ポジション ~広告代理店の女王~ 3話・4話 あらすじと感想

代理店


代理店 (代行社) 대행사 2023年放送 JTBC新土日 全16話

daisySSさん

第3話視聴率6.481%

第3話あらすじ

制作本部長に昇進したコ・アイン(イ・ボヨン)は、常務としての権限を確認するとチェ・チャンス(チョ・ソンハ)派閥のクォン・ウチョル(キム・デゴン)をはじめとするCDたちを降格させる人事を行います。

そのことを伝えられたチェ・チャンス常務は、人事に関することは人事担当の常務に相談するよう伝えると、様子をうかがいます。

三人を降格させる人事を正当化するためには、理由が必要な状況で、コ・アインは撮影を担当したチャン監督に圧力を加えると、三人が接待を受けていたことを証明する証拠を手に入れます。

チェ・チャンスが巻き込まれることを恐れ、部下の三人を説得すると、二人は中国支社へ派遣し、クォン・ウチョルは残す処置を取ります。

コ・アインが1年の期間が付いた役員であることを知る社内の雰囲気から、コ・アインが進める計画が彼女にとって不利に作用すると考えたハン・ヒョンス(イ・チャンフン)は、彼女を心配。

しかし、コ・アインは自分の考えを明確にします。チェ・チャンス(チョ・ソンハ)を中心に動いている流れを変えて制作本部に自分の勢力をつくる考え。

すべてを手に入れられないなら、半分だけでも自分の物にすると、制作本部を二等分する考えで動き出した計画。

広告代理店では、新卒の社員は勤務年数に応じて昇進することが多く、企画本部長のチェ・チャンスのライン(派閥)の社員の昇進を妨げ、中途採用の職員の中から空席となったCDを選ぶ考えのコ・アイン。

実力のある社員をCDへと昇進させて、自分が動かせる社員を増やす考えで、部長級の社員の評価を実施するとの考えを伝えます。しかし、役員のほとんどが、新卒でVC企画に入社し、コアインの考えに真っ向から反対の意見を出すと、引き下がることを知らないコ・アインは、役員会を開いて欲しいと要求します。

開かれた委員会では予想した通り、部長級の社員への評価の実施に真っ向から反対する役員たち。「評価の実施を承認いただく代わりに、6か月以内に売上高50%アップを約束します。もしも達成できない場合は、私が制作本部長から辞任します」と直談判。

VC企画の代表であるチョ・ムノは、コ・アインの提案を承認し、コ・アインの計画通り、無能な部長級の社員を排除できるようになり、、、そのことを知った部長たちが集まると、コ・アインへの抗議の声を伝えるために、彼女のオフィスを訪ねます。

すべてを予想した様子のコ・アインは、ドアにメモを残して既に会社を出たあと。一方、チェ・チャンスは、駐車場にいるアインを発見すると、暴言を吐きます。「恵まれた条件で生きてきた人が想像できない程の試練が待っていますよ」と挑発するような返事を返すコ・アイン。

第3話感想

どこの会社にもあると言われる派閥、、、オフィスドラマでもよく登場するものですが、派閥対派閥の争いというよりは、これからコ・アインが自分の派閥を築いていくことになるのでしょうか。

VC企画で昇進を約束されているのは、新卒で入社した社員たちのようで、入社時に卒業した大学などの派閥が存在しているようで、必死に仕事をして結果を残し自らの力で這い登ってきたコ・アインとはタイプが違うようです。

空席の3つのCD職は、能力のある部長級から選ぶ予定のようで、これまで実績を出していない社員は、結果的に昇進候補から排除されて、コ・アインの考えに賛同する部長級の社員が昇進できることで、社員たちを二分化しよとする考えが非常に分かりやすく伝わりました。

VC企画の代表の座を手に入れるために、コ・アインを利用しようとしたチェ・チャンスですが、これからはアインの攻撃に対抗するになり、二人の対立がますますヒートアップされることになりそうです。

チェ・チャンスが次の代表の座を似て入れるために、コ・アインを利用したことに気づいた様子のチョ・ムノ代表が、コ・アインの協力者になりそうで、今後はアインの協力者が増えていくことになると予想されます。

ウウォングループのキム・ソジョン副社長とVCグループの会長の息子で副社長のカン・ハンスが結婚を控えた状況で、ウウォングループのキム・ウウォン(チョン・ウォンジュン)に令状が発付される出来事が、今話起こりました。

このことが、今後ドラマの流れにどのような影響を与えることに鳴るのかは、まだ不明ですが、、、コ・アインにとってはプラスになる出来事なのか否かが気になりますね。

【豆知識】主題歌 OST Part1は「Johnny Simpson」が歌う「Don’t Say」です。

第4話視聴率8.907%

第4話あらすじ

準備中

企画本部長のチェ・チャンス(チョ・ソンハ)常務の派閥の無能なCD(Creative Director)達を排除しただけではなく、無能な部長たちを評価すると宣言したコ・アイン(イ・ボヨン)。

コ・アインはハン・ヒョンス(イ・チャンフン)部長に昇進させるべき社員のリストを作るよう指示すると、新しいCDを選び人事異動を準備します。

このままコ・アインの人事異動を受け入れることができない部長級の職員たちは、団結してコ・アインの解雇の決議案を準備しチェ・チャンスの力を知る社員たちは、異議申し立てすることなくサインまでした状況で、コ・アインにとって不利な状況。

売上高50%のアップを約束したコ・アインは、進めていた大型契約の案件を落札できない危機を迎え、、、焦りを見せます。

そんな中、ゲーム会社の代表でVC企画に広告を依頼しているチョン・ジェフンから連絡を受けたアイン。

チェ・チャンスが取引先の会社を訪れて、広告に注目が集まらない別の社会的なイシューが多いことから、新たな広告の依頼を控えるよう説得したことを聞かされたコ・アイン。

広告代理店が広告の仕事をクライアントに発注しないよう説得する様子がおかしいと判断し、コ・アインにこのことを伝える。

アインの計画の邪魔をチェ・チャンスが始めたことに気づきも、突破口がないアイン。彼女の解雇を求める決議案を突き付けられ、クライアントはコ・アインを避ける状況。。。

VC企画代表のチョ・ムノに呼ばれたアインに、「外からの敵がいると内部は団結することになる」とのアドバイスを受けている途中、アイディアが浮かんだアイン。 

「ここまでしても大丈夫かしら?」と思いながら、クライアントたちに一通のメールを送ります。外部からの敵、、、問題を起こし、、、新たにSNS本部長として就任することになるVCグループの会長の娘、カン・ハンナに後始末をさせる計画。

「今年は広告の受注を減らす」とクライアントに話していたチェ・チャンに一撃を加えるため、コ・アインが送ったメールの内容は、一つ、金曜日に仕事に関する指示を出された場合は、月曜日までに対応は出来ない。二つは、クライアントの個人的な業務に関する対応は出来ない。

コ・アインが拒否をすると伝えた二つの条件は、広告業界では暗黙の了解として行われていたことで、突然、対応できないとメールを送ったコ・アイン。チェ・チャンスの発言にプラスコ・アインのメールのせいで、クライアントたちを怒らせてしまうことになります。

コ・アインがメールで対応できないと語った二つは、、、広告代理店で働く社員たちにとっては嫌でもやらないといけないこと、、、コ・アインの行動でVC企画の社員たちは決議案にした署名を撤回すると言い出し、、、問題を解決することになります。

カン・ハンナの就任式、、、会長の娘だと知る社員たちはいつも以上に丁寧に挨拶。しかし、コ・アインは全く真逆の態度で、「指示された仕事だけにして、知らない仕事を勝手に処理して問題を起こさないでいただきたいわ」とアドバイスのような注意の言葉をかけ、カン・ハンナを動揺させます。

第4話感想

チェ・チャンスとコ・アインの対立がきわどい、、、緊張する一話でした。

半年で売上高50%を達成できないと会社を辞めると約束したコ・アインでしたら、チェ・チャンスが裏で彼女が売り上げをアップできないよう小細工するつもりが、チェ・チャンスが逆にコ・アインから一撃を受けることになりました。

ゲーム会社の代表でVC企画に広告を依頼しているチョン・ジェフンは第1話の初めに登場した会社の社長で、コ・アインにスカウトの提案までした人物。

彼女に好意を持っているようで、彼から得た情報とVC企画の代表のアドバイスで、ひとまず危機を乗り越えることに成功した様子のコ・アイン。

チェ・チャンス側につこうとした社員たちの気持ちを一部捕まえることに成功したようですが、会社内での大きな派閥と力を持つチェ・チャンスとの対決はまだまだ続くことになるようです。

このまま黙っているはずのないチェ・チャンス、、、次はどのような手を使ってコ・アインを邪魔することになるのか、二人の対立が激しくなればなるほど、緊張感溢れる展開となり、ドラマも更に盛り上がることになりますね。

留学から帰国して、専務として就任することを待ちに待っていたカン・ハンナが、今話のエンディングに登場!就任式で社員たちから祝福をされる中、一人だけカン・ハンナに冷たいのは、コ・アインでした。

全くこびないというか、、、カン・ハンナに上目戦で語るアイン。でも、初日からカン・ハンナを刺激するとは、何か別の企みがあるのでしょうか。

ポジション ~広告代理店の女王~ 5話・6話 あらすじと感想

ポジション ~広告代理店の女王~ あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【ペントハウスシーズン3】

●テレビ愛知 2024/6/20(木) 08:15~

ペントハウスシーズン3 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率

【ミセン 未生】

●BS Japanext 全34話(2024/6/11から)月~金曜日17時から 字幕

ミセン 未生 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【トンイ】

●BS日テレ 全60話(2024/6/12から)月~金曜日17時から

トンイ 視聴率と感想集 外部リンク

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP