甘くない女たち~付岩洞(プアムドン)の復讐者たち~ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●BS11(2018/11/8から)月~金曜日11:29から 字幕
●LaLaTV (2018/8/10-24)金曜日深夜24:30から4話連続放送 字幕
●LaLaTV 全12話(2018/6/10から)日曜日17時から2話連続放送 字幕
●韓国放送2017年10月11日~ 付岩洞(プアムドン)の復讐 者たち
邦題:甘くない女たち

甘くない女たち

付岩洞の復讐者たち  부암동 복수자들  全12話
2017年放送 
平均視聴率 5.16% 시청률 最高視聴率 第12回(最終回)6.33% 最低視聴率 第1回2.90%
 
付岩洞復讐者たち  부암동 복수자들
あらすじ

政略結婚で冷めきった夫婦仲ではあるものの、子供ができないことを悩んでいるジョンヘ(イ・ヨウォン)。彼女のそんな気持ちを気にもかけない夫は、ある日突然、高校3年生の息子スギョム(イ・ジュニョン)を連れてくる。

ジョンヘは身勝手な夫にも、突然現れたスギョムにも明らかな嫌悪を示す。そんな中ジョンヘは、夫に暴力をふるわれたミスク(ミョン・セビン)と、息子の同級生の母親から理不尽な扱いを受けるドヒ(ラ・ミラン)を見かけ、お互いに復讐の手助けをし合う”復讐クラブ”を作ろうと持ちかける。

出会ったばかり人間に突拍子もない提案をするジョンヘに、ミスクもドヒも驚くが、残酷なことはしないとの条件で3人はクラブを結成する。

LALATV 付岩洞(プアムドン)の復讐者たち 相関図
 
付岩洞復讐者たち  부암동 복수자들  相関図
キャスト

イ・ヨウォン(キム・ジョンへ役) 韓国の大財閥の末娘で、大手建設会社会長の長男の嫁。

ラ・ミラン(ホン・ドヒ役) 市場で鮮魚店を切り盛りする逞しいシングルマザー。

ミョン・セビン(イ・ミスク役) 物静かな性格。夫は大学教授

ジュン(U-KISS)(イ・スギョム役) 高校3年生 ジョンへの夫が連れてきた息子。

 

チェ・ビョンモ(イ・ビョンス役) ヘラン建設グループの長男。

チョン・ソギョン(ぺク・ヨンピョ役) 大学教授 ミスクの夫

チェ・ギジュン(キム・ヒス役)ドヒの息子 世界一優しい自慢の息子

キム・ボラ(ペク・ソヨン役) ぺク・ヨンピョとイ・ミスクの娘 訳ありの女子高生

スタッフ /演出: クォン・ソクチャン   脚本 : イ・ヨウォン、 ラ・ミラン、 ミョン・セビン 「 付岩洞復讐者ソーシャルクラブ 」が原作
コメントにて随時感想募集中です。

.

.

.

第1回 2.90%
第2回 4.64%
第3回 5.25%
第4回 5.05%
第5回 5.28%
第6回 5.09%
第7回 4.80%
第8回 4.93%
第9回 6.02%
第10回 6.13%
第11回 5.50%
第12回 6.33%

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
amijkさんの感想より

●甘くない女たち~付岩洞(プアムドン)の復讐者たち~

甘くない女たち 1話・2話 あらすじと感想 イ・ヨウォン(キム・ジョンへ役)
甘くない女たち 3話・4話 あらすじと感想 ラ・ミラン(ホン・ドヒ役)
甘くない女たち 5話・6話 あらすじと感想 ミョン・セビン(イ・ミスク役)
甘くない女たち 7話・8話 あらすじと感想 ジュン(U-KISS)(イ・スギョム役)
付岩洞の復讐者たち 9話・10話 あらすじと感想
付岩洞の復讐者たち 11話・12話(最終回) あらすじと感想

以下作品感想

amijkさんの感想より

 

原作は「付岩洞復讐者ソーシャルクラブ」というウェブ漫画です。タイトルから、 壮大な復讐が行われるドラマなのかと思ってしまいましたが、 実際にはもう少し身近な話でした。

復讐者クラブのメンバーは 4人。  最初は3人の女性達でしたが、そこに男子高校生が加わります。息子をいじめる親子とセクハラ校長に復讐したいドヒ、夫の家庭内暴力に悩むミスク、隠し子を突然引き取った夫を恨むジョンヘ。

特別な能力があるわけでもない彼女たちは、復讐の実行でも手間取ったり詰めが甘かったりして、必ずしもすんなり復讐がうまくいくわけではありません。

復讐自体よりも、彼女達それぞれの個性豊かなキャラクターと、これまでの人生にあった辛い過去、メンバー同士の友情が育まれていく様子などが見どころです。

復讐者クラブのメンバーを演じるラ・ミラン、ミョン・セビン、イ・ヨウォンは安定の演技力を見せてくれました。特にドヒ役のラ・ミランは存在感がすごかったです。「キング~Two Hearts」「恋のスケッチ」ほか出演作品が多数ある女優さんです。「ウェディング」「宮S」に出演したミョン・セビンが高校生の女の子を持つ母親役を演じているところや、イ・ヨウォンのファッションと抜群のプロポーションも注目ポイントです。

ジョンへの夫の隠し子である男子高校生、スギョムのキャラクターも良かったです。3人の年上女性たちに混じってカフェでお茶をしながら復讐計画を練ったりする姿が面白かったです。義理の母ジョンヘとだんだん心が通っていく過程も印象に残りました。スギョム役をイ・ジュニョン(U-KISSジュン)がとても魅力的に演じていて、ベテラン女優たちに負けない存在感がありました。

復讐を通じて、メンバーたちは自分の力や可能性を信じる気持ちを持てるようになります。一番最初に復讐しようとミスク、ドヒに声をかけたジョンへも、復讐そのものよりも思いきって自分の殻を破りたかったのではないかなと思いました。

【豆情報】撮影場所 メンバーたちが集まるカフェ/アートセンター ホワイトブロック(京畿道坡州市)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー