偉大な誘惑者 15話・16話(最終回) あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

偉大な誘惑者  위대한 유혹자 全32回{16話} /

quetalsurinoさん

第15話 あらすじ

(※第29回・第30回 あらすじ)

・あらすじ

秘密のアジトで、テヒ(パク・スヨン)は、最初の出会いからすべて計画的だったことを知り、絶望します。計画的な始まりだったとしても、本気になったなら、テヒが別れを告げた時二人の関係に終止符を打つべきだったと、シヒョンに別れを告げます。

すべてをテヒに話すチャンスを奪ってしまったセジュ(キム・ミンジェ)の行動に納得のいかないシヒョン。シヒョンとセジュの友情を守りたいと思ったスジ(ムン・ガヨン)はシヒョンを訪ねますが、シヒョンはこれまでの3人の間違った行動を振り返り、後悔します。スジとの友情に終止符を打つシヒョン。

婚約中のパク・ヘジョン(オ・ハニ)に恋人がいたことや、家を出て姿を消したことを知ったイ・ギヨンは、ヘジョンの行方を捜し始めます。セジュが所有するアジトにヘジョンが隠れていることを知ったイ・ギヨン。彼女を捜しにアジトへ足を運んだイ・ギヨンは、すべてがスジの復讐計画だったことを知り、シヒョンをアジトに呼び出します。復讐のため、テヒまでターゲットとなったことを理由に、シヒョンに暴力を振るうイ・ギヨン。

アジトから無事逃げることができたパク・ヘジョンは、シヒョンとセジュが心配になり、テヒに連絡します。気になったテヒはイ・ギヨンに連絡を取り、彼女からの着信をシヒョンに知らせるイ・ギヨン。テヒの名前をあげた瞬間、シヒョンがイ・ギヨンを押し倒します。

第15話 感想

予想した通り、恋愛ゲームのすべてを話したのはシヒョンではなく、セジュ。残すところあと1話でドラマは完結することになります。もしもシヒョンがすべてを話していたらこのドラマの最後の結末がかわることになるのか。

最も気になるのは原作通りの結末を迎えるのか、原作とは違い、シヒョンとテヒのロマンスは幸せな結末を迎えるのかです。幼稚にも思える復讐から始まった恋。ただ、今話をみて、すべての始まりとなったイ・ギヨンって人物が、固く結ばれていたはずの友情を壊してまで復讐するほどの人物だったのかが、疑問。これまでのイ・ギヨンが登場するエピソードをみると、卑怯で魅力など全くないタイプのように思えたので。。。

スジの計画をすべて知ったイ・ギヨンはセジュを守ろうとするシヒョンの気持ちを利用し、結局は暴力を振るう卑怯な男でした!抵抗することなく、イ・ギヨンの暴力をすべて受けるシヒョンの気持ちって、自分の情けなさか、テヒへの謝罪の気持ちなのでしょうかね。

テヒからかかってきた電話と、イ・ギヨンがテヒの名前を出した時、それまでとは違い一撃を加えるシヒョン。その姿に「マッドドック」でみたシャープなウ・ドファンを思い出しました。

パク・ヘジョンからの連絡で、シヒョンに何か起きていることに気づいたテヒ。テヒが取った行動は?個人的には期待以上に楽しめたドラマなので、最終話を迎えるは寂しく、その結末が気になります。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

quetalsurinoさん

第16話(最終回) あらすじ

(※第31回・第32回あらすじ)

シヒョン(ウ・ドファン)が危険だと感じたテヒ(パク・スヨン)は、セジュのアジトに駆け付けます。暴力を正当化するイ・ギヨンに納得のいかないテヒは、警察に通報すると話したことでゴルフクラブを振りまわし、更に暴力的に変わるイ・ギヨン。シヒョンはテヒを守るためにイ・ギヨンの振り落としたゴルフグラブに頭部を打撃されます。そのまま意識の戻らないシヒョン。

シヒョンから永遠の別れを告げられたスジ(ムン・ガヨン)は大量の睡眠薬をのみますが、母ミョン・ミリに発見され病院に運ばれます。

父と共にドイツへの留学を決心していたテヒは、意識の戻らないシヒョンを一人にすることができず、彼が目を覚ますまで側に残ることを決心します。罪悪感からセジュはシヒョンとスジから離れ、一人旅立ち。

シヒョンとの楽しかった最後のデートを思い出すテヒ。テヒはシヒョンの部屋で、彼女に正直に話すことのできなかったシヒョンの気持ちが書かれた秘密のノートを発見します。ノートにはシヒョンの気持ちと彼が大好きだったテヒの笑顔が描かれたスケッチがいっぱい。シヒョンの言葉にすることができなかった気持ちを知ったテヒは、意識が戻ることを願います。

シヒョンが意識を取り戻したことを知ったテヒは、シヒョンに会うことなくドイツの父のもとへ向かいます。目を覚ましたシヒョンは、残されたアルバムを見てテヒが側にいてくれたことに気づき。終わった初恋に涙を流します。

5年後、留学から戻り建築事務所で働くテヒ宛に花束が届きます。同じ花束がテヒの母ソル・ヨンウォンのもとにも届き。遅れながらも寂しく一人でシヒョンの誕生日を祝うテヒ。

進行中の仕事の現場を確認するために訪れた場所で、シヒョンとの思い出の場所が描かれた絵を見たテヒは、驚きます。テヒに仕事を依頼したのはシヒョン。シヒョンがテヒの前に現れ、二人は抱きしめ合います。

第16話 感想

気になっていたエンディングは、ハッピーエンドでした!!原作がサッドエンディングだとしても、このドラマは主人公たちの初恋がテーマだけに、幸せな結末を願っていた通りで、ホッとした最終話でした。意識不明になったシヒョンの姿が登場するので、このままシヒョンが死んでしまう可能性も捨てきれず、ソワソワしちゃいました。

シヒョンの父と離婚を決心した母の復讐が、偽DNA鑑定書だったとは!でも、結局シヒョンはソグの実の息子だったことで、最後はそれぞれの幸せになれたってことでしょうね。姿を消したセジュの居場所をスジに知らせたのはシヒョンでした。

スジに一途だったセジュの気持ちが彼女に伝わったようで、5年ぶりにスジとセジュが再会し、この二人も幸せな結末を迎えることになります。

初恋だったシヒョンとの別れを選んだテヒ。テヒが話した散る桜の花びらのように、シヒョンは5年間の間、テヒとの再会を待ち望んだと想像すると、青春だった二人が大人として再会することができ、何よりもシヒョンが死ぬことなく幸せな結末を迎えられて本当に嬉しかったです。

第1話から感想を書いてきましたが、成績優秀だけど現実的なヒロインのテヒと、反抗的だけど傷つきやすいシヒョンのロマンスの魅力ををすべて伝えられないのが残念です。モチーフになった原作の小説の内容にとらわれ過ぎない方が、このドラマをより楽しめるのではないでしょう。

【豆知識】シヒョンの母役で、チェ・ジナ(「戦おう、幽霊」や「仮面の王、イ・ソン(君主~仮面の住人~)」が特別出演しています。

偉大な誘惑者 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー