偉大なショー 9話・10話 あらすじと感想

【PR】
チャンネルがありすぎてどのチャンネルを契約していいか分からないそんな時は是非参考に!
韓ドラ オススメ有料チャンネル ベスト10

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

偉大なショー 위대한 쇼 2019年放送 tvN 全16話

第9話視聴率2.234%

えぱたさん

第9話あらすじ

双子たちの父親と名乗る男ドンナムは「『ダジョンの父親は死んだ』とスンミは言っていた。お前がダジョンの父親なわけがない」と言い、万事休すのデハン。ドンナムは「3万ドルで静かにいなくなる」と交渉を持ちかけます。

「いなくなってほしい。私の兄弟たちの父親はアジュッシ (おじさん、デハンのこと) がいい」とソヒョンに言うダジョン。学校でいじめに遭い、ネットでも執拗な嫌がらせを受けます。

低所得者向けアパート建設についての意見交換会が持たれ、ハンス市長、カン議員、デハンらが出席します。「私は低所得者向けアパート建設には反対です」とカン議員が話し始めると、帽子を深くかぶった男がナイフを持って近づき、周囲にいた者らが取り押さえようとしますが、カン議員は腕を切られます。男は逮捕されます。

ドンナムはギャンブル中、警察が踏み込み、逮捕されます。デハンが呼び出しを受け、出頭し、身柄を引き受け、帰宅します。

ソンイが腹痛を訴え、吐き、デハンは病院に連れて行きます。母親からもらったハンカチを握ってベッドに横たわるソンイを見て、遊園地で迷子になった時に、デハンにしがみついてきたソンイのことを思い出します。

ソヒョンからダジョンの「デハンが父親のままでいてほしい」と言ったことを聞き、デハンは子供たちを引き取ろうと決心します。

デハンが銀行で用立てた3万ドルをドンナムに渡すと、「明日いなくなる」と言うドンナム。ドンナムと子供らだけでファミリーレストランで食事します。

父親の病室のドアの外で、秘書との話を立ち聞きするジュンホは、父親が負傷したテロが自作自演であったと知ります。

テロ事件で逮捕された男が「デハンの支持者だ」と名乗っていることがニュースになっているとボンジュから聞き、デハンはボンジュと男の身辺調査をします。男は右翼で、ネットでデハンを批判していた過去があると情報を得ます。

ジュンホはソヒョンを呼び出し、「交際の件については、友達のままでいよう。ゆっくり考えてほしい」と言い、「次期選挙に出馬しようと思っている」ことを伝えます。

 

第9話感想

子供たちの肉親によって脅されたにしても、はっきり言って、これって人身売買ではないかと思いました。身柄を確保するため、お金を出しているということは? よく分かりませんけど。

そういうことをする親なら、また戻ってきてお金を要求するでしょう。酷い場合、それだけの代償を払って、離れられない間柄になった後で、子供たちを全員連れて行かれてしまうということだって、あり得るかもしれません。

「どんなに頑張ったところで、本当の親になることはできない。子供たちと一緒に待っているから」というデハンは天使すぎます。子供たち自身に執着があるわけではなく、自分の成功にニンマリしているからなのでしょうけれど。

デビットカードで使い込まれ、現金を引き出され、要求された現金3万ドル (3兆ウォン?) も渡してしまい、金遣いの荒い生活のショー、あるいは、危ない橋渡りのショーになってきてしまいました。

汚いやり方で権力を手に入れてきたカン議員は、いよいよ本領発揮。自作自演で腕まで切らせ、汚名をデハンに着せるとは、正気の沙汰ではありません。発覚すれば、偽証罪で辞職、牢屋行きでしょう。

父親の悪事に感づいたジュンホが、ずっと断ってきた次期選挙出馬を考えるようになったのは、どういう気持ちの変化なのでしょうか。デハンと対決したいという思いは、元々持っていたようですが…。ソヒョンとの交際も白紙に戻して、友達に戻ると言ってくるとは、デハンに勝って、実力を見せたいということでしょうか。

 

【PR】
見たい韓国ドラマがなかなか放送されない! そんなときはU-NEXTの韓国ドラマ一覧を覗いてみよう!配信開始しているかも?

U-NEXT 韓流ドラマ 全作品一覧(見放題・ポイント)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第10話視聴率2.143%

えぱたさん

第10話あらすじ

ダジョンの彼氏はソヒョンの父親のチキン屋でアルバイトを始めます。ソヒョンはデハンの家で食事をしている時、「デハンとジュンホとどっちに投票するの」とからかわれます。

インジュ市場の小売業者らの組合のアドバイザーの選挙が近づき、デハンは売り込みに行きます。ソヒョンの父親は、弁護士でもあるジュンホを候補者に推薦したい様子。

ハンス市長はデハンと話し、賄賂問題で追い出されたパク・サンチョルの代わりに、カン議員が党首となるだろうと予測。「デハンは母親が30年市場で商売をしていた強みがあるので、市場の小売業者らのサポートが期待できる。彼らの票を獲得するんだ」と言われます。

ジュンホはソヒョンやデハンの家のすぐ近くに引っ越して来ます。ジョギングするデハンに会うジュンホは、「弁護士事務所はやめた」と言います。

ソヒョンの父親がアドバイザーの件について、ジュンホに立候補を勧めます。ソヒョンの父親はデハンに、「刑務所跡地に、大型ショッピングモールの計画がある」と言います。「何としても阻止してくれる人をアドバイザーに立てなくては」と焦ります。

カン議員は所属政党のナショナリスト党の党首に当選します。

酔ったデハンはソヒョンを呼び出し、コンビニでビールを誘います。「先輩の力のない人に力をあげたいとの政界入りの希望がいいなと思ってた」とソヒョン。
「あの時、オレもお前のことが好きだったのに」
「もう10年も前のことじゃない。もう過去の話よ」
「そうだな。オレらも変わった」

餃子屋で騒ぎが起こったと聞き、駆けつけるデハン。大家が立ち退きを迫っていて、挑発するような言葉に怒って、暴力を振るってしまったデハンは、警察へ。カンの指示で動画がネット上に流され、デハンへ批判的なコメントが…。

ダジョンがSNSのチャットルームでネットいじめに遭っていることを知り、ソヒョンは対応をアドバイス。勇気を持って行動したダジョンに、友達ができます。

テレビの政治討論番組で、「大型ショッピングモール建設に反対」の立場のデハンに対し、ジュンホは「市場の存続について、大型ショッピングモール建設に反対しても、意味がない」との立場を確認するジュンホでした。

ハンス市長に高級料亭へ誘われ、デハンが行くと、初対面の男を紹介されます。「ウトン食品のイ・ガンフンです」と名乗る男は、企みのある笑いを浮かべるのでした。

 

第10話感想

餃子屋のおじさんは大家から立ち退きを迫られてしまいましたが、どうやらデハンの母親の食堂の時と同様、カン議員が後ろで大家を操っているようです。大家はテナントがいるほうが利益があるように思いますが、何かの交渉をしているのかもしれません。ソヒョンの父親はカン議員が自分らの味方をしてくれると、まだ思い込んでいるらしいです。

立ち退きを迫った大家をぶん殴って、気分はスッキリしますが、警察沙汰になってしまったデハン。弁護士であるジュンホに助けられて、借りをつくってしまいました。しかも、ぶん殴る瞬間の動画をネット上に流されてしまいました。完全にお膳立てに乗っている様子。

今いち、最後のほうが理解に苦しんだのですが、テレビの政治討論番組で、市場の小売業者の立場を擁護する議論を展開して、ジュンホを言い負かしたデハンについて、「墓穴を掘ったな」とカン議員がうそぶいたのはなぜ? そんな弱小の勢力を頼って、とあざ笑っているのか? カンにもっと強力な後ろ盾がついているのか?

デハンと同じ政党だという、ハンス市長の動きも怪しいです。高級料亭で紹介された、大手食品メーカーらしき男に対して、デハンが怒りのような、困ったような顔をしたエンディングが気になります。

「デハンのショー」で最重要なはずの子供たちが全然出て来なくなって、やや当てが外れた気がしてきました…。

 

偉大なショー 11話・12話 あらすじと感想

 

偉大なショー 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー