五月の青春 1話・2話 あらすじと感想 | 韓ドラの鬼

五月の青春 1話・2話 あらすじと感想

「広告」


五月の青春 오월의 청춘 Youth of May

2021年放送 KBS 2TV月火 全12話

第1話視聴率4.4% 4.9%

neroさん

第1話あらすじ

光州広域市の工事現場で、5・18民主化運動の犠牲者と思われる白骨化した遺体が発見。身元不明の遺骨が発掘されたとのニュースを見た男性は、茫然と立ち尽くします。遺留品の中には、年季の入った懐中時計が…。

1980年春、ソウル。学園祭の歌謡ステージに立つ為だと言って、卒業を保留したソウル医大の学生ファン・ヒテ(イ・ドヒョン)。金持ちの家庭に生まれたヒテでしたが、現在は訳あって金の工面に追われる日々を送っていました。ヒテが愛車を売ってまで金を集める理由は、生死の境を彷徨うソクチョルの治療費を工面する為。急に容態が悪化したソクチョルを見て、友人のギョンス(クォン・ヨンチャン)が血だらけのソクチョルを連れて来た夜のことを思い出すヒテ。何とか持ちこたえたソクチョルは、ヒテに向かって「家に…帰りたい…」と呟きます。

1980年春、光州(クァンジュ)。父親のファン・ギナム(オ・マンソク)に内緒で光州へやってきたヒテは、ソクチョルの受け入れ先を確保する為、病院へ。そこでヒテは、チンピラに絡まれるも毅然とした態度で対応する看護師キム・ミョンヒ(コ・ミンシ)の姿を目にします。足の不自由な父と寝たきりの祖母の看病で忙しい母に代わって、一家の稼ぎ頭として働くミョンヒ。

そんななか、ミョンヒは念願だったドイツの大学から、合格通知を受け取ることに。さらに奨学金の推薦をしてもらえることになったミョンヒでしたが、その条件はなんと1か月以内の出国しなければならないというもの。パスポートの取得から留学準備まで、時間に追われるミョンヒ。そして一番の難関は、高額なドイツまでの航空券をどうやって入手するか。通帳の残高を目にしたミョンヒは、深いため息をつくのでした。

その頃、ソクチョルの実家の住所を調べる為、友人のチョン・へゴン(イ・ギュソン)を訪ねたヒテ。そこには、へゴンの運動家仲間のイ・スリョン(クム・セロク)の姿も。この辺りでは有名な事業家の父を持つスリョンでしたが、本人は民主化運動に大忙し。へゴンから一緒に民主化運動に参加しないかと誘われるも、ヒテはキッパリと断ります。



その日、父イ・チャングン(オム・ヒョソプ)の工場に無断で侵入したスリョンは、他の学生らと共に警察に捕まってしまいます。しかし、翌朝すぐに1人だけ釈放されるスリョン。これに納得のいかないスリョンは、皆を釈放させて欲しいとチャングンに頼むも、チャングンはそれを拒否。一方、父親に内緒で光州に来たことがバレたヒテは、翌朝反省文と共に今後は言う通りにする代わりに、現金を工面して欲しいと頼みます。

実はスリョンが釈放された背景には、公安課長を務めるギナムの力が。チャングンと挨拶を交わしたギナムは、子供同士の縁談を提案します。友人たちを釈放させる代わりに、ギナムの息子ヒテとお見合いをすることになったスリョン。しかし、どうしてもお見合いに乗り気になれないスリョンは、親友のミョンヒに代打を頼みます。代わりに、飛行機のチケット代を出してやるとスリョン。

お見合い当日、スーツに身を包んだヒテは、約束のホテルへと向かう途中で子供が事故に巻き込まれる現場を目撃。すぐに駆け寄ろうとするも、その瞬間、過去のトラウマがフラッシュバックしてしまいます。すると、騒ぎを聞きつけたミョンヒが、何のためらいもなく地面に倒れた少年に駆け寄ります。冷静に応急処置を済ますミョンヒの姿を見て、平常心を取り戻すヒテ。

しばらくして、ホテルのラウンジでお見合い相手を待つヒテの前に現れたのは、ミョンヒでした。「遅れてすみません、イ・スリョンです。」

第1話感想

1980年代の光州市を舞台に描かれた、甘く切ない純愛ラブストーリー。

「18アゲイン」で青年時代に若返った主人公役を演じたイ・ドヒョンが主演ということで、放送前から注目していた作品です。第1話を見終わった感想としては、これといった山があるわけでもないけれど、ゆったりと流れる雰囲気がとても心地よいドラマだなと思いました。実はこういった時代背景の作品はあまり得意ではないのですが、面白そうです!

ヒロインを演じるコ・ミンシも、透明感があってとてもキレイな女優さんです。本作で初めて拝見しましたが、他の作品も見てみたいと思うほど。2人は以前、「Sweet Home‐俺と世界の絶望-」という作品で共演し、本作は二度目の共演なんだそう。最近注目のソン・ガンが主演の作品なので、こちらも気になります。

ドラマは光州の工事現場で見つかった、一体の白骨遺体のニュースからスタート。果たして、この遺骨の正体とは?1980年5月の光州といえば、5・18光州民主化運動が有名ですよね。タイトルの「五月の青春」にもあるように、激動の時代を生きる若者たちが、それぞれの愛と青春を貫く為に奮闘する様を描いた作品となっています。

主演の2人以外にも、今注目の若手俳優からベテランまで、キャスティングも豪華。イ・スリョンを演じるクム・セロクは、最近韓国の人気バラエティ番組「路地裏食堂」の新MCに抜擢されたことで話題となっていました。私も大好きな番組なので、その活躍に期待です。

第2話視聴率3.7% 4.7%

neroさん

第2話あらすじ

それぞれの思惑を胸に、お見合いの場に現れたヒテとミョンヒ。スリョンから相手に嫌われる為のアドバイスを受けていたミョンヒは、早速それを実践してみることに。しかし、ことごとく失敗に終わり…。デートの間中、サイズの合わないハイヒールを履いて不便そうにするミョンヒの姿に気付いたヒテは、ミョンヒのサイズに合った靴をプレゼントします。

タクシーに乗ってミョンヒを家の前まで送って行くヒテ。そこへ、スリョンの兄イ・スチャン(イ・サンイ)が帰宅。正体がバレることを恐れたミョンヒは、慌ててヒテをタクシーに乗せます。帰り際、窓越しに仲良さそうに話すミョンヒとスチャンの姿を見て、顔をしかめるヒテ。

翌日、友人のへゴンからソクチョルの実家の住所を聞いたヒテは、その住所へ向かおうとする途中で、バスに乗ろうとするミョンヒを発見。「スリョンさん!」と声を掛けるヒテでしたが、もちろんミョンヒは振り返りません。バイクに轢かれそうになるミョンヒの肩を抱き、自分の方に引き寄せるヒテ。驚くミョンヒでしたが、ヒテが自分をスリョンと呼ぶのを聞いてハッとします。バスに乗ったミョンヒを呼び止め、半ば強引に次のデートの約束を取り付けるヒテ。

ミョンヒが向かった先は、弟のミョンスが出場する陸上の大会でした。見事2位に入賞し、地区の代表に選ばれたミョンス。そんな2人のもとへ、父ヒョンチョル(キム・ウォネ)が現れます。一緒に中華料理店へ入る3人。実はミョンヒとヒョンチョルの間には、深い確執がありました。結局、娘の態度に気を悪くしたヒョンチョルは、先に店を出て行ってしまいます。しばらくして、ヒョンチョルから新しい運動靴を買って貰ったミョンスは、ミョンヒに父親と仲直りして欲しいと話します。

一方、家族にソクチョルの容態を告げ、ソウルから光州へ移送予定だと話すヒテ。しかし、それを聞いた母親の反応は、ヒテの予想とは違っていました。娘の負傷よりも、稼ぎ手がいなくなったことへ不満をあらわにする母。そんなソクチョルの母に、ヒテは封筒に入った現金を手渡します。

次の日、約束通りデートに向かったヒテとミョンヒは、レストランで食事をすることに。慣れないナイフとフォークに戸惑うミョンヒを見て、さりげなくサポートするヒテ。そんななか、ミョンヒと同じ病院で働く男性医師が店にやってきます。気まずそうにメニュー表で顔を隠すミョンヒ。すると男は、ミョンヒが隣の席にいるとも知らず、彼女の批判を口にします。これに気を悪くしたヒテは、手が滑ったフリをして男に水をぶちまける始末。いたたまれなくなったミョンヒは慌てて店を後にしますが、階段でつまずいて転倒してしまいます。そんなミョンヒを抱え、公園のベンチへと連れて行くヒテ。

応急処置を済ませたヒテは、舞い落ちる花びらを見つめて、「この花がすべて散る前に、もう一度僕とデートしてくれませんか?」と尋ねます。しかし、自分をイ・スリョンだと思い込むヒテに、後ろめたさを感じるミョンヒ。するとヒテは「実はスリョンさんに会ったのは、お見合いの席が初めてではありませんでした。ホテルの前の事故現場に僕もいたんです。コーヒーショップでスリョンさんを待つ間、ずっと思っていました。お見合いなんかじゃなく、さっきの女性に声を掛けるべきだったと。そしたら目の前に現れたんです、スリョンさんが」と告白。

翌朝、スリョンに借りた洋服を返しに、スリョンの家にやってきたミョンヒ。父に呼ばれてリビングへ向かったスリョンとミョンヒは、ソファーに座るヒテを見て愕然とします。

第2話感想

早くも、ヒテに嘘をついていたことがバレてしまったミョンヒ!

第2話のラストのシーンでは、「連絡もなしに来てしまって驚いたでしょう?スリョンさん。」と歩み寄るヒテの姿が。その視線の先にあったのは、ミョンヒではなくスリョンでした。ヒテは一体いつから、ミョンヒがスリョンではないと気付いていたのでしょうか。

それにしても、ミョンヒとヒテの間に流れる甘~い雰囲気が何とも心地良いです。2人とも美男美女でとってもお似合い。やっぱり恋愛ドラマは、どれだけ主人公達に感情移入できるかで、面白さが断然違ってきますね。今のところミョンヒ>スリョンですが、今後この関係がどのように変化していくのか、気になります。

親同士の取引(?)によって、勝手に許婚にされてしまったヒテとスリョン。そういえば、2人は一度顔を合わせていますよね。そんななか、親友のミョンヒに代役を頼んだスリョンでしたが、ヒテはそんなミョンヒを気に入ってしまいます。一方、ミョンヒもまた、強引ながらも優しいヒテに惹かれつつある様子。この2人の間に、スリョンがどのように関係していくのか。今のところ、スリョンがヒテに惹かれることは無さそうに感じますが、男女の関係は何があるかわかりませんからね。

そして、これまた気になるミョンヒと父ヒョンチョルとの確執。ミョンヒの父ヒョンチョルを演じるのは、演技派俳優として知られるキム・ウォネ。本当に表情とか台詞の言い回し1つ1つが、“リアル”なんです。そんなキム・ウォネ演じるヒョンチョルとミョンヒの間に、過去一体何があったのでしょうか。続きが気になります!

五月の青春 3話・4話 あらすじと感想

五月の青春 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

「広告」


【放送情報】


【WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実】

●BS-TBS 全20話(2022/1/28から)月~金曜日7時から 字幕

WATCHER(ウォッチャー)不正捜査官たちの真実 韓国ドラマ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ショッピング王ルイ】

●テレビ大阪 全22話(2022/2/1から)朝9時半から

ショッピング王ルイ 全話感想と視聴率 相関図・あらすじ・キャスト


【カイロス~運命を変える1分~】

●BSフジ 全22話(2022/2/1から)月~金曜日10時から 字幕

カイロス~運命を変える1分~ (韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【恋するパッケージツアー】

● BSフジ 全15話(2022/2/3-23)月~金曜日8時から 字幕

恋するパッケージツアー 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【純情に惚れる】

●BS朝日(2022/2/2から)月~金曜日8:30から 字幕

純情に惚れる 視聴率 あらすじ キャスト 感想


【逆賊-民の英雄 ホン・ギルドン】

●テレビ大阪(2022/2/2から)月~金曜日11:59から

逆賊-民の英雄 ホン・ギルドン- あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図 (時代劇サイト・外部リンク)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」TOPページからどうぞ!

韓ドラの鬼 TOPページ





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー