甘くない女たち 5話・6話 あらすじと感想 ミョン・セビン(イ・ミスク役)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

甘くない女たち 付岩洞復讐者たち  부암동 복수자들  全12話

第5話視聴率 5.283%

amijkさんの感想より

 

第5話あらすじ

スギョムに写真を送りつけてきたのが誰なのか、メンバーたちの頭にはそれぞれ復讐したい相手の顔が思い浮かびます。

次の復讐の計画を練るメンバーたち。法に触れず、あまり残忍でない方法を探ります。
ミスクの夫が立候補した教育委員会の委員長選挙の遊説を利用することにします。ドヒの市場の祭りのイベントにミスクの夫がやって来たとき、ドヒが得意のタクサウム(片足立ちになって相手を倒す勝負)を持ちかけ、皆の前で倒します。倒されて首を痛めるヨンピョ。ドクターストップがかかり当分の間、酒を飲めなくなります。

祖父と話すスギョム。祖父はジョンへの行動を把握していました。手伝ってやろうかと言われて、スギョムは「足を引っ張られては困る」と断ります。

ドヒはヒスと買い物に出かけた先でギリョンにばったり会います。また嫌味を連発するギリョンに「ジョンへがいなくてももう負けない」と言い返すドヒ。

ミスクの家を訪れたジョンへとドヒ。ミスクの家庭の事情が明らかになっていきます。ソジンは亡くなった子で、ミスクの夫の暴力は2年前から始まりました。「良い親のもとに生まれていたら、良い親になれたのかしら」と自分を責めるミスク。ミスクは両親の顔を知らず、孤児院で育ったことを打ち明けます。
女たちが酔っぱらった頃、ミスクの夫ヨンピョが帰宅します。

第5話感想

ビョンウの父でスギョムの祖父である会長が、スギョムに写真を送っていたようです。でもなぜジョンへの行動を監視していたのでしょう?

もともとは「子供がいるから」という理由で、後継者は次男ということになっていましたが、ジョンへによると次男のほうがお気に入りだったようです。

ミスクが孤児院の出身だということには驚きました。次から次へ、小出しに過去が明らかになりますね。ジョンへは母親の顔を知らないけれど、ミスクは両親の顔を知らないわけで、ジョンへにとっても驚きだったと思います。ソジンの死をきっかけに変わってしまったミスク一家。夫の暴力も初めからではなく、2年前からだったとのこと。復讐によって、もしくは「もう我慢しない」と決意したミスクの変化によって、いい方向に向かうでしょうか。

スギョムがジョンへに、なぜビョンウと暮らしているのか、自分自身がしたいことは何かと問いかけるシーンが印象に残りました。ジョンへは迷わず「そうするしかないから」と答えていましたが、今後、財閥の娘としてのしがらみとは関係のない生き方を選択するようになるかもしれません。

ドヒは先日助けてくれた男性のところに傘を届けに行きました。男性の前での振る舞いが可愛らしかったです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第6話視聴率 5.087%

amijkさんの感想より

 

第6話あらすじ

「もう我慢しない」とミスクに宣言されたヨンピョは、自身も努力する、変わると伝えようと花束を持って帰宅します。すると迎えたのは勝負で負かされたドヒでした。ミスクはママ友だと言い繕います。

ホン校長に業務外のことを命じられたヒギョン。うまく回避します。

ジョンへの異母姉ジョンユンに呼び出されたスギョム。祖父母の土地を手放す気があるのか確認するジョンユンに、ないと答えます。

当初は教育者を目指していたというビョンスの父の言葉から、ヨンピョが教育委員会の選挙に勝つことはビョンスにも助けになることだと予想するメンバーたち。ヨンピョとビョンス、ホン校長の会合がジョンへの家で行われるよう画策しようと話し合います。

ジョンへを呼び出してビョンスと一緒の写真を手に、マスコミにばらすと迫るスギョムの実母スジ。スギョムが現れてジョンへを「お母さん」と呼びます。

ヨンピョたちの会合を自宅で開き、手料理で内助をアピールすることにしたジョンへ。ドヒとミスクが手伝い、わざとひどい味付けの料理を出します。

ヨンピョたちの会話から、賄賂の受け渡しが車で行われると見たジョンへたち。ドヒとスギョムが張り込み写真を撮りますが、中身を見ると韓方薬でした。

酒に酔ったヨンピョがすっかり眠り込んでいるのを確認したミスク。駐車場でドヒたちと落ち合いますが、眠っていたはずのヨンピョが姿を現します。

ヨンピョたちに出すワインクーラーの底に携帯を仕込んでいたジョンへ。ビョンスの前で、携帯が鳴り出してしまいます。

第6話感想

ヨンピョとビョンス、ホン校長の会合が今回の復讐の舞台になりました。ジョンへが出していた料理は焼きそばに見えましたが、おもてなしの料理なんでしょうか?

賄賂だと思われた包みの中身はお金ではありませんでした。男たちは気づいてしまったのでしょうか?ヨンピョはわざと眠ったふりをしていたようです。気づいたとしても、何の理由で妻たちがおかしな行動をしているのか理解できないでしょうね。それにしても教育委員会の委員長って、そんなに権力を持っているのでしょうか。選挙運動も大々的に行っていたのが気になりました。

印象に残ったのは、スギョムが実母の前でジョンへを「お母さん」と呼んだシーンです。18年間祖父母に預けっぱなしで、土地目当てに現れたのでは実の母といってもスギョムの心境は複雑ですよね。

ジョンへが、チムジルバンでヒギョンに対抗心をむき出しにしたところも面白かったです。ジョンへは、面倒見のいいドヒをお母さんのように思っている部分があるのでしょうね。ドヒを取られまいと、必死にアピールしているところは幼い子供のようでした。

ミョン・セビン 명세빈 (イ・ミスク役)
出典:http://program.tving.com/
生年月日1976年4月10日 身長168cm A型 女優 ミュージック・ビデオに出演して芸能界デビュー。クラウン製菓のチョコハイムのCMでブレイク。
出演歴
甘くない女たち(2018) イ・ミスク 大学教授の妻、復者クラブのメンバー
漆黒の四重奏<カルテット> (2016-2017/KBS) イ・ハジン 料理メニュー開発者
キルミー・ヒールミー(2015/MBC) ミン・ソヨン ドヒョンの戸籍上の母
帝王の娘スベクヒャン(2013-2014/MBC) チェファ スベクヒャンとソルヒの母
マイ・ラブリー・ブラザーズ(2012-2013/MBC) ソン・イノク 未亡人、ピアノ講師
三姉妹(2010/SBS) キム・ウニョン キム家三姉妹の長女、専業主婦
宮S(2007/MBC) ファイン 女皇帝
受賞歴
2017 KBS演技大賞・優秀女優賞(毎日ドラマ部門)また、初恋
2011 SBS分かち合い大賞・芸能人部門
1999 百想芸術大賞・新人女優演技賞(テレビ番組部門) 純粋
1998 KBS演技大賞・新人女優賞
1998  KBS演技大賞・フォトジェニック賞
1998  KMMA・ベストメイクアップ賞

 

甘くない女たち 7話・8話 あらすじと感想 ジュン(U-KISS)(イ・スギョム役)

付岩洞復讐者たち  視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー

最近の投稿