彼女の気持ちを傷付ける発言しかできず、、、悩む。

エキストラのハルがステージにも登場することが気に入らないペク・キョンのハルへの不満は増え、対立するペク・キョンとハル。夢でダノ(時代劇の登場人物)を見たハルは、自分の始まりが漫画「秘密」ではないと語っていたチン・ミチェの言葉が気になり始めます。

イ・ドファ(チョン・ゴンジュ)から、オ・ナムジュの誕生日パーティーで、ハルがステージを変えたことを聞かされたペク・キョンは、ステージの内容を変える方法に興味を持ち始めます。エキストラはステージを変えることができない、漫画家が決めた通りに動くしかないとハルをけなすペク・キョンの言葉に、考えるハル。

既に決められているハルの設定を変えることができるのは、もしかするとペク・キョンかもしれない。。。確かめるため行動に出るハルは、ダノの心拍数が上がり始めるとステージが始まることに気づきます。ダノの腕のスマートウォッチを外してシン・セミに付けると、スマートウォッチが鳴り始め、ステージが始まります。近づくペク・キョン・・・、しかし、ダノの姿はなく倒れているのはシン・セミ。ステージかシャドウに変わった時、ペク・キョンは倒れたダノを抱きかかえて保健室に向かうダノを確認する。

始まったステージ、病院に入院して検査を受けるようすすめる医師の言葉に、ダノは心臓の病気が悪化したことを心配しますが、日曜日ハルに会うため学校に現れ、誰もいない学校でデートを楽しむダノとハル。エキストラに過ぎない二人が、自分たちのストーリーを続けていくこと、お互いを勇気づけ、10月10日、校内にある最も古い木の下で会おうと約束。

その後、ステージが始まり入院することになったダノは、10月10日、10月13日、10月17日、、、と過ぎ。ハルとの約束を守ることができず、ステージが続き時間ばかり過ぎていきます。一方、約束した木の下でダノを待ち続けるハル。何度も何度もダノに会うため病院に向かい走り続けますが、ステージが続くせいで、ハルは病院にたどり着けない。

「会いたい、ハル」とダノはステージが終わると急いで学校に向かいます。木の下で彼女を待ち続けるハルを見つけたダノ。戻ったダノに好きと、気持ちを伝えるハル。

ハルの涙を見たダノは、ハルにキス!!

第10話感想(19回・20回)

些細なことでもドキドキするダノの気持ちは、初恋!!

初恋ってこんな感じ?と思うほどドキドキさせられました。エキストラのダノとハルがそれぞれを見つけるため、必死になる姿に切ない気持になりました。ハルの試みでダノの設定が変わりそうにも見えましたが、結局は、ステージとシャドウのギャップを乗りこえることはできなかったですね。でも、約束した場所でダノを待ち続けたハルの告白に、ドキドキしながらもホッとするエンディングでした。ダノとハルのキスも高校生という設定で、可愛かった。

少女漫画の主人公たちではない二人にスポットを当てたからこそ伝わる切なさがありました。これまで主人公たちのストーリーにしか注目していなかったことを、少し反省する。漫画の中の主人公でない二人がお互いに惹かれ、生きる意味を探していく姿が新鮮なのと、ハル=ロウンじゃないといけないと思わせるほどのキャスティング!

ステージとシャドウで全く異なる表情や姿を見せるハルを見るのが第9話から楽しくなってきました。ハルが現実世界に存在するとすれば、絶対にロウンでしょう!!と思う程、このドラマから目が離せないのもロウンが出演しているから。他の作品に出演したロウンもみていますが、こんなにもハマることになるとは全く思わなかったです。

漫画「凌霄花(ノウゼンカズラ)」はペク・キョンとウン・ダノが主人公だったのでしょうか。ハルは二人の姿を見つめるシーンが登場し、前作の漫画でも三角関係だったことをあらわしているようで、悲しいエンディングで終わったのであれば、漫画「秘密」では幸せなエンディングを迎えて欲しいなぁ。漫画家はどんな意図をもってハル、ダノとペク・キョンが登場するこの作品を描いたのかも気になります!!

次の話では新たなキャラクターが登場するようなので、新たな転機になることを期待します。高校生学園ドラマ、少女漫画をドラマ化した作品が好きな方には絶対にお薦めしたい作品。一度観たら最後まで観ずにはいられない青春ドラマで、SF9のロウンに魅了されること間違いなし!

 

偶然発見した1日(ハル)11話・12話 あらすじと感想

 

偶然発見した1日(ハル)全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー