甘くない女たち 1話・2話 あらすじと感想 イ・ヨウォン(キム・ジョンへ役)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

甘くない女たち 付岩洞復讐者たち  부암동 복수자들  全12話

第1話視聴率 2.900%

amijkさんの感想より

 

第1話あらすじ

ジョンへ(イ・ヨウォン)の夫は会社を継ぐため、妻以外の女性との間に息子がいることを父親の誕生日会で報告します。ジョンへは当然、いい気持ちはしません。地方で暮らしていた夫の子スギョム(U-KISS ジュン)は祖母を亡くし、間もなくジョンへの家で暮らすことに。

市場で魚屋を営むドヒ(ラ・ミラン)。息子ヒス(チェ・ギュジン)が友達に怪我をさせたとして学校から呼び出され慌てて向かう途中、ジョンへの車にぶつかりそうになります。ジョンへに学校まで送ってもらうドヒ。

教授夫人のミスク(ミョン・セビン)。夫に尽くしていますが夫からはひどい扱いをされているところをジョンへが見ていました。ジョンへはミスクにお互い夫に復讐しないかと持ちかけます。

息子のトラブルの件で相手の子ジョンウクの母親と話し合いをしているドヒ。なんとか示談にしてくれるようにと頼みます。同じカフェにはジョンへとミスクがいました。ジョンウクの母親とジョンへが知り合いだったことから、示談になります。様子を見ていたジョンへはドヒに、プライドはないのかと問います。大切なものを守ることが自分のプライドだと言い切るドヒ。ジョンへはドヒにも一緒に復讐しないかと誘いますが、ドヒは拒絶します。

ジョンウクに息子だけでなく娘にまで害を加えられたドヒ。ジョンウクの母ギリョンに抗議しますが逆に示談金を倍にされてしまいます。

ドヒとミスクは病院で偶然再会します。夫の暴力に耐えかねたミスクはジョンへに復讐を決心したと連絡します。

第1話感想

3人の女性たちが復讐を決意する過程は少し無理があるような気がしましたが、それを忘れさせるくらい俳優たちが魅力的です。
イ・ヨウォンはもともと好きな女優なのですが、こう言っては何ですが不機嫌な表情がとてもよく似合う女優だと思います。
ドヒ役のラ・ミランの演技がとても良くて、引き付けられました。ラ・ミランは「恋のスケッチ~応答せよ1988~」で裕福な家の奥さん役でした。このドラマでは復讐クラブの一員として、かなり出番が多そうです。
ミスク役のミョン・セビンは、こんな大きい子のお母さん役をやるようになったんですね。ミスクはおとなしい奥様といった感じですが、どこまで夫に復讐できるのか気になります。

ジョンへは見る限り夫には愛情がなさそうです。自分には子供ができないのに夫にはべつに隠し子がいて、その子を迎えるために子供部屋にあったものが捨てられようとしているのを見たら、やりきれないですよね。隠し子のスギョムは性格の良い子のようなのですが、どういう子かには関係なく、受け入れようとしないジョンヘの気持ちに共感します。

スギョムとヒス、ミスクの娘のソヨンは同じ高校に通っています。まだジョンへたちはそれを知りませんが、子供たちがらみのエピソードも描かれていくのではないかと予想します。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第2話視聴率 4.636%

amijkさんの感想より

 

第2話あらすじ

ジョンへ、ミスク、ドヒはカフェに集まり自己紹介を始めたものの、お互いを信じていいものか疑心暗鬼でした。しかしカフェの店員に理不尽な振る舞いをした男性客を皆で懲らしめたことから、結束する気持ちが生まれます。

ドヒの息子のトラブル解決のために協力するジョンへとミスク。ジョンへは自分の弁護士を呼び、告訴になった場合の勝算や相手の狙いなどを分析します。話し合いの場にジョンへが現れドヒと親しい仲だと演技したこともあり、示談になり示談金も減額されます。

3人はドヒの家でお酒を飲み、盛り上がります。3人はすっかり打ち解けます。完全に酔ったジョンへはドヒの家に泊まることに。翌朝、ヒスが作ってくれた酔いざましの海鮮ラーメンを食べて帰宅すると、自宅近くで派手な女と一緒にいるスギョムを目撃します。

昼食を一緒に、というスギョムにラーメンをリクエストするジョンへ。「僕を嫌いですよね?」と聞くスギョムに、ジョンへは「あなたがうちに来たことが嫌なのであって、あなたが嫌いなのではない」と答えます。スギョムは、自分がこの家に来たのは復讐するためだと話し始めます。

第2話感想

よく知りもしない人と復讐をするなんて、とためらいがあった3人ですが、カフェの男性客を懲らしめたことが親しくなるきっかけになったようです。グループの名前は彼女たちが出会ったカフェ「付岩洞コーヒーソーシャルクラブ」にちなんで「付岩洞復讐者クラブ」、略して「ポクチャクラブ(復者クラブ)」になりました。

1話では終始不機嫌な表情しか見せなかったジョンへが、ドヒとミスクに心を開くうちに甘えたり、弱さを見せたり、庶民的な食べ物を気に入ったりと色々な顔を見せたのが面白かったです。
裕福ではないながらも、生活力に溢れ子供たちを愛情深く育てているドヒも、とても魅力を感じるキャラクターです。

3人に関連する子供たちも少しずつつながり始めました。スギョムはソヨンに興味津々の様子。ヒスはトラブルのとき救急車を呼んでくれた先輩ということでスギョムを慕うようになりました。ヒスに招かれたスギョムが、ドヒの家でジョンへに会ってしまうという偶然もありました。

ドヒの息子、ヒスを演じているチェ・ギュジンがとても爽やかで好印象です。この作品がドラマデビュー作だそうですが、スギョム役のイ・ジュニョン(U-KISS ジュン)と共に、出演シーンが楽しみになりそうです。

復讐のためにジョンへの家にやって来たと告白したスギョム。ポクチャクラブは早くもメンバーが増員していくのでしょうか?

 

イ・ヨウォン 이요원 (キム・ジョンへ役)
出典:http://program.tving.com/
生年月日:1980年4月9日 身長:170センチ 体重:48キロ 血液型:B型
甘くない女たち(2017/tvN) キム・ジョンへ 財閥家の娘、復者クラブのメンバー
ハイクラス(2016-2017/MBC) ソ・イギョン ギャラリーS代表
僕は彼女に絶対服従~カッとナム・ジョンギ~(2016/JTBC) オク・ダジョン ラブリーコスメ本部長、黄金化学出身
黄金の帝国(2013/SBS) チェ・ソユン ソンジングループ常務、会長の娘
馬医(2012-2013/MBC) カン・ジニョン(ヨンダル) 医女、ミョンファンの養女、元官婢
善徳女王 (2009/MBC) トンマン(徳曼)、善徳女王 新羅の姫、新羅第27代王
他、多数
2001 KBS演技大賞 スター賞
2001 第9回春史映画祭女優演技賞
2005 SBS演技大賞 特別企画部門 演技賞(ファッション70s)
2009 MBC演技大賞 最優秀女優賞 (善徳女王) 他

 

甘くない女たち 3話・4話 あらすじと感想 ラ・ミラン(ホン・ドヒ役) 

 

付岩洞復讐者たち  視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー