偉大な誘惑者 1話・2話 あらすじと感想 ウ・ドファン クォン・シヒョン役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

偉大な誘惑者  위대한 유혹자 全32回{16話} /

quetalsurinoさん

第1話 あらすじ

(※第1回・第2回 あらすじ)

高校3年生のクォン・シヨン(ウ・ドファン)、チェ・スジ(ムン・ガヨン)とイ・セジュ(キム・ミンジェ)は卒業式で、皆を驚かせることを計画します。

卒業式がでは、美術の先生と婚約中の国語の先生が担任と浮気する映像が流され、式場は大騒ぎになります。セクハラ行為を続けていた担任に復讐するための計画は成功に終わり。

卒業式の後、スジは母からすすめられ半年間付き合ってきたイ・ギヨンから、まったく相手にされていないことを知り、プライドに傷がつきます。母がミョンジョン医療法人を守るため、事業失敗した父を捨てたことが心の傷として残っていたスジ。イ・ギヨンは彼女の父の話を出し、スジは復讐することを決めます。

一方で、卒業したシヒョンは父から衝撃的なことを告げられます。DNA鑑定結果、実の息子ではないことから、これ以上一緒に住むことができないと、家を出るよう告げられます。

イ・ギヨンに初恋の相手がいることを知ったスジは、復讐のためシヒョン(ウ・ドファン)にウン・テヒ(パク・スヨン)を誘惑することを頼み。。。

シヒョンの父、クォン・ソグ(シン・ソンウ)とスジの母、ミョン・ミリ(キム・ソヒョン)との結婚が発表され、シヒョンとスジは驚き戸惑います。

第1話 感想

フランス作家ラクロの小説「危険な関係」が原作で、2018年韓国を舞台にリメイクされたドラマです。韓国映画でペ・ヨンジュン主演の「スキャンダル」や1999年に製作された米国映画「クルーレス・インテンションズ」もこの小説をリメイクした作品。そのほかにも原作を忠実に映画化した作品もあり、韓国でドラマ化されたらどんな作品になるんだろうと、放送前から興味をそそられたドラマでした。悲劇的な結末を迎えることになる原作ですが、「偉大な誘惑者」ではその結末がどのように描かれるのか、楽しみです。

ロマンスドラマって、演じる女優や俳優によって全く違う雰囲気を出しますが、若手女優・俳優を中心としたキャスティングが、個人的にはドラマを観るきっかけになりました。今話を観た感想は、ラクロの「危険な関係」よりは、「クルーレス・インテンションズ」に影響された感じを受けました。

主人公クォン・シヒョンを演じるのは「マッドドッグ」にも出演したウ・ドファン。シャープなイメージが強い俳優だと思っていたので、否定できないほどの魅力の持ち主の主人公にはピッタリかもと。でもドラマが始まったばかりなので、複雑に変わりゆく心理をどのように表現するのか楽しみです。

ヒロインのウン・テヒを演じるのはパク・スヨン。アイドルグループ「レッドベルベット」のメンバーでジョイとして活躍していますが、ドラマ「彼女は嘘を愛しすぎる」でもヒロインを演じていました。可愛い女の子のイメージが強いだけに、正直このドラマのヒロインのイメージと合うかちょっと考えちゃいました。

軽い気持ちで始めることになる恋愛ゲームは、どのように進むのか目が離せないです。

【豆知識】」ハン・ソンファが特別出演しています。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

quetalsurinoさん

第2話 あらすじ

(※第3回・第4回あらすじ)

父と離婚した母を受け入れられず拒否するウン・テヒ(パク・スヨン)は、母ソル・ヨンウォン(チョン・ミソン)と口論の末、外に飛び出してしまいます。父の結婚を知ったクォン・シヒョン(ウ・ドファン)は荒い運転を続け、突然飛び出してきたテヒを避け、事故を起こします。車にひかれそうになったテヒは、過去の事故の記憶に冷静さを失います。

チェ・スジ(ムン・ガヨン)は母の結婚を受け入れることができず荒れ果て、急いで駆け付けたシヒョンになぐさめられ、母ミョン・ミリ(キム・ソヒョン)に結婚を辞めるよう再びお願いしますが、ミョン・ミリの決意は固く、スジは母の結婚で犠牲になることを恐れます。

母と父の結婚をとめる方法を模索していたスジとシヒョンが思いついたのは、二人が先に結婚すること。友人のイ・せジュ(キム・ミンジェ)も二人の結婚に賛成する雰囲気。しかし、幼い頃両親が離婚したことが心の傷として残っているスジは、母の結婚を邪魔するためだけに愛の無い結婚をする決心ができず、シヒョンに一つだけ結婚の条件を出します。

スジの出した条件は、イ・ギヨンの初恋の相手、ウン・テヒ(パク・スヨン)を恋に落とした後、捨てること。スジの挑発的な発言に、シヒョンはテヒを誘惑する計画をすすめ、偶然を装ってテヒと再会することに成功し。。。

第2話 感想

バスの中で痴漢の男からテヒを助けたシヒョンでしたが、これもシヒョンの計画でした。2度の偶然などないと、シヒョンを疑わしく思うテヒに、2度目ではなく3度目の偶然だと伝えるシヒョン。父から実の子ではないと告げられた後、遺書のようなものを書いて紙飛行機にして飛ばした時の彼だと気づくテヒ。積極的に挨拶を交わすシヒョンの姿に、どんどんと話が進んでいきそうです。

恋に落とせない女性はいないと自信家のシヒョンを刺激したのはスジ。親の結婚を辞めさせるため、先にスジとシヒョンが結婚してしまう計画は、果たして上手くいくことになるのでしょうか。スジのシヒョンへの気持ちがいまいち伝わらず、危険な賭けをはじめてしまったような印象。でもドロドロした関係ではなく、20代の爽やかなロマンスのような描かれ方は、「相続者たち」を見ているような印象を受けました。

テヒのベストフレンドコ・ギョンジュの母とシヒョンの関係が登場しましたが、このことをテヒが後に知ることで、ドラマの流れを変えるほどの出来事になるのか、気になりますね。主人公たちが高校を卒業し、大学進学を控えた若者たちであることから、原作の持つ退廃的なイメージは緩和された話の展開が続くと予想され、どんな風に新たな解釈がされているのか、今後が楽しみです。

2012年公開されたチャン・ドンゴン主演の映画「危険な関係」も、上海を舞台に置き換えられた作品で、個人的にはセシリア・チャンが演じたモー・ジュ―が原作の「メルとイユ侯爵夫人」のイメージに最も近いと思いました。前作「医心伝心~脈あり!恋あり?~名不虚伝(ミョンブルホジョン)」では男装も披露したムン・ガヨンが、恋愛をゲームのようにとらえるチェ・スジ役をどのように演じるのかが、一番気になる点です。

恋愛上級者として、テヒを相手にどんな甘いロマンスを繰り広げるか、ドキドキするポイントがどれほどあるのか、期待したいと思います。

ウ・ドファン 우도환  クォン・シヒョン役
出典:http://www.imbc.com/
生年月日: 1992年7月12日 身長: 180 cm
マッド・ドッグ(2017/KBS)キム・ミンジュン 建築事務所職員
君を守りたい~SAVE ME~(2017/OCN) ソク・ドンチョル サンファンの友人
ウチに住むオトコ(2016/KBS)キム・ワンシク ビョンウの部下
2017年 KBS演技大賞 男新人賞 マッドドッグ

 

偉大な誘惑者 3話・4話 あらすじと感想 ジョイ(Red Velvet) ウン・テヒ役

 

偉大な誘惑者 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー